2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 西郷どん感想メモ 10話「篤姫はどこへ」、11話「斉彬暗殺」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 13話「変わらない友」 »

2018年3月27日 (火)

西郷どん感想メモ 12話「運の強き姫君」

公式サイト

SP番組を計3回挟むんだそうです。
ここへきて試みを入れてきましたなあ・・・感想メモ、お休みできそうなので、嬉しいです(^^;;

さて、ここで第1部終了。
大地震が安政2年だからそろそろ斉彬公も退場、しばらくは吉之助も雌伏の時となるわけです。

メイン・ストーリーは篤姫のお興しいれ。3ヶ月クールの帳尻を合わす為になのか、ずいぶんのんびりした展開でした。
しかし渡辺さん、北川さんと、時代劇を知っている俳優さんを揃えたのは成功でした。
特に北川さんの篤姫は、気の強い健気な乙女として類型化されて描かれているのにも関わらず、その佇まいには思わず惹かれました。
美貌はもちろんですが、この「女優オーラ」は半端ないですな。

鈴木さんは主人公らしく出ずっぱりでしたが、受けのスタンスが多かった気がします。
なので、視聴者は吉之助の目を通じて当時を見ているって形になっており、それが作者の狙いだったのでしょうね。
今後はどうなるのでしょうか。 

3部あたりになると正助の視線の時が多くなりそう?
なってたってあの大久保翁だもの。

と、まったり視聴しておりました~

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10、11

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 西郷どん感想メモ 10話「篤姫はどこへ」、11話「斉彬暗殺」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 13話「変わらない友」 »

■西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/66544268

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん感想メモ 12話「運の強き姫君」:

» 大河ドラマ『西郷どん』第十二回 [レベル999のFC2部屋]
「運の強き姫君」内容ついに、正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)が帰ってきた。西郷家の面々も大喜びする。一方、江戸にやって来て二年の篤姫(北川景子)。未だ将軍家への輿入れが決まらずにいた。幾島(南野陽子)は、輿入れが早く決まって欲しいと斉彬(渡辺謙)に伝える。老中・阿部正弘(藤木直人)は動いているが、彦根藩主・井伊直弼(佐野史郎)が反対していると聞かされる。そこで幾島は、斉彬に大奥への働きか...... [続きを読む]

« 西郷どん感想メモ 10話「篤姫はどこへ」、11話「斉彬暗殺」 | トップページ | 西郷どん感想メモ 13話「変わらない友」 »

作品一覧