2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「□南極大陸」の10件の記事

2011年12月23日 (金)

南極大陸 第十話 最終回

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

危ない、危ない、見逃すところでした(大汗)。

三度目の南極を前にしての白崎たちが、ようやく冷静に描かれて良かったです。
佐藤さんの出演はあれだけだったのね。TVガイド誌ではかなり大きな扱いだったのに。
タロジロが地平線の太陽をバックに現れたシーンは綺麗でした。

と、言うことで。(短っ;;)

脚本や演出、編集への突っ込みは今まで書いてきたので、もうやめておきます。

このドラマの企画を聞いた時に抱いた危惧があたってしまった、という感じです。
このテーマで、どうやって連ドラを作るのだろう、と。本当の話なので、結末もわかっているし・・・

でも始まる前は、初めてのことばかりの南極での冒険的生活を描いてくれたら、もしくは犬たちがソリを曳けるようになるまでを、犬たちとの生活を、フイクションでもいいのでみっちり描いてくれるなら、面白くなるかもしれない、と少しは期待したのですけれどもねぇ。
結局、中心が犬なのか、人間なのか、犬と人間の関係なのか。よくわからないことになってしまいました(_ _)。

タロジロって確かにある年齢以上の人たちには郷愁を誘うお話です。
しかし、南極越冬へのチャレンジそのものは素晴らしいことですが、今、そのことと日本復興を結びつけることにピンとこなかった人が多かったのではないでしょうか。
当時はそうだったのかもしれない。しかし、その、南極越冬隊の動向に一喜一憂していた「当時の雰囲気」が伝わってこなかったのも、残念でした。

・・・単発ドラマでもいいような内容の脚本を引き伸ばした作品になってしまったのは、本当に残念です。この脚本で、作品の出来を俳優さんたちだけのせいにされてもなぁ・・・ちょっと違う気がしました。特にファンというわけではないのですが・・・大河といい、何がなんでもは俳優さんを叩く風潮は、あまり好きじゃないです。

あ、また脚本に突っ込んでる?(滝汗)。

犬たちは、素晴らしかったです。

.

以下、蛇足です。

原案となった本によると、ソリの上など、基地にあった食糧には手がつけられていなかったし、その場で亡くなった犬たちにも、共食いをした形跡はなかったそうです。
著者の推測では、もっとおいしいもの、ペンギンを狩っていたのではないか、もしくはアザラシ、狩ることは無理でも、糞を食べていたかもしれない、とのこと。
彼らは100キロぐらいは平気で移動できたそうですので、昭和基地周辺の広い地域を走り回っていたのではないか、と。
では、鎖を抜け出した八頭のうち、タロとジロだけが昭和基地に残っていたのはなぜか。

他の犬たちは南極に来る前にそれぞれのところで働いていた。駆け巡っている間に、元の飼い主を思い出して、故郷と思われる方向に、それぞれ行ってしまったのではないか。
タロジロだけは、一歳未満で南極に連れてこられ、物心ついたときにはすでに昭和基地にいたので、彼らにとっては、昭和基地以外に行くところがなかったのだろう
(「南極越冬隊タロジロの真実」より抜粋しました)

と、推測しておられます。

ちなみにドラマのリキ発見のエピソードはフィクションで、実際は例年になく暖かかった昭和43年に、おそらくリキであろうと思われる遺骸が基地のそばで発見されたそうです。
著者は、タロジロとリキの生死をわけたのは、残された時に2才だったタロジロと、7才だったリキ、この年齢の差ではなかったかと、推測されています。

水葬の時。

私の魂はつぶれた・・・ (上記作品より)

合掌。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年12月14日 (水)

南極大陸 第九話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

氷に鎖の切れ端が挟まれて身動きできなくなっていまった風連のクマ。
氷が緩めば良かったのですが、その前に居場所が流氷と化してしまいました。
助けようとするテツ。目で止めるクマ。
どうすることもできないテツ、タロ、ジロの目の前で、流氷にのってはるか沖へ流されていくクマ・・・
他の犬たちのようにテロップは出ませんでした。←見落としていなければ(汗)。
どこかへ漂着すれば生き残る可能性もある、ということなのでしょうか。

クマもテツもいい表情をするなぁ。

さて、ちょっと疑問なのは。

もう、白夜、極夜の違いはいいとして(汗)、首輪から抜けだした犬たちが野生化していくシーンと、ついに首輪が外れなかった犬たちが命を落とすシーンを交互に映すこと。
このドラマだと、首輪が外れなかった犬はエサが全く食べれなかったという設定のようですので、だったらもっと早い時期に命絶えていたのでは?
南極のシーンは時間軸通りに進めず、生き残った犬とそうでなかった犬の対比をドラマチックに見せようとしているだけなのでしょうか。
一方、日本では春から夏にかけて、倉持が北海道に行ったり宗谷丸の修理を手伝う、という風に普通に時間が流れてます。

時間の経緯が中途半端なので、わかりにくいです。

あ、人間のことを書くのを忘れていました。
第三次南極観測隊には第一次に参加したものは参加できない。この決定を、白崎が、またなんとかする、と言っていました。
今までと持って行き方が同じ過ぎるのでは。白崎ばかりではありませんが・・・

そうそう、氷室は決定を覆すために何をしたのでしょうか?

題材はともかく、脚本がちぐはぐで、犬たち含むキャスト、撮影などのスタッフの皆さんがお気の毒です。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年12月 7日 (水)

南極大陸 第八話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

犬たちが南極大陸でどう生きたか、命を落としたか。
誰も知らない所を、南極大陸の美しさと厳しさとともに、丁寧に犬たちの表情を撮って作りこんできました。

日本での出来事はあまり記憶に残ってません(汗)。
なので、自分の頭の中では、すっかり動物ドラマになっています。

昔のディズニー映画っぽい手法(動物の擬人化)は面白かったのですが、ここで犬たちだけのドラマを大幅に入れてくるのなら、最初からもっと犬たちに焦点を当てていれば良かったのに、と思ってしまいました。
もうクランクアップしているとのことですので、こういう流れも既定済のことなのもしれません。だとしたら、脚本がね、やっぱり。このことについては、最終回で総括として書くかもしれません。

風連のクマとテリーの友情。
クマの不適な表情とテリーのエリートっぽい風情がいいコントラストをなしていました。
鎖で引っ張り上げるシーンは、ちょっとやりすぎかな、とは思いましたが(汗)。

あと気になったのは、時間の経過です。

南極の夏は11月から2月の約4ヵ月間。「白夜」といって、夜になっても暗くならない。
一方、3月から10月は冬。「極夜(きょくや)」といって、1日中ほとんど太陽の光があたらない。(東北電力サイト参照)

なのですが、画面では明るかったり、夜だったり、次のシーンではまた昼間だったり。

イメージ映像ならともかく、一匹一匹の最期をドキュメントタッチで描くのなら、こういうところはしっかり編集してもらいたいものです。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年11月28日 (月)

南極大陸 第七話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

第二観測隊が、犬たちを置き去りにするという苦渋の決断を下すまで。
宗谷丸という狭い空間内で行なわれる男たちのぶつかり合いは、見応えがありました。

氷室が倉持のために岩城に掛け合い、心を開かせていくところとか、一番冷静なはずのに倉持より先に取り乱すシーンとか。
しかし、倉持はその時すでに静かに取り乱していたんですね。
毒殺、という極論に憑りつかれてしまっていました。

岩城も、第一次観測隊サイドからみれば尺時定規な男なのでしょうが、船の乗組員と隊員の命を預かっている責任がある。
つらいところです。

帰国してから、彼らはさらにつらい状況にさらされることになるわけで。

結論を知っているので「あきらめない」という言葉が空しく響いたのは否めません。史実のドラマ化の難しいところです。

度々挿入される犬たちのカットがつらくて・・・。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年11月22日 (火)

南極大陸 第六話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

あっという間に1年がたってしまいました。

星野が隊員それぞれにねぎらいの言葉をかけていましたが。
セリフだけじゃねぇ。
実際にどういう活動をしていたのか、生活ぶりも、もう少し見せて欲しかったです。
最後にちょろっとだけ出てきましたが・・・楽しそうだったし。
ああ、もったいない。

でも、このドラマは、そこを描くのが目的じゃないんだから仕方がないか。

予想よりはやく海面が凍ってしまったため、三本のスクリューが破損。
氷の海に立ち往生してしまった、第二次観測隊を乗せた宗谷丸。

なんだかんだあって、基地での引継ぎは取り消され、人命優先ということで、一次観測隊が先にセスナ機にて船に引き上げます。
この時、彼らは、第二次観測隊が基地に渡ると思っていたんですね。
しかし、このままだと船が完全に動けなくなる。早くここを脱出しなければ、ということで、その時間がなくなってしまったわけです。

この時、誰の判断や主張が正しかったかはよくわかりませんが、こうして、基地に犬たちが取り残されることになりました・・・

原案となった本には、比布のクマが脱走したのは、シロ子に失恋したためではないか、いう推測が書かれています。
それで著者は、改めて犬の気持ちのありようが、人間と変らないことを噛み締めるのですが・・・

犬たちが、自ら首輪をすり抜けて、脱走しないまでも、自由になることはままあったようです。
首輪の穴を一つ縮めたのは、一時的に無人となる基地で、脱走する犬を防ぐためでした。
第二次観測隊がくると、信じて。

しかし、行けなかった。

このドラマでは描かれていませんでしたが、倉庫の中には、固形状の犬用の食料がかなりあったそうです。
ですので、なおさら、もし、首輪がゆるかったなら。

原案の作者、北村さんは、あの時に首輪を詰めたことを、ずっと後悔し続けることになったてしまうんですねぇ・・・

あれ、あんまりドラマそのものの感想を書いてないかも(汗)。
今回だけ見たら、面白かったです。でも、上にも書いたように、エピソードの繋げ方が好みじゃないのです。
息抜きがあってこそ、悲壮感も際立つのに、悲壮感ばかりで満たそうしているのも、なんだかなぁ、と。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年11月14日 (月)

南極大陸 第五話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。後半でちょっと突っ込んでします。ご注意下さい。

カエル島の探索はセリフのみで端折られました。
探検シーンばかり撮っていても厭きられるからでしょう。

ボツンヌーテンに登頂したのは極夜(太陽が昇らない期間、南極では5月末~7月末)を過ぎてからだったと思うのですが・・・うろ覚えですみません;;
だとすれば、原案となった作品には、ずっと夜、もしくは夜に近い状態だと精神的に不安定になったことなどが書かれていますが、そういうことも飛ばしたようです。ま、こういう部分はこのドラマの主軸じゃないですから、いいです。
※不安定になった隊員たちの様子は映画「南極料理人」に描かれていたので、脳内補完しました。

今回の遭難はオリジナル・ストーリーです。
倉持と氷室の関係を軸に描いて、今までで一番面白かったです。
特に、山頂で倉持にハグされてしばらく身をまかした(違)後、突き放すツンデレな氷室が(爆)。
本当に寒そうでした。

ただ・・・えっとここからドラマの構成について、突っ込み入れます。

氷が割れて食料が流れてしまったことや、先週の消火器事件といい、状況説明が不足しているんじゃないのかなぁ、と思いました。
50年以上前に、前人未踏の極寒の地に基地を作ることがいかに困難なことかが、あまり伝わってこないのです。
どの事件も単なる不注意しか見えないのはやっぱりマイナスなのでは。

ボツンヌーテンの標高もよくわからないままだったし、そこへ行くまでの危険性も、ただ、危ない、危険だ、というセリフのみです。
何がどう危険なのか。そりゃ危険だろうことは何となくわかりますが、カットでもいいので映像で見せて欲しかったです。
原案の作品によると、カエル島など、調査探検は何度もしており、危険箇所はある程度具体的につかめていたようで、そういう科学的な部分が生かされていないのがもどかしかったです。

犬ぞりそのものについても曖昧と言うか端折りすぎ。
荷物優先、犬の負担を減らすため、基本的には乗れるのは一人とか。つまり後の人は伴走するんです。
雪が深くなると、人間が先にたってラッセル(深雪の中を雪を踏み固めて道を作りながら進むこと)しなければいけないとか。全く描写がないことはないのですが、スラ~っと流してしまってます。
そのため、犬ぞりでの探検が思った以上に過酷であることが、伝わってこないのが、なんとも残念です。

結果には必ず原因がある。
その原因がかなりすっ飛ばされているので、"いきなり”事件が起きるように見えるのです。

南極に行ったことがない人がほとんどなのだから、もう少し科学的な情報を、説明セリフではなく、映像の積み重ねで伝えてくれたらなぁ。

これだけのキャストを揃え、長期ロケも行なっているのに。
本当にもったいないです。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年11月 7日 (月)

南極大陸 第四話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

原案となった本を読了。
著者の北村さんて、オーロラ研究者の第一人者としてプロジェクトXの「南極シリーズ」に出演された方だったんですね。
観測小屋カブースが全焼した時のことを涙ぐみながら語っておられたことを思い出しました。

観測小屋の火事の原因は本当はもう少し複雑なものなのですが、それだと絵的にはわかりにくいので、わかりやすく変えていました。
しかし犬塚が寝過ごしたこと、初期消火ができなかった原因が消火器の構造を知らなかったことだったのはそのまま、危険を顧みずに消火した隊員たちがいたことも事実。わざと事件を起こしているわけじゃありません・・・構成上はともかく(汗)。

倉持、氷室、鮫島などは複数の人達を掛け合わせた創られたキャラですけれども、西堀氏がモデルの星野の「やってみなはれ」という言葉やベックが死んだことを含めて、大体実際にあった通りの出来事が描かれていました。
主人公以外にも焦点をあててきたためか、ドラマとしては落ち着いてきたように思います。

「南極越冬隊タロジロの真実」は科学者らしく淡々と描かれているので、ここをドラマとしてどう盛り上げるのか、というのに興味が沸いてきました。

.

.

第1話 第2話 第3話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月31日 (月)

南極大陸 第三話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

原案となった本の最初の方を読みました。
山本さんが演じている犬塚は、著者がモデルになっているようです。
また、前回、船がゆれるシーン。実際は、船の構造上、もっとひどかったようで、他国の場合ですが、南極に着くまでに犬たちの半分以上、多いときはほとんが命を落としたとか。
えっと、読んだのは、ここまでです。

さて、スクリューが氷のために故障してしまったちため、目的地、プリンス・ハラルド海岸には着けなかった宗谷丸。
目的地をオングル諸島に変更して、上陸を果たしますが、接岸地は不安定な氷の上。
しかも基地となる場所からは離れている。
行き着くまでに予想以上に時間がかかったのと、例年より冬の訪れが早いため、基地設営を急がねばならないだが。

降ろした荷物は、度々氷の亀裂で流されてしまい、輸送力として期待されていた犬ぞりも
、先導犬のリキがボス争いで風連のクマに負けてしまったため、統率が取れなくなって使い物にならなくなってしまうなど、様々なトラブルが隊員たちを襲う。

描かれたトラブルは実際に起こったことなのだと思います。
だからこそ、危機に至るまでの経緯を、もう少しじっくり描いてくれたらいいのに、とも。
トラブルの数々だけをぽんと提示されている感じがして・・・

例えば、犬ぞりのトラブルですが、このドラマだけみていると、ここに来るまでの訓練の段階でもっと犬たちの性格や力関係を知っておくべきなんじゃ、と思っちゃったんです。

もったいないです。

今回、何といっても印象的だったのは、犬たちの抗争でした。
どうやって撮ったのだろう。
いかにも悪役っぽい風情の風連のクマ、そして、リキ。
特にリキは、もともとこういう表情をする犬なのでしょうか、それにしてもはまってました。

.

.

第1話 第2話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月24日 (月)

南極大陸 第二話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

まず疑問から。

いくら時代が違うとは言え、出発してから越冬するかどうかを決めるのは乱暴だなぁ、と思いました。
そういう計画ならば食料とか衣服だとか、用意していくものがあるはずだし。
ドラマだけの設定なのかどうなのか。
あまりに気になったので、まだ読んでいませんが、原案となった本を買ってしまいました(汗)。

それから二度の台風シーン。
ほとんど沈没する寸前に見えました。
あんなに浸水しても、無事だったのね。

横峰さん、双子誕生、おめでとうございます。
でも、台風のシーンと出産のシーンとのカットバックは、いらなかったように思いました。
加えて。横峰の妻の手を握る美雪のシーンは、わざとJINとダブラせたのでしょうか?
だったら逆効果だったような気がします。

さて、疑問や突っ込みはここまで。

プロローグだった前回に比べ、船と言う密室に閉じ込められた主要人物たちを描いた今回は、ドラマとしてまとまりがあって面白かったです。

反抗的な者、しり込みをする者、気を使う者、押しが強い者、気が弱い者。
サブ・キャラにもスポットライトがあたってきたので、独唱だったのがコーラスになってきた、という感じです。

ちょっと先に突っ込みはしましたが(汗)、船の構造上、暴風雨の影響をまともに受けてしまうシーンも迫力がありました。こういう困難を経て、まとまっていく男たち。

色々とベタといえばベタなのですが、こういう男っぽいドラマがあってもいいんじゃないかな、と思いました。

実はプロローグを見ても、南極へ行くことが、当時の日本にとってどれだけ意味があったのかがもう一つ掴めなかったのです。

しかし、初めて南極大陸を目の当たりにした時の高揚感は、伝わってました。
ですので単純に冒険物語、として楽しめそうな気がしてきました。
先週書いたような今までのドラマと重なる印象も、白い大陸を見た瞬間に払拭されたような気がします。

今後もしばらくは男臭いお話になるはず。楽しみです。

ただ・・・日本の家族のシーンの入れ方は、なくてもいい、などとは言いませんが、もう少し工夫して欲しいと思います。

.

.

第1話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月17日 (月)

南極大陸 第一話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)
脚本:いずみ吉紘/演出:福澤克雄/音楽:髙見 優、吉川 慶/音楽プロデューサー:志田博英/プロデュース:石丸彰彦、伊與田英徳、山田康裕   
出演:木村拓哉、綾瀬はるか、堺 雅人、山本裕典、吉沢 悠、岡田義徳、志賀廣太郎、川村陽介、ドロンズ石本、柴田恭兵、木村多江、芦田愛菜、井上瑞稀、加藤貴子、さくら、大野いと、山本 學、渡瀬恒彦、寺島 進、緒形直人、香川照之

公式サイト

簡単に印象をメモります。

原案となった本は未読、同じテーマを扱った映画「南極物語」は米製作のリメイクも含めて未見です。

南極に置き去りにされた犬たちのお話は、児童雑誌か教科書に載っていたのを読んだ記憶があるくらいです。
それでも、このテーマで10話前後のドラマにできるのだろうか、疑問でした。

作るとしたら、南極に行くまでのプロセスを丁寧に描くとか・・・と、思っていたら、初回で出発しちゃった(苦笑)。

話を早く展開させて次回に繋ぎたかったのはわかりますが、エピソードを詰め込みすぎたのでは。
そして主人公をあらゆる現場、分野で活躍させる流れに、無理を感じました。

群像劇ならば、他の人々がそれぞれの分野で才能を発揮するシーンが描けただろうなぁとか、もしくは、主人公を何かひとつの分野のエキスパートに設定し、そのパートを丁寧に描いていたら、もっとお話にコクが出たかもしれない、とも思いました。コンダクターは白崎に任して。

例えば犬ぞり訓練。おいしいシーンだと思うのです。ですので、もっと丁寧に描いて欲しかったです。
リキや風連のクマたちは帰ってこれないんだ、と思うだけでジンときたし・・・。

その他、越冬することになった経緯とかも、星野の提案のシーンで終わっていて、白崎が了解するシーンがないなど、それぞれのエピソードが中途半端だった気がしました。

初回を見た限りでは、「華麗なる一族」や「官僚たちの夏」とプロXをまぜこぜにした、といった印象です。恐らく、多くの人がそう感じたのではないでしょうか。
セットはもちろん、エキストラなどなど、お金がかかっているのはよくわかりました。
昭和30年の街並みはテーマパークぽかったですが。

次回からは、船・・・そして南極という閉ざされた空間の中での密室劇になるのでしょうか。
だとしたら、登場人物たちのキャラもたってきて、面白くなるかもしれません・・・というより、面白いドラマになることを願っています。スタッフ、キャストの皆さんのためにも。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■カルテット | ■仮面ライダーエグゼイド | ■精霊の守り人 | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧