2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「@テレビその他」の15件の記事

2016年12月27日 (火)

ありがとう

20何年か見続けてきたSMAP、そして初回から欠かさず見ていた「SMAP×SMAP」の最終回。

悲しすぎて、面白すぎて・・・悲しすぎて。
泣きながら見ていることにも気がつかなかった。
もう、見れないなんて、そんなことありへん!・・・でも、時間は過ぎていった。

引退するアスリートのようでした。
引退するには早すぎる、と思っても、願っても、彼らはアスリートの美学を貫いて去っていったのです。

番組は、スタッフたちの、活動を再開して欲しいという願いに満ちた構成だったと感じる一方で、SMAPの遺骸をハイエナのような敵から守る強固な棺桶・・・いや、神殿を構築しているようにも思えました。


再結成は恐らく、ないでしょう。
とても特別なイベントで1回きりの、というのなら、ひょっとしてありえるかも知れないけれども、それは私たちが見てきたSMAPとは別の何かであり、その姿を見せるかどうか・・・それは彼らの美学には反するような気がします。

解散は、SMAPを守るための最後の手段だった、とも思えました。

幸せな時をありがとう。
それぞれの活躍を見守り続けます。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2012年12月 5日 (水)

お悔やみ

訃報についてはめったに書かないのですが・・・57歳。
必ず復活されることを信じていたので、ショックでした。

中村屋一家のドキュメンタリー・シリーズのナレーションをされていた森光子さんが旅立たれてわずか一ヶ月弱。

マクドナルドの中村屋勢ぞろいのCMが思い出されます。

心よりお悔やみ申し上げます。
.

.

2012年2月18日 (土)

はねるのトびら SP

忘れないように、メモ。

ことごとく高額商品を当ててしまう松田翔太さん、持ってるなぁ。

堤下さんと田中圭さんのいじり方も良くて、最後は、中身は鯖島の城田@ドン・キホーテのようになっての、照れ隠しな苦笑いに爆笑。録っておけば良かったです。

.

.

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2012年1月 5日 (木)

あけましておめでとうございます

ブログを本格始動させたのが2009年。
石の上にも三年、ということで三年間はがんばってみようかな、と思いつつ、四年目を迎えることがてきました。

最近は映画を観る時間がないので、ドラマ主体になっていますが、今後どうなるかは、神のみぞ知る(汗)。
そんな節操のないブログではありますが、本年も何卒よろしくお願いいたします。
.

この年末年始は旅行記を完結させることに専念しましたので、映画は一本も観れず終いでした。
バラエティーは、掃除などしつつ、ちょこちょこと観ました。
大晦日は、「さんまのまんま」でさんまさんと黒柳さんの絡みを見た後、紅白は録画。リアルタイムでは例年通り、「ガキ使」を。今回は終了タイムが夜明けでなく午前三時だったためか、短く感じました。

元旦は「サンタク」「格付け」「ドリームマッチ」。
「サンタク」、今年は冒険はしていませんでしたが、スタッフと出演者の誠意は感じました。
「格付け」、食べ物以外は全部当たったので、何か嬉しい(^^)。それにしてもガクトさん、凄いです。
深夜は関西ローカルの、ダウンタウン浜田さんと東野さんの「ごぶごぶ」。今回もえらいことになってました(爆)。

えー・・・ずっとテレビを観ていた、それもほとんど浜ちゃんばっかり観ていた一日でした(大汗)。

二日は昼間は関西ローカルの恒例番組「チュートVSブラマヨ」、夜はウッチャンナンチャン司会の鶴瓶さんの還暦祝バラエティーをながら見。
三日はオフ。
四日は「ほんまでっか」SP。
笑っていいともファミリーが仕切っていた新ドラマ紹介番組を、ほんまでっかチームに変えてみました、という番組でした。
長かった・・・途中からはながら見に。そんな状態ならば、録画したままで未見の番組でも見ればいいんですが。そこまでテレビに神経を集中させたくなかったのかも・・・

そうだ、こういう時は、テレビを消せばいいんだ(滝汗)。

最初の方、結果が全くダメだった塚本さんのスネ方が、一番面白かったです。
「ほんまでっか」はやっぱり普通のパターンの方が面白い。

あとは箱根をちらちら、といったお正月でした。

近頃は年々お正月気分が薄れていっていたのですが、今年は久々に新しい年が明けた、という感じがしました。

どうかいい年になりますように。(祈)

.

にほんブログ村 テレビブログへ   

2011年7月19日 (火)

ご冥福をお祈りします。

原田芳雄さんが亡くなられたそうです。

「高校生レストラン」で微妙な形で退場をされたので、もしや、とは思いましたが、そんなにお悪いとは・・・

綺羅星のごとくたくさんの作品に出演されていますが・・・

去年、いや、撮影は一昨年の作品だったのでしょうか、NHKドラマ「火の魚」が印象的でした。

つい最近もBS-hiで再放送していました。

追記:2011年7月21日(木)午後10時~10時54分、BSプレミアムミアムにて再放映されるそうです。

公式サイト

合掌。
.

.

「火の魚」の感想

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2011年2月22日 (火)

ハガレンFAのDVD

原作は読んでいません。

アニメも日曜日の午後に放映されていたのを時々目にする程度でした。
この物語、1話でも抜けたら話が見えなくなるので、入り込めないまま。
そもそも最初から見ないと、チビッコ錬金術師と巨大な鎧が旅をしている理由さえわからないんですよね。(汗)
しかしラスト3回くらい、偶然ですが、続けて視聴したところ・・・な、なんだ?どうしてこうなるの?

ということで、番組終了後にレンタル開始。
大体の世界観やキャラ設定がわかりだして来たところで、競争率が高まって全く借りれなくなったのと、最終巻も未発売だったので、9巻で一旦停止。

先日、やっと最後まで視聴しました。
10~16巻まで。
奇跡的に10巻以降、全て揃っていたのです。
でも、時間的に全部は見れないだろうと、とりあえず12巻まで借りて帰宅・・・が、しかし。
「フラスコの中の小人」まで来て、いよいよ「約束の日」を前にして、ここでは止めれないだろう、とあわてて続きを借りに行った、大ばか者です。

結局一気見。全部で14時間弱。
特に14巻以降は眠さも吹っ飛ぶハイ・テンションな展開で、周囲の迷惑も顧みず、全ての用事をストップさせて見入りました。

コアなフアンがいっぱいいらっしゃる作品なので、今更、通りすがりの視聴者が感想を書くなんて大それたことはできません。(汗)
「真理」が何なのかはよくわからないままだし・・・。

とは言え、アニメ全体に渡って全く門外漢の自分が、14時間弱見続けたくらい(止められなかった)の感動を覚えた作品なので、備忘録として、心に残ったシーンをいくつか書き出しておきます。

オリヴィエの登場シーン全て。キメラたちも忘れられません。
お父様の攻撃を食い止めるホーエンハイムを支えるエドとアル。
・・・ラスト4話はどれも。ラスボスとは、まさにこのお父様のことを言うのだろうな、と。
そして、エンヴィーの最後。

アメストリスの変化にとんだ風景、千住明さんの音楽も印象的でした。

放送終了してから1年もたっていないのに、最終の64話など、はるか前に見たように感じました。同時期に「龍馬伝」やら「W」を見ていたとは思えないほど。
見た順番がリアルタイムで61話~64話、そして改めまして(汗)、1話~64話だからかな。
主人公達と一緒に旅をしたような感じです。

原作が優れているのは言うまでもないのでしょうが、パワーを感じた作品でした。

.

.

※「グリード」はその言動といい、やはりオーズに微妙に影響を与えているように感じました。

.

.

2011年1月20日 (木)

NHK土曜時代劇が3月で終了

NHK土曜時代劇が3月で終了、45年の歴史に幕 大型報道特番枠へ@Yahooニュース

曜日を変え、名称も変わったけど、45年も続いてきたんですね。寂しいです。
その代わり、

今年4月に3chから2chに再編されて新しく始まるBSデジタル放送波「BSプレミアム」に、新たな時代劇枠が“移設”される。その第1弾として、時代劇初挑戦となる永井大主演のBS時代劇『新選組血風録』が4月3日(日)午後6時45分から放送される。

とのこと。大河の後なのね・・・と、ちょ、ちょっと、待ったぁ。

ええ~っ、「新選組血風録」ですかぁっ。
キャスティングは「永井大主演」ということしかわかりませんが、永井さんが土方さんなの??!
どちらかいえば近藤さんタイプだと思うのだけれども、さてさて、どうなるのでしょう。

不安が70%、期待10%、後の20%は、まだ心の整理がついていない曖昧な気分、ということで(^^;;

.

※追記

NHKならもう撮っているはず、と思って、久しぶりに某巨大掲示板を覗いてみたら、情報が載っていました。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/70165.html

演出:清水一彦
主な出演者
永井大(土方歳三)、宅間孝行(近藤勇)、辻本祐樹(沖田総司)、加藤虎之介(山崎 烝)、野村宏伸(桂小五郎)、林泰文(松平容保)、井上和香(お梅)、豊原功補(芹沢鴨)

永井さんが土方さんでした。失礼しました。
全12話、各45分(※初回のみ73分)ですか。
沖田さん役の辻本さん、どこかで聞いたことがあるお名前だな、と思ったら、「ちりとてちん」の木曽山、「Q.E.D. 証明終了」で落研部員の人なのね。

.

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

2009年12月24日 (木)

知る楽 2009年11月

しまったぁ。「火と汐」の録画に失敗。ああ・・・がっくり。

再放送を気長に待ちます・・・ぜひ、いつか再放送してくださいませ(願)。
.

.

この間、録画した番組を整理していたのですが、11月の「知る楽」シリーズが面白かったので、メモっておきます。
.

■暗い時代こそ笑いとばせ!
NHK教育・知る楽~歴史は眠らない 11月火曜日

公式サイト

一週目は録画失敗。

二週目の「わらわし隊」のエピソードで、動いているミス・ワカナと玉松一郎さんを見れたのが嬉しかったです。ミス・ワカナさんて、華があって綺麗な人だったんだなぁと。
三週目、「エノケン・ロッパ」、ロッパさんの舞台風の映画は見たことがなかったので、同じく映像に惹かれました。
四週目は沖縄のお笑い芸人、ブーテンさん。全く知りませんでした。戦争や基地に対する本土と沖縄の人々の温度の違いが、お笑いのあり方から感じることができたかもしれない。
.

■松本清張 孤高の国民作家
NHK教育・知る楽~こだわり人物伝 11月水曜日

公式サイト

楽しみにしていた二週目のみうらじゅんさんの回だけ、録画失敗してしまった(泣)。

三週目の小森陽一さんは、以前偶然にですが、公演を聴いたことがあります。「マスコミ」を信じておらず、「大衆」に幻想を抱いていない方で、そういった点で清張さんと共通した認識をもっておられる。面白かったです。
四週目の辻井喬さんは先月、氏の著作「父の肖像」を再読したばかり。いかに清張さんが「文壇」に嫌われたか、についても語っておられました。しかし、清張さんは対抗して派閥を作ることなく、孤高であり続けた、と。

一週目の阿刀田高さん。この番組を見た後に氏が著された「松本清張を推理する」を買ったので、その本の感想とともに、改めて・・・書くつもりです、書けたらいいなぁ(汗)。

.

.

2009年12月20日 (日)

みんな、はじめはコドモだった(汗)

週間のTV番組雑誌には「都合により内容は未定です」だった深夜に、短編オムニバス「みんな、はじめはコドモだった」が流れていました。

大阪の朝日放送(ABC)が新社屋完成記念事業の一環として製作されたのだそうです。

オフィシャルサイトは閉じられていたので、ブロガーさんの記事を参照しました。
.

1.「展望台」
阪本順二監督・脚本
佐藤浩市・小林勇一郎ほか出演
椎井有紀子P、制作プロダクション:キノ

2.「TO THE FUTURE」
井筒和幸監督、羽原大介・吉田康弘脚本
光石研ほか出演
祷映P、制作プロダクション:シネカノン

3.「イエスタデイワンスモア」
大森一樹監督・脚本
高岡早紀・佐藤隆太ほか出演
妹尾啓太・下戸聡P、制作プロダクション:東映京都撮影所

4.「タガタメ」
李相日監督・脚本
藤竜也・宮藤官九郎ほか出演
齊藤有希・松原恵美子P、制作プロダクション:オフィス・シロウズ

5.「ダイコン~ダイニングテーブルのコンテンポラリー」
崔洋一監督・脚本
小泉今日子・樹木希林・細野晴臣・山本浩司ほか出演
東島真一郎P、制作プロダクション:ビーワイルド

.

気がついたのが遅く、ちゃんとみれたのは大森一樹、李相日、 崔洋一監督の作品だけ(涙)。
3本の中では大森さんの作品が好き(^^)。
李さんの作品は藤さん、宮藤さんの演技が見所でした。

DVDにならないのかなぁ?

.

.

ちなみにその直前、同じく番組表には「都合により内容は未定です」となっていた時間帯に「くりぃむナントカ DVD第2弾発売記念 ナントカM1グランプリ」が放映されていました。偶然見れたのですが、とても面白かったので、録れずに残念。はぁ~。

その後、録画した番組をチェックし終わったあと、「みんな、はじめはコドモだった」が放映されているのに気がついた、という訳です。
.

新聞で確認すれば良かったのですが・・・休刊になる年末年始はネット等でチェックした方が良さそうです。

.

.

12月21日よりNHK地上波で深夜、三夜連続で放映される「BS世界のドキュメンタリー よみがえる第二次世界大戦~カラー化された白黒フィルム」を予約したのですが・・・

.

NHKの深夜は時間がずれることが多いので、リアルタイムで時々チェック←自己メモ。

.

.

2009年11月15日 (日)

録画消化。

正月に向けて、HDDの整理です。

かなり前からのが溜まっていて、大変。
以下、消化した番組のメモ。
.

■NHK 知る楽:こだわり人物伝「花菱アチャコ “笑いの神様”はお人好(よ)し」全4回
■NHK 知る楽:探求この世界「不滅の歌謡曲」全8回
■NHK スタジオパーク 「國村準」「みうらじゅん」

アチャコさんは映像が貴重でした。しかし三枝さんのナビゲーターがちょっと重たかったように感じました。尊敬しておられるのはよく伝わったのですけど。

不滅の歌謡曲のナビゲーターはなかにし礼さん。昔のレコード会社と作家、歌手の関係や著作権、原盤権が確立していった事情など、興味深かったです。多少自画自賛的なのは大御所の特権、ということで(汗)。

國村さんのスタパーは珍しく(大汗)、ゲストと司会が噛み合っていていました。國村さんて、いい人だなぁ。

みうらさんは地獄ネタで。途中で「奈良・纒向遺跡」のニュース。みうらさんのコメントが一言でいいので聞きたかったなぁ。

.

知る楽シリーズ、スタジオパークは録画オンリーなので、どんどん溜まります(汗)。
今月の知る楽「暗い時代こそ笑い飛ばせ!」と「松本清張」もまだ見れていない・・・

.

■MBS ごぶごぶ 8~10月

月いち、最終金曜日の深夜放映される関西ローカル番組。
浜田雅功さんと東野幸治さんが2人だけで(時々スタッフとカラミますが)街をうろうろする、いかにも関西らしい低予算な番組です。今年で3年目。

タイトルは浜田さんと東野さんという先輩後輩が「五分五分」でやる、という事からつけられたらしいのですが、ま、そうなるわけがない(笑)。

「街をうろうろする」というコンセプトそのものが惨劇(爆)を引き起こす、浜田さんが「はまちゃんと」の何倍もS度全開な番組です。

月いちなので時々録り忘れます。

.

まだまだ消化したい番組が一杯(焦)。

.

.

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:2017年第3クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダービルド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧