2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア)」の3件の記事

2011年1月23日 (日)

LADY~最後の犯罪ファイル Episode3

公式サイト

えっと、かなり集中力を欠いたまま、見てしまいました。

わざわざ神奈川県警に出向いての発言が、ペーター・キュルテンなど、ちょっとそういうことに興味がある人なら素人でも絶対に知っている事件の解説っていうのに脱力しちゃったんですねー。

そりゃ、引っ込んどけって言われますよ。

で、相手にされなくて警察のデータをハッキングするのも、なんだかなぁ。いきなり違法行為ですか。
人間関係上での受け入れられる努力はしないのね。ま、実績がないから無理だろうけれども・・・うーん、こんなに実績もなく信用もないメンバーを集めたチームが警察みたいな組織でまともに仕事ができるのか、なんて、ドラマの設定の基本的な部分に疑問を抱いてしまいました。
データもね、そんなにガードが甘いの?て思っちゃいました。「SPEC」みたいな設定のドラマじゃないし。

そして相変わらず、犯人に甘い描き方。
そういうドラマなのだとはわかっていても、今回はやりすぎなんじゃないでしょうか。
3人も、残虐な方法で殺しているんですから。被害者たちがどんなに恐かったか。
猟奇犯罪を「ファンタジー」のように・・・劇中で使われている意味は違うとはいえ、まるでゲームのように人の痛みをともなわずに描く手法は、やはり好きになれません。
一方で大した罪を犯したわけでもない人を重態にしているし。

意外に熱血漢な寺田は良かったですが・・・

一応話の筋は通っているのですが、「プロファイリング」を描いたドラマと言えるかどうか?
設定が歪な気がする。この歪さを面白いと思うかどうかは好みでしょう。

翔子の過去、柘植の思惑には興味があるので視聴は続けますが、感想を書くのは、ちょっと休止します。クライマックスでまた復活するかも。(汗)

.

.

1 2

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年1月17日 (月)

LADY~最後の犯罪ファイル Episode2

公式サイト

超・簡単感想です。

前回はかなりがっつり見ましたが、今回はちょっと引いて、遠目で鑑賞しました。

プロファイル、ということなので被害者よりも犯罪者の方に重点をおいて描くわけですね。
なので、何の罪もなく殺された被害者と残された家族があまり描かれないのは、そういうドラマだと、納得すればいいわけです。

では、犯罪者に焦点が当てられているか、というと・・・誰より、ヒロインが全てもっていってました。いや、主役なので、当然なのですが。

今回の犯人も育った環境に問題あり、ということなのでしょうが、あの姉はやはり異常心理の持ち主で、それをすべて環境のためのようにしてしまうのはいかがなものかな、とも。

翔子が今回も憑代状態になって、犯人の追体験をしてました。

この手のドラマでは、犯人像をいかに描くかがポイントで、犯人役のキャストの腕の見せ所でもあるわけですが、それを全て翔子に演じられてしまった佐藤さん、全く出番なし。ああ、もったいない。(汗)

また、犯人の心境が翔子の追体験とセリフでしか表現されていないので、犯人像が明確になっていなかったのは、残念。
善意の第三者に罪を着せようとするなど、悪知恵の持ち主でもあるのになぁ。
佐藤さんの気弱そうに見える表情に潜む狂気が見たかったです。

ま、翔子メインなので仕方がないのかな。そういう作りみたいだし。
憑代手法、翔子の過去が明らかにされる時に効果的に使うつもりなのかな、とも思いました。

それにしても豪華なキャストですな。冒頭にちらっと出演された柏原さんはあれでおしまいなのでしょうか。

なまいきな翔子が次第にチームに馴染んでいく様子や、意外と素直なおぼっちゃま、新堀や、結城のリーダーシップなど、面白いところもありましたし、犯人を割り出していく過程、テンポも悪くなかったと思います。

でも、何か納得いかないかも。これは好みですね。

次回も感想を書くかどうかは、ちょっと微妙になってきました。(大汗)

.

.

1

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年1月 8日 (土)

LADY~最後の犯罪ファイル Episode1

公式サイト

演出:平野俊一、山本剛義/脚本:荒井修子、渡辺雄介、徳永友一/音楽:河野 伸、羽岡 佳 /音楽プロデューサー:志田博英/プロデューサー:津留正明、渡辺良介(大映テレビ)
出演:北川景子/木村多江/平岡祐太/小澤征悦/要 潤/ユースケ・サンタマリア

作品は警視庁捜査一課に新設された犯罪行動分析室(通称:CPS)を舞台に、犯罪捜査のプロである捜査一課の刑事たちが頭を抱える難事件を、犯罪の痕跡から犯罪者の行動や心理を分析し犯人像を推定(=犯罪プロファイリング)し、犯人を追い詰めていく最強のプロファイリング捜査チームの活躍を描く本格ヒューマン・サスペンスドラマだ。(公式サイトより)

初回で2時間強。TBSの力の入ったドラマです。

描かれた犯罪の内容は置いといて、ドラマとして感じたことをざっくり書きます。
初回なので様子見を兼ねて、ちょっと辛目になったかも。

残酷な犯罪が連続殺人の一環であることが判明していく過程(単なる思い込みじゃないか、という部分は多々ありましたが;;)、容疑者の出頭、岡林(竹中直人)一家の目を覆う悲劇、犯行の動機の推定まではとりあえず、緊迫感がありました。
岡林の人柄を、自販機前での翔子とのやりとりで簡潔ですが印象的に描いていたのも効果的だったと思います。

ですが、事件の締め方がすごく日本的というか・・・同種の海外ドラマのドライさに慣れていると、情緒に流されすぎているような気がしました。ここは好みでしょう。

翔子の説得の仕方はドラマとしては間違っていないと思いますが・・・ここだけ演出に湿り気がありすぎて、犯人の犯したサデスティックで凶暴な犯罪の数々を相殺するような印象を持ってしまったのです。
被害者たちにも落ち度があるとしても、たとえ困難であってもそれを正す方法はあったはず、という視点もすっぽり抜けているようにも感じました。そういう方向で描くドラマではないのですけれどもね。
ここは難しい問題ですが、残虐な犯行であることは確かですから。デリケートなテーマを扱ったことは評価できると思いましたが。

あと、犯罪を追体験する翔子のシーン、プロファイラーというより巫女さんというか憑代に見えてしまった。(汗)
そしてやはりクライマックスシーンについてなのですが、翔子の行動と他のチームメンバーの行動が結びついていなかったような気がしました。
プロファイラーたちが現場に行ってもやることがないのはわかるのですが、だったらプロファイラーらしいバックアップをするシーンを作って欲しかったかな、と。
最後は翔子任せなのね~、なんたってヒロインだしね~、と思ってしまいました。プロファイラーたちをメインにした意味が薄れてしまったというか、ただ見ているだけなのは、設定を生かしきれてなくてもったいない。
ま、初回ですから、今後に期待です。

竹中さんのさりげない佇まい、DAIGOさんの熱演は印象に残りました。

さて、この、デリケートな問題を扱いつつも「何かすっぽり抜けている」感・・・未解決の実際に起こった事件を連想させるシーン、そのシチュエーションの心無い設定とか、被害者たちの痛みが伝わってこない作り方や過去の有名な猟奇的犯罪者をゲームのように豆知識としてテロップで流す無神経さなど。あとスタイリッシュを装おう編集のタッチ、音楽の使い方・・・見終わってから公式サイトで制作スタッフを確認しました。プロデューサーをはじめとして「ブラッディ・マンデイ」に携わっている方が多いのね、あ、やっぱり、みたいな。(大汗)
そのほか、「ROOKIES」「ふたつのスピカ」それに「JIN-仁-」などなど、実に豪華な制作陣です。
・・・集めすぎたのが仇にならなければいいのですが。(大汗)

翔子、結城、柘植。それぞれになにか背負っているようです。
レギュラーの皆さんの顔ぶれは、要さん、平岡さん、ユースケさん、小澤さん、そして細田さんと、それぞれはまっていて安心のキャスティング。木村さんがリーダー役を演じるのが少し新鮮でした。
犯罪行動分析室がチームとしてどう成長していくかで、視聴意欲が左右するかな。

犯罪をどう扱うかについては、あまり期待はできないような気がします。(汗)
この予想を裏切ってくれれば幸いです。

金曜日は何かと雑用が多いので、感想は書いても遅くなると思います。

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール #ドラマ:2009年第2クール #ドラマ:2009年第3クール #ドラマ:2009年第4クール #ドラマ:2010年第1クール #ドラマ:2010年第2クール #ドラマ:2010年第3クール #ドラマ:2010年第4クール #ドラマ:2011年第1クール #ドラマ:2011年第2クール #ドラマ:2011年第3クール #ドラマ:2011年第4クール #ドラマ:2012年第1クール #ドラマ:2012年第2クール #ドラマ:2012年第3クール #ドラマ:2012年第4クール #ドラマ:2013年第1クール #ドラマ:2013年第2クール #ドラマ:2013年第3クール #ドラマ:2013年第4クール #ドラマ:2014年第1クール #ドラマ:2014年第2クール #ドラマ:2014年第3クール #ドラマ:2014年第4クール #ドラマ:2015年第1クール #ドラマ:2015年第2クール #ドラマ:2015年第3クール #ドラマ:2015年第4クール #ドラマ:2016年第1クール #ドラマ:2016年第2クール #ドラマ:2016年第3クール #ドラマ:2016年第4クール #ドラマ:2017年第1クール #ドラマ:2017年第2クール #ドラマ:2017年第3クール #ドラマ:2017年第4クール #ドラマ:2018年第1クール #ドラマ:SP #ドラマ:雑感 #今月のまとめ *DVD・映画・観劇 あ行 *DVD・映画・観劇 か行 *DVD・映画・観劇 さ行 *DVD・映画・観劇 た行 *DVD・映画・観劇 な行 *DVD・映画・観劇 は行 *DVD・映画・観劇 ま行 *DVD・映画・観劇 や行 *DVD・映画・観劇 ら、わ行 *DVD・映画・観劇 総合 *DVD・映画・観劇 雑感 *アガサ・クリスティー映像化作品 @お笑いコンテスト @テレビその他 @今月の読書 @山本さん @身辺雑記 ※Martha Speaks(アニメ) ■いだてん □11人もいる! □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 □ATARU □BORDER □GTO □JIN-仁- 完結編 □Nのために □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  □Woman □あすなろ三三七拍子 □おそろし―三島屋変調百物語 □おやじの背中 □くろねこルーシー □それでも、生きていく □ちゃんぽん食べたか □とんび □ぼんくら □ぼんくら2 □よろず占い処 陰陽屋へようこそ □カエルの王女さま □カルテット □ゴーイング・マイ・ホーム □スターマン~この星の恋~ □ストロベリーナイト □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 □デカワンコ □デート〜恋とはどんなものかしら〜 □トッカン-特別国税徴収官- □ドン・キホーテ □ハガネの女 2 □バーテンダー □ビギナーズ! □フェイク~京都美術事件絵巻 □フリーター、家を買う。 □マルモのおきて □ラッキーセブン □リバウンド □リーガルハイ(2013) □リーガル・ハイ □ロング・グッドバイ □冬のサクラ □刑事フォイル □医龍 Team Medical Dragon3 □半沢直樹 □南極大陸 □問題のあるレストラン □四十九日のレシピ □坂の上の雲 □塚原ト伝 □外交官 黒田康作 □夜のせんせい □夜行観覧車 □天皇の料理番 □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 □家政婦のミタ □家族狩り □専業主婦探偵~私はシャドウ □小暮写眞館 □幽やかな彼女 □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ □悪夢ちゃん □新解釈日本史 □新選組血風録 □明日、ママがいない □昨夜のカレー、明日のパン □最後から二番目の恋 □最高の離婚 □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ □朝ドラ:ゲゲゲの女房 □東野圭吾ミステリーシリーズ □泣くな、はらちゃん □流星ワゴン □激流~わたしを憶えていますか?~ □独身貴族 □猫侍 □獣医ドリトル □破裂 簡単感想 □神様の女房 □精霊の守り人 □結婚しない □続・最後から二番目の恋 □美咲ナンバーワン!! □美女と男子 □胡桃の部屋 □薄桜記 □重版出来! □鍵のかかった部屋 □陽はまた昇る □陽炎の辻 □霊能力者 小田霧響子の嘘 □高校生レストラン □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 □Q10 □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ □TAROの塔 △仮面ライダービルド(1話のみ) △大河:おんな城主 直虎 △大河:八重の桜 △大河:平清盛 △大河:江 △大河:真田丸 △大河:花燃ゆ △大河:軍師官兵衛 △大河:龍馬伝 △宇宙戦隊キュウレンジャー(中途挫折;;) △特撮:仮面ライダーW △特撮:仮面ライダーウィザード △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO △特撮:仮面ライダーゴースト △特撮:仮面ライダーディケイド △特撮:仮面ライダードライブ △特撮:仮面ライダーフォーゼ △特撮:仮面ライダー鎧武 △特撮:侍戦隊シンケンジャー △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー △特撮:天装戦隊ゴセイジャー △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) ◇ハングリー!(リタイア) ◇ブルドクター(リタイア) ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  ◇浪花少年探偵団(リタイア) ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) ☆ロンドン旅行、再び ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧