2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« いまさらですが、2017年後半と2018年冬のドラマについてのメモです。 | トップページ | いまさらシリーズその2(^^;; »

2018年4月16日 (月)

西郷どん感想メモ 14話「慶喜の本気」

公式サイト

あれ、正助、熊本で帰っちゃうのね。
先週、ラストがわりと盛り上がったので、そのままてっきり江戸まで同行するのかと思ってました。
でも、それまで一度も鹿児島から出たことなかったのだから、いい経験になったでしょうね。

今回は殺陣シーンが二つありました。

1件目の目当ては、吉之助単独。
2件目は、ヒー様でした。

敵はどちらも井伊。
ここへきて、ものすごく悪い奴として描かれだしました。
吉之助のような下っ端の事情まで把握しているなんて、恐るべし、井伊直弼。

予告通りピン子さんが怒ってましたな。
ちなみに、何かっちゅうと大奥を使おうとする水戸のお殿様は、大奥の嫌われ者だったそうです。

将軍につく、つかない、と言うことより、徳川宗家をどちらが継ぐか、と言うことを重大視する幕閣たち。
今は政治は関係ない、あくまでお家騒動ってことですな。
だから外様の島津が口を挟んでくることに、人んちの家の事情に首を突っ込むな、と怒っているわけです。
一方、将軍、つまり武家の頭領を選択するにおいては、今、この時期だからこそ、あえて斉彬公は建白書を奏上したのですけど。この期に及んでなんと無能な人たち・・・て、この大河を見ていると思えてきますわな(汗

まあ、このシーンが前フリとなって、井伊に対する慶喜の怒りの原因が明確となりました。

将軍のかわりに紀州・・・徳川家の家来でしかない井伊に、よりにもよって御三家のひとつ、紀州を取引のえさにするなんて。
あくまで「家の問題」として片付けようとする、井伊です。
怒ったのはヒー様です。こっちは元々水戸藩の息子であり、今は御三卿のひとつ、一ツ橋家当主なのに、舐められたものです。家来の分際で!

第一、井伊直弼にそんな力があるのかしら・・・佐野さんなら、持ってそうに見える(^^;;

そんでもって慶喜は本当に決心したのでしょうか。この大河ではしたのかな?
慶喜さんんい大してはなんかのらりくらりして、よくわからない人、自分のことが一番可愛い人、ていうイメージを持っているです。
松田さんの慶喜はどうなんだろう?
井伊への啖呵は格好良かったです(^^

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11 12 13

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« いまさらですが、2017年後半と2018年冬のドラマについてのメモです。 | トップページ | いまさらシリーズその2(^^;; »

■西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/66617830

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん感想メモ 14話「慶喜の本気」:

» 【西郷どん】第14回 「慶喜の本気」 感想 [ドラマ@見とり八段]
江戸に戻った吉之助(鈴木亮平)は橋本左内(風間俊介)とともに一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。大奥では… [続きを読む]

» 大河ドラマ『西郷どん』第十四回 [レベル999のFC2部屋]
「慶喜の本気」内容老中首座・阿部正弘の急死の報を受け、策の練り直しを迫られた斉彬(渡辺謙)。すぐさま、吉之助(鈴木亮平)を江戸へと向かわせる。そのころ、アメリカ総領事ハリスが将軍・家定(又吉直樹)に謁見。無事に挨拶を無事に終えた家定は、満足げに篤姫(北川景子)に話をする。江戸に到着した吉之助は、福井藩主・松平慶永(津田寛治)のもとへ、斉彬からの書状を届ける。全てを任せると。そして慶永より、現...... [続きを読む]

» 意地 [半秦絆記]
大河ドラマ『西郷どん』第十四回 [続きを読む]

« いまさらですが、2017年後半と2018年冬のドラマについてのメモです。 | トップページ | いまさらシリーズその2(^^;; »

作品一覧