2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 西郷どん感想メモ 19話「愛加那」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 21話「別れの唄」 »

2018年5月28日 (月)

西郷どん感想メモ 20話「正助の黒い石」

公式サイト

島編が続いて、今回は本土の生臭い政治の話に戻りました。幕末大河の王道な展開です。

正助の黒い石って、碁盤のことだったのね。と、ともに仲間内での正助のスタンスでもあるわけで・・・周りがアホばっかりだから(汗)、正助も苦労しますな。
共通しているのは、「吉之助ならわかってくれる。」という思いだけです。方法論がまるで違うのだけれども。
大久保はこの後も一人、わが道をいってしまい、「吉之助ならわかってくれる」という藩士の声に耳をかたむけてしまった西郷とは袂をわかつこととなるわけですが、それはのちの話。

ともかく、連中の余裕のない熱血ぶりにどうしても好感が持てないでいます。幼馴染として、もっと深い絆で結ばれているかと思ったら、案外皮相なままなんだもの。

昔は「幕末の志士」に憧れていたのになあ。今は彼らの思い込みが怖いです。

小柳さんのお由羅の方、もっとどろどろした・・・大奥的な人かと思っていましたが、存外に可愛らしくって、コメディリリーフでした。さすが。

尊敬する亡兄、斉彬を罵倒されて反抗するかとお思いきや、憎まれ口を叩く父の長生きを突っ伏して願う久光に、言葉を失う斉興。
どこまで優しいんだ・・・、太平の世ならともかく、乱世の長としては如何にも頼りない・・・彼は薩摩、いや武士の世の終末を予想したかもしれません。

鈴木さん談の通り、今までになくファンタジックな桜田門外の変でした。

この事件、確かに司馬さん曰く、世を変えた数少ないテロでしょう。だから余計と勘違いする輩も続出したんだろうなあ・・・と、またつらつらと思いながら見ましたです。

これで井伊様ともお別れ。
大老になってからの暗躍はほとんど描かれず、なんだか、あっさり去っていきいましたな。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13 14 15 16 17 18 19

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 西郷どん感想メモ 19話「愛加那」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 21話「別れの唄」 »

■西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/66769016

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん感想メモ 20話「正助の黒い石」:

» 大河ドラマ『西郷どん』第二十回 [レベル999のFC2部屋]
『正助の黒い石』内容とぅま(二階堂ふみ)に愛加那という名をおくり、吉之助(鈴木亮平)は、島で生きていくことを決意し、祝言を挙げる。その1年ほど前。薩摩では、斉興(鹿賀丈史)が実権を握っていた。正助(瑛太)は、斉興に仕えることになっていたものの、格之助(北村有起哉)俊斎(高橋光臣)有馬新七(増田修一朗)らと距離が生まれ、対立するようになっていた。だが、ある日、斉興の勧めにより、久光(青木崇高)...... [続きを読む]

» 秘匿するものは [半秦絆記]
西郷どん第20話 [続きを読む]

» 大河ドラマ「西郷どん」 #20 正助の黒い石 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
大島で過ごしていく決意をした吉之助。 海の向こうの薩摩や江戸では大騒動が・・・! [続きを読む]

» 【西郷どん】第20回 「正助の黒い石」 感想 [ドラマ@見とり八段]
吉之助(鈴木亮平)はとぅま(二階堂ふみ)と祝言をあげ島で生きていくことを決意する一方で、薩摩では島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木… [続きを読む]

« 西郷どん感想メモ 19話「愛加那」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 21話「別れの唄」 »

作品一覧