2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 西郷どん感想メモ 20話「正助の黒い石」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 22話「偉大な兄 地ごろな弟」 »

2018年6月 6日 (水)

西郷どん感想メモ 21話「別れの唄」

公式サイト

島編最後・・・らしい?

ほとんど全編、別れる運命にあるという夫婦愛が、正助改め、一蔵も巻き込んで、すごい盛り上がっていたけれども、あんまり書くことがないです(汗
ラブシーンを描いての決め細やかさは、女流原作&脚本家としてさすがでしたが、そういうの、あんまり興味ないんで・・・(^^;;

よく、許されたものです。一蔵のおかげね。
その努力に応えようとしない吉之助。ま、その優しさは彼らしいけれども。
でも~・・・みんなが吉之助を頼る理由が今ひとつ、はっきりわからなかったかも。
吉之助があの「西郷隆盛」だから、成立する流れなのかもね。

島での吉之助や愛加那をこれほど丁寧に描いたのも珍しいです。ドラマとして面白いかどうかは、ともかく(大汗

愛加那や子供たちと再会、呼び寄せたという、沖永良部島編はどう描くのかしら。

気がつけばもう6月、折り返し地点なのね。
時間もないことだし、ここから先は怒涛の展開になるのかな。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 西郷どん感想メモ 20話「正助の黒い石」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 22話「偉大な兄 地ごろな弟」 »

■西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/66801049

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん感想メモ 21話「別れの唄」:

» 大河ドラマ『西郷どん』第二十一回 [レベル999のFC2部屋]
『別れの唄』内容吉之助(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)に男子が誕生した。大島に来て2年目のことだった。誕生から7日目。儀式を終え、吉之助は、我が子に菊太郎と名付けようとする。すると龍佐民(柄本明)が、吉之助が薩摩に戻ることを考え、菊次郎とすることを勧めるのだった。そのころ、“国父”として薩摩の実権を握った久光(青木崇高)は、正助あらため大久保一蔵(瑛太)に、あることを命じる。それは、吉之助...... [続きを読む]

» 【西郷どん】第21回 「別れの唄」 感想 [ドラマ@見とり八段]
奄美大島に来て2年。吉之助(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)の間に男子が生まれる。吉之助は菊太郎と名づけようとするが、龍佐民(柄本明)は、い… [続きを読む]

« 西郷どん感想メモ 20話「正助の黒い石」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 22話「偉大な兄 地ごろな弟」 »

作品一覧