2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「□神様の女房」の3件の記事

2011年10月18日 (火)

神様の女房 第3回 最終回

原作:「神様の女房ーもう一人の創業者・松下むめの物語」高橋誠之助 (ダイヤモンド社)

公式サイト

原作未読です。

簡単に感想を書きます。

最終回は、戦中戦後の夫妻の姿を描いていました。

会社が順調に業績を伸ばす中で、長男、幸一を亡くし、長生きできない家系に生まれた、という先入観に再びとらわれる幸之助。
早くに家族を亡くし、ほとんどひとりっきりで生きてきたためか「家族」というものを肌で掴み取れきず、大家族の井植家の団欒にも溶け込めない。そこに自分の居場所はない、と感じたのかもしれません。

一方、政財界のおえらいさんとの付き合いも増え、学歴のない身を卑下してみたり、「紳士の嗜み」として本当は興味のないゴルフや長唄を習ってみたり。

むめにも会社が株式化したのを期に、経理の仕事から身を引くように言いいます。
二人三脚でやってきたつもりなのに・・・一旦は動揺するむめですが、会社のために、受け入れます。
そのかわり、社員の妻たちを集めて、妻の心得を教育する集いを開くことを納得させます。
自分だったら出たくない集まりです(苦笑)。

その後、西宮に大邸宅を作るも、軍のお偉いさんとの打ち合わせなど、仕事と称してほとんど帰ってこない夫を寂しく待つむめ。

戦争が本格化し、弾丸どころか、飛行機まで作らされ、あげくに戦争に負けた後はGHQより財閥指定を受けて身動きがとれなくなり、苦境に陥る幸之助。
共倒れになるよりは、と井植兄弟を独立させます。これが三洋電機のはじまり。

しかし、中々家に帰ってこない幸之助。
弟たちによると、祇園あたりで飲めなかったお酒を飲んでうさを晴らしているらしい。
家に帰ってこないのは、家まで帰る間に酔いが醒めるからとか。
それは、私が煙たい、ということなのか、と、むめ。さらに家に帰らずに、どこへ帰っているの、と問い詰めると「か、会社」と微妙な反応。

会社のソファーに横たわる幸之助を迎えに行くむめですが、一人思念に閉じこもる幸之助。
ついに税金対策その他で、離婚を申し出ます。
偽装だと言いますが、もちろんむめは納得しないしません。
淡路島の里に帰ってしまいます。

と、最終回はまた、初回と同じく、むめと幸之助を中心に描いていました。

伝記モノは結末がわかっているので、そこに至るプロセスをどう描くかにかかっていると思うのです。
一番しらけるのは、主人公を持ち上げすぎること。
かつ、短期のドラマの場合は登場人物を増やすと視点がボケること。

このドラマは、むめの目線から見た幸之助像、という形で天才ではあるけれども、いや、天才だかこそでしょうか、家族、学歴、教養人に対するコンプレックスを抱え込み、人付き合いも苦手だし、かんしゃく持ちで陰気、という負の部分を描いていたので、面白かったです。
もっと負の部分もあったのでしょうが、関係者がご存命なので、これがギリギリ、というところでしょう。

成功していくプロセスを描いた2話では若干登場人物が増えて、画面はにぎやかなのだけれども、ドラマとしては面白いかなぁ?という感じだったのですが、最終回で、また、夫婦の関係に関わること以外はばっさり捨てていたので、人間関係的には全3回という長さにあっていて、見やすかったです。
歴史の切り捨て方は、判断の難しいところ。

「松下幸之助」の伝記にはなっていなかったかもしれませんが、「幸之助とむめ」という夫婦の歩みは描かれていたと思います。

ラスト、夫婦の終焉を描くのではなく、これからまた、一からやり直す、という余力のある二人の姿でさっと終わらしたのが、印象的でした。

キャストの方々はもちろん、美術、編集、そして脚本と、品格を感じさせる作品だったと思います。

.

第1話 第2話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月11日 (火)

神様の女房 第2回

公式サイト

原作:「神様の女房ーもう一人の創業者・松下むめの物語」高橋誠之助 (ダイヤモンド社)

原作未読です。

簡単に感想を書きます。

新製品を開発するも中々売れず、在庫が貯まるばかり・・・の状態から、練り物技術を買われての下請けの大量受注、そして新たに開発した通称二股ソケットが当たって、会社が軌道にのるまでを描いていました。

「商品の色気」「作り手の愛情」や「成功するまで続けること、成功するまで辞めないこと」
などの格言も盛り込んでの、サクセス・ストーリーになっていました。
その分、貧乏生活の中、片寄せ合って生きる若い夫婦に的を絞って描いた第1話に比べると余韻は少なかったですが、セットの見事さもあいまって、活気ある映像にはなっていました。
そりゃ、「松下幸之助」のお話ですものね。成功しなきゃ。

しかし、その中に、幸之助のキレやすい性格や、片意地な部分をちらちら見せるのは、うまいところ。
工員の訴えを聞くむめのシーンの描き方もすっきりしていました。

清太郎の臨終のシーンは、津川さんならではのユーモアが漂っていました。
漁師の自分が畳みの上で死ねるとは。「病死はめでたい」そして、体の弱い婿に対する「若死にすなや」という言葉が印象に残りました。

次回で最終回です。

.

第1話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年10月 3日 (月)

神様の女房 第1回

原作:「神様の女房ーもう一人の創業者・松下むめの物語」高橋誠之助 (ダイヤモンド社)

脚本:ジェームス三木/演出:黛りんたろう/プロデューサー:真鍋 斎/音楽:住友紀人
出演者:常盤貴子、筒井道隆、松本利夫(EXILE)、秋野暢子、石倉三郎、野際陽子、津川雅彦

公式サイト

原作未読です。

簡単に感想を書きます。

天下の松下幸之助さんのお話、ということで、がちゃがちゃとした賑やかな立身出世物語になるのかな、と思っていたら、大正初期の若夫婦の慎ましい生活をじんわりと描いた、さすがNHK、と思わせた作品でした。

(以下、キャラとして、敬称略)

結婚して年月がたつほどに、幸之助の偏屈ともいえる性格が露わになっていく様子と対照的に、ずっと変わらず明るくたくましいむめ。

彼の意固地な性格は、持って生まれたものもあるでしょうが、家族や健康に恵まれなかった幼少期にも原因があるのでしょう。家族と暮らした経験があまりないため、家族というものにどう対応したら良いのかわからない。冗談も、通じない(^^;;
対する、明るく開けっぴろげな大家族で、何不自由なく育った、しっかりもののむめ。

二人がだんだん本当の夫婦になっていくまで。
まだ大きな波乱はなく、お話自体は何ということもなかったのですが、冒頭の賑やかな風景と、若夫婦のつつましい長屋での生活の対比など、画面にメリハリがあり、語り口のうまさに引き込まれました。こういうのが、ドラマと言うのかもしれない。

少し沈んだ照明や、不安感を醸し出すカメラワークと、恐らく多々あったであろうエピソードや登場人物をばっさりきって、幸之助夫婦に的を絞った脚本。
幸之助の語る、幻のようなエレキのシーン、夕暮れ時の風景、木枯らし吹く人気のない道など、映像によって主人公達の気持ちを現していたように思います。

そして常盤さん、筒井さんが、幸之助とむめの育ってきた環境や性格を実に的確に演じられていたように感じました。

むめの父、井植清太郎を演じる津川雅彦さんがマキノ省三の活動写真を「くだらん」と呟くのは、楽屋落ち(笑)。

嬉しかったのは、船場の、まったりした雰囲気を出してくれていたことです。
今は大阪というとガサツなイメージですが、かつて上方文化を育て、支えていたのは船場などの大店の商人だったのですから。

事業が回り出す次回からは、雰囲気が変わるのでしょうか。
楽しみです。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧