2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「□ロング・グッドバイ」の4件の記事

2014年5月21日 (水)

ロング・グッドバイ #05 最終回「早過ぎる」

公式サイト

増沢磐二(浅野忠信)は志津香殺しの犯人を割り出した。磐二は調査した事実をもとにギリギリまで犯人を追い詰めるが、うまくかわされてしまう。しかし翌日、犯人は遺書を残して自殺。遺書には生々しい事件の真実が書かれてあった。そうして一連の事件が結末を迎えたころ、磐二に会いたいという台湾人が現れる…。(公式サイトより)

原作未読です。

粗筋を書きます。
文中のセリフは概略です。

.

磐二に、誠一と結婚していたことを問い詰められると、あっさり認める亜似子。

身分違いの誠一との駆け落ち。
結婚生活は、誠一の召集によってわずか一ヶ月で終わったこと。
戦後、誠一と再会した時は、自分は譲治の妻であり、誠一・・・保は志津香の夫だった。

志津香を殺したのは譲治だと語る亜似子を、彼女こそ本物のファムファタールだと賛美する出版社社長、羽村。
しかし翌朝、亜似子は自殺いてしまいます。手のひらに蘭の花を握って。

主治医、高橋は精神不安定な亜似子を薬漬けにしていたを認め、かつて娼婦をしていたこと、譲治に拾われたことを磐二に明かします。

残された遺書には"真実"が書き残されていました。
志津香と譲治を殺したのは自分である、と。

このネタを新聞記者、森田にばらすことで、自分をエサにした磐二。

森田は、平蔵の野心のために父親が酷い目にあったことで、恨みを抱いていた。

犠牲になった人間の何が哀れって、このどうしようもない平凡さ。
俺にとってはたった一人の父親でも、累々たる屍の一つでしかない。
記事にもならない。

このスキャンダルで原田平蔵を潰そうとしており、磐二も誘います。
しかし、断る磐二。

原田を潰したところでまた別の原田が生まれる。
何故か。

人が求めるから。人間の欲望が原田のような権力者を生むんだ。

原田平蔵は、娘のスキャンダルにびくともせず、衆院当選を果たしました。

さて、事務所に帰ると、待ち構えていたのは正虎。
磐二が待っていたエサは、正虎でした。
保のことを記事にしたのを怒って磐二に暴行を働きますが、そこへ岸田率いる警察が踏み込んできて、正虎たちを連行していきました。

岸田の元部下、権田によると。

正虎は原田の庇護の下、あくどい商売をしていたとのこと。
原田と正虎の間を取り持ったのが保であること。
警察が正虎を逮捕できたのは、原田に斬られたから。

保の隠れた顔を知って呆然と夕焼けを眺める磐二。

ともかく、これで一件落着、生活も元に戻ったと思われた頃、謎の人物に呼び出される磐二。
待っていたのは、許氏・・・保でした。

原田の庇護の下、台湾に渡り、自殺工作をし、今は名を変えて台湾で商売をしている。

保に、亜似子の握っていた花びらを渡す磐二。
なぜ、あの晩、原田でも正虎でもなく、私のところに来たのだ、と訊ねます。

「それは、あなたのご存知の通り。
あなたのような人間になりたいと思っていたから。
あの晩が最後の別れ道だった。
あなたに会えば、正しい方を選べるのではないか、と

愚かな男です。」

「時代が違えば、彼とはまた、ギムレットを一緒に飲めたのかもしれません。
さようなら。」

.

森田のナレ。

時代の底では、いつでも、いくつかが潰れている。
亜似子、保、俺の父親。

増沢磐二もまた、やがて潰れるだろう。
いや、増沢磐二のような男という意味だが。

来る新たな時代に、こんな男はもういないのだろう。
さらば、増沢磐二。
この国は行くよ、時代の底に幾千の悲しみを抱いて、輝く未来に。

男の名は増沢磐二。私立探偵である。

.

譲治、羽丘、高橋医師、書生・・・周囲の男たちを次々と魅了してしまう亜似子は、確かにファムファタールでした。
彼女の虚言壁は、薬を常用する以前から、保と引き裂かれてからの困難な日々を送るうち、身を守る術として見に染み付いてしまったものなのかもしれません。
それでも保と再会する前は、諦観とともに虚実の折り合いはついていたのだろうと思います。
しかし、捨て去ったはずの感情が戻ってしまった。
薬がなければ耐えられない現実と、過ぎ去りし愛の記憶の狭間で、彼女の精神は崩壊してしまった。

やはり生きていた保。
亜似子に再会した時、何を思ったのでしょうか。
保もまた、捨てざるおえなかった過去に出会ってしまったのです。
一度は志津香、そして原田の下を去ったのだから、自分の人生を歩こうと試みたのだと思いたいです。
しかし、生き難さゆえに再び原田家に戻り、最後の選択を磐二に委ねてしまった。
自分で選ぶべきだった・・・「愚かな男」。

磐二は、保の無実を信じた。
時代に潰されてしまった、名もなき男の無実を。

権力者を失った多くの人々が新しい権力者を求める中、権力を信じない磐二。
彼の覚めた目は、原田平蔵を憎むことすら拒否する。
自分自身もまた、時代に飲み込まれていくであろうことを受けれつつ、裏切られてもなお、彼の生き方は変わらないのだろう。

.

純粋な推理物として見ると、突っ込みどころは結構ありました。
無粋を承知でいくつか挙げると。

誠一はなぜ自分を抹消し、保として生きることになったのか。
戦場で何があったのか。

亜似子はなぜ原田家にいたのか。

正虎を冷酷に切った平蔵が、なぜ保を庇い続けたのか。
娘を殺した犯人が譲治であれ、亜似子であれ、平蔵には関係のない人間だったのですが。

権田はいつ「元部下」になったのか。元、というのは警察を首になったのか?だとしたらなぜ?
途中で登場した医師は結局何者だったのか、などなど。

人間関係に関する情報がほとんど描かれていませんでした。

しかし、ハードボイルドという苦い幻想を描いて、秀逸だったと思います。
幻想に仔細な種明かしはいらないのです。

保が本名で帰って来れなかったのは、捕虜になったのを恥じたからなのか。
それとも、誠一は日本名で、実は台湾国籍だったからなのか。

磐二はかつてはどこか正規のセクションで、岸田から尊敬を受けるほどの働きをしていた。
自分の信じていた正義が崩れ去った後、磐二の目は、正義の名の下に押しつぶされていく人々に向けられ、その信念は静かではあるけれども、決して揺らぐことはない。

・・・これは自分の勝手な幻想です。

自殺に至るまでの亜似子が漂っていた世界も、磐二に懐いた保の心情も。
すべて、見る人に委ねられました。

浅野さんの磐二は、ニヒリズムとは違う、ニュートラルな中にも譲れない信念を感じました。

亜似子は、現実感や色気がありすぎてはいけないキャラ。
小雪さんは独自の味を醸し出していました。
失礼ながら、こんなに味を持つ女優さんになるとは、全く予想していませんでした(大汗)

全5話。実験的なドラマだったように思います。
ですので、好みは別れるでしょう。
自分はたっぷりと浸れました。
音楽、美術を含めて、贅沢な時間でした。ありがとうございました。

.

.

#01 #02、#03 #04/a>にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

2014年5月13日 (火)

ロング・グッドバイ #04「墓穴にて」

公式サイト

増沢磐二は、世志乃に連れられて、原田平蔵(柄本明)と面会する。平蔵は事件から手を引けと迫るが磐二はひるまない。ある日、磐二の事務所に「事件の全容を知っている」という譲治から電話が入り、急いで上井戸家に向かった。しかし、到着してちょっとした隙に譲治が何者かに殺される。泣き崩れる亜以子は駆けつけた警官を前に・・・。(公式サイトより)

磐二が譲治を殺した、と言うわけです。
しかし、1話で散々磐二を痛めつけた岸田警部補は、磐二がこんな雑な仕事をするわけがない、と、今回は磐二を疑いませんでした。

簡単にメモっておきます。

目標を失ったこの国の人々をテレビ漬けにするのが、平蔵の目的。
比喩的な表現なのでしょう。

ともかく、磐二は平蔵が保を殺したのではないことを判断しました。
自分の選挙に不利な情報を握りつぶすために、殺人を命ずるほどのワルではないと。

そして、譲治が亜以子に殺されることを覚悟してたことも。
それほど深く亜以子を愛していたのだ、と。

書生も、出版社社長も、亜以子に惹かれていた。
ファム・ファタールです。

その亜以子が精神を病んでいたことも明かされました。

亜以子が支離滅裂な嘘をついている、と、岸田。
ナレーションから推測するに、磐二はそのことに早くから気がついていたような気がします。
恐らくは、キスをする以前から。キスは確信を得るため。
では、何が磐二の疑いを掻き立てたのか。

一方、原田保、旧姓城崎保が、本名、松井誠一という人物であることもわかりました。
復員後、混乱にまぎれて戸籍をでっちあげた、もしくは戸籍を乗っ取ったらしい。

亜以子が生涯で「ただ一人愛した人」、というのは保、いや誠一だと思うのですが。ここに謎が隠されているようです。

ならば、志津香を殺したのは・・・

大分と端折って書きましたが、疑わしい人物たちへの嫌疑は全て消され、志津香殺しの犯人の特定と誠一の死の謎は残ったものの、事件の概要が明かされました。

誠一は、磐二の人となりの評判を知っていて、近づいたと思われます。
磐二に何をして欲しかったのでしょうか。

誠一は、台湾でどのような子供時代を過ごしたのか。
亜以子との関係は。
戦場で行方不明になったあと、どんな目にあったのか。
なぜ、自分の名を捨ててしまったのか。

誠一は本当に自殺だったのか・・・

次回、最終回です。

その他の人たち、姿を消した歌姫や浮気調査を頼むおかみさんを含めて、全く事件と関わっていなかったのかどうかも、若干ですが、気になります。

.

.

#01 #02、#03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

ロング・グッドバイ #02「女が階段を上る時」、#03「妹の愛人」

公式サイト

GW中、感想を書く時間が取りにくかったのと、特に2話が書きにくくって、ぐずぐずしている間に、ほとんどネタが明かされた4話が放映されちゃいました(汗)

4話を見ていない、という前提で、2話、3話の感想を簡単にメモっておきます。

2話が書きにくかった理由は、譲治が病院に隔離されていた状態がよくわからなかったからです。

磐二の救出を待っていたようなので、自らがアル中を直そうとして入ったわけではなさそう。
いや、アルコール中毒だからなあ、途中で逃げ出したくなったのかもしれない。
妻に黙って入院、というのは、3話での冷え切った夫婦関係(のように見せていた)を見て、ありえるかも、と思いました。

では、もし、譲治自ら入院したのではないのなら、誰が譲治を入院させたのでしょうか。
しかも入院中、薬物を投与されていたようにも見えました。自分の勘違いかもしれませんし、中毒を緩和する薬剤だったのかもしれません。

そもそも、行方不明になった夫を探して欲しい、という亜以子の依頼そのものが、何とも胡散臭いのです。
ひょっとして夫婦揃って磐二に一芝居打ったのかも・・・何のために、というのは、そこはミステリー、ということで。

ここで思考が停止してまい、後のことが飛んでしまいました(大汗)

正虎は戦後の闇市を牛耳り、今は賭場とキャバレーを仕切る男だ。戦時中、保に命を救われたことがある。以来正虎は何があっても保の面倒は自分が見ると心に決めていた。しかし、よりによって一番肝心な時に保は磐二を頼った。それが許せないと言うのだ。(公式サイトより)

しかし、保と正虎が所属していた部隊には、二人の名前がなかった。

.

そして、3話。

磐二に近づく、志津香の姉、世志乃。
彼女は父、平蔵を尊敬しており、保の事件を握りつぶした、と言う磐二を平手打ち。

冨永さんの棒セリフ(失礼;;)には、昔のアメリカ・ギャング映画に出演していた女優たちさんを彷彿とさせられました。
いかにもB級っていうか(たびたび失礼;;)、こういう雰囲気の人たちの人たちだったなぁって。

彼女の夫で、亜以子の主治医である高村医師は、世志乃と譲治の仲を疑って、パーティで大暴れ。
磐二は思わず二人を引き離します。

世志乃の告白を聞く磐二。譲治と出来ていたのは、妹の志津香だった。

そして、どう見ても冷え切って見える上井戸夫妻。

亜以子に、なぜ譲治と結婚したのかと問う磐二。

一生に一度しかないほどに、ある人を愛したことがある、でもその人はもうこの世にはいない(公式サイトより)

ああ、あの人なのね。
そして、譲治は、亜以子の心が自分に、いや、現実にないことを知っている。

「かつて私の代わりに死んだ男がいる」(公式サイトより)

それもあの人なのでしょう。どんな出来事があったのでしょうか。

何となく見えてきたところで、続く。

.

.

#01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2014年4月22日 (火)

ロング・グッドバイ #01「色男死す」

公式サイト

原作:「ロング・グッドバイ」(長いお別れ):レイモンド・チャンドラー(ハヤカワ文庫)
脚本:渡辺あや/演出:堀切園健太郎/チーフ・プロデューサー:城谷厚司/音楽:大友良英
出演:浅野忠信、綾野剛、小雪、古田新太、富永愛、太田莉菜、滝藤賢一、堀部圭亮、福島リラ、高橋努、田口トモロヲ、泉澤祐希、石田えり、遠藤憲一、吉田鋼太郎、柄本明

私立探偵・増沢磐二(浅野忠信)は、酔っ払って倒れていた原田保(綾野剛)を助けて以来、バーで杯を酌み交わす仲になる。ある夜、ピストルを手にした保が磐二の事務所に現れた。言われるままに台湾行きの船が出る港まで保を送った磐二は、翌日警察に連行される。妻殺しの容疑のかかった原田保の逃亡を幇助したと疑われたのだ。そこで手荒い取調べを受けていると、保が・・・。(公式サイトより)

ハードボイルド小説の古典的名作である原作は、中学が高校生の頃に読んだ記憶がありますが、全く記憶がありません。
ハードボイルドを読むって格好いいやん、というだけで読んだことは覚えていますが、結局ハードボイルドを受け止めるには、お子ちゃますぎたのだろうと思います。男子ならどっぷりはまったかもしれません。
その後、ポワロの方向へ行っちゃいました。
監督ロバート・アルトマン、主演エリオット・グールドの映画(1973)は未見です。
映画のフィリップ・マーロウと言えば「三つ数えろ」のハンフリー・ボガートですが、こちらは見たけれどもほとんど覚えていません。

ともかく、浅野さんのテレビドラマ初出演、脚本が渡辺さん、プロデューサーが城谷さんというカーネーションチームで、音楽が大友さんとあれば、初回は見てみなければ、ということで視聴しました。

短く感想のみ書きます。

まず、「銀二貫」もそうですが、画面の奥行き、作りこみ方が素晴らしい。

保が見上げた、窓から差し込む夕焼けが、ラストに繋がる。その美しいシーンに思わずほろり。
保は多くは語らないけれども、どうやって生きてきたか・・・存在感で背景を物語っていました。
まさしく「水に落ちた子犬」。

一度は捨てたけれども、まだ保に未練のある志津香。
探偵事務所でヒステリーを起こす女性のシーンって、昔のアメリカの探偵ドラマにはよく登場したなあ、と懐かしく見ました。
日本人が泣き出すのとはちょっと違う感覚、何か動物的な感じがしたことを覚えています。
言葉にするのは難しいのですいけれども、単にわめき散らすのではない、抑えきれない衝動の発露、でも、狂気は感じない・・・

日本人が演じるのは結構難しいのですが、雰囲気がよく出ていたと思います。

そして浅野さん。

「タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない」

そのままの佇まいでした。

古き良き時代のハードボイルド・テーストが芳しい名作になりそうな予感がします。
レギュラー感想は一言メモになるとは思いますが、綴ることにしました。

保の事件がどのような結末を迎えるのか。
土曜日の晩、リアルタイムでは見れないことが多いけれども、がっつり見させていただきます。

.

.

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧