2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「■宇宙戦隊キュウレンジャー」の10件の記事

2017年5月25日 (木)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第15話「海の惑星ベラの救世主」

公式サイト

アルゴ船復活のために必要な残り2つのキュータマの場所が判明。ホキュータマのある惑星にはステキなビーチがあると知ったハミィは、キュータマを見つけた後に泳ごうと強引にみんなを巻き込む。ところが海は汚れビーチは荒れていた。ダイカーン・ゴネーシの仕業だった。ゴネーシは“救世主”のふりをして村の人々から捧げ物をだまし取り、さらにゴネーシの正体を見た村の少女マアサを生け贄にしようとしていた。

ハミィたちはマアサを連れて逃げ、ゴネーシの悪事を聞き出す。しかしマアサはみんなに真実を打ち明ける勇気がない。ハミィは、実は引っ込み思案だった子供の頃の出来事をマアサに話す。ハミィが勇気を出して村人にジャークマターの襲来を知らせたことで村は助かったのだ。マアサも勇気を出して、村の人々にゴネーシの悪事を暴露する。正体を現したゴネーシを、キュウレンジャーが撃破。巨大化したゴネーシとモライマーズはキュウレンオーで撃破し、村は救われたのだった。

その頃、ビッグモライマーズに潜入したスティンガーとチャンプの前に、サソリ座系カローのスコルピオが現れる。スティンガーは変わり果てた兄の姿に驚き… (公式サイトより)

地球外戦闘は珍しい。風景はいつもの感じだけれども(^^;;

マアサをものすごくあっさり生贄として差し出したのには、思わずツッコミましたが、あれだけ崇めていた御神体をもあっさり渡しちゃうって、欲のない星人なんだ~(苦笑
ネッシーモドキのカラクリにもツッコミどころ満載でしたが、最後にゴネーシが自ら、巨大化した方が救世主に化けやすかったって気づいてくれてほっとしました(笑。

そして予想に反して地球で活動しているサソリさんチームが登場しました。
でも、そのためにホ座の話が薄まってしまった気もします。
やっと廻ってきたグリーンさんのメイン回だったのになあ。

今は押しの強いキャラだけど、昔は言いたいことも言えない、おどおどした子供だった、というグリーンさんの過去が明かされたんだけれども、ラッキーさんやサソリさんの過去に比べるとインパクトが薄すぎる気がする。
もっと言えば、今年は女子が一人なのでキャラづけに手を抜かれているのでは、と邪推したくなるほど、存在感が薄い気がするのです。忍者出身という特性も生かされていないし。
ツンデレキャラでもなく、もちろんお姉さまキャラでもなく。カジキさんの前では妹キャラになるけれども、それはカジキさんのキャリアのおかげなような気がするし。演技もごく普通に上手だし、普通に可愛いし。
先週のお遊び回で弾けさせなかったのが、響いている気がします。
乙女キャラのピンクさんをもう少しうまく絡ませていけば。でも着ぐる・・ごほっ、いや、アンドロイドではやっぱり不足なんだろうか、などなど、つらつら感じた回でした~。

登場人物は多いけれども人間の数はいつもとほぼ同じやん、と思っていたのですが、だんだんそうはいかなそうな気配が・・・(汗
各キャラ描写の格差がいつもより大きい気がするのは、人数に惑わされているせいなのでしょうかね。

次回、早くもサソリ兄弟の因縁が描かれるみたいです。
東映公式は思わせぶりなことを書いているし・・・どうなるんだろう。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14

.

.

    Q_2

2017年5月16日 (火)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第14話「おどる!宇宙竜宮城!」

公式サイト

次の出動を待ち望むガルだったが、何度試してもキューレットの出動キュータマが出ず、宇宙一アンラッキーな男だと落ち込んでしまう。そんな中、贅沢禁止令で人々を苦しめていたダイカーン・ユーテルジャンが、宇宙竜宮城に贅沢をしに行くという情報が。キュウレンジャーは、まずはユーテルジャンを贅沢まみれにして宇宙竜宮城に足止めし、その間に捕らわれている人々を救出する作戦をたてる。

スタッフに成りすまし宇宙竜宮城に潜入したガルは、ユーテルジャンの隙をついてリモコン操作し牢屋の扉を開けるという重要な任務を担当することに。バランスたちがあの手この手でチャンスを作るが、アンラッキーが続くガルはなかなか正しいボタンを発見できない。そんな中、ユーテルジャンは女の子が好きだとの予想から、ガルがオトメキュータマを使って乙姫様に。乙姫様姿にハートを奪われたユーテルジャンの隙をつき、ガルは牢屋の扉を開けることに成功する。捕まった人々を救出し、キュウレンジャーはユーテルジャンを撃破。ガルは、自分の力で運をつかんだのだった。 (公式サイトより)

今回は東映公式が公言しているとおり、お遊び回。
でも、歴代の戦隊のお遊び回に比べるとそれほど弾けてもいなかった気がする。
確かにお話はメインから逸れていたけれども、ナンセンス度が足りないというか、真面目というか。
ストーリーがメインを外れてみて改めて感じたことは、このシリーズ、司令官とかバランスとか、各々一見お遊びっぽいキャラ設定だけれども、基本、キャラより物語重視なんだなぁということです。だから面白くはあるのだけれども、萌え要素が足りない気がするのね。
サソリ兄弟だけでなく、ラッキーの過去も色々ありそうだし、今後、キャラと物語の両輪がうまく連動していけば、もっと入り込めるかもしれません。
とはいえ、ラッキーさんとカジキイエローさんが何度も振り出しに戻る、というあたりのテンポの良さはさすが手馴れたものです。

オオカミさんはいつもの股下が長すぎるパンツより、今回くらいの方が絶対かっこいいと思う。まあ、彼のファッションセンスにケチをつける気はないけれども~(^^;;

サソリさんたちは旅に出たまま、登場しませんでした。
次回は地球を離れるようなので、また会えないんだろうなあ。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年5月10日 (水)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第13話「スティンガー、兄への挑戦」

公式サイト

チキュウの人々がゾンビのようになって暴れ始める。キュウレンジャーは同じようにゾンビとなったダイカーン・モンドムヨインダベーに応戦するが、攻撃を受けたハミィまでゾンビに。人々は毒に感染していると見抜いたスティンガーは、ハミィを解毒し助ける。

スティンガーは、自分が解毒できたことから、一族を裏切りジャークマターに寝返った兄スコルピオの仕業であると直感。スコルピオはジャークマターの最強の殺し屋として反逆者を暗殺していた。チャンプを作ったアントン博士を殺害したのもスコルピオだったのだ。自らの手でスコルピオを倒すと誓ったスティンガーだったが、小太郎とチャンプに迷いがあることを見抜かれる。兄を信じたい気持ちとの狭間で揺れるスティンガーだったが、チャンプとともに過去に決着を付けることを決意。モンドムヨインダベーを撃破した後、アルゴ船復活のためのキュータマ探索はラッキーたちに任せ、スティンガーとチャンプはスコルピオを追ってチキュウに降り立つのだった。(公式サイトより)

小太郎は正式なキュウレンジャーになるべく、本部で修行することに。
サソリさんは自分たちを裏切ってジャークマターに付いた兄を探すために、仲間と別れてオウシさんと一緒に地球に降り立ちました。これでまた一対、人間体とロボットのバディが生まれたわけですな。
キューって「9」じゃなくって「レスキュー」のキューなのかも、と遅まきながら気になった回でした。

ともかく、11人のそろい踏みはしばらく見れないないようです。
また離れ離れになるメンバーたち。人数が多いからこその、新しい試みで、今のところ、スムーズな流れで面白いです。でもスムーズすぎて突っ込みどころがなくって・・・あんまり書くことが思い浮かばない(汗笑

次回はオオカミさんのターン・・・そういえば、カメレオンさんが忍術マスターらしい活躍をしたところって、まだ見ていない気がする。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年5月 7日 (日)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第12話「11人の究極のオールスター」

公式サイト

ラッキーがイカーゲンに敗れ、トモキュータマを奪われてしまった。キュウレンジャーはトモキュータマを奪還するため、まずは予知能力を持つイカーゲンの弱点を探すことに。ところが、アンラッキーが続くラッキーは、初めて出撃メンバーから外れてしまう。

スティンガーたちによりイカーゲンの秘密を暴くことに成功。予知能力ではなく、高度に発達した10個の目で攻撃を追うことで予知をしているように見えていたのだ。キュウレンジャー11人で同時に攻撃すれば勝てる。全員出撃の指令が出るが、ラッキーは出撃を拒む。過去のトラウマから自分は生まれつきアンラッキーな男だと落ち込んでしまったのだ。そんなラッキーにガルの拳が飛ぶ。

キュウレンジャーは10人でイカーゲンに立ち向かうが、すべての攻撃を読まれてしまう。イカーゲンの目は10個ではなく100個以上あったのだ。そこにラッキーが駆けつけ、フタゴキュータマを使って自分を100人以上に増やしイカーゲンの全ての目を破壊。11人そろったキュウレンジャーはイカーゲンを撃破する。巨大化したイカーゲンはリュウテイキュウレンオーで撃破。アルゴ船復活に必要なトモキュータマを手に入れたのだった。 (公式サイトより)

後編なんだけれども、あまり書くことがない(^^;;
作りはしっかりしているし、面白くないわけじゃ決してないんだけれども。

ラッキーが自信を復活させ、イカーゲンを倒すまでのお話でした。
東映公式にも書かれてあるとおり、一つの節目となった回。

イカーゲンがいかに強いとは言え、11対1でしかも増殖って、なんかやりすぎな気がする。まあ、そうでもしないと勝てなかったっていう、戦隊では良く見かけるシーンではあるけれども・・・増殖って数が増えるだけのストレートな戦術すぎて捻りがなく、禁じ手というか・・・好きじゃないんです(汗

オオカミさんが熱い男キャラとして、久しぶりに目立ってました。
最近はドラゴンさんやお子様の方が活躍してましたからね。
11人にしたのは、地球組と宇宙探索組に分けるとか、伏線なのかしら。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年4月25日 (火)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第11話「宇宙を救う3つのキュータマ」

公式サイト

ラッキーはまさかのアンラッキー続き。そんな中、キュウレンジャーはジャークマターを倒すカギとなる“アルゴ船”復活に必要な3つのキュータマを探すことに。そのひとつトモキュータマはチキュウにあるらしい。

ラッキーたちはチキュウに降り立つが、なぜかトモキュータマは移動していた。そこにイカーゲンと、倒したはずのマーダッコが現れる。ラッキーはイカーゲンに立ち向かうが、アンラッキーに見舞われ大ピンチ。その時、街の生物をすべて食べつくす宇宙の凶悪な地底生物デスワームが姿を現す。デスワームがトモキュータマを飲み込んでいたのだ。ショウ・ロンポーは退避するよう指令を出すが、力を試したい小太郎は暴走。スティンガーが小太郎を助けようとするが、2人とも地底に落ちてしまう。スティンガーは小太郎に、力にのまれ闇に落ちた兄スコルピオのことを話す。スティンガーが自分に厳しくあたっていた理由を知った小太郎は、弟に誇れる兄になることを誓う。

キュウレンジャーはデスワームを撃退。巨大化したデスワームはリュウテイオーで撃破する。ラッキーはトモキュータマを手にしようとするが、イカーゲンにやられ奪われる。アンラッキー続きで戦いに負けたラッキーは、あることを思い出し落ち込んでしまう。 (公式サイトより)

前編なので、あまり書くことがない(汗笑

・ラッキーがアンラッキーになってしまった、というお話でした。子供時代も絡ませて、そうか、そうきたかって感じです。
・以前、ラッキーさんやカジキさんたちが命令違反したときはとっても厳しかったドラゴンさん、小太郎にはやさしいなあ。
・下等生物っぽいデスワーム。ジャークマターとは系統が違うのね。これも新しいパターンです。ああ、気持ちが悪い;;
・サソリさんのお兄さんが今後どんな再登場をするのか楽しみです。
・いっぱいキュータマが出てきたけれども・・・覚えなくってもいいよね?(汗
・東映公式の文章、長いっ(笑

.

.

#01 #02 #03 #04 #10

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年4月21日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第10話「小さな巨人、ビッグスター」

公式サイト

キュウレンオーは、ダイカーン“モズマ”の操縦するモライマーズロボを撃破。しかし、モズマは密かに脱出していた。オリオン号に戻ったラッキーは小太郎をチキュウに送っていくが、キュウレンジャーになりたい小太郎はセイザブラスターやキュータマを持ち出してしまう。
その頃、オリオン号は制御不能となり太陽に向かって急加速していた。これはモズマの仕業だった。モズマを倒さなければ、あと15分でオリオン号は太陽に衝突してしまう。ラッキーは変身してモズマに応戦。戦いの中、オオグマキュータマを使うと、リベリオンの総司令ビッグベアの幽霊が現れ小太郎の体にのり移る。最初は小太郎が戦うことに反対していたビッグベアだったが、キュウレンジャーとしてチキュウを守りたいという小太郎の強い決意を知り、力を貸すことに。コグマキュータマを手にした小太郎はコグマスカイブルーに変身し、モズマを撃破。キュウレンジャーに、また一人新たな仲間が加わったのだった。(公式サイトより)

感想はお休みしてましたが、毎週見ていました。短くコメントです。

東映公式が自ら突っ込んでいるように、あれよあれよと言う間にジュウイチレンジャーになっちゃったです(笑
本当のお子ちゃまがサブとはいえ、レギュラーで変身する流れは初めてみました。ベア、タートルネックタイプなのが可愛い。
オリオン号に乗ってるみんな、探偵ごっこをしている場合じゃないでしょう、もっと最初から慌てようよ・・・でも、これがキュウレンジャースタイルなのね(笑
軽~いノリだけど、その裏で着々とシビアなストーリーが紡がれていっている感じです。

普通のラッキーな兄ちゃんだったラッキーの表情が徐々にリダーっぽく引き締まってきたことに、ちょっと感動。

.

.

#01 #02 #03 #04

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年3月 8日 (水)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第4話「夢みるアンドロイド」

公式サイト

オリオン号が地球にやってくる。ダイカーンは各惑星に1人のはずだが、地球にはダイカーンの乗るモライマーズが複数確認されているのだ。ラッキーたちが地球に降り立つと、ダイカーン“ユメパックン”が子供たちの夢を奪い食べていた。ラッキーたちが応戦。キュウレンジャーと一緒に戦うことを夢見るラプターは、戦いに見とれて妄想を膨らませるが…!?(YAH0O!テレビより)

やっぱり宇宙を流離うわけではなかったのね。それらしい風景を探すの、大変ですものね。

さて、舞台が地球に移って。
そうかあ、戦うメンバーは毎回5名抽選なのね。それってゴ(以下自粛)

助けられたのに、迷惑そうな地球人たち・・・お話が着々と紡がれていってます。

異常にラブターを気づかうカジキイエローさん。ラブラーが人間体だったら恋バナか?と期待するんですが、まんまプリキュ○ショーだもんなあ。いや、戦隊だから、ありえないことは、ないかも。
夢を叶えるため、と初心者を戦闘に引っ張り出すシシレッドさん、相当無茶です。イエローさんと違って、ラブターが女の子に見えていないのでしょう。
逆に女の子に見えている、イエローさんが変かも(大汗

.

.

#01 #02 #03

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年3月 2日 (木)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第3話「砂漠の星からきた男」

公式サイト

漠の広がる惑星ニードルが、ジャークマターにより惑星のエネルギー“プラジューム”を吸い取られ爆発の危機にあることが判明。爆発を阻止するには、プラジュームを吸い取っている宇宙船モライマーズを破壊せねばならない。ラッキーたちは、惑星ニードルに降り立ちジャークマターに応戦。そこに、キュータマを持つ男・スティンガーが現れ、サソリオレンジに変身する。その男、敵か味方か?(YAH0O!テレビより)

さくさくっと進んでいた仲間探しが一旦ストップ。
オレンジって新鮮。敵としての登場です。通常の戦隊シリーズにおける6人目の扱いですな。
ブラックウシさんの過去とともに、二人の間の因縁と、レッドさんのまっすぐさを対比させ、3話にして世界観を作ってしまう手際良さ、中々好調です。

レッドさんの戦い方が、ライダーとちょっとデジャブ(汗
博士、これでおしまいなんだろうか、もったいないです、またの登場を期待しております。

今年はストーリーテラーなシリーズになりそうで、楽しみです

.

.

#01 #02

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年2月23日 (木)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第2話「いくぜっ!怪盗BN団」

公式サイト

残り4人の仲間を探すキュウレンジャー。惑星ジガマに降り立ったラッキーは、ジャークマターを手玉にとるバランスとナーガと出会う。2人はジャークマターだけを相手に盗みをはたらく“怪盗BN団”だという。次の狙いはジャークマターの宇宙船モライマーズから宝石を盗むことだと聞いたラッキーは、運試しで2人と行動をともにすることになるが…!?(公式サイトより)

テレ朝公式、カタカナだらけな気がする(^^;;
舞台が宇宙なので、人命・地名が全部カタカナだからでしょうね。

ということで、仲間探しはとんとんと進み、シルバーさんとゴースドさんが加わりました。
この真逆な二人の出会いエピは今後のお楽しみ。

結果的に新メンバーを探し当てたとは言え、レッドさんの単独行動、そしてそれをあっさり認める他のメンバーたち。
最後の合体時には合流していたけれども、メンバーの人数が多いので、その回の主役以外は登場シーンもわずかな、モブ扱いになるお話が増えるかも?

シルバーさん、感情がないといっても、ラスト近くはすこーし微笑んでいるに見えました。
「無表情」を試行錯誤しているのかな、と推測。難しい役どころです。
もう一人ポイズンキャラが登場するので、クールというより、天然キャラになりそう。
でもって、ナーガ族って全人口が同じ顔なんだ。男も女も大人も子供もあの顔・・・(笑
彼らが感情を捨る切っ掛けとなった争いについては語られるでしょうか。

今回もテンポが良くて楽しめました。
突っ込みどころとしては、エンディング・ソング。だんだん早くなるのがちょっと落ち着かないのと、各メンバーのアップがないのが物足らないです。

次回も何かと盛りだくさんみたいなので、楽しみです。

.

.

#01

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年2月15日 (水)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第1話「宇宙一のスーパースター」

公式サイト

はるかかなたの未来。銀河は宇宙幕府ジャークマターによって支配されていた。惑星クロトスでは、3人の戦士ハミィ、チャンプ、スパーダがジャークマターと戦っていた。彼らはキュータマに選ばれた9人の救世主・宇宙戦隊キュウレンジャー。しかしまだ3人しか集まっていなかった。そこにラッキーと名乗る青年の操縦するマシンが墜落してくる…!?(公式サイトより)

さすがパイロット版、お金がかかってます。アクションシーンも展開もスピード感たっぷり。
地球外がメイン舞台になるのは久しぶり、前作がトラディショナルな戦隊だったこともあり、画に開放感を感じました。双方心置きなく暴れられるだろうし。

どことなくチープな(汗)一般人も異形の人々、というのに、前作のラストとの繋がりを感じました。
背景とかキュータマコクピットとか、最後までこのクオリティーを保って欲しいです。

レッドさんはまた、チーム一のオバカ・・・いや、元気キャラに。
開始前は後のメンバーは戦隊初の9人、キャラ分けのヴァリエーションが多くてごちゃごちゃするんじゃないかな、とちょっと不安だったのですが、手堅く勢いよく描き分けてくれそう。
まあ、9人とは言え、人間体は基本形の5人ですし。
しかし人間外のキャストの豪華なこと。ゴーカイイエローも、お帰りなさい~

代々、ブルーさんのファンになることが多いのですが、今回のブルーさんは人間体ではない・・・でも、つぶらな瞳とキレッキレのアクションで、すでにファンになりつつあります(^^);;
手の特殊メイクがちょっと雑な気がしましたが、こういうのも戦隊ならではなのかも。

元気なシリーズになるのかな?
まずは掴みはOKだったと思います。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧