2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「□塚原ト伝」の5件の記事

2011年11月16日 (水)

塚原ト伝 第5回「最強の敵」、第6回「一つの太刀」、第七回(最終回)「ト伝 見山」

公式サイト

ずっと視聴していたのですが、感想はお休みしてしまっていました。
一気に感想のみ簡単に書きます。

牧歌的だった一話に比べると、徐々に剣の真髄を極めて行く新右衛門の姿を描くため、お話もシビアになっていきました。
五話の奥津源三郎との対決でまさしく闇に囚われそうになり、六話でついに「一の太刀」を会得、七話でしがらみを捨てた清々しい姿に。

感想が書きにくかったのは、殺陣が真っ当になってきたので(汗)、突っ込みどころがなかったためです。六話は修業の話ですし・・・
最終回の師匠、松本備前守との対決は、殺陣だけでなく、お見事。
振り返るに、一話のアクロバティックな殺陣が異質だったのね。

加えて新右衛門が悩みだしてからは、新右衛門と左門のやりとりが少なくなり、その他の登場人物も、平賀丹後守は多少柔軟でしたが、みな真面目で所謂「遊び」の部分がなかったのも書きにくかった一因かもしれません。

巴屋の美津、六郎次郎など、輪郭だけで終わってしまったキャラもいて、もっと時間があれば、肉付けができたのだろうとは思いました。
でも、時間は限られている。限られた時間内であれこれ色気を出すと焦点がぼけたかもしれません。

全七話で、新右衛門の生き様を描くことに拘った、隙なく端正な時代劇でした。

新右衛門を演じた堺さんの佇まいからは、剣聖という、説得力を感じました。
はまり役かもしれません。

ラスト、諸国修業に旅立つ姿は、昔の新右衛門と左門に戻ったかのよう、口の上手い勘助も加わって、楽しそうでした。
しがらみを捨てた二人の旅が観たいかも。
原作があるものだから、難しいかもしれませんが。

来年のBS時代劇はどんな作品を揃えてくるのでしょうか。期待しています。

.

.

#01 #02 #03 #04

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月28日 (金)

塚原ト伝 第4回「一拍子の太刀」

公式サイト

原作:津本陽「塚原卜伝十二番勝負」

原作未読です。

1511年ということは初回、新右衛門が大人になった時が1506年で17歳だったから、22歳。
大内軍、すなわち義伊サイドに加わって、船岡山の戦いで大将の首をとる戦功を立てます。

義伊サイドはそれまで義澄サイドに押され気味だったのですが、戦いの直前にご本尊の義澄が病死したこともあって、完全に勝利を収め、将軍としての地位を確立した、ということをお勉強しました。

だからあんなにはしゃいでいたのね。
でも、ストイックな新右衛門には全く馴染めない世界です。

功労を賞する場に出席した新右衛門。
平賀丹後守の食客にしか過ぎないから、おえらいさんたちと会うのは、高国が抱えていた大野との御前試合以来。
新右衛門があの時の侍だと思い出した高国は、家臣でもない者が賞されるのには納得がいかない、とか、いくさばでの働きなどあてにならない、などと難癖をつけて、強引に御前試合をセットしてしまいます。

今度の相手は両刃のついた長刀を操る、面をつけた南栄という大男。
剣と長刀なら、剣が圧倒的に不利。
しかも、冷酷無比な戦いを目撃し、彼自身が死を何とも思っていないことを知って、新右衛門は、はじめて怖い、と思います。円珍の暴虐さとは違う、何か達観した冷徹さの持ち主と言うか。
左門相手に練習に明け暮れますが、死への恐怖は去りません。
そんな新右衛門を心配する鹿乃・・・寝所に忍んで行ったのは、何だか唐突でした。何しに行ったの?顔を見るだけ?
鹿乃は、伝統的でステロタイプなお姫様キャラだと割り切って見てはいます。
それゆえ、こういうお姫様が出てくる時に思うことも、一緒。

あんたの言うことが主人公を惑わしているだって。(汗)
彼女の存在自体が、主人公の修行の一つなんでしょうねぇ。(汗汗)

今回の試合は、一太刀で決まる正統派な殺陣でした。
作戦など立てずに、切られる前に先に相手の懐に入ることだけを考えた新右衛門。

ただ、南栄、そんなに強そうに見えなかったかも(汗)。

試合後、死者に鞭打つ高国を止める新右衛門。

彼のふるまいは大内義興に認められ、正式に大内家の客となります。

しかしいったん目覚めた死への恐怖を断ち切ることができず、さらには異人だった南栄の人生に思いをはす新右衛門。

そんな新右衛門に義興は、すんだ事に囚われず今を生きよ、全てを背負うて生きよ、と諭します。はっと面を上げる新右衛門。

試合の一部始終を見ていた人物が、次の相手、奥津源三郎。
爽やかな表情に何が隠れているのか。とにかく本当に強そうなので、楽しみです。

.

.

#01 #02 #03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月20日 (木)

塚原ト伝 第3回「将軍暗殺」

公式サイト

原作:津本陽「塚原卜伝十二番勝負」

原作未読です。

冒頭、倒した敵の弟子の恨みを買い、襲われる新右衛門。

一方、将軍、義伊が何者かに寝所を襲われ、負傷する事態が起きます。
どうやら、義伊に将軍の座を追われた義澄が背後にいるらしい。
義伊は激高して、すぐにでも討ち取れと命じますが、大内義興は義澄を支持するものたちとの関係を考慮、もう少し調べてから、と進言。そこをライバル、細川高国につけ込まれ、では大内殿が犯人を見つけて討ち取るということなのだな、と、下手人探しを押し付けられてしまいます。

その役目は当然のごとく、新右衛門がおおせつかることに。
そんな新右衛門のことが心配で仕方がない、鹿乃。

今回の相手は、僧兵崩れの円珍。一人で、将軍警護の者を14人も倒したつわものです。

丹後守に仕える伊賀者、六郎次郎によると、彼もまた、悲惨な生い立ちだったとか。しかし、今は人に悪辣暴虐なふるまいをする傍らで念仏踊りをするなど、今は罪悪の基準を完全に失ってしまっている。
それを見極めたのか、物見だけのつもりだったのに、いきなり勝負に出る新右衛門。
ここは、堺さんの表情が見所でした。

長刀と鎖鎌との併用ですか。使いこなすのが難しそう。
スローモーションやストップモーションの多用は相変わらずですが、試合自体は真っ当なものでした。堺さん、身が軽い。

鹿乃の言う、「命の重さ」にはこれから直面していくのでしょう。
今回は少し暗いトーンで、新右衛門が左門をからかう、ちょっとアドリブっぽいシーンがなかったのは残念でしたが、お話は六郎次郎の存在がアクセントになっていたこともあって、「剣豪モノ」らしく、面白くなってきました。

.

室町幕府って、250年前後も続いたのに、前半が南北朝時代、後半が戦国時代と戦乱が多かったことや、様々な人々が入れ替わり立ち代り登場し、反目あったかと思うと和睦したりを繰り返すので、自分にとってはつかみ所のないややこしい時代、というイメージ。

しかも、将軍は尊氏以外、必ず名前の上一文字に「義」を使っているのでややこしい。義満、義昭くらいはわかりますが、義教、義政、義澄・・・義伊は、義材→義伊→義植と改名してます。ああ、ややこしい。
徳川家はもう少しヴァリエーションがあるので見分けがつきやすい(汗)。

しかし、この時代に、御伽噺の原型など、現在の日本文化のルーツができた、という説を読んだことがあるので興味はあります。
ドラマに登場する大内義興は中々の傑物だったようです。

突出したヒーローがいないためか、この時代を描いた大河も少ないです。
幕府を開いた足利尊氏を主人公とした「太平記」、1497年に生まれた毛利元就の「毛利元就」。
室町幕府ど真ん中を描いたのは日野富子を主人公とした「花の乱」くらいでしょうか。真面目におけば良かったです。

.

お団子をみつめる新右衛門に、明里と山南のシーンを思い出したのは、自分だけではない思うの(^^;;

.

.

#01 #02

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月12日 (水)

塚原ト伝 第2回「御前試合」

公式サイト

都に入る直前、追いはぎに襲われている姫を助けた新右衛門たち。
姫は鹿乃といい、「将軍・足利義尹を支える大名・大内義興の家老@公式」の平賀丹後守の娘でした。

礼をするので、と屋敷に呼ばれると、早速腕試し。
平賀さん、外様・・・いわば新興勢力である、大内家の家老とあって、なかなか食えないおやじです。
三人の剣客をばったばったとなぎ倒し、その人柄もあって、丹後守に見込まれた新右衛門
は大内家の食客となり、早速、御前試合に出場することになります。

鹿島流を背負って立つ意気込みが強すぎて、スランプに陥る新右衛門。
気負いを取ってくれたのは、霊を弔う風流踊り。盆踊りですね。

そして将軍、細川義伊の前で、大内家のライバル、管領家出身の細川高国の推す剣客、大野秀孝と真剣勝負に挑みます。

山のように動かぬ大野に苦戦するも、余念を捨てた新右衛門は、見事に勝利。

敵がとったちょっとトリッキーな構えは、実際にあったらしいことを何かの本で読んだことがあります。
なので、殺陣も楽しめました。
殺陣メインの作品だから、とことん見せなきゃね。

新右衛門に思慕を抱きつつ、その身を案じる鹿乃など、登場人物たちのスタンスに懐かしさを感じました。全盛期の時代劇っぽい作り、というか。
重くもなく、軽すぎず。正攻法な武者修行の話は、久しぶりですので、楽しめました。

倒した相手の恨みは、どのように新右衛門に帰ってくるのでしょうか。
まて、次回。

.

.

#01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月 7日 (金)

塚原ト伝 第1回「鹿島の太刀」

公式サイト

原作:津本陽「塚原卜伝十二番勝負」
脚本:山本むつみ、高山直也/演出:佐藤峰世、福井充広/プロデューサー:一柳邦久、鹿島由晴/音楽:川井憲次
出演者:堺雅人、平岳大、栗山千明、京野ことみ、中村錦之介、朝加真由美、本田博太郎、永島敏行、江波杏子、中尾彬、風間杜夫

戦国時代に剣の聖地・鹿島に生まれ、幼少より鹿島中古流の太刀を学び、17歳で武者修行の旅に出て、生涯数多の真剣勝負や合戦に臨んで一度も負傷しなかったという伝説的な剣豪・塚原卜伝。
波乱万丈の死闘を潜り抜け、鹿島神宮に千日間の参籠をしてついに会得した「一つの太刀」とは。
有名ではあるが、いままであまり映像化されたことのない謎に満ちた卜伝の青年期を中心に、その実像に迫る斬新な時代劇。 (公式サイトより)

原作未読です。

毎回書けるかどうかわかりませんが、初回ですので、感想を簡単にメモっておきます。

1505年。ナレーションの通り、関が原のおおよそ100年前、まだ混沌としていた時代です。
17歳の堺さん、幼児を上野さんに演じさせるよりは無理がないように思いました。
所作はもちろん、前髪、といのも効果的で、若々しく感じられました。
その場での蛙飛び、お見事。
「山南走り」は健在。(^^)

新右衛門よりは世知に長けているけれども、朴訥な武士らしく、ちょっと抜けている部分もある山崎左門は、ガラも大きくて、平さんにぴったり。
大男の左門をイジる新右衛門のコミカルな動作も楽しく、いい主従コンビになりそうです。

で、お話ですが。

ファンタジー!!
敵を倒しつつ進むのは・・・ちょっとRPG風に仕立てているかも。
敵を倒さすに勝つ方法は、なんていう命題も仕込んであるし。

剣が光ったり、ご神託があったり。
で・・・あれ、空中戦ですか(激爆)
いやー、思わず笑っちゃいました。

こういうストップモーションやCGを多用した殺陣はあまり好きではないのですが、割り切って見ると、さくさく進むお話とともに、ストレスを感じず気楽に楽しめる作品でした。

農民のエピは「七人の侍」風でした。
しかし、この時代の農民の生活を描くと、ああなるのかな、とも。
それだけ「七人の侍」の描写が独創的だったと、いう証しでもあるのでしょう。

この娯楽時代劇路線を外さず描いてくれれば、キャスティングに不安がないので、面白くなりそうです。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧