2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 西郷どん感想メモ 8話「不吉な嫁」 | トップページ | 大河の感想、遅れます&映画「逆光の頃」 »

2018年3月 6日 (火)

西郷どん感想メモ 9話「江戸のヒー様」

公式サイト

改めて、西郷どん、正助たちが政局の黒幕となるまで、まだまだ大分とかかりそうだな、思った回でした。当たり前なんだけど(^^;;

渡辺さんは、清濁合わせ持つ斉彬という大政治家を巧みに演じてられますが、これから紆余曲折を経ての幕末の混乱期には、あの位置に近い所に、政治家としての西郷さんがいるのだと思うと、今からすでに感慨深いですわ(汗
今はせいぜい、彼らの青春期の輝きを楽まなくてはね。

自分だけが取り残された気がして焦る正助は、単に友達思いの真っ直ぐな男というだけではないことを見せ始めました。

品川宿、りっぱで綺麗なセットだったなあ。空間の使い方や小物などの色使いなど、「龍馬伝」「八重の桜」を発展させ、ちょっと「るろうに剣心」ぽい無国籍テーストを混ぜたような感じがしました。

ふきさん、お綺麗になられて。そう、綺麗な人は綺麗に撮って欲しいですよね。某朝ドラの時はひどかったからなぁ。主に鬘がね~(汗

殿側近の山田が密かにお気に入りです(^^;;
威張っているようで、ちょっと惚けていて、実は吉之助のことを心配してくれている。
オリジナルな人物なのかどうか存じませんが、「側近その1」みたく記号化していないのが、大河では珍しいかな、と。
こういうキャラがいると、言うまでもありませんがドラマに厚みが生まれますわ。主に徳井さんの持ち味というか、キャスティングの勝利のように思えますな。

さて、ヒー様ねえ・・・。
色々とあざといくらい(汗)の因縁を絡ませてきましたな。楽しみにしてていいのかしら?

.

.

01~03 04 05 06 07 08

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 西郷どん感想メモ 8話「不吉な嫁」 | トップページ | 大河の感想、遅れます&映画「逆光の頃」 »

■西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/66463443

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん感想メモ 9話「江戸のヒー様」:

» 大河ドラマ『西郷どん』第九回 [レベル999のFC2部屋]
「江戸のヒー様」内容斉彬(渡辺謙)に伴い、江戸へと発った吉之助(鈴木亮平)江戸の薩摩藩邸の到着後、中御小姓組組頭の迫田友之進(浜田学)から様々な注意を受けた後、自分の部屋へと。そこで俊斎(高橋光臣)大山(北村有起哉)と再会する。そのころ、登城した斉彬は、老中・阿部正弘(藤木直人)から現在の幕府の状況を聞く。異国船の打ち払いを訴える水戸の前藩主・徳川斉昭(伊武雅刀)とそれに反対する彦根藩主・井...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「西郷どん」 #09 江戸のヒー様 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
いよいよ江戸編です。 ところで、ヒー様って誰?? [続きを読む]

« 西郷どん感想メモ 8話「不吉な嫁」 | トップページ | 大河の感想、遅れます&映画「逆光の頃」 »

作品一覧