2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「△特撮:天装戦隊ゴセイジャー」の48件の記事

2011年2月 7日 (月)

天装戦隊ゴセイジャー 最終回「地球を護るは天使の使命」

公式サイト

互いに護り、支えあって、そしてその先に護星の使命がある。全員で戦うと決意したゴセイジャーは変身。5人だけでなく、ゴセイナイト、マスターへッド、データス、ヘッダーたち、そして望も天知博士も、人々も、みんな地球の頼れる仲間なのだ。仲間たちを護るため、ゴセイジャーはブラジラに立ち向かう。(公式サイトより)

ついに最終回となりました。

力を合わせて戦うゴセイジャーたち。火事場の馬鹿力・・・ではなく、地球上の生命の想いを受け止めた彼らの力は、即座にレベルアップ。
全然かなわなかったブラゼラのダークゴセイパワーを押し戻し、勝利します。

それでも地球を破壊しようとするブラジラにレッドさんは問います。
「僕たちは地球から生まれたんじゃないのか。護星界も。」(概略)

えっ、そうだったんですか!

護星界って、地球限定なの?
あー、「地球」が生み出した守り神なみたいなもの?地球の背後霊?
でも、ええっと・・・?

・・・あ、もういいです。(汗)

ブラジラは最後の最後まで改心せずに散っていきました。
何度も復活し、視聴者をどっきりさせるなど、そのしつこさを含め、あっぱれな悪役でした。
しかし、ちょっと気になることもありますが、それは文末に書きます。

ブラジラの魂を救えなかったことを悔やむレッドさん。天使らしい心栄えです。
・・・でも、今まで対戦した相手を救おうとしたことがありましたっけ?
あ、ブラジラが元護星天使だったからなのですね。

ブラジラは散っても三つの楔は残っている。
ブラジラが散り際に放ったダークゴセイパワーを吸収してパワーアップ、ゴセイナイト、データス、マスターヘッドを跳ね飛ばして地底奥深くにもぐっていきます。
危うし、地球!

ゴセイパワーでダークゴセイパワーをかき消そうと立ち向かう、ゴセイジャー。
しかし、歯が立ちません。その時、レッドさんは気がつきます。

護星天使のゴセイパワーは何のためにあるのか? それは自分たちが、まだ未熟だからこそなのではないか。もっと地球の美しさやすばらしさを学べるよう、この力を使って地球を護っているのではないか。(公式サイトより)

うう、哲学的だなー。(大汗)
他力本願的な考え方でしょうか。

※他力本願とは、「人は自分の力で生きているのではなく、仏の力を受け止めて生きている」みたいな意味です。

未熟だからこそ、自分たちの力に頼らず、「自分こそは、自分が何とかする」といった「我」を捨てて、地球そのものの助けを受けとめることができる、ということにしておきました。難しいー。(汗汗)

で、地球の力を借りたゴセイジャーは、見事ダークゴセイワパーを消し去り、天の塔(そういやそういうのもありました;;)も復活させ、見習い天使から正式採用。護星界への帰還を許されます。
しかし彼らは「地球に残って、いろんなことを学びたいと申し出る。」(@公式)

かといって、正式な天使となったからには、いつまでも天知家の居候をしているわけにもいかないので、天知家を出て行くことに。

ゴセイナイトゴセイワパーを充電するためにはしばらく籠るそうです。
ブルーさんは海の観察を再開。
ピンクさんは子供達を、レッドさんは街全体を見守ります。
で、筋肉兄妹は相変わらず二人で筋トレに励む、と。(違)

「望たちに別れを告げ、それぞれの道を歩むゴセイジャー。姿は見えなくとも、護星天使はすぐ側にいる。いつでもみんなを見護っているのだ。」@公式

天知博士に別れを告げるゴセイジャーたちが、じゃれているように見えたのは微笑ましかったです。
望君も大きくなりました。しみじみ。
正式に天使となったゴセイジャーたちが羽ばたいていく姿は美しかったです。

*****************************

簡単に総括です。

「ゴセイジャー」なので、突っ込むのは無駄というか、野暮なのを承知で。

まず。

最後の最後まで護星界のしくみ及び、ゴセイパワーの源、ゴセイジャーのスキル、そして存在そのものが行き当たりばったりに見えてしまったのは、やはりマイナスだったのではないでしょうか。
子供って、異空間を構築し想像する力がハンパないんです。驚くほど緻密な世界を構築しているお子さんも多いのですが、その欲求に答えていなかったと思います。

設定にわざとスキを作って、子供達の想像力を養う、という意図があったのかな、とも思えるほど。

ストーリーもブラジラ以外は伏線のない、いきなりな話が多くて、面食らうことがしばしば。
ラスト近くになって護星界及びゴセイジャーに関する新たな事実が次々と発覚した時には、もう突っ込む気力もなくなってしまいました。

マスターヘッド及びヘッダーが何なのか。そして天の塔も途中からなんだかどうでも良くなってきたましたしね。

次に。

全く関連のない3つのダークワールドと戦う、という構成について。
うまく組み立てれば、斬新なストーリーになったと思いますが、残念ながら、一つのワールドが滅びる度に「ラストシーン」を迎え、また一から始まる、という流れに、視聴する方のモチベーションもリセットされてしまい、その度に鮮度が急激に落ちていったような気がします。

全く関連のない、と書きましたが、唯一ブラジラだけは、一貫して登場してました。
伏線として隠しておきたかったのはわかりますが、真の敵として、バラバラな存在だったダークワールドに唯一、一貫性をもたらす存在なのだから、もう少し前に出しても良かったような気がします。
散り際のあっぱれな悪者ぶりが良かっただけに。

でブラジラについての疑問なのですが。
マトリンティスに拾われた時、本当に記憶を盗られていたのでしょうか。
凄くいい奴になってましたよね。あれは、護星天使だった時の姿だったのでしょうか。
それとも全部、お得意の猫かぶりだったのでしょうか。
最後までよくわかりませんでした。

マトリンティス編はひたすらアリスが可哀想だったことしか記憶に残っていません。

そして。

各ゴセイジャーのキャラを生かした話が少なかったこと。
ゴセイナイトの存在感がありすぎた、ということもあるでしょうが。

なので、ゴセイナイトは別として、人間体のキャラたちに愛着が持てませんでした。
わざと贔屓のキャラを作らせまいとしている?(汗)、と思わず邪推してしまうほど。
キャラ萌えしない戦隊モノ、てどうなんだろう・・・そういう風に見てはいけないのかな。(大汗)

序盤、女の子チームの背格好と髪型が似ていたのも、いかがなものか、と。途中でイエローさんが髪を切りましたけれども。

ゴセイジャーの中では、レッドさんだけは終盤目立ってました。後の4人は「4人」でしかなかったような気がする・・・

俳優さんたちは、過去のシリーズに比べても遜色のない、"できる"人たちだったように思われるだけに、彼らの個性を生かしてくれなかったことが残念でした。

筋肉オタクのブラックさんは、いつもはいるかいないかわからない存在でしたが(汗)、彼がメインになったお話はどれも面白かったです。
「筋肉オタク」というキャラがわかりやすかったためもあるでしょう。
(epic27「目覚めろ、アグリ!」)、(epic36「走れ、アグリ!」)
根性モノのパロディとして、面白かったです。

一番すきなのは夏のお遊び回です。(epic23「燃えろ!ゴセイジャー」)。
各キャラも生きていたし、お話にテンポがあり、海岸での体を張った格闘シーンも忘れられません。

ま、いろいろ突っ込みましたが、望少年を人類の象徴として、最後まで大事にしたところは良かったように思います。

つかみ所のないところが個性だったゴセイジャー。

スタッフ、キャストの皆さん、一年間お疲れ様でした。

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46 #47 #48 #49

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年1月31日 (月)

天装戦隊ゴセイジャー epic49「未来への戦い」

公式サイト

ゴセイナイト、データス、マスターヘッドが三本の楔を止め、ゴセイジャーはブラジラに立ち向かうことに。(公式サイトより)

あー、もう一人はマスターヘッドだったのね。みんな楔を抱えているものだから、よくわかりませんでした。
あ、マスターヘッドが動かしているのはえーっと、ゴセイグレイドでいいのでしょうか?見分けがつかないオバカな視聴者でごめんなさい。

今回のクライマックスは、レッドさんの選択でした。

ブラジラに手も足も出ないゴセイジャーたち。
自分たちのパワーをレッドさんに渡し、レッドさんにゴセイパワーを集中させればブラジラに対抗できると考えます。
しかし。ゴセイパワーを失った天使は死んでしまうのです。

えっ、あ、そうなんですか!
そういう話、前に描かれていたかな?
あ、ブラジラが仲間のゴセイジャーを殺して力を吸収したことを明かした時に言っていたかもしれない?
うーん・・・ま、いいです。

それでも4人は、自分たちの力をアラタに受け継いで欲しいと言うのだ。(公式サイトより)

仲間の命か、地球か。究極の選択を迫られたレッドさん。
かつて仲間のパワーを奪ったブラジラさんは、お前も俺と同類になれ、と喜びますが。

しかし、アラタは誰の力も欲しくないと断る。生命を犠牲にして手に入れる平和や幸せに意味なんかない!
5人がそれぞれの力を合わせて、ブラジラを倒すんだ! アラタの言葉に、ゴセイジャーは改めて5人で戦うことを決意するのだった。(公式サイトより)

熱く胸打たれるシーンでした・・・言いたいことはあるのですが、今回ばかりはキャストの皆さんの熱演をリスペクトして、やめておきます。

泣いても笑っても、来週が最終回。

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46 #47 #48

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年1月24日 (月)

天装戦隊ゴセイジャー epic48「闘うゴセイパワー」

公式サイト

49話だと思っていたら、50話だったのね。例年より1話多いようです。
来週が最終回だと思い込んでいました。

だったら、

ブラジラのヘッダーたちを楔にするにはゴセイジャーのパワーが必要らしい。ブラジラのパワーでは楔にできないのですね。
なぜなら、ブラジラのゴセイパワーとゴセイジャーたちのゴセパワーは違うようなので。

と、いう謎を解いてくれるかもしれません・・・あまり期待していませんけれども。(汗)

さて。
ダーク・ゴセイナイトがゴセイナイトに戻るまでを、レッドさんの熱い気持ちとともに描かれていました。

レッドは、フラフラになり、変身解除しながらもゴセイナイトと戦っていた。アラタは、ゴセイナイトを満たすダーク・ゴセイパワーをすべて使い切らせるため、戦い続けているのだ。そしてアラタの渾身の一撃がゴセイナイトを倒す。さらに、空っぽになったゴセイナイトの体をアラタのゴセイパワーが満たし、ゴセイナイトは元に戻る。(公式サイトより)

そうかぁ、ダーク・ゴセイパワーで満たされたので、ブラジラの手下になってしいたのね。
物理的に改造された、とうかいうんじゃないんだー。
ダーク・ゴセイナイトになった時にみんなが「どうして?!」とうろたえている中、さすが、レッドさんだけは、ちゃんと理由を知っていたわけです。

この伏線のない展開は、ゴセイジャー名物ですな。
お気の毒なのは、そのためにレッドさんとダーク・ゴセイナイトの熱い戦いを観る温度が5割減(自分比)になってしまったことです。
特にレッドさん、素面で体張って頑張ってたのになぁ。

しかし、それもこれもあれも、すべてブラジラの計算。
ゴセイナイトはあくまで囮、楔になったのはロー・オ・ザー・リだった!
・・・ロー・オ・ザー・リって。妙に短縮しないで欲しいなぁ。(苦笑)

次回は最終回じゃない、と。(メモメモ)

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46 #47

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年1月18日 (火)

天装戦隊ゴセイジャー epic47「地球救星計画の罠」

公式サイト

ブラジラとの戦いを振り返ったゴセイジャーは、5人の天装術とブラジラの天装術は違うことに気づく。現在のようなテンソウダーとカードが作られたのは、護星界の歴史の中ではごく最近のことで、かつては三種族の力が渾然一体となって発動されていたのだ。
<中略>
さらにブラジラは衝撃の事実を激白。1万年前、スカイック、ランディック、シーイック全ての力を手に入れるため、2人の護星天使を手にかけ、ゴセイパワーを奪ったというのだ。
(公式サイトより)

同族殺し、ということですね。
そして洗脳されたゴセイナイトと、そんなゴセイナイトに心痛める少年。

うまくまとめてあります。
普通なら萌える設定なのになぁ。(汗)

護星界の仕組みがわからないので、今更「現在のようなテンソウダーとカードが作られたのは・・・」なーんて言われてもピンとこない、というのもあるし。
で、ブラジラは元々何族なの?見逃したかな?

遠い目で見てしまう一番の理由は、ゴセイジャーがほとんど関わっていないように感じるためでしょうか。

かつて仲間を失ったブルーさんが、同族殺しのブラセラに対して怒りを爆発させるくらい?
あ、ブラゼラに利用される、という形では関わっているか。
もちろんこのままでは終わらないですよねー。

短いですが、今回の感想はこれにて。

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2011年1月11日 (火)

天装戦隊ゴセイジャー epic46「狙われたゴセイナイト」

公式サイト

ブレジラが地球を破壊しようと思ったわけは。

「護星界がマスターヘッドを中心に地球を見守ってきた間も、人間は醜い争いを続け、地球を汚し続けた。ブラジラは、愚かで弱い人間を根絶やしにして、汚れきった地球を粉々に打ち砕き、新たな星を作り直す」(公式サイトより)

だそうでして、名付けて「地球救星計画」。自分の過去も言ってくれました。

1万年前にエルレイの匣(はこ)に、幽魔獣を封印したのは、最強の護星天使・ブラジラだった。ところが、護星界は、あらゆる手段を使い、犠牲を生んだブラジラを糾弾した。そこでブラジラは、未完成だった天装術“タイムトラブル”を使い、1万年後の未来、つまり現在に逃れたのだった。(公式サイトより)

最初は天使の姿だったのですね。タイムトラベルで1万年後に飛んだわけだから、1万年生きていたわけではないわけです。あのような奇怪な姿に変貌したのは月日による変化ではなくタイムトラベルの後遺症なのね。

マスターヘッドって何なんだろう。←このことを書くのは何回目かな?(汗)
ブレジラが護星天使だった頃は、まだ意識がなかったんでしょ?(前回のお話より)

何か、もう、いっか。

で、ナモノ・ガタリが登場。マトリックス帝国から呼び出したのか、と思ったら、ヘッダーだったのですね。
ゴセイジャーに倒されましたが、どうやらそれもブレジラの策略のようです。
あの鍵のようなクサビってナモノ・ガタリなんだって。@東映公式

筋肉兄妹の闘いっぷりはアクロバティックな個性がわかりやすくて、面白かったです。

そしてさらわれた姫、じゃない、ゴセイナイト。
今は亡きアリスさんと同じく、電気ビリビリの刑にあってます。ゴセイナイトの運命はいかにー(棒)。

ということで、後3回となりました。
突っ込みどころはあるのですが、それは見終わった後、まとめで書きたいと思います。
今は・・・頑張れ、ゴセイジャー、ラストに向って存在感をしめせ!というエールを送っておきます。

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2010年12月27日 (月)

天装戦隊ゴセイジャー epic45「救星主、誕生」

公式サイト

クリスマスも終わり、松飾、年賀状、おせちと、お正月の用意に余念のないゴセイジャーたち。←その年賀状は誰に出すつもりなんだと、思わず突っ込み。望の分を作っていたのかな?
そんな中、レッドさんは一味違う。今年のことは今年の内に、と、捜査会議風の反省会を開きます。
もちろん、中心議題は何度も復活するブレドランのこと。

考えてみればあいつのこと、よく知らないで戦ってたよなって。(爆)←ようやく気がついてくれましたか。

望に借りた本を返しにきたゴセイナイトも、中々興味深い、と参加します。

で、ここで過去のVTR、じゃないデータスの撮ったブレドランを見ながら分析します。

あいつの正体は、1万年前にかつての護星天使に封印された幽魔獣なのか?
その後、ウォースターに入り、ゴセイジャーとの決戦を生き延びて幽魔獣を封印から解き、再びゴセイジャーとの戦いに敗れた後、ロボゴーグに改造されて生き返った・・・
でも、ブレドランには、幽魔獣とは違う力があるような気がする、とレッドさん。

あのマスターヘッダーすら、意識を持ち始めたのは幽魔獣封印後なので、当時のことがわからない、とのこと。
1万年前の護星天使に話が聞けたらなぁ、と見習いゴセイジャーたち。

そこへ天知博士に憑りついて、じゃない、天知博士の体を借りてマスダーヘッドが降臨。
前回、瀕死のゴセイナイトに力を与えたのもマスターヘッドだった。
喜ぶゴセイジャーたち。

マスターヘッドが何故生きていたか、についてはゴセイジャーにしては珍しく説明してましたが、多分復活するだろうと思っていたので、聞き流してしまいました。
解説本とか読んでいない自分には、そもそもマスターヘッドがなにものかが、未だによくわからないので。(汗)
名前からするに、ヘッダーたちの親分なんでしょうね。
でも、天使よりえらいの?何故?今のゴセイジャーが見習いだから?
他の天使たちが出てこないから比較対照できません。
天使界ではヘッダーはどういうスタンスなんだろう。

マスターヘッド曰く
「一万年前、幽魔獣をエルレイの匣(はこ)に封じたのは、護星界史上、最強の力を持つ護星天使だった。しかし、その護星天使がどうなったのかは、知っている者がいないという」(公式サイトより)

そこへブレドランの反応が。
戦いに出かけるゴセイジャーたち。

マスターヘッドもゴセイナイトも、実はブレドランの正体を知っているのですが、ゴセイジャーたちの受けるショックを心配して、黙っていたようです。

でも、ブレドラン自らバラしてしまいました。
自分こそがかつて幽魔獣を封印した護星天使、「救星主のブラジラ」だと。

ショックを受けるゴセイジャーたち・・・次回へ続く。
過去の戦いの映像を入れた省エネ作品でしたが、ブレドランに焦点を合わせていたので、わかりやすくて面白かったです。3チームも違う敵を登場させた意味もわかりました。

何より、ゴセイジャー個々の名乗りがありました。
本当に久しぶりじゃないでしょうか?

「マトリックス帝国」って、寂しそうですね。ブレドラン一人しかいないってことはないと思うけれども。いや、一人しかいないのかな?
元の主、ロボゴーグは必要な時にだけロボットを作っていたのかな?

年明けからはいよいよ、渡り歩いたチームから知識や力を得て、最強になったブレドラン、いや、ブレジラとの、本当の最終決戦が始まるようです。
ブレジラが何故
「愚かで弱い人間を根絶やしにし、汚れきった地球を粉々に打ち砕き、新たな星を作り直そう」(公式サイト)という考えをもつようになったのか、ちゃんと描いてくれるのかな?

次シリーズは海賊なんですね。この設定、飛んでいるのか、安易なのか、よくわからないけれども。
おなじ東映だからいいのか、いいんだろうな。(笑)

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2010年12月20日 (月)

天装戦隊ゴセイジャー epic44「究極の最終決戦」

公式サイト

マトリンティスとの最終決戦!(公式サイト)

アリスが倒れる予想はしてたのですが、ロボゴーグも逝っちゃうとは思いませんでした。
予想外に早い展開です。
本当の「最終決戦」になるだけ時間を使いたいのでしょうね。

永遠に滅びぬ身体を手に入れた天才科学者(公式参照)って、つまり自分で自分をサイボーク化したってことで、あってますか?
うーん、だからと言って、どうと言う驚きもなく。(毒)

マトリンティス、というより、ロボゴーグとの最終決戦ですね。
ほぼ一人でゴセイジャーと戦って、自爆という方法で地球を破壊するなんて、とても帝国を率いる地位の人がとる行動とは思えませんでしたが。

部下がほとんど登場しない理由を、ネタではなく、ごく常識的に考えてみました。

1.元々マトリンティスにはそんなに多くのロボットがいなかったから。
2.ブレドランがすでにマトリンティス帝国を乗っ取っていたから。
3.それ以前にロボゴーグに人望(かな?)がなかったから。
4.ここであまり盛り上げると最終回がもたないから。

アリスによって記憶を取り戻したブレドランが復活しました。
属するチームのボスを裏切って、チームを乗っ取る作戦、三たび。

ゴセイナイト、悲しむまもなく、はやくも復活しました。
彼が見た光は、彼を復活させたものは何なんでしょう。

「これで私たち、恐怖から解放されるのね。」
アリスさ~ん(涙)。
ブレドランに躊躇なく破壊されてしまいました。
パンドラの匣を開けちゃったのね。
すごく素直で純で健気な人・・・じゃないサイボーグでした。(再び涙)
これでブレドランの非情さが、さらにアップ。ここは狙い通りですね。

今週はブレドランの復活より、アリスの最期が一番印象的でした。
ロボゴーグの最期は本当に最期なのかな?予告を見ると何かありそうなので、置いといて。
アリスさんも復活するのかなぁ・・・

予告と言えば、お髭がりっぱになった天地博士がすごく気になりました。
ブレドランの正体も明かされる?楽しみです。

あ、ゴセイジャーのこと、書いてない。(毒)

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2010年12月14日 (火)

天装戦隊ゴセイジャー epic43「帝国総攻撃」

公式サイト

まず、訂正から。先週、ブルーさんの技を「カモフラージュ術」と書きましたが、正しくは「カモミラージュ」。ずーっとカモフラージュ術だと思ってました。(大汗)

さて・・・総攻撃ですが、総攻撃、ていうか、ほとんどロボゴーグがお出ましになっただけ、みたいな。(毒)

粗筋は公式サイトをご覧下さいませ。

相変わらず弱い弱いゴセイジャー。
ブレドラン一人に振り回されています。
やっと倒したと思ったら、ブレドランによってテンソーダーとレオンセルラーが石にされてしまいました。
いや、そんなことしなくてもゴセイジャーに勝てるんと違うのかなぁーとか。
いやいや、奴らは追い詰められると火事場の馬鹿力を出すから、念には念を入れて、ということなのでしょう。
彼らを助けるためについにゴセイナイトが倒れてしまいました。何と言うことでしょう。ゴセイジャーたちが悲しむシーンは時間切れで次回へ持ち越しなんでしょうか。

次回は「究極の最終決戦」ですかぁ。
第一部の最後をぼんやりと思い出しました。
何と言う名前だったっけ。あのやみくもに攻めてきた宇宙人たち。(汗)

とにかく、ロボゴーグはお正月前に倒されそうな気がします。
いや、その前にアリスみたいですね。
だとするとラスボスは。

ここまで見続けたんだし、最後まで見届けますよ。意地でも。

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2010年12月 9日 (木)

天装戦隊ゴセイジャー epic42「情熱的ハイド」

公式サイト

パソコンを操ってデータスとマトリンティスの研究をするブルーさん。
こういうシーンて、ありそうであまりなかったような気がする。
もう、42話なんですけれども・・・
ニセモノにはニセモノをってことでカモフラージュ術・・・いつぶりだろう、見たのは。
面白い才能なのに。
全く生かされてなかったなぁ。

辛い過去を持つブルーさんを生かしたお話ではありましたが。

後、アナログなデータスの目に注目しました。怒った目と、情けない目と、笑った目と、素面の目。4パターンくらい?
データスの活躍もいつぶりくらいだろう・・・

機械との友情なんか成立しない、と言っていたアリスさん。
ブルーさんとデータスの絆を見せつけられて、またまたまた、愕然とします。
ここんところ、ずっと同じパターンです。

さて、ラスボスは誰になるのでしょうか。

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2010年11月29日 (月)

天装戦隊ゴセイジャー epic41「爆発!仲間の絆」

公式サイト

タイトルのそのまま。アリスに置き去りにされたマトロイドのアインIとピンクさんの友情物語でした。

記憶をなくしたらしいマトロイド。「コロ」となずけて世話を焼くピンクさん。
塩むずび、鮭むすび・・・、ああ、お腹が減ってきた。(笑)
「ナカマ・・・」

ほのぼのとした交流もつかの間。
コロの体内に爆弾装置が備え付けられていることが判明。
コロを救うためには、胸のスイッチを壊さなければいけないが、失敗すればコロは爆発してしまう。ピンクさんには恐くてできません。
迷っているうちに、アリス登場。
アインIのバトルモードを発動させ、コロの表情は一変。ゴセイジャーを攻撃し始めます。

コロを止めるには、人口知能を破壊すればいい。
この難しい攻撃を、先ほど躊躇したことを後悔しているピンクさんが自ら買って出て、成功。
停止したコロ。
しかし、アリスが差し向けたビービ虫で巨大化し、体内の爆破起動装置を作動させてしまいます。
暴れなくても、体とともに巨大化した爆弾の威力は非常に危険なものに。
みなが迷っている中、ピンクは、ゴセイアルティメットジェットでコロを上空に連れていきます。
途中で意識を取り戻したコロは、仲間として、ジェットから離れて空中高くで自爆したのでした。

爆発物を取り除く方法はあれしかなかったのか、とか、人口知能を壊した後、修復するつもりだったのか?とか気になるところはありましたが、ま、ゴセイジャーらしいお話でした。
コロとの友情の深まり方が急速だな、なんて無粋な突っ込みはなしで(汗)。
・・・最後のシーンはなんか大昔のウルトラシリーズぽかったような気もしないではなかったかな。(汗)
コロがそれほど可愛く見えなかったのも、良かったと思います。ピンクさんの博愛ぶりがよく伝わりました。

で、アリスですよ、アリス。
恒例の○Mショーの後。
コロ=アインIが友情を守ったことで、ロボゴーグの言うことに疑問を持ち始めました。

そして記憶をなくしたブレドラン!
「借りを作りたくない」というアリスに「仲間だから」
な、なんてことを!
やっぱり何かが原因で堕ちたんですね。その原因を忘れているだけ。
ブレドランの記憶チップ(カード?)はまだ残っていて、ロボゴーグが持っているらしい。

それこそパンドラの箱のような気がする。
アリス、どうする?

今回のお話は、アインIの行動がアリスに疑念を抱かせるエピソードとして、ちゃんとリンクしていて面白かったです。

.

.

#1  #2 #3 #4 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33、34 #35 #36 #37 #38 #39 #40

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧