2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「△特撮:仮面ライダードライブ」の44件の記事

2015年10月 1日 (木)

仮面ライダードライブ #47「友よ、君はだれに未来を託すのか」、#48 最終話(特別編)「ゴーストの事件」

公式サイト

ついに終わってしまいました。
ライダーが終わってこんなに寂しくなるのはいつ以来でしょうか。
シリーズが始まった時には、思いもよらなかったです。

47話が終わった後はとても感想をまとめきれず、特別編が終わった後は抜け殻になってしまい、中々筆が進みませんでした。
このままでは書かずじまいになってしまいそうなので、感想メインで、まとめも含めてざっくりメモることにしました。

.

進ノ介を倒す力は残っていないと知りつつ、戦いを挑んだハート。
ハートにとって進ノ介は戦う価値のある唯一の人間だった。

拳を通じて友情を交わす。
少年ドラマの王道をきちんと見せてくれていて、涙しました。

超えるべき存在だった人間がロイミュードに近づこうとしたことに絶望したハート。
でも、進ノ介はわかっている。悪を生み出すのは人間の心なのだと。
ブレン、チェイス、メディック。
みんな人間以上に愛を知っていたことも。

47話ラスト、それぞれの将来のテロップにも涙。

ベルトさんは、ドライブシステムを人間が使いこせるまで自らを封印、シフトカーとともに地中奥深くへと去っていきました。
本願寺と現さんはそれぞれ仕事に邁進し、究ちゃんは人気作家に、りんなさんはノーベル賞を取るのね。
現さんの机がなかったことには気がつきませんでした(泣笑。

チェイスの遺品(涙)を持ち、姉を進ノ介に託して旅に出た剛。
最初は少しウザイほど明るかったのに、一人闇落ちしそうになってしまって。

蛮野を単なるマッドドクター及び「絶対悪」としてしか描かれなかったのは物足りなかったです。
ですが、蛮野がどんな人物であれ、親から出来損ないと罵られた子供、剛の傷は一生癒されないかもしれません。

これほど哀しい宿命を背負ったキャラも珍しいです。
「なんとなく哀しそうな宿命」ではなく、ちゃんと哀しい宿命を描いていました。

一人荒野を歩く剛を、ハーレー博士が追いかけてきました。
本当に自分を思ってくれる人が家族なんだ。

ハーレー博士と共に旅立つ剛。一人ぼっちにならなくって良かったです。
有名なカメラマンになるのね。

進ノ介と霧子は車中で良い感じです(^^
幸せになって欲しい、と二人のテロップを待っていたら、白バイに止められました。
すると・・・進ノ介の車が手配中の盗難車にそっくりだ、と確認するその警官がチェイスそっくりなのに驚く二人。

チェイスがコピーしたのは、「よりによって」真面目な白バイ警官だったのでした。
チェイスの真面目さに納得して微笑み合う二人。
お前、友だち、いないだろう、と話しかける進ノ介。ダチなんていらない、と走り去るチェイスのオリジナル。

チェイス・・・いい友達になれそうです(号泣

笑顔が一番いい。進ノ介、やっと言えました。
霧子、良い笑顔です。

二人の行く末のテロップのみ流れぬまま、47話終了。

ゴーストが進ノ介を助けるシーンには違和感を持ちました。
ドライブの世界に入ってこないで欲しかったです。
でも、これが最終話の伏線だったわけで。

.

最終話では、初回、進ノ介が追っていた犯罪組織、ネオシェードと対決します。

話としては繋がってはいるのですが、初回しか出てこなかった設定なので、唐突に感じたのは否めません。
大きな組織のようなのに、たった一人だったし、なんかしょぼい・・・

進ノ介がネオシェードを追わなかったのは特状課に移動したから、そして逮捕した男は組織の一員で、今後も進ノ介とネオシェードの戦いは続く、と脳内補填したものの。
ネオシェードはこの1年間何をしていたのでしょうね。

と、まあ突っ込みどころはありましたけれども、変身できない進ノ介が、アイコンに頼らずに戦うシーンは格好良かったです。
回想にて三人そろい踏みの変身も見れましたし。
そして、現さんが良かったです。本編ではコメディリリーフのことが多かったのですが、先輩刑事としての貫禄を感じました。
この人がいたから、ドライブは刑事ドラマの枠を維持できていたんだなぁ、としみじみしました。
そして進ノ介との刑事としての息もぴったりなことに、進ノ介の成長も感じることができました。

ただ、ライダーシリーズだから、何らかの形でライダーを出さねばならないとは言え、番宣代わりにゴーストを登場させるのはやめて欲しかったです。
声のトーンもですが、世界観が全く違うから、47話のところでも書きましたが、すごく違和感を持ちました。
ここまで仕上げてきたのだから、最後までドライブの世界で〆て欲しかったです。

ラスト。
進ノ介と霧子のテロップが出ました。
納得の幕切れです。
だからこそ、ゴーストが邪(以下自粛)
ま、映画では共演するらしいですし、もう突っ込むのは止めておきます(汗
.

以下、ざっくり統括します。

中盤まではいまいち乗れなかったのですけれども、キャストの皆さんの成長とともに視聴モチベーションがアップしました。

一番良かったのは。
サブライダーの背景は書き込まれているのに、肝心の主役のライダーが書き込まれておらず、つかみどころのないキャラになってしまうシリーズが多い中、ドライブは主役をきちんと描いてくれていたことです。
ですのでいつもは2号ライダーに入れ込むことが多いのですが、主人公にがっつりはまることが出来ました。

そして主人公だけでなく、サブライダーたちや敵サイドのキャラも丁寧に書き込まれていたので、それぞれに思い入れを持つことができました。
だから皆が倒れていくラスト数話には、涙、涙。
あくまで自分比ですが、これほど盛り上がった終盤は久しぶりです。

サイエンス的な設定は、ウヤムヤかつ強引な部分があったとは思います。
ロイミュードの成り立ちや目指していた世界も、よくわからないままでした。
蛮野を掘り下げて描かなかったので、彼がロイミュードを作った理由もいまひとつモヤモヤ。
でも、こういうウヤムヤな部分があるのもライダーシリーズの特色だな、と受け止めることができました。
あ、でもドライブの最終進化態はあんまり格好良くなかった・・・・(大汗

蛮野を筆頭に仁良などの人間たちが、子供向けドラマの枠を逸脱するほど極悪非道なキャラだったのも、本当の悪は人間が生み出すもの、というテーマを、そしてホムンクルスであるハートたちの純粋さを描くためでした。
進ノ介に宿命を負わせなかったのは、ハートたちの思いを真っ当に受け止める役目を負うためなんだろうなあ、と。

1年という長いスパンなので、話によっては出来不出来・・・というより好き嫌いがあったりしましたが、振り返ってみるに、構造が揺らぐことはなかったように思います。

どこへ着地するのだろう、と不安になるのもライダーシリーズの特色なのですけれども(^^;;)、ドライブは最初から刑事ドラマという体裁をとっていたためか、安定感がありました。
最初はその安定感が物足りなくもあったのですが、じっくりとドラマを紡いでくれました。

空気になったレギュラーが一人もいなかったのも稀有かもしれません。
裏切りの連続で気分が悪くなることもなく。
特状課が最後の最後まで団結していたのが、嬉しいです。いいチームでした。

進ノ介と現さんの刑事ドラマが見てみたいです。
最初、髪型が変、と進ノ介に突っ込んだことを、今は後悔しています(_ _);;

.

スタッフ、キャストのみなさん、1年間楽しかったです。ありがとうございました。
皆さんの今後のご活躍を期待しております。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #45 #46

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年9月17日 (木)

仮面ライダードライブ #46「彼らはなぜ戦わなければならなかったのか」

公式サイト

チェイス(上遠野太洸)を失い、初めてチェイスが“ダチ”であることを自覚した剛(稲葉友)。怒りをみなぎらせマッハに変身。ゴルドドライブ(声・森田成一)に突進する。
ゴルドに倒されたかと思ったマッハだったが、シグナルチェイサーを手にチェイサーマッハに変身。ライダーチェイサーの力をも手に入れたマッハは、ゴルドを圧倒。ついにゴルドドライブを倒す。
シグマサーキュラーが起動。グローバルフリーズが始まり、人間がデータされ始める。ドライブとハートロイミュードは力を合わせ、シグマに立ち向かうが、圧倒的なパワーになす術もなく倒される。
立ち上がれない進ノ介(竹内涼真)を、メディック(馬場ふみか)が自らの命を捧げて復活させる。メディックを失い、悲痛な叫びをあげるハート、そして進ノ介の怒りは頂点に。再びドライブに変身。ハートとともにシグマに立ち向かうが…!(公式サイトより)

簡単に感想のみ書きます。
ラストに向けての盛り上がり方が半端じゃなく、感想が追いつかないんです(汗

あれほどパワーアップを望んでいた剛が、チェイスの残した力でチェイサーマッハに変身というのも・・・(涙
ついに蛮野を倒しました。

「俺の頭脳が・・・」蛮野、とことんMADな奴でした。
残り1話。彼のバックグラウンドは描かれないままで終わるのかもしれません。
データとは言え、父を倒した剛にとっては、人間的な側面を見せられる方が辛いだろうし。

チェイスの死を知って涙する霧子に涙。

蛮野は倒れましたが、シグマはすでに起動開始、グローバルフリーズが始まります。
次々とデータ化されていく人々。特状課の皆の体にも数値が。

シグマの元に駆けつける進ノ介とハート。
しかし、シグマ、強い。
声から判断するに、蛮野のデータも混ざっているのでしょう。蛮野はまだ消滅したわけではない、ということです。

蛮野に初期化された際に超重加速への対応だけでなく、治癒能力まで奪われてしまったメディック。
ブレン、チェイスに酷いことをした・・・最後の力を振り絞って進ノ介を助けました。

自分が望んだ無垢な姿の幻で儚く消える009・・・

かつて蛮野に傷みつけられたハートは、まだ白い女神だったメディックに癒してもらった。
その後メディックはロイミュードを癒す度に負の感情を吸収し、黒くなっていった。すべてはハートのために。
ハートがメディックを庇い続けたのは、癒してもらったからだけでなく、自分のために黒くなっていく姿を見続けていたから。

濃いです、ロイミュードのストーリー。

わからない設定は多々あるのですが、ドラマが熱いので、見応えがありました。
テンションで設定をねじ伏せる。これぞライダーシリーズの醍醐味です。

次回、最終回。
番外編があるとは言え・・・寂しいです。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年9月14日 (月)

仮面ライダードライブ #45「ロイミュードの最後の夢とはなにか」

公式サイト

マッハの機転でゴルドドライブ(声・森田成一)による大爆破から逃れた進ノ介(竹内涼真)たち。特防センターのビルを乗っ取り、第二のグローバルフリーズへ準備を進めるゴルドドライブを阻止するため、再び立ち上がる。
ゴルドドライブ=蛮野の狙いが全人類をナンバー化して支配下に置くことだと判明した。特防センタービルに乗り込んだ進ノ介、剛(稲葉友)、チェイス(上遠野太洸)は、ハート(蕨野友也)、メディック(馬場ふみか)と合流。力を合わせゴルドの野望を打ち砕こうとする。
ドライブ、ハート、メディックにシグマサーキュラーの破壊を任せ、ゴルドドライブと戦うマッハとチェイス。しかし、剛は進ノ介らを爆破から救ったとき、大きな傷を負っていた。
ゴルドの強烈な一撃を受け、ついにトドメを刺されそうになるマッハ。そのときチェイスは魔進チェイサーに変身。身を挺して剛を助ける。自らの最期を悟ったチェイスは、剛に免許証とシグナルチェイサーを託すと、最後の力でゴルドに抱きつき自爆する!(公式サイトより)

周回遅れにて、簡単に書きます。

蛮野たちは、りんなの開発した変身装置もピコピコ、そしてピットも破壊、約束の地である特防センターを乗っ取ってしました。

万事休す・・・その時、進ノ介のかつてのバディ、早瀬が登場。緊急用のピットを用意してくれてました。
熱い再会を果たす進ノ介と早瀬を見て、これが本当のダチか、と呟くチェイス。

剛が004の自爆から皆を助けた時に負傷したことを知ったチェイスは戦線離脱を勧めますが、そんなことを剛が聞き入れるわけもなく。

皆の期待を背負って出動する三人。
しかしセンターに突撃するや否や蛮野と6人のロイミュードたちに攻撃され、変身解除してしまう三人。

ここで蛮野の野望が明かされます。
それは、グローバルフリーズの間に全人類をデータ化、ナンバー化し、完全に自分の支配下に置くこと。誰も自分の許可なく肉体を持つことを許されない世界を作ること。

父親のあまりにマッドな発言に、正真正銘の化け物だと憤激する剛に、自分が作った物の中で、お前が一番出来損ないだと蛮野。だから最初に消す、と攻撃します。

あわや、というところでハートとメディックが登場。
004の自爆から助けてくれた剛を守り、無粋極まりないサーキュレーターを壊すことが、蛮野にとって最大の侮辱となるだろう、と宣言するハート。
ライダーたちと共闘します。
ここで、最初で最後の5人の変身シーン(涙

シグマ融合まで、もう一刻の猶予もない中、シグマの破壊を進ノ介、そしてハートたちに委ね、蛮野と戦う剛でしたが、ただでさえ強い相手なのに、負傷を抱えていてはやられる一方、変身が解けてしまいました。
容赦なくとどめを刺そうとする蛮野。

そこにチェイスが駆けつけ、剛を救いますが、戦いは一方的となり、ついにベルトを破壊されてしまいます。
仮面ライダーにはもう変身できない・・・しかし、チェイスは、かつてロイミュードたちによって改造された、いわば黒歴史である魔進チェイサーとなって攻撃を続けるのでした。
それでも蛮野には叶わない。ボコボコにされて、再び変身を解除するチェイス。もう、立ち上がる力もありません。

無茶を責める剛に、
「霧子を愛するものを守れるなら、本望だ。
と免許証とシグナルドライブを渡すチェイス。
「人間が俺にくれた宝物だ。俺とお前はダチではないが、持っていてくれ。燃えてしまうともったいない。」

そして剛を突き飛ばし、蛮野に突撃、自爆します。

儚く壊れるコア「000」・・・

タイトルにまず涙。いいタイトルですよ・・・

覚悟はしていたものの、ラストの展開で、もう、感想も何も書けない状態になってしまいました。
中盤以降、チェイスを、愛すべき天然キャラにして、コメディリリーフにしていたのも、ラストの悲劇を際立たせていたと思います。

「お前は俺の恥だ」・・・蛮野の狂気の由来はわかりませんが、ここまで血も涙もない父親像は珍しいです。
剛が、父が開発したロイミュードの一人、チェイス・・・プログラムは違うけれども・・・に助けられたことは、救いになるのでしょうか。
ちょっと考えがまとめきれません。

ハートの最終目的はあくまでも進ノ介と戦うことにあるのも・・・(涙

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年9月 2日 (水)

仮面ライダードライブ #44「だれがハートを一番愛していたか」

公式サイト

ブレン(松島庄汰)がゴルドドライブ=蛮野(声・森田成一)に屈服。第二のグローバルフリーズを起こす“約束の地”が判明した。仮面ライダー純に変身した本願寺課長(片岡鶴太郎)から連絡を受けた進ノ介(竹内涼真)は現場に急行する。
進ノ介らが密かに見守る中、ゴルドとハート(蕨野友也)ら4人はシグマサーキュラーに向けて一斉にエネルギーを放出。進ノ介はドライブに変身、マッハ、ライダーチェイサーと阻止しようとするが、時すでに遅く…。
しかし、ゴルドの狙いはシグマサーキュラーにハートらのエネルギーを集め、単独でグローバルフリーズを起こすことだった。余った強烈なエネルギーを浴びるメディック(馬場ふみか)は、そんなゴルドの犠牲になるしかなかった。
その時、ブレンはメディックのプログラムを自らに移行、身代わりとなった。ハートの笑顔を取り戻すため犠牲になったブレン。ドライブ、ハートらは蛮野への怒りを爆発させる。しかし、すべては蛮野の罠だった。動きを止められたドライブらに強烈なエネルギー爆発が襲いかかり…!(公式サイトより)

怪我を負って入院した霧子を剛と仲良く見舞いに行ったチェイスは、霧子の病室の前でモジモジしている進ノ介を目撃。
進ノ介は病室に入れぬまま、チェイスにお見舞いの品を渡してグローバルフリーズの捜査に行ってしまいます。

霧子を見舞ったチェイス。進ノ介、剛の時と同じく、直球で「進ノ介を愛しているのか」と質問(笑
進ノ介の時と全く同じ反応であたふたする霧子を見て、失恋したことを察し、一筋の涙を流すチェイス。
でも、この胸の痛みが人間に近づけたようで誇らしい、と独り言つチェイス。
改めて愛する霧子を、そして人間を紡いでいく絆である愛を守ることを誓うのでした。

その頃りんなはピコピコの軽量化に成功。すごく小さくなりました。
さらに、特性がなくてもライダーになれるスーツも開発しましたが、試着した本願寺はフリーズしてしまいました。こちらはまだ実用化には届いていないようです。

と、前半に明るいエピを含みつつ・・・チェイスの涙にはほろっとしましたが・・・怒涛の後半へ。

.

メディックのデータを突き止めたブレン、驚きます。しかしそこへ、ハートとメディックたちを引き連れた蛮野が現れ、ブレンは土下座して降参。
裏切るのか、とハートは激怒しますが、ブレンはロイミュードは汗をかかない、機械に戻る、とトレードマークのハンカチを投げ捨て蛮野に従うのでした。

人里離れた湖畔を張り込む現さんと警察官。
そこへ、指示を受けた進ノ介たち三人が到着。
現さん曰く、ミスターXなる人物から、ここが「約束の地」だというタレコミがあったそうです。
ミスターX・・・みなが剛を見ますが、そんなまどろっこしいことする必要がない、と剛。そりゃそうです。

そこへ蛮野たちが現れ、いっせいに湖に浮かび上がらせた、クリムの頭脳を持つ004が開発したシグマサーキュレーターに力を注ぎ始めます。
これでグローバルフリーズが起きても人間たちはおろか、自分たちにとってもろくなことにならないことを知りつつ、メディックのために協力せざるおえないハート。

変身して止めようとする進ノ介たち。
三人揃っての変身はそろそろ見納めなのでしょうか・・・

しかし004や死神ロイミュードに阻止されて中々蛮野たちに近づけません。
その間についに満たされてしまったシグマサーキュレーター、そして力を出し切って倒れるハートたち。

その時、突然メディックがシグマサーキュレーターの攻撃を受けます。
驚くハート、そしてライダーたち。

蛮野曰く、シグマサーキュレーターは4人の超進化態の力を吸収する装置で、ここに全ての力が宿る。
それを自分ひとりだけが操って自由にグローバルフリーズを起こすのが蛮野の目的でした。
しかし、シグマサーキュレーターを完成させるには、余剰の力を制御しなければいけない。
その力をメディックに逆流するように洗脳手術の時にプログラミングしていたのです。
加えて、メディックがいなくなれば、治療できるものがいなくなる・・・

苦しむメディックに近づこうとするも、力を出し切って動けないハート。
その姿を見ていたブレンは決意。
「私の名は頭脳」
メディックに向かっていた攻撃を自分に向かわせました。
メディックに仕掛けられていた罠を見破り、自分に移しかえたのです。

正気に戻ったメディックと、ハートがブレンのそばに這っていきます。
あれだけ苛めたのに、なぜ、とメディック。

ハートが一番愛しているのはメディック。
ハートが笑顔に戻るなら・・・
「自分は優秀で、忠実で・・・」
消えていきました。

蛮野の鬼畜っぷりに進ノ介たちも怒り心頭。ロイミュード嫌いの剛も、ブレンの死に様に何か感じた?

蛮野を倒そうとする進ノ介を「こいつだけは、俺が」と止めるハート。
しかしそれは無理だと004。
なぜならここは約束の地ではなく、4人の力を集めるためだけの地だから。ミスターXを名乗って偽の情報を流したのも蛮野で、進ノ介たちも一気に倒すつもりだっただ、と。

乱闘の末、004は自爆、蛮野はシグマサーキュレーターを持って消えました。
.

ブレンに泣かされる時が来るとは。

「嫉妬」を、相手のことを思う気持ちに昇華して逝ったブレン。
ハートを愛するだけでなく、メディックにも「憐れみ」を感じていましたものね・・・

自分のコピー元の癖を捨てたのも、哀れでした。

ロイミュードって人間をコピーする前は自我が未完成なのかもしれない。
人間をコピーしたあと、コピーしたデータをよりどころとしてアイデンティテイを確立してく。
しかし、コアとなる部分が、蔑んでいる人間のコピーでしかなかったことを思い出した時。
ブレンのように高度に自我が発達したロイミュードほど、辛いだろうなあ、なんてことを思いつつ、今まで登場し、倒されていったロイミュードたちを振り返りました。

それにしても蛮野はなぜ、なんのためにグローバルフリーズを引き起こそうとしているのでしょうか。
単なるマッドドクターの歪んだ支配欲から?
蛮野は生まれついてのマッドドクターなのでしょうか・・・もう、緻密な理由が描かれなくても、ロイミュードの設定がここへ来て一気に深まったことで、今年のライダーシリーズには満足しております。
三人のライダーたちもそれぞれ格好いいですし。←ここ、重要(^^;;

あと、進ノ介と霧子が結ばれるのは見届けられないだろう、とベルトさんがフラグを立てておりました。
以前、蛮野がベルトさんをさらった時にコピーするだけでなく、何か仕掛けをしていたようなのですが、そのことと関係あるのでしょうか。ちなみに映画は見ていません;;

今回(43、44話)は巨匠の編集がはまっていました。
ブレンに合掌。

1話は番外編だそうですので、あと4話。
次回のタイトル・・・チェイス、ほんとに?!(涙

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年8月29日 (土)

仮面ライダードライブ #43「第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」

公式サイト

ロイミュードが新たなグローバルフリーズを起こそうとする証拠が見つかった。進ノ介(竹内涼真)はロイミュード殲滅へ捜査を開始するが、チェイス(上遠野太洸)に「お前の愛する人も霧子(内田理央)なのか?」と聞かれ、動揺してしまう。
ゴルドドライブとなった蛮野(声・森田成一)が、ハート(蕨野友也)らロイミュード陣営の中心にいることが判明。ゴルド、ハート、ブレン(松島庄汰)、メディック(馬場ふみか)の4体で全世界を巻き込むグローバルフリーズを起こそうとしているらしい。
しかし、ブレンは蛮野の野望を阻止しようと単独で行動。そんなブレンを進ノ介らもサポート。ゴルドドライブらに襲われたブレンを進ノ介は懸命に助ける。
ゴルドドライブはそんな進ノ介をあざ笑うかのように、004を使いクリム(クリス・ペプラー)をコピー。クリムの頭脳をも手に入れ、進ノ介に襲いかかる。進ノ介もドライブに変身して戦いを挑むが、その攻撃をハートロイミュードが身を呈して阻止。その時、近くにいた霧子が爆発に巻き込まれて…。(公式サイトより)

ラスト間近とあって濃い内容が続くので、3話続けて感想を書くのはしんどい~(^^;;
各話、色々突っ込みどころもあったのですが、とにかく粗筋メインで突っ走ります。

ロイミュードサイドの話が濃いところへ、ラブコメまで入れてきました。

恋愛未満・友だち以上というモヤっとした関係でもなく、同志愛でもなく、擬似家族愛でもなく。
主人公のライダーとヒロインの恋をちゃんと描くのは珍しいというか、ここ10年ほどはなかった気がします。
あ、鎧武がありましたな。でもヒロインが巫女だったから恋愛しているようには見えませんでした。

ということで、状況は逼迫しつつあり、恋愛自体もカタストロフに向かう伏線だろうと予想しつつも、和みました。

 「あれが胸キュンでなければ、なんだと言うのだ」 (笑
チェイスから、霧子への思いをストレートに聞かされて、霧子への思いに気がつく進ノ介。
意識しはじめてから、霧子とまともに話せなくなってオタオタする進ノ介を冷静に観察するチェイスは、剛に相談。
「俺は霧子を愛しているようだ。」 (大笑
ともかく、チェイスは剛のことをダチだと思っているのです。
しかし剛にロイミュードとは友だちなれない、と言われ、霧子もまた人間ではないものは愛せないのか、と一人合点するのでした(_ _);;
でも、剛はきっともう、チェイスを友だちだと思っているはず。その気持ちを認めたくないだけ。

一方進ノ介はベルトさんに相談。
生涯独身だった私に聞くか?といいつつ、何だか回路が暖かい、家族を持つとこんな気持ちになるのか、と喜ぶベルトさん。
蛮野とは対照的です。
霧子はチェイスの辛い境遇に同情しているのでは、と当たり障りのないアドバイスをしました。

さて。
001が逝った後、警察も対ロイミュード対策に本腰をいれ、特殊状況防衛センターを設立。
超進化前ならば倒せるそうです。
本願寺とりんなは協力を要請され、究ちゃんと現さんは残るロイミュードはあと22人だ、と喜んでおります。ちゃんと数えていたのね。

ロイミュード・・・いや、蛮野はグローバルフリーズを起こすべく、ハートを説得。
自分を超進化態と定義した蛮野は、ハート、メディック、ブレンと、もう約束の人数はもう揃ったと。
しかし、ハートは、パシリのロイミュードを簡単に消してしまう蛮野に、かつて自分は苛められていた時のことを思い出し、新たな怒りを感じるのです。

逃亡中のブレン。変装をしたつもりのようですが、トレードマークのハンカチと眼鏡が手放せないので、簡単にメディックに見つかってしまいました。

ブレンとメディックが戦っていることを検知した進ノ介たちが駆けつけ、二人の戦いにとまどいつつも、戦いに参加。
乱戦になって、メディックとブレン姿を消してしまいました。

蛮野がリーダーになったらしいことを察知したベルトさん。
超進化態が4人揃えば、この前のグローバルフリーズの比ではない惨劇が起きる。
そして、グローバルフリーズを起こすには約束の地が必要である、と。

りんなは、蛮野ライダーにデータを盗まれないよう、データコーティング中。
その間、進ノ介たちは変身できません。

ブレンはメディックを救う何らかの情報を得ようと、タブレットから中央情報局にアクセスしようとしましたが、この場所に見覚えがある・・・
ブレンは、グローバルフリーズの日、ここに勤めていた青年をコピーしたことを思い出しました。
それは天才プログラマーで若くして副所長の、ハンカチと眼鏡が手放せない青年、杵田。
自分の癖も、恐らく頭脳も、全て杵田青年のコピーだった・・・

そこへ蛮野と行方不明だった004・・・クリムの姿をしたロイミュードが現れます。

「ロイミュードの心など、すべてコピーの産物にすぎない」
蛮野の支配プログラムが組み込まれた004を介しての、蛮野の本心でしょう。

これにはブレンも、かけつけた進ノ介たちも驚愕。

蛮野は、逝く寸前のクリムのデータをコピーして凍結させ、自分が蘇ったあと、復活させたのでした。

データコーディングが完了した進ノ介は変身し、ブレンを逃し、蛮野を攻撃します。
進ノ介を心配する霧子。

その時ハートが呼び出され、蛮野が命じるまま盾となってドライブの攻撃を食い止めます。
なぜだ、と進ノ介。

蛮野の言うなりに動くのは、メディックのため、とハート。
余計な情けをはお前の命取りになる。
「俺たちは戦う運命なのだからな。」

しかし、巻き添えを喰った霧子がピンチに・・・

黒ベルトさん・・・映画は見ていないのですが、映画予告との帳尻は合いました。なるほど。

メディックが登場した時は、いつかブレンと仲間割れするだろう、と予想していたのが、大幅に外れました。
ブレン・・・どうなるのだろう。
ここ数話の加速っぷりが凄いです。

9月一杯で終了。寂しいです。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年8月28日 (金)

仮面ライダードライブ #42「女神の真実はどこにあるのか」

公式サイト

メディック(馬場ふみか)の狙いは、コピーした女性・美鈴(馬場ふみか=二役)の純真な愛の力を呼び覚まし、超進化することだった。進ノ介(竹内涼真)は、そんなメディックに協力を申し出るが、ゴルドドライブに変身した蛮野(声・森田成一)に阻止される。
美鈴が求めていたショウが、彼女の愛犬であることがわかった。美鈴に飛びつくショウを見たメディックロイミュードは超進化に成功。しかし、蛮野は超進化と同時にメディックが自らの操り人形と化すよう細工をしていた。
ゴルドドライブの命令を受け、進ノ介らを攻撃するメディック。しかし、ハート(蕨野友也)が体を張って進ノ介らを守った。これは俺の望む戦い方ではない…。必死に訴えるハートだったが、ゴルドはメディック、ハートとともに姿を消す。
事件は解決したが、蛮野はハートらとグローバルフリーズの再現を企む。が、そのカギを握るブレン(松島庄汰)は、ハートの命令で姿を隠し、密かに蛮野の野望を阻止しようとしていた…。(公式サイトより)

進ノ介の言うアクシデントって、美鈴と、美鈴を目覚めさせようとするメディックの意識が干渉し合ったこと、でいいのでしょうか。
メディックは、多くの人を傷つける気はなかったのではないか(今回の事件では、ですが)と、進ノ介に指摘されて、自分のこと語りだすメディック。

グローバルフリーズ時には、まだ人間体を持っていなかった。
直後、美鈴が交通事故に合う現場を目撃。瀕死の美鈴の意識と共鳴し、コピーした瞬間、自分の命を犠牲にしても、愛するものを助けたい、という感情が入ってきた。
この感情をもっと知りたいと思い、美鈴を治療した。

その後、多くのロイミュードを治療するメディック。
しかし治療するたびに、ロイミュードたちのどす黒い感情が取り込まれていき、ついには仲間の命すら斬り捨てるようになってしまった。
今や美鈴をコピーした時に与えられた力、「純粋な愛」という感情はどこにもない、と言うメディックに、完全になくなってはいない、と進ノ介。そのことを自覚しているから、美鈴を目覚めさそうとしたのだろう、と。
そして、美鈴を目覚めさせる「ショウ」を共に探そう、と呼びかけます。
それではメディックが超進化してしまう、と言うベルトさんに、メディックが超進化することで美鈴や倒れている女性たちが助かるのだ、と進ノ介。

そこへ蛮野ライダーが登場。どうやらライダーたちの能力を奪ってコピーする能力があるようで、ドライブ、チェイスとも歯が立ちません。
二人を倒した後、メディックに、感情・・・積み重なったロイミュードたちの感情を初期化して美鈴をコピーした時の状態に戻してやろう、そうすれば超進化できる、と甘言を語ります。
蛮野は信用できないというメディックを説得したのは、ブレンでした。これが「頼まれごと」だったのね。
蛮野はメディック、ブレンを連れて消えます。

美鈴の身辺を洗う進ノ介たちは、五十嵐が実は美鈴の恋人でも何でもなく、それどころか多額の借金返済のためバレエカンパニーのお金を横領しており、そのことを告発しようした美鈴を轢いた張本人であることを突き止め、再び美鈴を殺そうとしたところを逮捕します。悪い奴でした。ただ悪いだけでなく、救いようがない人間が多いのが本シリーズの特徴です。

一方メディックは蛮野の手によって初期化され、ハートも見守る中、白いドレスをまとって進ノ介たちと戦います。
しかし心の穢れをとってもらってハートのために戦っているのに、一向に超進化しない・・・戸惑い苛立つメディック。
その時、犬が美鈴のところにやってきました。
意識を取り戻す美鈴。
あの犬が美鈴が心から愛していたショウだ、と進ノ介。

美鈴をコピーした直後のメディックは、美鈴のショウを想う気持ちに突き動かされて、瀕死のショウもまた治療していたのでした。
その時に感じた喜び。ずっと忘れていた大切な時間。
ひたすらに主人の愛を信じて尽くす心。それが、メディックのハートに対する気持ちだったのです。
そのことを思い出したメディック、ついに超進化します。

・・・あ、そうか、メディックは患者の感情を取り込んでしまうわけで、ショウの感情も彼女の中にあった、というわけですな。

が、超進化したメディックの様子がおかしい。
苦しんだ挙句、元の黒いドレスに戻ってしまっただけでなく、表情が空ろに。

そこへ蛮野登場。
メディックに、超進化した時に心がなくなって自分の操り人形になるよう、細工をしていたのでした。
怒るハート。しかし、メディックは蛮野に命じられるままにハートを攻撃します。
「すべてはハート様のため」と言いながら。

さらに変身していない進ノ介たちに襲い掛かるメディック。
しかし、ハートが止めます。これは自分の望んでいる戦いではない、と。
そんなハートを容赦なく攻撃するメディック。

カオスな状況になってきたところで、蛮野はハートとメディックを連れて消えました。

美鈴の意識が戻ったことで、被害者たちの意識も戻ったようです。
被害者たちの共通項は犬好き、ということでした。
りんなも犬好きだったのね。りんなが元に戻って現さん、嬉しそうです。
その様子を見ていたチェイス。胸を押さえて「やはりそういうことか」と視線を霧子に・・・

チェイス、いちいち面白い(^^
でもこの先悲しいことになりそうな気がするのが・・・

さて、蛮野。
ハート、そして彼の、自分がつけた傷を治すメディックを前に、約束の数がそろった今、自分がリーダーになって再びグローバルフリーズを起こすと宣言します。
しかし、数は揃っていない、とハート。

もう一人・・・それはハートから、蛮野を倒す切り札になるべく身を隠すよう命じられているブレンでした。
メディックの超進化の一部始終を見ていたブレン。
「嫉妬心」が超進化の糧であり、メディックとは犬猿の仲だったのに、操り人形にされてしまったメディックに憐れみの涙を流すのでした。

.

事件の方はさておき、メディックの物語は、なるほど~と思わしてくれました。←ライダーシリーズではあまりないこと(大汗
ハート、ブレンのポジションもよく組まれていて、面白かったです。

ハートを治療したメディック。多少はハートの意識が入ったのでは?
蛮野を倒す決意を改めて固める剛。
霧子は、剛が心配していたように取り乱すことなく、結構クールに父のことを受け止めているように見えますが・・・どうなんでしょう。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年8月27日 (木)

仮面ライダードライブ #41「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」

公式サイト

とある病院で若い女性たちが「会いたいよ、ショウ」と口走り、意識を失う事件が発生した。進ノ介(竹内涼真)らは、その病院でメディック(馬場ふみか)のコピー元である女性を発見。どうやら彼女が元凶らしいが、ショウとは彼女の恋人のことなのか?
謎の女性の身元がバレリーナの美鈴(馬場ふみか=二役)と判明した。その矢先、メディックは美鈴の恋人・五十嵐(八神蓮)に襲いかかる。駆けつけた進ノ介、チェイス(上遠野太洸)はドライブ、ライダーチェイサーに変身。メディックに戦いを挑むが…。
そのころ、剛(稲葉友)は、ロイミュード006の体を使い金色のドライブに変身した蛮野(声・森田成一)と対峙していた。剛はマッハに変身、金色のドライブに挑むが、超進化と同等の圧倒的なパワーに為す術もなく敗北する。
超進化するための愛を手に入れる!ドライブ、ライダーチェイサーを圧倒するメディックロイミュードだったが、ある記憶が頭をよぎると動きを止めてしまう。変化を察知し変身を解除した進ノ介は、メディックに事件の裏に隠された真実を教えて欲しいと迫るのだが…。(公式サイトより)

関西地方では放送延期になっていた3話を23~25日まで一気に放映。
まとめて感想を書こうと思ったのですが、ラストに向かっての伏線が満載なので端折るに忍びない・・・自分のための備忘録として、1話づつ、公式粗筋に書かれていないことを箇条書き風にでもメモっておくことにしました。

りんなも事件に巻き込まれ、意識を失ってしまいました。
特状課はメディックそっくり、どうやらメディックのコピー元らしき意識不明の女性を保護。
この意識不明の女性の脳から発せられた音波にシンクロした女性が倒れたらしい。
キーワードは女性たちが倒れる直前に発した「会いたいよ、ショウ」。
ショウとは恋人ではないか、と推測する特状課の面々ですが、「恋」という感情を未学習のチェイスの頭の中は?マークで一杯です(笑
しかし、何か引っ掛かるものを感じたのか、その視線は霧子に。

そのころ、女性の意識を戻そうとしているらしいメディックは何故か犬を飼い出し、犬嫌いのブレンと大喧嘩の果て、ブレンをコアに戻してしまいました。ブレンに性悪女と詰られて、それが問題だと、落ち込みます。いつものメディックとは違う・・・

そこへ蛮野ベルトが現れ、メディックの体を乗っ取り、駆けつけた剛をコテンパンにし、躊躇なくとどめを刺そうとしますが、ハートに邪魔され、いったん退散します。

やがて女性の恋人だと名乗る五十嵐が現れ、女性がバレエダンサーの美鈴であることがわかりましたが、意識は戻りません。
男性の名も「ショウ」ではない・・・
「恋人」が現れても美鈴の意識が戻らぬことに焦るメディック。
超進化するには美鈴の中にある真実の愛が必要なのだと、五十嵐に八つ当たりして締め上げます。
そこへ駆けつける進ノ介とチェイス。

一方、メディックの体を乗っ取るのに失敗した蛮野は006の体を乗っ取り、金色のドライブに変身しました。
剛の前に現れ、剛は研究材料、家族とは支配するものと言い捨てて去っていきます。
ナンバーが消えてしまった006・・・コア、すなわち仲間たちが消えることを悲しんでしたハートの気持ちが何となくわかりました。
蛮野の悪行を目撃していたブレン。蛮野につかまっちゃいました。何か頼まれていた、というか命令されてましたが・・・

さて。美鈴がメディックの飼っている犬を見て、少し感情を動かしました。
その気配に気を取られたメデイックにとどめを刺そうとするチェイスを止める進ノ介。
メディックに、真実を教えてくれ、と呼びかけるのでした。

蛮野、極悪非道です。可哀想です、剛・・・
チェイス、すっかりオチ要員化してる(笑

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年8月 7日 (金)

仮面ライダードライブ #40「2人の天才科学者はなぜ衝突したのか」

公式サイト

蛮野(声・森田成一)の真の狙いは、ベルトさん(声・クリス・ペプラー)を奪い、自らの野望を達成することだった…。ハート(蕨野友也)から父親の真実を知らされた剛(稲葉友)は、あまりのショックに立ち直れない…。
ベルトさんのデータで蛮野は“悪のドライブドライバー”となったが、進ノ介(竹内涼真)はベルトさんを奪回。霧子(内田理央)を救うため、トルネードロイミュードのもとに向かう。
トルネードに苦戦するドライブだったが、立ち直ったマッハ、さらに運転免許を取得したライダーチェイサーが操るトライドロンと力を合わせトルネードを撃破。霧子の救出に成功する。
父・蛮野のことも乗り越えると言う剛に、進ノ介も霧子も喜びつつ家族のような絆を強めていく。そんな3人にチェイス(上遠野太洸)は、人間や家族を守るために命を捧げると新たに誓うのだった。(公式サイトより)

ベルトさんを004に奪われた進ノ介を見つける剛。
そこへハートが現れ、蛮野のことを最低の人間である、と語ります。

蛮野は、人間に近い知識を持っていた、ハートになる前のロイミュードに、出資を断った青年実業家の姿をコピーし、実験と称して復讐を兼ねてあらゆる苦痛や刺激を与え、いたぶっていた。
苦しむハート見て激怒したクリムは蛮野と決裂し、クリムが去ったあと、蛮野はロイミュードたちに人間の悪の心を植え付け、それがロイミュードを人間以上の生命体に進化させたのでした。
こうしてハートは、かつて蛮野の出資を断った男の顔のまま、蛮野と人間を見返そうと決意したのでした。

父がマッドサイエンティストであることを知らされ、動揺する剛に、霧子から、実は父親のことを薄々感づいてたことを聞かされた、と進ノ介。
父親のことを聞くと暗い顔をしていた母親は、父に失望して自分と剛を連れて別れたのでした。

蛮野に利用されていただけだと知って泣き伏す剛に、ハートも、生みの親の醜さを知ってショックを受けている剛に同情的です。
進ノ介は絶望する剛に、俺はお前を信じる、お前は仮面ライダーだからな、と言い置いて、ベルトさんと霧子を助けに向かいます。

蛮野は気絶しているベルトさんを解析し終わって、新しいベルトを作ってしまいました。
その上、ベルトさんにこっそり何か仕込んだようです。
そこへ進ノ介が駆けつけ、何とかベルトさんを救出しました。

008の居場所は、究ちゃんが008がコピーしたデザイナーの取材記事を、古本屋を巡り歩いて収集した情報を元に突き止めました。
ネットワークの神を自称する蛮野に対抗し、現さんゆずりのデカ魂を奮い起こした究ちゃん。格好いい。

008が霧子にネックレスをかける寸前に間に合う進ノ介。
自分の格好良さに酔っている008を、格好悪い、と言いきって戦います。
剛も駆けつけました。
父が何者であれ、自分の使命は人間を脅かす悪を全て叩くのが自分の使命であることを再確認した剛。
二人で008と戦うも、相手は超進化間近のロイミュード。苦戦を強いられます。
008と仮面ライダーたちが戦っている隙にチェイスが霧子を救出。
「免許はもう取った」と、進化形トライドロンを運転してドライブ、マッハと共に008を撃破しました。

剛が立ち直るのを見ていたハート。少し人間を見直した?

自動車免許を取得した剛。
蛮野から逃げずに向き合う、進ノ介が父親の事件と向き合い続けたように、と言う剛を嬉しそうに抱きしめる進ノ介と霧子。
じゃれ合う三人を見詰めていたチェイス。
進ノ介と剛は家族以上だ。だから・・・
人間を守るために、命を捧げるつもりだ、とフラグを立てて去っていきました。

蛮野がロイミュードにしたことは大体予想通りでしたが、わが子すらコマにしてしまうマッドサイエンティストだったとは。しかも執念深くてちっちゃい男。あの仁良も霞む、本当に最低な人間です。
ショックだったろうなあ、剛。
立ち直ってくれて良かったです。親は親、ですから。

お姉ちゃんらしく、母の様子から父が普通の人間ではないことを何となく気づいていた霧子。蛮野が父であることは知らなかったようですけれども。しかし、剛が案ずるよりずっと強い女性でした。

取りあえずのハッピーエンドでもあり、キャストの皆さんの力演、そして画に勢いがあり、面白かったです。

一方で、ロイミュードに反乱を起こさせた原因を、蛮野の人間性のみに絞り込んだことために、世界観のスケールが小さくなったようにも感じました。
実は蛮野を操っている巨悪な組織がある・・・という設定は、話数的にはちょっと無理な気がしますが、どうなのでしょうか。まあ、あまり広げすぎても収拾がつかなくなるでしょうね。
あと、蛮野は悪いままで倒されるのか・・・見守ります。

さて、いよいよブレン復活。
今まで、ハートのサポートに徹していたメディックが、自分も超進化したいという願望を明らかにしました。
ハートにどこまでもついて行きたいのですよね。
ハートの立ち位置が気になります。

次回は全国的にお休み。
8月9日からは関西地方は恒例の高校野球のシーズンに突入しますので、感想は大分遅れます。
今年は割と早めに振替日の告知があるので楽ではあります。
.

以下、自分のための備忘録です。
振替日はレギュラー枠がメイン。
注意日は8月24日(月)、雨天順延の場合は8月25日(火)を含む、ぞれぞれ10:00~10:30。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年7月29日 (水)

仮面ライダードライブ #39「旋風の誘拐犯はいつ襲って来るのか」

公式サイト

ドライブ中のカップルの女性を狙う連続女性誘拐事件が発生。進ノ介(竹内涼真)は霧子(内田理央)と組み、おとり捜査を開始する。
その罠にかかったようにトルネードロイミュードが出現。進ノ介はドライブに変身するが、超進化を目の前にしたトルネードに苦戦。逃げられてしまう。
剛(稲葉友)が蛮野博士(声・森田成一)と共闘していることが明らかになった。蛮野を信じないベルトさん(声・クリス・ペプラー)は激怒するが、進ノ介は蛮野が突き止めたというトルネードのアジトに急行し、蛮野の真意を確かめる。
蛮野の示した場所でトルネード、ハートと相対した進ノ介と剛はドライブ、マッハに変身。しかし、トルネードに霧子を連れ去られ、ドライブは蛮野が操るライドブースターの攻撃に倒される。変身を解除した進ノ介は、ベルトさんをロイミュード004に奪われてしまい…。(公式サイトより)

可愛すぎる霧子を思わずチラ見する進ノ介。
やっぱり前髪下ろしたほうが格好いいです。リーゼントスタイルだったフォーゼと同じパターンですな。

そして運転免許取得中のチェイス。「俺は今。免許をとっている」(笑
無表情のまま、得意気に書類を見せるチェイスと、悔しがる剛も楽しかったです。

しかし後半は怒涛の展開でした。

剛が蛮野タブレットを持っていることが、ついにベルトさんにばれてしまいます。
共闘して欲しいという剛の頼みや、反省しているという蛮野の言葉を聞き入れず、激しい怒りを表すベルトさん。
そこへ008・・・トルネードが現れ、ベルトさんは変身する進ノ介の元へ。
剛は006と戦い、なんとか退けましたが、蛮野タブレットがバッグから消えていた・・・004が持っていったのかと思いきや、蛮野自らピットに乗り込んで、勝手に機材を操作していました。

蛮野に思わず「父さん」と呼びかける剛。驚く霧子、そして特状課の面々に、霧子に蛮野が父親であることを知られたくなかった思いを明かします。

やっとタブーの一つが解かれました。

どうして蛮野のデータがロイミュードたちによって消去されなかったのか、と尋ねる本願寺に、人類制圧の後、自力では個体数を増やせないロイミュードには必要なデータだからだ、と答える蛮野。
今は事件解決に手を貸すと、トルネードのアジトを進ノ介たちに教えます。
ネットワークを自在に操れる蛮野に、自分の出番がなくなる、と落ち込む究。

ベルトさんは、蛮野は悪魔だと、手を組むことを断固拒否するのですが、警察官である進ノ介は、どんなに胡散腐ろうが、情報を無視することはできません。蛮野の指し示した場所へ霧子、ベルトさんと向かいます。

現場に向かう途中、「天才科学者なんて胡散臭いもんだ」と進ノ介。
でも、ベルトさんは信じていると。
ベルトさんには人間としての"真実"を感じるのでしょう。蛮野にもそれがあるのかどうか、まだわからない・・・

アジトにはさらわれた女性たちが眠らされていました。
そこへ現れたトルネードとハート。
トルネード曰くこの女性たちは全てハズれだったそうで、霧子に目をつけます。
父が蛮野であることを知ったショックが描かれる間もなく、霧子はトルネードにさらわれてしまいました。
トルネードを追う進ノ介と剛を襲ってきたのは、なんと蛮野の操るブースターでした。

蛮野の攻撃で崖落ちした進ノ介。ベルトを004に奪われてしまいました。

蛮野の真意はどこにあるのでしょうか。
映画はパラレルワールド?
見に行けないので、ドラマ枠内で見せて欲しいです。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2015年7月23日 (木)

仮面ライダードライブ #38「悪魔はなぜ進化を求め続けるのか」

公式サイト

ドライブタイプトライドロンとの戦いを痛み分けで終えたハート(蕨野友也)は、「創造主・人間を打ち破り支配するだけ」と言う。人間を滅ぼすわけではないのか。ハートの真意を知った進ノ介(竹内涼真)は、不思議な共感を覚える。
ロイミュードの発火暴走事件は、メディック(馬場ふみか)が超進化の実験を繰り返していた結果だった。そのカギは料理店シュプレムのソース。ということは、シュプレムのシェフら3人の誰かがロイミュードということになるが…。(公式サイトより)

変身できない進ノ介は襲わない、というのがハートの変わらぬポリシーです。

ハートの目的はフリーズとは違って、人間を滅ぼすことではなく、創造主である人間を真正面から破って支配すること。
なぜなら、滅ぼしたら強さをみせつけてやれない。人間の中には進ノ介のような面白い奴もいるから。

ハートの考えをはじめて知った進ノ介。
ならば戦わずにすむことはできないのか、と問いますが。
「俺たちは戦い、進化する。人間と同じだ。いや、俺は人間を超えるぞ。」
と言って去っていくハート。

人間は戦争をするこごとに新しい技術及び文化を生み出してきました。
進ノ介はハートのこの言葉をどう受け止めるのでしょうか。

ハートを超進化態にするために他のロイミュードを犠牲にしてきたメディック。
ハートに嫌われてもなお、シュプレムのソースを集め続けます。
もうすぐ死神が完成する・・・死神ってなんなのでしょう。死神部隊のこと?

シュプレムの3人のうち、美穂がロイミュードで、シェフは融合進化態でした。
ロイミュードはシェフの究極の味を求める心につけ入ったようです。なんか愛人ぽかったな。

戦いの余波でソースを失ってしまったメディック。ハートの心も取り戻せない、と泣き伏します。
今がチャンスと攻撃する剛・・・しかし進ノ介が止めます。
詰る剛に、ロミュードにも誰かを愛する心があるのか、と思ったから、つい、と。
そこへハートが現れ、「ロミュードの数は108と限られている。そんな数少ない仲間を犠牲にしないで欲しい」とメディックを抱き起こし、進ノ介に、変身できないメディックを倒さなかったことの礼を述べます。
ハートがやったことと同じ、と進ノ介。
しかし、ロイミュードが人間を脅かす限り戦う。

進ノ介の言葉に感銘を受けたハート。ついに超進化します。

意気に感じる、というハート、格好良いです。でもそれが弱点になりそうな気もします。大丈夫でしょうか・・・って大丈夫のわけがないですね(汗

超進化態は全部で4体であることがわかりました。
フリーズ、ブレン及び前回登場した006や008のことを思うに、4体しか超進化できるロイミュードはいない、ということではなさそうです。だとすると4体以上は超進化態は存在できない、ということなのでしょうか。
だとしたら、野心を持っているロイミュードたちによる椅子取りゲームが始まるかもしれない?
フリーズ・・・彼が倒されたということは、椅子の空きができた、ということ?

もし超進化を促すソースが完成したとしたら、その超進化態は「約束の数」からはみ出てしまうことになります。その時は実験終了、メディックが倒す、という解釈であっているのかな?何か見逃しているのかも(大汗

ソースの意味に少し戸惑いを覚えたものの、犯人探しに至るトラップやライダーらしいペシミズムもあって、面白かったです。

超進化したハートの攻撃を遠隔で防いだ蛮野タブレット、最強です。
蛮野とベルトさんはロイミュードにかつて何をしようとしたのでしょうか。
後10話強?そろそろ核心に迫ってきそうです。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧