2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「■西郷どん」の28件の記事

2018年10月 3日 (水)

西郷どん感想メモ 35・36・37話

公式サイト

 

台風一過、いつの間にか、涼しくなってきました。今年は台風はまだ来そうだけど。
この時期になると、大河の締め方が気になってくるのですが、それなりに着々と進んでいるようです。こちらの好みは別にして(^^;;

龍馬と決別した西郷。
ああ、龍馬。合掌。
誰が犯人かはっきりと描いてなかったけれども、これなら薩摩犯行説も浮上してもおかしくないです。

幕末維新の描き方は「新選組!」「龍馬伝」「八重の桜」等々、他の幕末を描いた大河より、駆け足気味と言うか、ダイジェストっぽい感じでした。

戊辰の戦いは西郷の人生にっとて、人生感を一変する重大な戦いであったことは確かですが、この物語で本当に見せたい部分は、この後描かれる・・・はず。

ダイジェストって書いたけど、1年ではなく、「何時間かでわかる幕末」としては、分かり易かったと思います。
キャストもそこらの再現ドラマより、うんと高価だし(汗
慶喜がひたすら卑怯者の悪役として、従来通りの手垢のついた価値観で描かれているのが気になったのですが、無血開城にあったて、作者独自の目線で描かれてました。慶喜は将軍として、彼なりに日本国の将来を憂えていた、との解釈です。やるじゃん。

でも、こうなると西郷が、頭の固い田舎者に見えるのね(^^;;
確かに徳川は超・大大名なので、徹底的に叩いて置かねばならない敵だけど、江戸の町が丸焼けになるのですよ。そうなれば苦しむのは一般庶民。京で言ってたことは何処へ?
お美しい北川さん・・・天璋院の説得にも耳を貸さず、ひたすら戦い邁進しようとする西郷。しかし、勝の仲介で慶喜が戦いを避けた本当の理由がわかったのでした。

半次郎とか、彼の率いる薩摩兵がガサツで好戦的に見えて、怖い。
江戸だけでなく、当時の京の人々も本心では怖がっていたのではー。
錦戸さんが唯一の良心か・・・

どうもこの演出家もしくは作家は、西郷、いや薩摩人全体にあまり思い入れがないようにも見える流れでした。
・・・しつこく書くけど、ここからが、新政府になってからの西郷が今迄の大河ではあまり描かれなかった部分です。
予告で、大久保が早速怖い顔になっていたのが気になるわ。どう、舵をとるのだろう?

攻め込まれた彰義隊が反抗するのはわかります。実際には色んな人がいたみたいだけど。
余談ですが、新政府を支えた官僚の多くが、元幕府の役人だった、と言うのも、彼らの誇りを感じつつ、何か哀しかったりして。

大村さん登場。
なんか久しぶりの大物風な登場だな。このところナレだけで、登場しないことが多かったし。すぐに亡くなっちゃうけど・・・

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27〜30 31・32 33・34   

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年9月11日 (火)

西郷どん感想メモ 33・34話

公式サイト

こうして薩摩が明治維新のリーダーシップを取って行くのでした・・・1話づつ感想を書こうと思ったんだけど、書くことがない(汗

薩摩サイドから見たら、これはこれで正しい作り方なんだろうな。
長州がわがままに見えたり、慶喜が悪もんに描かれているのも、ひとえに主人公は西郷、そして薩摩ファーストでからで、それはそれで一つの見方では
ありますし、男臭いドラマになっていたと思います。
ここんとこ老練な薩摩像が多かったし。

糸とかお龍のエピソードは女流ライターらしい目線で書かれていました。好き嫌いはさて置き。
特に自由奔放なお龍と糸の友情、男性作家なら、ああは書かなかったろう、と感じました。

それにつけても西郷どん、随分ワルイ顔になってますな。
あれだけ一般民衆の血が流れるを憂えていたのに、今は戦争がしたくてたまらない見たい。何が何でも幕府を潰したいのね。
慶喜とも親しかったのに。どうしてこう変わったか、経緯が飛んでる気がする。重大案件だけポツポツ拾う、このドラマの特徴ですなあ。

岩倉卿が詔をでっち上げて・・ああやって親幕府派たちを踏みにじって行くんだ。
薩摩ファンではないんで・・・慶喜の陰に会津など、踏みにじられる人たちの姿がちらちら見えるのねー。(_ _)

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27〜30 31・32   

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年8月29日 (水)

西郷どん感想メモ 31・32話

公式サイト

また感想が遅れてすみません(汗
簡単に書きます。
やっぱり吉之助が「薩長同盟」を考えついた、と言う設定は、少なくともこの大河では、成功していないように思えます。
倒幕決意と言い、主な発想は西郷どん。いくら主人公とは言え、上げるのが過ぎるような・・・
だから、みんなに慕われた、という流れに持って行くのでしょうけれども。

有村俊斎が、西郷の書簡を桂に渡さなかったほど長州を憎んでるとは、なんか唐突。
また、そのことを見抜けなかった吉之助が間抜けに見えたりして(^^;;

唐突と言えば、幕府を倒すことにあれだけだけ反対していた一蔵が、急に倒幕派に回ったのもなあ・・・ほとんど俳優さんの力だけで何とかストーリーを成り立たせているみたいです。
龍馬も、演じてるいるのがおぐりんであることで大物感を醸し出しているだけ。まあ、米と銃の取引のアイデアで面目を保っていましが、ほとんど傍観者です。
主人公が西郷さんだとしても。

筋より、俳優さんたちの豪華さで見せてる気がします。
それにしても慶喜さん、完全に悪役だな・・・

.

.


01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27〜30 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年8月16日 (木)

西郷どん感想メモ 27〜30話

公式サイト

この暑さ等で体調が悪化したのと、生活環境が激変したため、すっかり感想をさぼってしまいました。
でも、大河は見てました。
今回は感想というより、見続けてましたって言う報告に終わりそうです。もう、読む人も少ないと思うけど(^^;;
幕末編になってから急に「悪・西郷」とう言うか、政治家に豹変した西郷さん。
ついに慶喜さんと決裂してしまいましたが、全て日本国民(そういう概念はこの時代は薄いけど)のため、と言うのが、主人公アゲっぽく感じてしまいました。
本当は薩摩のためだけに動いているんじゃないかって偏見が拭えないのね・・・長州との連携は西郷さんが考え出したことにしてるし。これは有り得るかな、薩摩のために。
前も書いてたけど、もともと西郷さんにはいいイメージを持っていないんです。西郷さんフリークの皆さん、ごめんなさい(汗
小栗龍馬は、最近ではあまり見かけない、アナーキーな、と言うか、影を含んでいるように感じました。まだちょっとしか登場してないけど。
薩長連合のアイデアの言い出しっぺ、と言うスタンスは西郷さんが取っちゃたから、長州を宥める役になるのかしら。
鶴瓶岩倉の怪人ぶりは面白かったけど、屈折する思いの描き方とのバランスが今ひとつだった気がしまた。もっと遊んでも良かったんじゃないかな〜(汗
まあ、その分、万人受けする大河になってかもね。
以上、4話まとめての簡単感想でした。
また、今後感想はお休みするかもしれませんが、視聴は続けます!

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年7月18日 (水)

西郷どん感想メモ 26話「西郷、京へ」

公式サイト

龍馬、勝などなど、有名どころの顔見世があって、さて、シーズン3のはじまりです。
熱暑のためか体調不良気味にて、簡単に。
岐阜も暑いけど、京都も暑いよ~(ばてばて;;

舞台が京に移って、雰囲気が急にピリピリしだしました。
この時代を真面目に描けば、どの視点でもそうなるか。皆、真剣だったもの。

でもこの作りだと、お笑い芸人たちが浮いてしまうような気がします(汗
熊吉はなんとかぎいぎりセーフとしても、虎は・・・(ごほっ
中の人は好きでも嫌いでもないけれども、使い方がね。これで笑いを誘いたいのかしらん。

久光が大っ嫌いな慶喜とそれ故におちょくられる久光。
藩主たちのいざこざをこういう風に捉えるのは、珍しいかも。

一方で慶喜、天皇と対峙して涙していました。
実は彼自身が一番の尊皇攘夷派だったのでは。だから公武合体を唱える久光が気に食わないのかも。
元々水戸だものね。尊皇攘夷派の人物が将軍になる悲喜劇、と描くかどうか。

で、西郷は慶喜に利用されそう?
西郷も成長しているみたいだけど・・・
まだ先の話だけど、江戸城引渡し、どういう風に描くでしょう。

一蔵さん、どんどん、眉間のしわが深くなってます。
きかん坊の主を持つと、苦労しますな。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年7月 4日 (水)

西郷どん感想メモ 25話「生かされた命」

公式サイト

生麦事件、「事件」と言うか、挿話として軽く触れた程度だけど、海江田が「情け」として、苦しんでる英国人のとどめを刺すシーンは、まさしく東西のカルチャーの違いを端的に描いていたでしょうかね。19世紀の英国人にとっちゃ、とんでなく残酷な行為。びっくりしたろうな。

このシーンは幕末モノには良く使われるけど、加害者の心情をこんな風に書き込んだのは、少ないような気がします。あっさりさ加減もいい塩梅でした。

一方、吉之助は、噂でしか入ってこない薩英戦争に気を揉んでおり、少なくともこの島が攻撃されないように、木を大砲に見せかけるよう、提案しますが、大人たちは馬鹿にして、鼻にも引っ掛けない。
しかし川口や吉之助の教え子でもある子供たちは素直に手伝い始め、そんな大人たちも彼らの真摯な姿に次第に心を開いていく・・・この流れは大河の王道やね。
川口が旗を振って見送るところまで、安定の展開で描ききっていて、いっそ清々しかったです。

西郷が、はじめて「将来、西郷と言う英雄になる人」としてではなく、優遇されているとはいえ、普通の、でも普通ではない立派な人に見えました。

彼の視線に合わせて薩英戦争のシーンを全く描かなかったたのも、潔かったです。

はじめは胡散臭かった川口も、何だか儲け役に見えてきました。石橋さんのおかげかな?(^^;;
愛加那は相変わらず一途で・・・

「大河」としては今まで一番感動した気がする。

ここからは恒例の特番を挟みつつ、いよいよ、幕末動乱編。
どう描くんだろう。

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年6月27日 (水)

西郷どん感想メモ 24話「地の果てにて」

公式サイト

慶喜に愚弄されて、怒りまくる久光。
そうよね、初対面で、久光の実像も知らないのにね。そこが殿様育ちってとこでしょうか。田舎者扱いされた久光が密かに気の毒に見えたりして・・・
それに、いきなりお前は日本のことを何も知らないって、言われてもね。私もこの大河からはあまり伝わってきませんでしたがね(^^;;

さて、またもや流人となった吉之助。吉之助を救い出す手段として久光に仕え続ける一蔵。そんな一蔵の思いも知らず、一蔵を非難する書を流刑地まで送ってくる海江田、大山たち。
しかし、一蔵のきもちを一番理解し、信頼しているのは、吉之助だった・・・

まあ、弟たちを死なしてしっまた、有村改め海江田の悔しさはわからないでもないけれども、その悲しさがあまり伝わってこないのです。一蔵だって吉之助と同じく幼馴染なんだから、もうちょっと深読みしてあげてもいいのに。
史実は知らないけれども、このドラマにおいては・・・はっきり言って、お幼馴染たちがちょっと単細胞過ぎる気がしました。
折角のキャストを揃えておきながら、キャラ造形が甘いって言うか・・・あの癖の強い北村さんがこんなに影の薄いポジションなのは、はじめて見ました(汗。
いや、まだ先があるから、何か隠しているかもね。この人間関係が西南戦争へと続くのだろうから。

さて、彼らが薄っぺらい分、吉之助に存在感があるかというと・・・そうでもない(大汗
未だに、友人たちから「やはり吉之助がいなければ」と嘆かれたり、初対面の沖永良部島の人々から「先生」と、罪人なのに崇拝されるほどの理由がわからんのです。

雨ざらしの牢で生死をさ迷う・・・この場では助かるに決まってるのですが、わかっていてもドラマに入り込んでドキドキするか、どーせ助かるんだもの、と、醒めて見るか。
各自の生涯、史実を扱う大河ならでは、の見せ場をどういう気持ちで見るか、です。

さてさて~。
次週は生麦事件です。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年6月20日 (水)

西郷どん感想メモ 23話「寺田屋騒動」

公式サイト

幕末史の中でも、最も陰惨な事件のひとつとされる「寺田屋事件」を、何だかあっさり描いていました。

有馬新七の過激な尊皇攘夷思想&行動と、メンツに賭けて押し止めようとする久光サイドの争い、らしいのだけど、知らぬ仲ではないどころか、幼馴染が殺しあう気性の激しさと、そこに至る道筋が、よそものの私には、どうも理解できないのですよ。
当時の攘夷思想の激しさは伝わりましたが、論理的に描いていないのです。まあ、思想って描きにくいものだけど。
また、この同士討ちの激しさが、後の西南戦争に結びつくんじゃないかと思うと、情緒に流されてばかりでは、骨太なドラマにならない気がするんですが。

「寺田屋事件」、今回も、西郷と村田、あと有馬新七をのぞく人々の顛末がもやもやっとしていたこともあってか、よくわかりませんでした(汗

ちなみに、この時、罪人として輸送途中で船にて薩摩藩士に惨殺された浪人、田中河内ノ介たちの話が、実話として、文壇のあいだで有パワフルな怪談話に成長していく過程は東雅夫氏編のアンソロジーが詳しいです。

そんな逸話が残るほど、禍根を残した事件ではあったのですが・・・

有馬新七を演じた俳優さんが、いい面構えをしていたこともあって、今まで有馬を丁寧に描いてこなかった演出がもったいない気がするのです。キャストの方はずっと「有馬新七」を演じていても、この演出、無視するんんだもの(汗。
急に吉之助たちの、幼い無邪気な日々をオーバーラップされてもね~(大汗

急といえば、春菜、なぜ追いかけてきたの?あ、ここは京だったのね。
でも、コメディリリーフとしても・・・この展開はいきなりすぎる気がする(^^;;

吉之助・・・思い出ばなしは良かったですけどねぇ。
彼の活躍はまだ先ですな。

追伸:「組!」の寺田屋騒動が見たくなってきました(^^

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年6月13日 (水)

西郷どん感想メモ 22話「偉大な兄 地ごろな弟」

公式サイト

政略史をメインにするのが大河なんだとすれば、今回は大河らしい構成でした。

久光の斉彬に対する劣等感も今まで以上に描かれていましたし。
斉彬の計画通り上洛しようとする国父、久光を避難する吉之助。それをそんな風にいっちゃあ、あちゃちゃ。
正論なんだけどさ・・・斉彬公を崇拝している吉之助には、久光のコンプレックスが理解できないのね。
完全に嫌われちゃいましたな。

同じく偉大な兄を持つ信吾。
倒幕に逸る気持ちは有馬だけでなけく、有馬を訪ねてくる論客たちや、その当時の武士たちの影響によるものだろうけど、一人前になったつもりで舞い上がって、運動資金で料亭で飲み食いして、妓を口説いて・・・実家が極貧なことをちょっとは思い出そうよ、と思わず突っ込んじゃいましたよ(汗

でも、やっぱり兄ちゃん大好きなのね。
家が極貧な理由の一端は、この大きな兄ちゃんのせいでもあるんだけどね(汗

「名前だけが一人歩きしている」

吉之助が大したことをまだ行っていないのに(正助の方がよっぽど動いてる;;)、異常にもてはやされている事態を、ちょっと弁明するセリフもありつつ(^^;;

次回は、同じ藩士同士で戦う、かの「寺田屋事件」です。
吉之助の政治生命も紆余曲折しそう。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2018年6月 6日 (水)

西郷どん感想メモ 21話「別れの唄」

公式サイト

島編最後・・・らしい?

ほとんど全編、別れる運命にあるという夫婦愛が、正助改め、一蔵も巻き込んで、すごい盛り上がっていたけれども、あんまり書くことがないです(汗
ラブシーンを描いての決め細やかさは、女流原作&脚本家としてさすがでしたが、そういうの、あんまり興味ないんで・・・(^^;;

よく、許されたものです。一蔵のおかげね。
その努力に応えようとしない吉之助。ま、その優しさは彼らしいけれども。
でも~・・・みんなが吉之助を頼る理由が今ひとつ、はっきりわからなかったかも。
吉之助があの「西郷隆盛」だから、成立する流れなのかもね。

島での吉之助や愛加那をこれほど丁寧に描いたのも珍しいです。ドラマとして面白いかどうかは、ともかく(大汗

愛加那や子供たちと再会、呼び寄せたという、沖永良部島編はどう描くのかしら。

気がつけばもう6月、折り返し地点なのね。
時間もないことだし、ここから先は怒涛の展開になるのかな。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:2017年第3クール | #ドラマ:2017年第4クール | #ドラマ:2018年第1クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■西郷どん | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △仮面ライダービルド(1話のみ) | △大河:おんな城主 直虎 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:軍師官兵衛 | △大河:龍馬伝 | △宇宙戦隊キュウレンジャー(中途挫折;;) | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧