2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「□東野圭吾ミステリーシリーズ」の4件の記事

2012年9月26日 (水)

東野圭吾ミステリーシリーズ 8~11話(最終話) 簡単感想

公式サイト

原作:東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」「あの頃の誰か」「怪しい人びと」(光文社文庫)

やっと最終話まで見れましたので、寸評を書きます。
いずれも原作未読です。

■第8話「小さな故意の物語」
あれで事故が起きるのか、あの教師はあのままでいいの?などツッコミどころはあったものの、三人のすれ違う恋心の物語として見れば、切なく哀しい心に残る一編。
冒頭の三人のシーンを達也の視点から撮ったラストでほろり。
語り部であり、物語の中心にちゃんと良を据えたのも良かったかも。
少し内向的でストイックだけれどもごく普通の青年を、三浦春馬さんの硬質な魅力で魅せた作品でもありました。←ちょっと贔屓目(^^;;

■9話「結婚報告」
友人から結婚を知らせる手紙と写真が届くも、そこに花嫁として写っていたのは、見知らぬ女性だった・・・
という切り口は面白かったのですが、蝶コレクターとか、あっさり殺されちゃったストーカー女性とか、何だかごちゃごちゃしてたかも。
蝶のコレクター・・・映画「コレクター」のテレンス・スタンプの偏執狂っぷりを思い出したのもまずかったもしれません。テレンスのイッちゃている度がレベル9だとしたら、こちらのコレクターはせいぜいレベル3くらいだったから。
モテモテの男性を大倉孝二さんが演じているのが、ほのぼのと楽しめました。

■10話「二十年目の約束」
この話の語り部は亜沙子。だけれども、傍観者的スタンスでした。別に篠原さんでなくてもよかった・・・(以下自粛)
娘を殺された両親の嘆き。その嘆きを目の当たりにして、幸せになっちゃいけない、と思い込む少年たち。
一番悪いのはもちろん犯人なのですが。
残されたものの悲しみは深いです。
明るく締めくくってくれたのが救いでした。

■11話「再生魔術の女」
鈴木京香さんの魅力で押し切った作品かと。

章代の告白。妹の死体から検出して冷凍保存した精液で妊娠した・・・不可能ではないとは思いましたが。
普通なら、時間的なことなどを考えると、かなり確率の低い妊娠じゃないかと疑うと思うのですが、章代がそれくらいやっちゃう医師なのだ、とすっかり洗脳されていたんでしょうねぇ。
DNA鑑定をする余裕もないほど動揺してました。罪の意識のため、そして京香姐さんの追い詰め方に迫力があったとも。
「案外もろい人だったんですね」
小説ならなるほど、と思える話。でも、映像化すると、関係のない赤ちゃんを道具にしたことが生々しく思えてしまいました。
根岸が自殺ではなく子供を殺す、という可能性を考えなかったのかな、とも。
すでに一人、殺している男ですし。

と、色々と突っ込みましたが、最初に書いた通り、京香姐さんの大人の女性の色気と迫力に圧倒された作品でした。姐さんがやるっていうなら、止めようがないもん。(笑)

■ナビゲーションパート
ケチャップで捜査は振り出しに・・・というとことろで終わってしまいました。
驚いていた相島一之さんが犯人なのか、それとも皆がぐるなのか?・・・
答えは見ていた人におまかせ、というのが、このシリーズにふさわしい終わり方だったと思います。

.

小説だとすんなり納得できるのに・・・という作品がいくつかあったような気がします。
そこを無理と感じさせない、加えて言うと、1時間をもてあました作品もあり、もう少しシナリオや演出を練って欲しかったかなぁ、というのがまとめ感想です。

ミステリーとして無理を感じなかったのは「エンドレスナイト」と、犯人探しや復讐のミステリーではありませんが「二十年目の約束」。
ドラマとして好きなのは「シャレードがいっぱい」「小さな故意の物語」でした。

.

.

.

.

.

.

.

.

第2話 第3話 第1話、4~7話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2012年8月24日 (金)

東野圭吾ミステリーシリーズ 第1話、4~7話 簡単感想

公式サイト

原作:東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」「あの頃の誰か」「怪しい人びと」(光文社文庫)

毎週見ているのですが、こういう形式のドラマの感想を書くのが苦手なことに気がつき、感想をまとめきれないまま放置しておりました。(汗)

短文なら書けそうなので、書いていなかった話の感想をメモっておきます。
いずれも原作未読です。

■第1話「さよならコーチ」
ビデオのトリック。小説ならOKなのですが、こういう機械的なトリックは映像にすると捻りすぎに見えてしまう。
なので辻褄の合わないところについつい意識がいってしまい、登場人物たちの追い詰められた心境に気持ちが入っていけなかったかも。

■4話「レイコと玲子」
解離性同一性障害・・・多重人格がテーマの話の場合、犯人が誰かより、その人物が芝居をしているかどうかがオチになります。
原作はどうかわかりませんが、ドラマでは弁護士、葉子が主人公になっていました。
だとしたら、葉子とレイコの対決をもっと見たかったかな、と。
結局すべてが曖昧に終わったラスト。葉子の真意、そしてレイコと玲子、何が真実なんだろう、という後味の悪さで記憶に残りました。オムニバスシリーズの中には一作は欲しいタイプの作品かもしれません。

■5話「甘いはずなのに」
うーん、1時間は長かったかも。
偶然の重なり方が、それが運命、とは感じれなくて、都合が良く、あるいは悪く見えてしまったこともあります。

■6話「シャレードがいっぱい」
オチは妻夫木さん。(笑)
安藤さんのアクション、もっと見たかったです。長澤さんは「都市伝説の女」そのままでした。
テンポもよく、コミカルなテースト、「探偵物語」っぽくて、完成度はともかく、ここまでの話の中で一番好みの作品です。

■7話「白い凶器」
白い凶器・・・確かに。吸わない人にとっては本当に迷惑でしょう。
犯人は予想通り、一種のサイコホラーでした。窓からの飛び降り自殺を装うって最近どこかで見たな、と思ったら同じ作者の「浪花少年探偵団」でした。(汗)
気になったのは、森田の元カノ。どう見ても女装した男性にしか見えなかったんですが・・・もやもやするっ。

.

倉敷編集長のナビゲーションパート、どんどん容疑者が増えていってます。(笑)
こちらも楽しみです。

.

.

.

.

.

.

.

.

第2話 第3話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2012年7月20日 (金)

東野圭吾ミステリーシリーズ 第3回「エンドレスナイト」簡単感想

公式サイト

原作:東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫)
脚本:田辺満/演出:河野圭太/音楽:住友紀人/プロデュース:小椋久雄
出演:松下奈緒、大杉連、田中幸太朗

原作未読です。

東京のマンションの一室で寝ていた田村厚子(松下奈緒)は、電話の鳴る音で起こされる。受話器をとった厚子の耳に飛び込んで来たのは、夫の洋一(田中幸太朗)が殺害されたという警察からの連絡だった。(公式サイト)

大阪に商機を見出そうとする夫に、大阪は大嫌い、とついていかなかった妻、厚子。

うーん、今の大阪に商機はあるかな?東京の方が段違いにあると思うけれども、などと突っ込みつつ。(汗)

厚子役の松下奈緒さんと、"鼻の利く"刑事、番場十三役の大杉連さんによる情話でした。

ミステリーとしては、暴漢の存在を含め、やっぱり、という結果でしたが、二人の間に漂う空気感が情話に相応しくて、しんみりしました。
ゲゲゲでは親子を演ていたんだ、この二人、と思いながら見ていたためもあったかもしれません。
行き当たりの路地で呆然とする番場。厚子の悪夢の中に紛れ込んだかのように見えました。

ぼうっとうどんを食べる厚子。
それまで一切使っていなかったのに、番場刑事の問いに答えた「初耳です。」が微妙に関西弁のニュアンスだったのが印象に残りました。
味覚と記憶が思わず連動したのでしょうねぇ。ここは、うまい、と思いました。

.

と、えらそうに書いていますが、何十年か関西地区に住んではいますが、生まれは関西ではないので、未だにネイティブ関西弁が喋れないんです。ヒアリングはできるけれども。
関西弁に限らず、方言って難しい。

.

.

.

.

第2話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2012年7月13日 (金)

東野圭吾ミステリーシリーズ 第2話「犯人のいない殺人の夜」簡単感想

公式サイト

原作:東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫)
脚本:ひかわかよ/演出:澤田鎌作/音楽:住友紀人/プロデュース:小池秀樹
出演:坂口憲二、白井晃、雛形あきこ、中原丈雄、関めぐみ、八神蓮、吉田憲祐、八木のぞみ

原作未読です。

初回の感想、書こうかどうしようか、と迷っているうちに1週間が経ってしまった。(汗)

時間内で気持ちよく納めていたため、ピリっとしていて面白かったです。
オチさえ決まれば印象が良くなる(汗)、1話完結のミステリードラマの良さがよく出ていたように感じました。

ストーリー自体には、全てがあきらかになったのになおも口止め料をもらいに行くとか、そもそも拓也をあそこまで強引に引っ張り込む設定そのものに少し無理があったかな、とは思いましたが。

岸田家の人間関係など、ヘタすると冗漫になりがちな部分を、映像だけで見せた演出は良かったです。
精神的に不安定な中学生役の吉田さんの表情が素晴らしい。

岸田家での事情聴取。
母親、父親が緊張しているのを不安げに見る拓也。
明らかに動揺している次男を言葉で追い詰めることなく、肩に手を置く刑事。
中原さんの沈着な刑事の、岸田一家をじわじわと追い詰める様子は緊張感がありました。

次は長男の番、大丈夫か?と思ったときに、おもむろに振り向くシーンは、うわぁ、こっちか、と思ってしまいました。
カメラが拓也の視点だったからでしょうし。間が抜群でした。

息絶える寸前の由紀子の頬を流れる一筋の涙。

ラスト、岸田家で刑事たちがソファーに座っているのを、庭を含めた全体像で後から撮った映像の、静まりかえった凍るような美しさも印象に残りました。

ミステリーにありがちな説明セリフが少なく、極めて映像的な作品だったと思います。

犯罪そのものは単純。
本当の謎は人間そのもの。

拓也に、真面目ないい人の役が多い坂口さんをキャスティングをしたことが生きており、最大のミステリーが佐藤拓也という人物だった、というオチが決まっていました。
爽やかな笑顔って、別な角度から見ると胡散臭くもある。
善と悪は表裏一体・・・

このシリーズの感想は、今後も書いたり書かなかったりすると思いますが、視聴は続けます。

.

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧