2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 西郷どん感想メモ 1~3話 | トップページ | 西郷どん感想メモ 5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」 »

2018年2月 1日 (木)

西郷どん感想メモ 4話「新しき藩主」

公式サイト

赤山先生の悲劇もあったけれども、今回一番印象に残ったのは、何と言っても島津親子のロシアンルーレット。

物語そのものは、オチが予想できたりと、それほど面白いものではなかったんだけど(汗)、お二人の空気の濃さで持っていきました。

何となく察していたとしても、親から面と向かって、お前が嫌いなんだっ、て言われたら、ショックだろうなあ。
斉彬公の、父に対する複雑な愛憎感情は、さすが謙さん、セリフに頼らずに巧みに表現されていました。

あと、斉興の弾圧で島流しに処せられる大久保次右衛門と西郷吉兵衛の友情とかは、割とよくある描き方、それゆえにわかりやすい流れになっていました。

半次郎、やっぱり別格なのね。
大久保正助はまだほとんどしゃべっていません。この無口さが後々凄みになるのでしょうか。

.

.

01~03

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 西郷どん感想メモ 1~3話 | トップページ | 西郷どん感想メモ 5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」 »

■西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/66345929

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん感想メモ 4話「新しき藩主」:

» 大河ドラマ『西郷どん』第四回 [レベル999のFC2部屋]
「新しき藩主」内容藩主・斉興(鹿賀丈史)は、斉彬(渡辺謙)を支持する者たちを粛清した。その中には吉之助(鈴木亮平)が師事する赤山(沢村一樹)もいた。吉之助らは、久光(青木崇高)に助命を嘆願の直訴を行うも、無駄だった。自分には力がないと。そんななか、赤山の弟・桂久武(井戸田潤)が西郷家にやってくる。明日の切腹の介錯を吉兵衛(風間杜夫)に頼みたいと。その夜。吉之助らは、赤山と酒を酌み交わし。。。...... [続きを読む]

« 西郷どん感想メモ 1~3話 | トップページ | 西郷どん感想メモ 5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」 »

作品一覧