2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 西郷どん感想メモ 38〜41話 | トップページ

2018年11月30日 (金)

西郷どん感想メモ 42〜44話

公式サイト

またまた遅くなりました;;
体がどんどん言うことを聞かなくなってきて、ワンセンテンス打つのにすっごく時間がかかるのね〜、とほほ・

これはもう、開き直るしかない。
遅れて、しかも短く纏めまーす(^^::
以下、簡単に。

西郷どん、すっかり太ったなあ。

大久保たちが居ない新政府を束ねる西郷。
士族達の不満を収めるのも兼ねて、「征韓論」を唱え、帰国した大久保と激突します。
確かに新政府は腐敗していたかもしれないけれども、「賄賂」的な行為は江戸時代では、人間関係の潤滑油的使われて、犯罪じゃなかったらしいですぜ。それが良いか悪いかは別にして;;

「征」ってね・・・。昔から思ってんだけど、言われた方は良い気持ちがしないって。
それに対する、この大河なりの西郷の答えを期待したのだけれども、スラ〜っと流された気がする(汗
板垣、後藤らが駄々っ子に見えたし、大久保が陰険になっていく様、理由も通説通り・・・実際、そうだったのかもしれないけどね。
でもって、すべてを辞して東京を去る西郷。彼の理想が壊れたのは、わかりました。
しかし、なんか共鳴できない;;

さて、故郷に戻った西郷、悠々自適のはずが、世間がほっとかない。
また、何か企んでいるのでは、と、新政府には勘ぐられて。
いや、大久保は西郷の存在感を士族討伐に利用しているのかも。
満寿、東京に出てきたのかー。文字通り妻妾同居ね。この時代の女性はつらいな〜。

次回以降、どんどん反乱へと追い詰められていく西郷が描かれるわけですな。

この大河独自の解釈もなさそう。

予想はしてたけど、やっぱり暗くなるなあ(- -;;

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27〜30 31・32  33・34  35・36・37話  38〜41話    

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 西郷どん感想メモ 38〜41話 | トップページ

■西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/67435849

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん感想メモ 42〜44話:

» 大河ドラマ『西郷どん』第四十四回 [レベル999のFC2部屋]
『士族たちの動乱』内容明治6年11月。鹿児島に戻った隆盛(鈴木亮平)は穏やかな日々を送っていた。そんなある日、桐野(大野拓朗)らが隆盛の前に現れる。多くの薩摩の者たちが、政府を辞め、鹿児島に戻ってきたという。その中には、従道(錦戸亮)に連れ戻すよう命じられた弟・小兵衛(上川周作)の姿もあった。隆盛は、戻るよう諭すが、桐野たちは応じず。その後も、続々と、不満を抱く者たちが、鹿児島に戻ってくるの...... [続きを読む]

» 【西郷どん】第44回 「士族たちの動乱つ」感想 [ドラマ@見とり八段]
…2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」第44回 「士族たちの動乱」のネタバレあらすじ・感想をまとめて毎週お届けしています。薩摩藩の下級藩士に生まれ、… [続きを読む]

« 西郷どん感想メモ 38〜41話 | トップページ

作品一覧