2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「■宇宙戦隊キュウレンジャー」の34件の記事

2017年12月14日 (木)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第41話「突入!惑星サザンクロス」

公式サイト

ついにジャークマターの本拠地・惑星サザンクロスに突入するときがやってきた。キュウレンジャーは4体のロボを使って4つのキュータマの力を解放し、ミナミジュウジ座系のバリアを突破する。次のミッションは、惑星サザンクロスのヘルズゲートを開け、30分以内にバトルオリオンシップに戻ること。ガルたちが入口での戦いを引き受け、ラッキーたちは先に進むことに。

門を開ける制御室には、門番のカロー・サザンキングが待ち構えていた。かつてはミナミジュウジ系をたばねる王だったが民衆を裏切りジャークマターに寝返ったサザンキングは、ラッキーたちにも裏切りをすすめる。当然ラッキーたちは断るが、サザンキングの精神世界に引き込まれ、大切な者を自らの手で傷つける幻影に苦しめられる。ラッキーの前には、ツルギに刃を向ける父アスランが。父と仲間とどちらかを選べという父を前に苦悩するラッキーだったが、父の言葉を思い出し、幻覚を打ち破る。キュウレンジャーはサザンキングを撃破し、ヘルズゲートを開けることに成功。

ラッキーたちが入口に戻ってくると、ガルたちが謎の敵にやられていた。謎の敵の正体は、ドン・アルマゲに操られているラッキーの父アスランだった。(公式サイトより)

さて、本筋に戻った今回。

37話の感想で「実はパパ王は生きていた・・・なんてことはないかしら~」って書いたら、本当に生きてました。
ドン・アルマゲ憑き、すなわち敵サイドでだけれども。

考えてみれば、身内との確執は今回の戦隊のテーマだし、山崎さんがお客さん扱いですぐ消える、なんてもったいない設定、戦隊ではありえないですな(^^;;

かつての父の生き様を信じることで、危機を脱したラッキー。
それなのに・・・今回は吹っ切ったラッキーだけど、次回もまた苦悩するみたいです。
父からドン・アルマゲの支配を取り除かないと、解決しないんだろうな。

さそりさんの兄さんは力を求めて自らジャークマターに近づいたのですが、父上は無理矢理取り憑かれたみたいなので、一旦術が解ければ話は早そう・・・って生きているのかな?!(汗

父と息子の確執を描いて、なんだかギリシャ悲劇みたくなってきました。
コスチュームもギリシャぽいし、なによりラッキーさんの額の皺ー(^^;;

他のレギュラーたちはどんな幻覚を見たのだろう。
ツルギの幻覚は何だかの伏線なのでしょうか。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35 #36 #37 #38 #39 #40

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年12月 8日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第40話「開幕!地獄のデースボール」

公式サイト

ジャークマターの本拠地を守るバリアを破るために必要な4つのキュータマも、残るはカシオペアキュータマだけ。カシオペア座系の惑星SBCにやってきたキュウレンジャーは、カローのグローブンからデスマッチ野球“デースボール”の勝負を申し込まれる。キュータマを手に入れるため受けて立つが、野球が苦手なスパーダだけは浮かない顔。

ショウ監督の采配により、ピッチャーのラッキーらスタメン9名が決定。ツルギは切り札として温存し、スパーダはマネージャーを買って出る。ところが、“デースボール”はただの野球ではなかった。メカマーダッコは投球すると見せかけマシンガンを乱射。乱闘となり、ピッチャーのラッキーは腕をやられ、スティンガーは退場させられてしまう。代わりにツルギとスパーダが出ることになるが、スパーダはへっぴり腰で三振。ツルギたちの活躍で8対0とリードするものの、グローブンたちは卑怯な攻撃で大量得点し11対8と逆転されてしまう。3点差をつけられての9回裏、2アウト満塁で迎えたバッターはスパーダ。しかし、グローブンは役立たずのスパーダには魔球を投げるまでもないと屈辱的な言葉を。ここで、ショウの提案により決着は翌日に持ち越すことに。

翌日、スパーダはグローブンの魔球を捕え、特大ホームランで逆転大勝利。負けず嫌いのスパーダはラッキーとともに猛特訓したのだ。スパーダの気持ちに応え、カシオペアキュータマが誕生。キュータマにより出現したボール爆弾でグローブンを撃破する。4つのキュータマを手に入れたキュウレンジャーは、ついにジャークマターの本拠地、惑星サザンクロスへと向かうのだった。(公式サイトより)

万を辞しての野球バージョンだったためか、お遊び回風にも関わらず、公式の粗筋、長いです、力入ってます。(汗
感想は反比例して短く(^^;;

珍しくスパーダさんがメインでした。メインになったのはこれで2回目?

スパーダさんの回想モノローグという、ちょっと捻ったスタートでしたが、その後はおおよそスポ根モノのパロディの定石通りでした。
ぼやーっと見ていたので、「ツルギは切り札として温存し、スパーダはマネージャーを買って出る。」という設定を見逃しちゃったです。知らなくてもあまり差し障りはなかったけれども(苦笑

ラプターさん、ちょっとずるいぞ(笑
ナーガとバランス、良いコンビネーションでした。
あとワンアウトのところで明日に持ち越しって、グローブン、気が良すぎ(苦笑
それからお約束の一夜漬けの秘密の特訓・・・はいいけれども、ラッキーって野球を知らなかったんですよね。それなのに特訓の仕方を知ってるって・・・無理矢理すぎる気がする~(苦笑
フォームは酷かったから(汗)、まあ、いいか(汗

魔球に対抗するスパーダさん。
なななんと、いままでほとんど活用されておらず、存在すら忘れていた設定、角で勝利!

ついでにカシオペアキュータマも手に入れたキューレンジャー・・・実はどんなタマを手に入れたか、もしくは失ったかどうか、所謂彼らのアイテムにあまり興味が持てなくなって久しいです。とにかく人とかタマとか多すぎる(大汗

胴上げのあてが外れた司令官を、無言で慰めるサソリさんに癒されたラストでしたー。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35 #36 #37 #38 #39

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月30日 (木)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第39話「ペルセウス座の大冒険」

公式サイト

ジャークマターの本拠地を守るバリアを破るため4つのキュータマを集めるキュウレンジャー。残り2つを求めてペルセウス座系にやってきたラッキーたちの前に出現したメカマーダッコにより、突然チャンプが暴走し始める。チャンプはメカマーダッコにさらわれ、ラッキーたちは魔法使いや勇者の姿に変えられてしまう。スコルピオに暗殺されたはずのアントン博士の仕業だった。ラッキーたちは、アントン博士が作り出したキュータマの力が使えない異世界の中で、RPGゲームのようにさまようことに。

この世界の住人の話によると、城に住む魔王が黒牛姫をさらい、世界征服を目論んでいるらしい。敵と戦いながら何とか城にたどりついたラッキーたちの前に、アントン博士が現れる。アントン博士は二重人格で、チャンプに正義の心を教えた人格を切り離し、機械と融合した悪の博士となっていた。アントン博士は、チャンプの暴走回路を解放して破壊兵器にしようとしていた。チャンプを元に戻すのはほぼ不可能。しかし、スティンガーの相棒への思いが奇跡を起こし、チャンプは元に戻る。

キュウレンジャーは、メカマーダッコとアントン博士は逃したものの、牛型汎用破壊兵器ゼロ号を撃破。ペルセウスキュータマも手に入れ、残るはカシオペアキュータマだけとなった。(公式サイトより)

ゲームよりヨシヒコを思い出しちゃった(汗

さそりさん、大活躍。
RPGの設定とか、いきなりすぎて違和感を持ったのですが、さそりさんが無理矢理な設定に負けないでちゃんと堂々と歌っていたので、それなりに形になっており、、ミュージカル好きな自分にとっては楽しかったです。
というか、中の人、元々歌手志望の、さそりさんありきのエピですやん(^^;;
それでもミュージカルもしくはオペレッタ風発声法は特訓したんだろうなあ。お上手でした。
コメディ・センスもあるし、今後が楽しみです。

チャンプも元に戻って良かったです。

・・・ラッキーはこんな美味しいエピを作ってもらったことがまだないのよね。レッドさんなのに。パワアップしたらレッドでさえなくなってしまうという・・・
ほんのちょっとしか登場しなかったナーガの方が印象に残ってしまったです(汗
でも、戦隊の中でのレッドは特別な存在なのだから、ラストスパートに期待しています!

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35 #36 #37 #38

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月22日 (水)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第38話「おっタマげ!危機9連発!」

公式サイト

ジャークマターの本拠地にたどり着くためには、ケフェウス座、ペルセウス座、カシオペア座、アンドロメダ座のキューエナジーを使ってミナミジュウジ座系を守るバリアを破壊しなければならない。キュウレンジャーはバリアを破るために必要な残り3つのキュータマを集めるため二手に分かれることに。
ケフェウス座系に向かったツルギたちは、かつてクエルボとともに9つの試練を乗り越えケフェウス座の戦士を仲間にした場所、九林寺へ。そこにカロー・デスゴンが現れる。
ジャークマターに乗っ取られた九林寺で、ツルギたちはデスゴンが仕掛ける邪悪の9試練に挑むことに。1分以内にインダベーを99体倒す、腹筋9999回、料理やダンス対決などの試練を次々にクリアし、残るは最後の試練のみ。
しかし、9つ目の試練では、ツルギとショウの前にハミィたちが現れ2人を攻撃してくる。するとショウは土下座して命乞いを。その隙をつきショウがハミィたちを攻撃すると、ハミィたちに化けていたインダベーが正体を現す。
司令官としてメンバーのことを知り尽くしているショウは、ハミィたちが偽物だと気付いていたのだ。キュウレンジャーはショウの作戦により力を合わせてデスゴンを撃破。ケフェウスキュータマを手に入れる。

一方、ペルセウス座系に向かったラッキーたちの前には、パワーアップしペルセウス座系のカローとなったメカマーダッコが出現。メカマーダッコによりチャンプが暴走し始め…(公式サイトより)

ツルギやショウたちを待ち受けていたのは9つの試練・・・
仕切り屋、というか、リーダーシップ力が半端ないツルギに軽く嫉妬するショウ司令官を不安定要素にしての、おふざけなのかシリアスなのか、よくわからない展開がいかにもキュウレンジャーらしかったかな~(汗
キュウエナジーとかケフェウス座とか言ってたけど、宇宙って広すぎて、世界観が今ひとつイメージできていません(汗々
結局記憶に残ったのは、腹筋するツルギとか、お風呂につかっている女子たちとか。

そうそう、カメラ目線のナーガがいい仕事していました。変顔も頑張ってたしね(^^)b
どうもキュウレンジャー・人間体の中では、ナーガが愛されキャラのような気がします。イジリがいがあるっていうか。サソリ君も時々遊ばれているけれども、感情問題と向き合ってからのナーガは、なんか吹っ切れたように見えますな。
あ、そうか、サソリ君はまだチャンプという心配要素を背負っているものね。

かまってもらえなくともオヤジギャグを連発してアピールしているショウより、力むだけのラッキーの方が影が薄い気がする・・・(大汗

マーダッコ、またまた復活。まあ、便利使いされてるっていうか、クリーチャー的に幅がないっていうか(汗

次回は博士のRPG世界ですか。あんまり良く知らないですよね、この世界。ですのでおふざけにしか見えないのだけど、サソリ君がハっちゃけているみたいなのが楽しみです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35 #36 #37

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月17日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第37話「ラッキー、父との再会」

公式サイト

シシ座系の王子であり、父親のアスラン王がジャークマターの手下となり生きていることを知ったラッキーは、真相を確かめるためシシ座系の本星・惑星カイエンへ。ジャークマターに屈服したアスラン王は、国民たちから裏切り者扱いされていた。そこにシシ座系カローのジューモッツとククルーガが出現。かつて惑星カイエンを征服したのはククルーガだった。キュウレンジャーが応戦するが、ラッキーはククルーガに捕えられてしまう。アスラン王はジャークマターに逆らったラッキーに公開処刑を言い渡す。

ラッキーは、父親の完全に人が変わってしまった姿を前にしながらも、「どんなつらい時でも未来は切り開ける」と教えてくれた父親を信じ続ける。一方、ツルギたちは今のアスラン王はジャークマターの作り出した偽物だと気付く。ラッキーもアスラン王は偽物だと見抜いていた。本物のアスラン王はククルーガに命を奪われていたのだ。父親の教えを胸に苦しい時こそ己の運を信じるラッキーが雷を呼びよせ、ククルーガを直撃。偽アスラン王には弱点である水を浴びせ消滅させる。キュウレンジャーはジューモッツとククルーガを撃破。シシ座系の王となったラッキーは、亡き父親に自分の運を信じ必ず未来を切り開くことを誓うのだった。(公式サイトより)

いよいよラッキー編に突入、と前回の感想に書いたのですが・・・もう、終わっちゃった(汗

もう殺されていたのだろう、の一言で終わりって、主人公のエピなのに、いくらなんでもあっさりしすぎてないかい?(汗笑
さそり兄弟の話の方がうんと濃かったです。ナーガの感情解放エピだって3話以上はナーガメインだったと思います。

父が裏切ったことが信じられないラッキーの心中を察するスティンガー、という冒頭の流れは良かったのだけれども・・・ラッキーがすんなり王位を継いで終わりかい!て、思わず突っ込んでしまいました(^^;;

お子様番組とはいえ「ドラマ」が余りにも希薄な気がします。
それでも7:30始まりなら、「ああ、戦隊っぽい」っと、ラストの巨大ロボ戦までの流れがほんわかと見ていられるのですが、新時間帯でのこの緩さはキツいかもしれません。
緩さとか、ナンセンスさとか、戦隊シリーズの魅力だった部分が、放映時間が遅くなったことで、今のところですが全部裏目になっている気がします。みんな、もう夢から醒めているんです(汗
これからどう展開するのかなあ。
いっそのこと深夜に持っていくとか・・・あ、それじゃあ子供たちがリアルタイムで見れないですね(大汗

実はパパ王は生きていた・・・なんてことはないかしら~(汗

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35 #36

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月 2日 (木)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第36話「ラッキーの故郷に眠る伝説」

公式サイト

ジャークマターの本拠地に向かうキュウレンジャーは救難信号をキャッチ。ラッキーのいたコジシ座系・惑星ルースからだった。ラッキーたちが惑星ルースに向かうと、コジシ座系カローのウンジェットが人々を襲っていた。そこにはラッキーの幼い頃からの友達、機械生命体のシーザーや、育ての親の爺やの姿も。キュウレンジャーが応戦するが、シーザーがこの惑星の伝説のマシンの子供だと気付いたウンジェットにシーザーを連れ去られてしまう。また、爺やの話から、ラッキーは家出をしていたこと、旅の本当の理由は宇宙の果てを見てみたいからではなく父親を探すためだったことが分かる。

ラッキーは父親からもらった大事な友達シーザーを助けるためウンジェットの元へ。頼れる仲間たちとともにウンジェットに立ち向かう。ラッキーが命がけで戦う姿を見た爺やは、ラッキーを危険な目にあわせるわけにはいかないと真実を打ち明ける。ラッキーはシシ座系・惑星カイエンのアスラン王の息子、つまり王子だった。思わぬ真実に驚きながらも、ラッキーはウンジェットを撃破し、シーザーを奪還。するとシーザーはコジシキュータマによりコジシボイジャーへ。巨大化したウンジェットには、シーザーも加わったスーパーキュウレンオーで応戦し撃破する。しかし、ラッキーの父親アスラン王はジャークマターの手下となり民を苦しめていることを知らされ…。(公式サイトより)

いよいよラッキー編に突入しました。

ラッキーが「ええとこの子」、つまりそれなりの生まれだってことは匂わしてましたから、逆に本人が王家の血をひいていることを知らなかったことが驚きです。さすが、ラッキー(苦笑
実は明るいのか、暗いのか・・・未だによくわからないんですね、ラッキーのキャラが。基本的に揺らいでいる気がする。
現代劇だったら明るくも暗いと言う、入り組んだキャラ設定もOKなんだけど、戦隊モノでは、いや、「この」戦隊シリーズではなんだか浮いている気がするんです。描きこめていないというかね。(汗

ラッキーパパもジャークマターの手下になっていた。パパはなんと山崎さん!

信じられないラッキーはパパの下に。
再来週に続く!

ジャークマターの手下・・・サソリさん兄弟、ナーガ、チャンプ、ホシ★ミナトなど、皆このパターンなのね。
敵はジャークマターなんだから、身内、仲間らが背くということ=ジャーク・サイドに立つってことだもの、そうなるわね。

ラッキーに熱い信頼を寄せる仲間の姿には、ジーンときました。
チャンプ、スパーダ、ハミィ、ナーガ、ガル・・・初期の顔ぶれです。あ、サソリさんも居た(汗笑
これくらいの人数でとどめておけば・・・いや、まだこれからですね。
友情、に近い言葉にバグを抱えたチャンプが反応していた気がする。

ラストスパートに期待しています。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年10月27日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第35話「宇宙No.1アイドルの秘密」

公式サイト

キュウレンジャーは、ドン・アルマゲの本拠地ミナミジュウジ系の惑星サザンクロスへ航海中。ラッキーたちは、全宇宙で一番売れているアーティスト“ホシ★ミナト”が口にした言葉からアキャンバーに操られているのではないかと疑念を抱く。そこで、途中の惑星で行われる新人オーディションに潜入し、ホシ★ミナトの正体を探ることに。

ハミィ、ラッキー、ナーガはアイドル、スパーダはマネージャー、ツルギは事務所社長に扮装して潜入。ツヨインダベーがホシ★ミナトを守るため攻撃してきたことから、ホシ★ミナトはジャークマターと繋がっていると確信する。しかし、まだ売れる前のホシ★ミナトの歌に勇気づけられた経験のあるハミィは、ホシ★ミナトがジャークマターに手を貸すとは思えない。ハミィは、その時のホシ★ミナトの歌を歌うが、ホシ★ミナトは覚えていないという。そこで、真実を映し出すエリダヌスキュータマを使ったところ、マネージャーの正体はアキャンバーで、ホシ★ミナトはドン・アルマゲに操られていたことが判明。ナーガは仲間たちと力を合わせてアキャンバーを撃破し、決着をつける。一方、ラッキーとツルギはドン・アルマゲを撃破。ドン・アルマゲは何体もいることを知ったキュウレンジャーは全てのドン・アルマゲを倒すことを誓うのだった。(公式サイトより)

チラチラ見せていたマジイエロー、じゃなくって、ホシ★ミナトの物語を、影の薄かったハミィと絡ませてきました。
うん、ホシ★ミナトの歌は良かったです。
でも、ミナトがドン・アルマゲに操られるようになった切っ掛け、いきさつ等がはっきり描かれていなかったので、なんかモヤモヤしました。ずっと引っ張ってきたキャラなのに、もったないない。再登場はあるのでしょうか。

かつてナーガを詰ったハミィもまた心がからっぽだった。そんなハミィのことを一番理解してくれたのは、」感情を捨てた挙句、アキャンバーによって暴走させれた経験を持つ、ナーガだった、という流れは良かったと思います。

あくまで好みですが、ここまでのキューレンジャーのお話の中で、一番面白かったかもしれない。
ハミィのバックで踊るラッキーとナーガも格好良かったし(^^

少しだけ残念だったのは、ハミィメインのエピが今まであまりにも少なかったため、心がカラッポなまま放浪していたという、ハミィのヘビーな過去が、とってつけたように感じてしまったことです。

さて、ドン・アルマゲ。
やっぱり複数いたのね。それも半端な数じゃないみたい。
何故複数いるのでしょう。
ドン・アルマゲズを操るラスボスがいるかもしれない?!

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年10月18日 (水)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第32話~第34話

公式サイト

いけない、いけない、このままだとフェイドアウトしちゃう(大汗
簡単にメモっておきます。

32話は旧オリオン号の優秀の美、33話ではバトルオリオンシップの登場とショウの帰還、34話でチャンプが暴走する可能性と、アントン博士が謎多き人物であることを描いていました。博士はかつてはジャークマターの一味、かつドン・アルマゲと同じく、時空を超えた存在らしい?両者は思っている以上に近しい存在なのかも。

それにしても「謎の覆面騎士」って、謎じゃなさ過ぎる(笑
かといってそのことを笑い飛ばせるほどのコミカルな内容でもなかったし・・・

34話では久々に存在感をしめしたガル君、すっかり天然さんのコメディリリーフに。
スタンス的にはバランスと似ているから、何か強烈に違う色をつけとかないとね。

タイムトリップ設定はもうパラドックスしてる、なんて次元じゃないので、突っ込みません。
・・・時間を持ち込んだのは多次元世界の宇宙だからなのかなあ。
宇宙が舞台っていうのも、スケールが大きいというよりも、広すぎて捉えどころがない話が多い気がするのは、頭が固いからなのかも~(^^;;

なによりやっぱりキャラが多すぎる気がする。
今回も傍観キャラがいたし・・・的が絞れなくって、まだ贔屓を作れぬままです(汗
いっそのことキョウリュウジャーみたく、メインレギュラーとセミレギュラー、はっきり分けたほうが良かったような気がしますが・・・

次回のメインはハミィ。
今まで九の一らしさ、カメレオンらしさをほとんど発揮できていないのだけれども、さて?

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年9月29日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第31話「ヨッシャ!奇跡のキュータマ」

公式サイト 

ラッキーたちは過去で間違いなくドン・アルマゲを倒したが、現代では未だドン・アルマゲが宇宙を支配していた。やはり現代でドン・アルマゲを倒すしかないようだ。そのためにも、まずはアキャンバーに操られているナーガを取り戻さなければならない。
一方、ナーガは小太郎とガルを人質にとってバランスをおびき出そうとしていた。バランスはナーガを元通りにするため立ち向かうが、ナーガの攻撃を受けてバランスとラッキーが消えてしまう。しかし、これは作戦だった。アキャンバーは脳内にミクロのサイズのインダベーを送り込んで人々の感情を操っていることを解明したバランスは、ケンビキョウキュータマを使ってナーガの体の中に入り込んだのだ。ナーガを思うバランスたちの強い気持ちにより眠っていた良いナーガの心が解放され、ナーガは元に戻る。怒りをコントロールできるようになったナーガは、正義のヘビツカイメタルにパワーアップし、ミクロツヨインダべーを撃破。さらにナーガは心を捕らわれていた間にドン・アルマゲの居場所の手掛かりをつかんでいたのだった。(公式サイト)

「ラッキーたちは過去で間違いなくドン・アルマゲを倒した」って設定、やっぱり矛盾してますよね。

だってドン・アルマゲがいなかったらキュウンジャーって必要なかったわけで、彼らが出会うこともなかったんだもの。そしてそのことにメンバーの誰も疑問を抱かないこともー。素直っていか・・・(苦笑;;
それともこのパラドックスの中に何かカラクリが仕込んであるのでしょうか。

ラッキーって、いつもポジティブに「チョー、ラッキー!」とか叫んでいるけれども、本当はすごく根暗・・・というかシリアスなキャラのように思えてきました。
着ぐるみキャラ(汗)がチャンプも含め、割と軽いキャラになっているので、そう見えるのでしょうか。
ツルギの方が従来のレッドっぽい感じなんだけれども・・・たまにはこういうレッドさんもいていいのかも。

おかえり、ナーガ!
先週、今週と、エキドナの喉仏が何気に気になりました(^^;;

来週から放送時間が変更。リアルタイムではもう、見れないかな~。

※次回の感想は再来週に書く予定です。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年9月22日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第30話「ヨッシャ!奇跡のキュータマ」

公式サイト

真の姿を現したドン・アルマゲの一撃に貫かれ倒れてしまったラッキー。一命は取り留めたものの、過去の時代ではこれ以上治療のすべがない。そんな中、オライオンはツルギがホウオウキュータマの力を使いラッキーを回復させようと考えていることに気付く。しかし、それはツルギの命を奪うことになるかもしれない。それでもツルギはラッキーを救うため最後の賭けに出る。

キュウレンジャーはオライオンとともにドン・アルマゲたちに立ち向かう。強烈な攻撃に変身解除しながらも、ラッキーの回復を信じて何度でも立ち上がるキュウレンジャー。そこに奇跡を起こしたラッキーが現れる。ツルギも無事だった。オライオンは、ラッキーがオリオン座とシシ座の2つの星座系の血が流れていること、ラッキーはオライオンの遥か未来の子孫であることを告げる。ラッキーは、オリオン座とシシ座の2つの力が宿ったサイコーキュータマで奇跡の戦士シシレッドオリオンに変身。ククルーガとドン・アルマゲを撃破する。

命を落としたオライオンに代わってキュウレンジャーの伝説を語り継ぐため、ショウとチャンプは過去に残ることに。ラッキーたちは現代に戻るが、そこには過去で倒したはずのドン・アルマゲの姿が!(公式サイト)

時間がないので、超・簡単感想で。

オライオン、死んじゃっていいの?!

しかもオライオンの代わりに司令官が残るって・・・
それじゃキューレンジャーたちの出会い方が違ってくるんじゃないのかなあ?
ビッグベアとのエピは、いつのことなんだろう。オライオンが死んだ後ってことはないでしょう。それだと司令官は過去にとどまったままで、ビッグベアとは出会えない・・・

現時点ではありますが、パラドックスが多すぎ。
何かと・・・おかしいやん。

倒したはずのドン・アルマゲが生きていたのには、何かカラクリがあるのでしょうが、時間を弄ぶような設定でなければいいなあ。

次週、やっとナーガが戻ってくるみたいです。良かった~

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:2017年第3クール | #ドラマ:2017年第4クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダービルド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧