2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「□四十九日のレシピ」の4件の記事

2011年3月 9日 (水)

四十九日のレシピ 最終回

公式サイト

原作:伊吹有喜

セリフをメモったのに、なくしてしまった。
心に残る言葉が一杯だったのに。(涙)
なので、記憶を元に感想を書きます。文中のセリフは全て概略ですので、ご了承下さい。

書き忘れていましたが、原作は未読です。

空白の目立つオッカの年表。
オッカがボランティアで働いていた女子のための厚生施設、「リボンハウス」の理事長が尋ねてきます。
オッカの昔からの友人である理事長は、かつてオッカと交わした言葉を良平と百合子に伝えます。
私たちはステップボードでいい。踏み切り板となって、人が旅立つ手助けをする、それだけでいい。

4人はおそろいの縞々で部屋を、窓を掃除します。縞々って、可愛い。

オッカの四十九日の前日にブラジルに帰郷するハルミ。万里子の残した白い石を握り締めます。
例え「きれいごと」であろうと、百合子が自分を取り戻すのを見届けて去りました。
暗闇の中に浮かび上がる黄色いビートル。
この車の処分はもう決まっているのかな、そんなことを思いつつ見ていました。

当日。
オッカがアルバムを渡し損ねたリボンハウスの卒園生、美佳が尋ねてきました。
彼女の夢は、お金を貯めて、いつか、オッカに教わったコロッケパンを移動車で売ること。
おみやげに持ってきたコロッケパンは、オッカの味がした。

あの日、こんなものはいらん、と言ったがために、ついに食べれなかったコロッケパンを、おいしい、おいしいと言っていただく良平。
オッカの年表にオッカが書いてくれた絵を張ってもいいですか、と言う美佳に、喜ぶ百合子。オッカの空白が一つ埋まりました。

浩之も尋ねてきました。
良平は、皆と顔を合わせぬように川辺に連れ出して、浩之の話を聞きます。

母は体調を崩して入院。百合子にはすまない、と言っていた。
他にも男がいるらしい亜由美には、例え自分の子供でなくっても、ちゃんと生んで育ててくれ、と伝えた。そのために慰謝料として塾も、その他の資産も手放した。

これからは経済的に厳しいかもしれないが、百合子とやり直したい。なくしてしまって初めて大切なものに気がつきました。
自分の家族は百合子だけです。

土下座をして頼み込む浩之。ひどい男、自分勝手な男。しかし。
「なくしてしまって初めて大切なものに気がついた」
という言葉に良平は、自分を見たのかもしれません。

浩之を帰して、戻ってくると、熱田家は卒園生で一杯。
親戚の人たちも含めて、皆がオッカの空白の年表に書き込んでくれています。

と、「ぶしつけな」言い方が得意な伯母が、やるなら徹底的に、とハワインアンチームを引き連れて「四十九日の大宴会」を盛り上げにやってきました。
ハワイアン、というのが何故だか泣きそうになりました。まったりしてて・・・

宴が終わって、部屋に入った時。
百合子が目にしたのは皆の書き込みでびっしりと埋まったオッカの年表。
「ありがとう」
伯母さんまでが書き込んでくれています。

ありがとう、おかあさん。

浩之が訪れてきたことを告げた良平は、好きにしろ、と百合子に。
突っ放しているわけではない。お前の人生はお前が決めなければ。
百合子の気持ちがまだ浩之にあることを知った良平は、追っかけろ、と言いますが。

お父さんを置いては、一人にはできない。

俺を置いていけ、と、良平。
怒鳴ってなんかいないぞ。

ここ、いい言葉が一杯だったのですが。(汗)

良平からオッカのレシピ・・・処方箋を渡された百合子は、イモにも別れを告げ、次のステップへと旅立っていきます。
後に残った良平は、川辺にて、去っていこうとするイモに思い出話をしますが、対岸にオッカの幻が現れ、振り返ると。

いつの間にかイモは姿を消してしまいました。

台所に立つ幻のオッカに語りかける良平。
イモは実在したのか。ハルミも姉のピンチに姿を現したのかもしれないな・・・
オッカの幻が消えてしまいました。

「何度も俺を一人にするなっ」

ふと見上げた窓には、洗剤の泡で書かれた文字が。
「OTOMI」

うう、やられてしまいました。
原作通りなのかな?だったら読んでいなくて正解。

美佳が訪れた時に、知っているはずのイモがほとんど画面に出なかった時に、あれ?とは思ったのですが・・・今まで他の人には見えなかったのかな。見直してみようっと。(汗)

夢の中のようなハルミの去り際も、そういうことだったのね。
すきすき、すき焼き。

東京の家は手放さなくてもよかったようです。
あの、ミカンの木とともに、百合子は浩之とともに新しい一歩を踏み出しました。
オッカは、私たち家族は、幸せだった。
動物園での思い出の後には続きがあった。キリンの絵は嘘じゃない。

オッカ、そして良平はステップボードとしての役割を果たした、と言うことなのでしょう。
そして百合子もいつかは。

イモの語った生い立ちは、恐らくオッカの生い立ち。そして、家族がわからない、という言葉も。

見終わった後に、思わずテレビを消して、余韻に浸ってしまいました。

百合子が部屋を見渡すところから、父の言葉に涙するまで。
和久井さんの表情、そしてその表情の変化をじっくり撮った映像が圧巻でした。
静かに泣く表情だけで、これだけ心動されるなんて。

そして
「また一人にするのか」
という伊東さんの、良平の叫びが胸に刺さりました。

言えなかった「ありがとう。おいしい。」を口にした後、孤独を受け入れるまでに心の整理ができた、オッカへの気持ちが浄化された、と思いたいです。
人は死ぬ時は皆、一人。

一人でいることが寂しい、とは思いません。
一人になってしまったことが、寂しいなぁ、と。
しかし、寂しいから幸せじゃない、とも言えない、とも。

渡部さん演じた、ハルミのちょっと浮世離れした雰囲気。
徳永さんのイモの寂しげな表情、最後には透明感も漂っていて、深く心に残りました。

子供ができない女性の苦しみを、こういうことは男性にはわからないだろう、という作り方ではなく、人として、家族としての苦しみとして描いており、また、最後には人間の生き様、死に様まで描いていたように感じました。

まだ、なんとまとめていいのか、整理ができていませんが・・・
このドラマを見て何をどう感じるかは、人によって違うだろうし、それでいい、人それぞれ違っていて当たり前なんだと、それでいいんだよ、と、しみじみと語りかけるような作品だったように思います。

見れて良かった、と、心から思えるドラマでした。スタッフ、キャストの皆さん、ありがとうございました。

.

.

#1 #2 #3

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年3月 2日 (水)

四十九日のレシピ 第3回

公式サイト

原作:伊吹有喜

全4話、「起承転結」そのままに「転」の回でした。

思いついたままの感想です。ストーリーの流れ及びセリフは前後していると思います。

夫に会いに行く百合子のことが心配でついてくるイモ。
そんなイモにすっかり懐いている(というのも変ですが)、百合子。

夫との再会は、愛人、亜由美の乱入でやはり修羅場・・・イモ曰く「愛の劇場」(笑)になってしまいました。
「まだまだ続きます?」
イモがついて行ってくれて、やっぱり良かったです。

亜由美には他にも男がいるらしい。愛人が訪れる度に外に追い出される息子、カイト。
そんなカイトを可哀想というより、痛みを持って見つめるイモ。カイトはかつてのイモの姿。
「カイト、ちゃんとした大人になれるかな」
イモはオッカに救われたけれども。

母親と浩之が話している間、外に追い出されたカイトを成り行きで夫の家に連れて帰り、カイトのリクエストでアメドッグ=アメリカンドッグを作る百合子。
「ホットケーキミックスは何でも作れる魔法のお粉」オッカのレシピ通り。楽しそうですが。そこへ亜由美が乗り込んできます。
いい加減な母親に見えた亜由美に「小さな子供に串つきのものを食べさせるなんて」と言われてショックを受ける百合子。

いや、アメドッグ、なんて略すほど息子はコンビニで食べまくってるぞ、とは思わないのね。あ、それともお母さんに止められているから食べたかったのかな?

いずれにしても、子供がいないからわからなかったんだ。全て自分のせいにしてしまいます。
そんな百合子の頑張っている姿が夫を追い詰めていた。

私は家族にはなれなかった、という百合子に、浩之は。
子供ができないことを泣いて謝られるのが辛かった。恐らく不妊治療が実らなかった度に繰り返されたのでしょうね・・・
誰よりも辛いのは百合子だとわかっていたけれども。
子供がいないと家族になれない、子供がいないと幸せになれない、と言われているようで。
「隣にいる俺は家族じゃないのか。」
百合子のために、と買ってきた犬にも見向きもしない。
その犬を引き取ってくれたのが亜由美たち。
犬の様子を見に行っている内に・・・亜由美とカイトと三人で。「家族ごっこをしてみたかったのかもしれない。」

犬がきっかけだったのですね。
もし自分が犬を買ってきた夫の気持ちに気がついていたら。

「励まし続けるのに疲れた。」
「もっと早くにすればよかったわ、夫婦喧嘩。今までずっとありがとう。」

浩之の気持ちはある程度察していたのでしょうが、自分は家族になれなかった、という劣等意識、もしくは被害者的意識でしか見えてなかった夫婦関係が「俺は家族じゃないのか」と言う言葉で、お互い同じ気持ちだったことに気がつきますが・・・

浩之は優柔不断な男ですが、子供を武器にされたらなぁ、弱くもなるでしょうね。例えその子が自分の子供でなくても。切り捨てられないところが優しい、ということなのでしょう。でも気持ちは百合子にあるようなので、離婚はしない、と。困ったもんです。(苦笑)

百合子とは対照的に、本能のまま、「女」全開で何とか自分の居場所を奪い盗ろうとする亜由美。だったらお義母さんにも取り入らなくっちゃ。ここ、ツメが甘いです。(汗)
少なくとも悪知恵の働く人ではないようです。原始的なエネルギーは感じました。
自分が生きるためには自分を他にやる、とまで言う、そんな母親の手をぎゅっと握り締めるカイト。

亜由美がちょっと悪く描かれすぎていて、その分これまでの静かな雰囲気は薄まっていましたが、和久井さんの品の良い佇まいと徳永さんの、ガラは悪いけれども、傷を負った少女の心が悲しく伝わる表情、そして間に挟みこまれる、家で待つ良平のシーンで、テイストは保たれたように思います。

何より、話の紡ぎ方がうまいです。「やってみなけりゃわからない」などの印象的なセリフも一杯。

苦しむ百合子を見て、最初の妻、万里子が子供を亡くした時にかけた言葉、「何、子供なんてすぐできるさ。」が如何に残酷だったか、今更ながら気がついて悔み、オッカの作った弁当を「そんなものいらん。」と言ってしまったことが頭から離れない。そして、どちらにも「ありがとう」の五文字が言えなかった。
「死んだ人間への後悔が一番、たちが悪い。」
珠子は弟、良平の表情から察します。

後悔し、苦しみ続ける父、良平。
言葉をもらっていたのに、その言葉に込められた気持ちに気がつかなかった、そのことに気がついて、さらに自分を責める娘、百合子。

「私がだめだったの。」
「そんなことないぞ。お前だけがダメだったなんて。」

いつも彼岸を見つめている親娘・・・。

ハルミは良平の言葉に動かされて、父の待つ故国に帰る決心をしたようです。
「家族ってものがわからない」
と、二人の中に入らないイモ。
かつて良平と百合子という家族の中に入っていった、「家族でない」オッカは、どんな気持ちだったのでしょうか。イモはどうなるのかなぁ。一緒には暮らせないのでしょうか。彼女を見ていると泣きたくなる・・・

次回、最終回です。

.

.

#1 #2

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年2月23日 (水)

四十九日のレシピ 第2回

公式サイト

原作:伊吹有喜

「・・・どす。」

日系ブラジル人の青年の名前が聞き取れず、ぼそっと呟いた百合子が可愛い。(爆)

今回も濃い内容でした。
あまり整理せず、思ったことを書きます。多少とっ散らかった感想になるかも。(汗)

日本の名前をつけてください、と良平に頼む、熱田家がかつて所有していた黄色いビートルに乗ってきた青年。
イモの紹介、そしてあどけない笑顔と、手放した車に乗っていたこともあって、すぐに受け入れた良平は、「はるみ」と名付けます。
イモが現れた時とは大違いです。イモの存在が熱田家の潤滑油になっているようです。

前半は離婚を決意したものの塞ぎがちな百合子の気持ちを引き立たせようとする良平、イモ、はるみたちをコミカルに描いていましたが、後半はおっかの過去と百合子の想いが重なったしんみりした展開でした。

乙美が自分史を書いていたことを知った百合子は、大宴会でその人生を模造紙に書いて展示することを思いつく。だが誰も乙美の33年間にあった出来事を知らず、年表は空白ばかり。(公式サイトより)

人の「足跡」は作っても、自分史は書かないまま逝ったおっか。
誕生日の次の記述が良平との結婚、という真っ白な原稿用紙が胸にしみます。
良平と結婚するまでの37年間、どんな人生を歩んできたのでしょう。
書くことがなかったのか、書けなかったのか。

手帳をめくる百合子。
不妊治療でぎっしり詰まっていたスケジュール。何年も何年も何年も・・・それがある時を境に突然真っ白になる。
おっかの空白の年表と同じ・・・

和久井さんの表情をじっくり撮っていて、圧巻でした。
治療費は不意打ちでした。百合子の辛さがぐっとリアルに伝わってきて、思わず涙。
愁嘆場ではなく、数字で表すとは・・・うまいです。

自分たち夫婦のことを徐々に整理していく百合子。
どちらも選べない、と言った夫は。
「私かその人か、じゃなくて、私か赤ちゃんか」
だったんだ、と良平に呟きます。
そして自分の子をなさなかったおっかのことを、幸せだったんだよね、と問いますが、良平は答えません。

訪ねてきた浩之に直接会おうとはせず、姿を見ながら電話をする百合子。
「あなたはいいお父さんになるよ。私だってずっと会いたかった,。あなたの赤ちゃんに。」

かなり捻くれた視聴者ですので(汗)、普通ならこういうセリフは、視聴者を泣かせよう、という意図が見えてしまってしらけてしまうのですが、そこまでの流れがうまくて、すっと入ってきました。

おっかの年表作りのための資料を探しているうちに、おっかの絵を見つける良平たち。
「ぶたまんの君だよ」

おっかは神戸生まれだから「ぶたまん」なんですね。関西は肉まんじゃなくてぶたまんなんです。

そして語られる良平とおっかの馴れ初め。

叔母に薦められるも、写真も見ずに断る良平を訪ねるおっか。
わたしが作ったものを美味しいって言ってくれる人に囲まれて暮らしたい。
自筆のほのぼのとした絵と、絵そのままの人柄に惹かれた良平は結婚を決意した・・・。

「幸せだったかどうかはわからん。子供を生まなかったからといって人生が真っ白だったということはない。」

「没」という字がどうしても書けない良平。
書き終えた時、初めて号泣します。
「そっか、死んじまったんだ」

・・・つらい。(涙)

他にも、蜜柑を使って描かれる百合子と浩之のかつての生活、幼い百合子を残して亡くなった万里子の残した石、そして百合子、おっか、万里子の3ショットなど、書ききれません。

いつもは陽気だけれども、いざという時にはきちんと人の気持ちに耳を傾ける、イモの佇まい。
はるみが時折見せる寂しげな表情。
良平はなぜ「はるみ」と名付けたのでしょうか。

来週は中々ハードな展開になりそうです。イモが一緒なので、ちょっと安心かも。

.

追記:「はるみ」というのは生まれてこなかった子供の名前なんですね。失礼しました。

.

.

#1

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年2月16日 (水)

四十九日のレシピ 第1回

公式サイト

原作:伊吹有喜
脚本:大島里美/演出:西谷真一/音楽:田村洋/製作者:後藤高久
出演者:和久井映見、風吹ジュン、徳永エリ、渡部豪、宅間孝行、野波麻帆、笛木優子吉行和子、水谷八重子、伊東四郎

育ての母・乙美(風吹ジュン)が亡くなって二週間後、百合子(和久井映見)は実家に戻って来た。妻を亡くして生きる気力を失った父・良平(伊東四朗)を気づかっての里帰り…ではなく、夫・浩之(宅間孝行)との離婚を決意しての帰郷であった。(公式サイトより)

原作未読です。

主人公の百合子は、夫が不倫、挙句相手に子供が出来たことを知って、離婚を決意、介護が必要な姑もいるのだが、実家に帰ってきた女性。
父はそんな百合子を我がままだ、といったんは追い返そうとするのですが。

・・・なんて書くと、どろどろしたホームドラマのようです。
いや、実際、そうなのですけれども、どろっとした百合子の家庭問題よりも、突然逝ってしまった乙美に対するそれぞれの気持ちを丁寧に撮っていたので、思わず引き込まれました。これもドラマの醍醐味のひとつではないかな、と。

最後に交わした言葉を後悔する良平。二人で過ごす日常がいつまでも続くと思っていた。続くと思っていたからの、言葉だったのに。

自分の生活のことで頭が一杯で、ろくに連絡もとらなかった百合子。
継母、乙美をついにお母さん、とは呼べなかった。乙美母さん=「オッカ」。
夫が不倫したことよりも、10年に渡って行ってきた不妊治療の結果がでないこと、それが夫との亀裂の原因になったと感じることが耐えられない。
父との間に子をなさなかったオッカの言葉が、今こそ聞きたいのに。

妻に対する尽きぬ悔恨と、娘とうまく折り合えない悩みを抱えた頑固親父を、伊東さんが深刻にならない程度のバランスで演じられていました。深いぁ。

そして百合子役の和久井さん。思いつめた表情と独特のユーモア漂う仕草の塩梅が絶妙でした。
だからこそ、夫の姉からの勝手な電話を窓から投げ捨てたシーンがクライマックスになりえたと思います。

叔母、珠子が言うように、本当に百合子が乙美に懐いていなかったかどうかは、まだわかりません。
これから乙美が残したレシピを通じて、良平と百合子の喪失感が癒され、そして乙美自身の生きてきた道が明かされていくのでしょう。

オッカの遺言を果たすために熱田家に現れたイモこと幸恵が、今後どういう動きをするのかにも興味がわきました。

公式を見ると、まだ登場していないキャラも多いようです。

テーマが重いので、感想は書きにくいかもしれません。
しかし4回、というミニシリーズでもあることだし、なんとかメモ程度でも書き残していきたいと思います。

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:2017年第3クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダービルド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧