2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「#ドラマ:2017年第1クール」の14件の記事

2017年2月18日 (土)

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:映画

2016年 アメリカ 127分 原題「Miss Peregrine's Home for Peculiar Children」

公式サイト

原作:「ハヤブサが守る家」:ランサム・リグズ/訳:金原瑞人、大谷真弓(潮文庫)
監督:ティム・バートン/脚本:ジェーン・ゴールドマン/製作:ピーター・チャーニン、ジェンノ・トッピング/製作総指揮:デレク・フライ、カッテルリ・フラウエンフェルダー。ナイジェル・ゴステロウ。イバナ・ロンバルディ/撮影:ブリュノ・デルボネル/美術:ギャビン・ボケット/衣装:コリーン・アトウッド/編集:クリス・レベンゾン/音楽:マイク・ハイアム、マシュー・マージソン
出演:エバ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L・ジャクソン、ルパート・エベレット、アリソン・ジャネイ、クリス・オダウド、テレンス・スタンプ、エラ・パーネル、フィンレイ・マクミラン、ローレン・マクロスティ、ヘイデン・キーラー=ストーン、ジョージア・ペンバートン、マイロ・パーカー、ラフィエラ・チャップマン、ピクシー・デイビス、ジョゼフ・オッドウェル、トーマス・オッドウェル、キャメロン・キング、ジュディ・デンチ、キム・ディケンズ

Photo


「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、ランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化し、人とは異なる奇妙な能力を持った子どもたちが織りなす物語を描いたミステリアスファンタジー。
周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、唯一の理解者だった祖父の遺言に従い、森の奥にある古めかしい屋敷を見つける。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンの保護のもと、空中浮遊能力を持つ少女や透明人間の男の子、常に無口な双子といった、奇妙な子どもたちが暮らしていた。
主人公ジェイク役は「ヒューゴの不思議な発明」で知られるエイサ・バターフィールド、ミス・ペレグリン役は「007 カジノ・ロワイヤル」「ダーク・シャドウ」のエバ・グリーンが務めている。(映画.comより)

.

@TOHOシネマズ

ネタばれ含む、簡単感想です。

原作未読です。
ですので、あくまで映画を見た限りですが、タイトルはフェイク、主人公は少年ジェイクで、ミス・ペレグリンの存在感が思ったより薄かったです。
ま、それはそれとして。
途中まで、フロリダの、シザーハンズの住宅地のような明るい色調と英国南西部のスリーピー・ホロウのような暗い色調をダーク・ファンタジー系のねじれた時空間で纏め上げ、不穏な雰囲気を漂わしていたのは、さすがはティム・バートンと思いましたが、後半、ディズニー・テーストになってしまったのには、ちょっとがっかりしました。
でも、この部分がなかったら、暗い暗い映画になったでしょう。

時空の流れを漂う子供たちの運命・・・なぜ、そんな運命に陥ったのか、そしてその運命をあどけなく受け入れている彼らに物悲しさを感じました。

amazonに投稿された原作の書評で、子供たちが隠れ住む村がホロガーストというのはホロコーストの投影だったり、ジェイクの祖父がポーランド系ユダヤ人だった、などの物語の背景を知り、さらに切なくなりました。
原作はもっとコクがあって面白そうです。

明るさの中に漂う異形の者たちの切なさを描いて、久しぶりにバートンらしい作品だったと思います。

あと、びっくりしたことが・・・ネタばれになるけれども、本筋には無関係なので。
あの人があっという間に食べられちゃったこと(汗
それからルパート・エベレット・・・コリン、ヒューの三人の中では、やっぱり一番老けて見える~(_ _);;

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2017年2月17日 (金)

カルテット 第5話「第2章開幕!?女の戦い、涙、告白・・・夫失踪の真相!!」

公式サイト

東京のマンションで再会した真紀(松たか子)と鏡子(もたいまさこ)。「息子は死んだ気がする」という鏡子に、真紀は予想外の言葉を……。
そんな中、真紀らカルテットのもとに音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)が現れ、クラシック音楽のフェスティバルに参加しないかと誘う。真紀は、そんな舞台には立てないと拒否するが、すずめ(満島ひかり)と諭高(高橋一生)に諭され、恐々としながらも承諾。司(松田龍平)はこのチャンスをものにするため、しばらくはひとりひとりの夢は捨てて、カルテットドーナツホールとしての夢を見ようと提案する。(公式サイトより)

すっかり出遅れてしまったので、いつにも増して簡単に書きます。

真紀は夫、幹生が自分から逃げたと、確信していた。なぜなら、母、鏡子から逃げた時の状況と同じだから。
母一人、子一人。息子を猫可愛がりする暑苦しい鏡子が目に浮かびました。

夫が母の元から逃げ出したがっていたことを、そういう人間であることを、鏡子に伝えられない真紀。可哀想だから。
一方鏡子は、真紀が何ごとかを隠していることを察して追求しているわけで。

真紀が幹生を殺していないことを確信し、鏡子に真紀の情報を流すのを断ろうとしたすずめでしたが、逆に首を言い渡されてしまいます。
鏡子が雇った新たなスパイは有朱・・・

ずかずかと人の心に踏み込んでくる有朱が怖ければ怖いほど面白くなるシーン、吉岡さんのサイコパスっぽい熱演で、真紀、すずめ、有朱の三人のシーンはスリリングで見応えがありました。

有朱はいったいどんな闇を抱えているのでしょうか。
真紀を追い詰めながらも、自分を追い詰めているようにも見えました。本当は人の善性を信じたいんじゃないのかな。

コンサートの話は思ったとおり、司の弟のコネありきの話で、プロの厳しさを思い知らされるというありがちな展開でしたが、ありがちだからこそ、見せ方、作り方の個性が際立つエピソードになっていたと思います。

一流、二流、三流そして四流。
カルテットのメンバーたちを、夢を捨てきれない人たちと切って捨てる圭、三流であることを自覚しているプロデューサー。彼はコスプレ企画が安易なことは百も承知なんだろうなあ。
仕事なんですよっと叱るピアニスト志望のADも印象的でした。人として、ちゃんとしてればしてるほど、このドラマの中では浮いて見えるのね。

論高が秘かにコスプレに乗り気そうだったのが、可笑しかったです。

で、ラスト、そうかあ、宮藤さんかあ。
ぴったりすぎて・・・(笑

高橋さん、「我輩は主婦である」(2006)で宮藤さんの分身として登場し、そっくり、と評判になったっけ。
このドラマでの二人の関係は・・・?!

今回も面白かったです。
次回が楽しみ!

.

.

#01 #02 #03 #04

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年2月10日 (金)

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ:映画 

2015年 アメリカ 99分 原題「Maggie's Plan」

公式サイト

監督・脚本:レベッカ・ミラー/製作:レイチェル・ホロビッツ、レベッカ・ミラー/撮影:サム・レビ/編集:サビーヌ・ホフマン/音楽:アダム・ホロビッツ
出演:グレタ・ガーウィグ、イーサン・ホーク、ジュリアン・ムーア、ビル・ヘイダー、マーヤ・ルドルフ、トラビス・フィメルガイ、ウォーレス・ショーン

Photo

ニューヨークで暮らす男女の奇妙な三角関係を、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ、「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク、「アリスのままで」のジュリアン・ムーア共演で軽やかに描いたハートフルコメディ。

ニューヨークの大学で働くマギーは、妻子持ちの文化人類学者ジョンと恋に落ちる。仕事ひとすじで家庭を顧みない妻ジョーゼットに愛想を尽かしたジョンは離婚を決意し、マギーと再婚。数年後、ジョンとマギーは子どもにも恵まれ幸せな毎日を送っているかに見えたが、小説家になるため仕事を辞めたジョンとの生活にマギーは不安を感じていた。そんな中、多忙なジョーゼットの子どもたちの世話をするうちに、ジョーゼットとも親しくなったマギーは、ジョンはジョーゼットと一緒にいた方が幸せになれると気づき、夫を前妻に返すという突拍子もない計画を思いつく。

監督は「50歳の恋愛白書」のレベッカ・ミラー。(映画.comより)
.

@MOVIX

ネタばれ含む、簡単感想です。
割と評判が良かったのと、時間が合ったので観にいきました。最近、観たくても時間が合わない作品が多いんです。
.

夫、妻、愛人。自分に正直かつ自分勝手な人たちの恋愛模様。
不倫の三角関係を描いてドロドロにならなかったのは、主人公のマギーが、育った環境もあって、男性及び結婚に幻想を抱いていないからでしょう。

価値観を共有できると感じた男性と不倫と知りつつうっかり恋に落ちてしまい、その上結婚してしまったマギー。しかし3年あまりが経って、妻を家政婦扱いし、女性、いや人間扱いしなくなってしまった夫に幻滅してしまう。

ま、ここまではよくある話、ここから先の展開が本作品の本題でして、シングルマザーの方が楽だと気がついたマギーが、所有欲と愛情を履き違えることなく,、わりとすぱっと元嫁に夫を返そうと企む、という流れで、ちょっとオカシしい感じになりました。

この元嫁、クールな大学教授、ジョーゼットをジュリアン・ムーアが演じており、さすが貫禄たっぷりです。マギーなんて小娘です~(^^;;
でも、そんな女丈夫ですら、たらしてしまう男、ジョン。

そんなに格好良くないのがリアルでした。
まあ、所謂"チョイ悪"で、ヒモ体質っていう、傍から見たらどうしようもないダメ男なんですけれども、母性本能をくすぐるタイプなんでしょう、これがモテるのです。
口説き文句が女たらしの典型的パターンなんだけれども、これにみんな引っ掛かっちゃう。
でもジョンに悪気はなく、開き直っている自覚もないのです。ただただ自分に正直なだけ。
まあ、こんな男をパートーナーにはしたくないです~(苦笑

マギーが体外受精を自分でやってのけるシーンは、本当にこんなことで妊娠できるのかどうか疑問に思いましたが、その他はマギーのさっぱりしたキャラや三人の感情の流れなど、至極ナチュラルに撮っているのと、マギーの友人たちを含め悪人が全く登場しないためでしょう、好感は持てました。

でも、何か今ひとつ捻り足りなかったように感じました。
ナチュラルなのはいいけれども、映画ならではでの毒がない気がしたのです。
ジュリアン・ムーアの放つ毒を、「いい人」キャラで悉く薄めてしまっているのがもったいなかったです。
ストーリーもしくは映像に引っ掛かる部分がほどんどないので、1年後には観たことを覚えていないかもしれません(汗
マギーを演じたグレタ・ガーウィグは好感のもてる女優さんした。彼女がブレイクすれば記憶に残る映画になるかも。

あ、あと、ジョンとジョーゼットの娘を演じたミナ・サンウォール っていう子役さんの目つきが物凄く色っぽくて印象に残りました。色気ではグレタをしのいでいたかもしれません。大物になるかも?

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2017年2月 8日 (水)

カルテット 第4話「妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート」

公式サイト

ある日、諭高を追っていた半田(Mummy-D)と墨田(藤原季節)が別荘をたずねてきた。半田はある写真を見せ、「この女の行方を話せ」と問い詰めるが、諭高は知らないの一点張り。諦めた半田は、人質とばかりに諭高のヴィオラを持ち去ってしまう。 その後、写真に写っていた女性(高橋メアリージュン)との関係を聞かれた諭高は、驚きの過去を話し出し… (YAH0O!テレビより)

簡単にざっくりと書きます。

冒頭、ゴミ捨て当番を巡って諍う四人・・・ではなくて、生真面目な司をからかう三人。

誰もしないから自分がやるしかない、でも自分がやってしまうから誰もやらない、だったら自分がやらなけば誰かが捨てるはず、ところが結局誰もやらないのでゴミは溜まる一方。
ゴミを巡っての憤懣を抱くに至る一連の司の気持ちの流れに思わず共感、気がつけばがっつりドラマの世界に引き込まれていました。
演出、キャストさんたちの演技を含めて、実にうまい切り込み方だと思いました。

ゴミ、という日常から始まったものの、論高の過去語りでいつものカルテットの、じわっとした不安定さが漂いはじめます。どことなく浮世離れした世界。
論高が、夢を追い続ける、女房から見たらダメダメ夫っていうのはよくわかるけれども、元嫁の名前が「茶馬子」とか、6000万円っていうのが嘘くさい(笑
でも嘘くさい話が、このドラマでは真実なのです。

半田に茶馬子の居場所を教えなかったのは、息子、光大のためだった。
論高が公園の水飲み場で水を飲もうとした息子を抱き上げようとするも、息子はもう一人で飲めるほど成長していた・・・論高がそこそこ息子を育てていたことや、二人が離れていた時間、それを論高が寂しく感じていることなどが、セリフではなくワンシーンで描かれていて、ベタなパターンかもしれないけれども、はっとさせられました。

夢を捨て、妻の下に戻って息子を育てる責任を負う覚悟を決めた論高。
結婚というシステムは嫌悪しているけれども、茶馬子のことは嫌っているわけではない、でなければ、いくら息子のためとは言え、夫婦に戻ろうとは思わないはず。

再会し、ぼろくそに言い合う夫婦でしたが、そのジャブの打ち合いもどこか楽しそうでした。
夫婦であった二人の間でしか交わせない絆が確かにあるから。

しかし茶馬子は、復縁を断わります。論高らしく生きて欲しいから。
このあたりの機微が絶妙でした、

茶馬子も決して論高を嫌ってるわけではない。
でも、どうしても許せないことがあった。それは・・・愛しているけれども、好きじゃない、という夫の言葉に真紀が深く傷ついたように、あの6000万円があったらなあ、という論高の言葉が茶馬子を深く傷つけていたのです。
6000万円があったら二人は出会っておらず、息子は生まれてなかった、そんな世界を、自分たちの家族が存在しない世界を夫は望んでいたのか・・・愚痴とは言え、許せない。
夫のダメっぷりより、言葉に傷ついたといのうが、リアルです。

共演した後、去って行く光大に手を振りつつ咽び泣く論高に思わず涙。

一番ふわふわしているように見えた論高がしっかり父親をしていたのが心に残りました。
父とついに和解出来なかったすずめに、父とは違う父親像を見せたわけで、今後の展開になんらかの影響があるのか、どうなのでしょう。

"目が笑っていない"有朱が、すずめの財布を覗き込んで、借りる値段を引き上げていくシーンもインパクトがありました。
誰より謎です、この子。

さて、思いもかけぬ父親の顔に思わず涙したのに、いつものダメ男っぷりとさらなる謎を畳み掛けてきた論高。
今、真紀の夫は生きているのか、それとも・・・

ラストは日常の象徴であるゴミを関わらせて〆ていました。

東京の真紀のベランダに、ゴミを持ち込む真紀と司。
え、そのまま放置するわけじゃないですよね?(大汗
ちょっとよくわかりませんでした。

愛しているけど、好きじゃない妻じゃなくて、愛していていえ、好きな女の人と一緒にいるかも知れませんね。(以下、文中セリフは大意です)

いつもとは別人のように、真紀を追い詰める司。
真紀といると、自分の中に二人の自分を感じる。

楽しいは切ない。
嬉しいは寂しい。
・・・
愛しいは虚しい。

 

語りかけても、触っても、そこには何もない。
じゃ、ぼくはいったい何から あなたを奪えばいいんですか。

.

うあわ、エロチック。
このドラマ、セリフを拾い出すときりがないがないので今までスルーしてきたのですが、今回だけ、ちょっこし(汗笑

一つ一つのセリフ、カットそしてテンポが全て極上なラブ・サスペンスドラマになってきました。
ドロドロではなく、深くて軽い雰囲気も好みです。

この4人が揃ったからこそのドラマとは言え、同じ年代の俳優さんたち、出たかったろうなぁ。
絶対演じ甲斐のある役だと思う。
来週も楽しみです。

.

.

#01 #02 #03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年2月 7日 (火)

精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第3回「光の力」

公式サイト

バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)を狙う刺客から逃れて国境の街に住むマーサ(渡辺えり)の衣装店に身を寄せ、アスラが笑顔を取り戻すのを見てホッとする。一方、人質となったタンダ(東出昌大)はスファル(柄本明)から、アスラに宿ったのは破壊神で、再び人々が恐怖に支配されるのを許すのかとただされ、バルサの逃亡先を教えてしまう。その頃、サンガル王国に囚われたチャグム(板垣瑞生)は何者かに命を狙われていた。(公式サイトより)

文庫未収録の「春の光」以外全て概読ですが、細かいところは大分忘れています。

超・簡単感想です。

サンガル王国、つまりチャグムを連れ去った国の話がばっさりカットなのは、ちょっと寂しいです。海洋国が背景ならではの開放感があったから。でもサンガルがメインの話「虚空の旅人」はなかったことになっているから、仕方がないですな。最終シリーズ「天と地の守り人」ではほとんど存在感がなかったですし。

とかなんとか突っ込みながらも、期待通りの鈴木さんの熱演で、ドラマオリジナルな流れに大分慣れてきました。

闇を抱えるアスラに、幼かった頃の自分を重ねるバルサ。
しかし、自ら闇を抱えて生きることを選んだ自分と、アスラは違う。
本当はごく普通の心優しき少女、アスラは、母によって抱え込まされた「それ」を闇だとすら気づいていないのす。

起源を同じくする昔語りが、ロタとタル、それぞれ視る角度や立場で全く違う話として伝えらている、という設定はファンタジーならではの醍醐味でしょう。史実では時の権力者に左右されてこうはっきりとは描けないですから。(現代も同じく。)

そして、モンたち狩人は、帝の命通り動くのでしょうか。

そもそも帝はなぜチャグムにあんなに冷たいのだろう。
チャグムがナユグを視ることができるから。精霊の卵などという穢れたものを見に宿してしまったから。性格が合わないから、国家経営の理念が違うから・・・自分より優れているから。
実はぼんやりなもので、原作を読み終わった後でも、原因はもやもやっとしたままでした。
でも父と息子の関係なんて理詰めで描けるわけはなく、ましてやミステリーの謎解きのようにはいかないわけで。
まだ先のことですが、ドラマではチャグム親子の行く末を描くのでしょう。楽しみです。

.

.

.

1-01 1-02 1-03 1-04 2-01 2-02

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

.

2017年2月 1日 (水)

カルテット 第3話「嘘の絆」

公式サイト

すずめ(満島ひかり)が別荘でダラダラしていると、有朱(吉岡里帆)がやってきたる。「なぜ彼氏を作らないのか」とたずねる有朱にすずめは「告白が苦手だ」と答える。すると有朱は「大人は誘惑するものだ」と語り、その方法をレクチャーする。 4人がノクターンに到着すると、そこには見知らぬ少年(前田旺志郎)が。その少年から「あなたのお父さん、もうすぐ亡くなります」と突然告げられ、動揺するすずめだったが…。 (YAH0O!テレビより)

簡単にざっくりと書きます。

すずめが自分のことを語らない理由が明かされました。

幼少期に父親に詐欺の片棒を担がされたこと、そのことで壮絶な苛めにあってきた以上に、信じきっていたであろう父が、自己中心で冷酷な男だったに気がついたことの方が深い傷となっていることに気がつく真紀。

どうしても父親を見舞いに行けないすずめと、すずめの代わりに父を看取った真紀の、そば屋でのシーンは見応えがありました。

力のある女優さんたちならではの、こくのあるシーンでした。
そば屋の内装が緑基調、その緑と真紀の服が同じで、すずめだけがピンクを着ている、という意匠も効果的。
緑は安らぎを表しているのか、それとも迷いの森を意味しているのか。いずれにしても美しい画でした。

「ウルトラファイト」とはえらい違い(笑

すずめが御参りしていたのは、恐らく母のお骨なのでしょう。
巻の義母がすずめに目をつけたことといい、まだ何かわけありのようです。

司に、すずめの過去映像へのリンクを送りつけたのは誰なのでしょう。
最初は純かと思ったのですが、そんな陰湿な行為はしそうにない、心優しい少年でした。

妹曰く、「淀君」な有朱は、すずめの司への気持ちに感ずいていて、けしかけたのでしょうか。「カルテットドーナッツホール」を潰すために・・・理由はわかりせんが。

それにしても、夜這いをかけられも、受け流した司。
紳士と言うべきなのでしょうか・・・でも、前回、結衣とはその場の流れのラブアフェアしていたし、真紀に告白していたからグループ内恋愛もOK。要はまだ真紀が好きなので、仲間のすずめとは男女の仲にはなりたくない、ということなのでしょう。だったらやっぱり紳士・・・なんだろうけれども、何か引っ掛かるんですよね~

祖父の名声も、家族の中ではみそっかすであることも、さらっと受け止めているように見える、彼の抱えている謎が気になります。

次回は論高の謎が明かされるようです。
内緒の仕事をしていると思い込んでいたけれども、そうじゃないみたい。
楽しみです。

.

.

#01 #02

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年1月31日 (火)

精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第2回「罠」

公式サイト

バルサ(綾瀬はるか)がアスラ(鈴木梨央)と身を潜める小屋に呪術師スファル(柄本明)が現れ、アスラは怒りで人々を殺す力を持っており、誰にも救えないと忠告する。それでもアスラを守ろうとするバルサだが、薬を盛られたのか意識が遠のいていく…。一方、サンガル王国救出の航海に出たチャグム(板垣瑞生)は、タルシュ帝国に対抗するには隣国との同盟が必要と祖父のトーサ(伊武雅刀)に訴え、針路をロタ王国に向けさせた…!(公式サイトより)

※文庫未収録の「春の光」以外全て概読ですが、細かいところは大分忘れています。

超・簡単感想です。

チャグムの物語「蒼路の旅人」はほとんど覚えていないので(汗)、アレンジは気にならなかったです。
一方バルサの物語「神の守り人」はついうっかり最近読み返してしまったため、違いが目に付きました。とはいえ、ドラマ用のアレンジが改悪だとは思いません。
でも、この時点でアスラとシハナを対決させたのには、ちょっとびっくりしました。
原作では、シハナの正体を知らないアスラが、シハナの口車に乗ってしまうかどうかの葛藤が、「神の守り人」編の最大のクライマックスの一つになっているのですが、どう持っていくのだろうって。

原作の通りであれば、アスラは「神」をどう捉えるか揺らぎ続ける凄く難しい役です。鈴木梨央がどう演ずるか、楽しみです。

.

.

.

1-01 1-02 1-03 1-04 2-01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

.

2017年1月26日 (木)

2017年冬クールドラマ 初回感想その3「東京タラレバ娘」「視覚探偵 日暮旅人」

「東京タラレバ娘」
原作未読です。
周回遅れになってしまいました(汗

恋愛に食いつくヒロイン像は好みではありませんが、同じくヒロイン・キャラが最後まで好きになれなかった、この枠の前クール放送「校閲ガール」がコメディドラマとしてはまとまっていたのと同じく、演出の安定感が抜群なので、楽しんで見れそうです。
ただ、この枠は仕事をする女性を描いたドラマがメインだったのですが、今回はお仕事はさほど描かれそうにないのが、ちょっと寂しいかも。だって脚本家ってね・・・ファンタスティック!(苦笑
・・・まあ、生活感のなさは月9と同じだけれども、コメディテーストを上手く入れての軽さでは、今や月9を完全に追い抜いていると思います。

原作を知らないのでキャステイングも気になりません。まあ、吉高さん、榮倉さんたちが結婚に焦る、というのはリアリティーはないですが(汗
こんなに素直に結婚、出産に夢を抱ける若者がいるのだろうか、とも。抱けないから少子化なんだろうし・・・

ともかく、あくまでターゲットは若者なのだから、年配者はそっと見守るしかないです(^^;;
2、30年ほど前は、25才すぎたら行き遅れ、などと言われたのに、今や30才前は「子供」だもんなあ。

吉高さんが自己嫌悪からテーブルに頭を何度も打ちうけるシーンに共感してしまいました。
こういう風に、若者目線のドラマだけれども、年代を超えて共感を覚えるシーンをさりげなく入れてくるのが、ミソなのでしょう。

蛇足の感想です~
榮倉さん、痩せました。
倫子が妙に強気だと思ったら早坂さんて、元夫(違)

.

「視覚探偵 日暮旅人」
原作未読、SP未見です。
この枠とは相性が悪く、リタイア率が高いんです。でも、本作は珍しく次回も見たくなりました。
子供がサブ・メインなのとSFっぽいためか、ちょっと土9枠にテーストが似ている気がします。

1話目と言うことで、はりきって伏線を張りすぎたため、ごちゃっとした印象は残りました。
堤作品としてはわりと正攻法な流れだったとは思いますけれども。
アシストが濱田さんで良かったです。綻びそうなエピを存在感で繋ぎとめてくれていました。さすがの安定感です。
女刑事にはちょっとイラっとさせられました・・・この時点で旅人もしくは雪路や陽子目線でドラマを見ていたわけですな(^^;;
灯衣って幼稚園児にしては大きすぎる気がする(汗

様々な謎が解き明かされていくのが楽しみ。
多部ちゃんも出演しているし、周回遅れになっても、見続けるつもりです。

.

.

2017年冬のドラマ:視聴予定
2017年冬クールドラマ 初回感想その1「嘘の戦争」「下克上受験」「中年スーパーマン左江内氏」
2017年冬クールドラマ 初回感想その2「就活家族~きっと、うまくいく~」「A LIFE~愛しき人~」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年1月25日 (水)

カルテット 第2話「大人の恋はやっかいだ」

公式サイト

真紀(松たか子)を監視するために、カルテットに加わったことが判明したすずめ(満島ひかり)。依頼主である鏡子(もたいまさこ)に経過を報告に行くと、そもそもカラオケボックスに他二人がいたのにも、なにか理由があったのではないかと疑問を持ちはじめる。ある日、いつものように同僚の結衣(菊池亜希子)とカラオケに行った司(松田龍平)は、「私たぶん結婚する」と聞かされ…(公式サイトより)

感じたまま、ざっくりと書きます。

予告でラブシーンを演じていたのは司と結衣でした。
女性の顔がほとんど映っていなかったのと、真紀、すずめともショートボブ風なので、すっかり引っ掛かってしまいました。
カルテットのうちの誰かと誰かだったら、えらく肉食系の展開になるんだな、と思っていたのです。
しかし、4人の関係は、色んな誤解を含みつつも、表面上は変化ありませんでした。
司の告白は双方合意の下、なかったことになり、司の気持ちを確認したすずめも自分の気持ちを押し隠しました。
4人とも、恐らくそれぞれの理由から、今の状況を壊したくないのでしょうね。

今回、ひとつ明かされた事実は、すずめと司の出会いが偶然ではなかったこと。
真紀と偶然を装って出会いたかった司の計画だった・・・真紀が思い出した宇宙人の司、何かおかしい(^^

結衣は司のことが好きだった。けれども、司にとっては自分は気の合う友だちでしかない、巣作りはできないことはわかっていた・・・そんな結衣をさらっと演じた菊池亜希子さんが印象に残ったのでwikiを覗いたら、「問題のあるレストラン」で五月を演じていた人でした。高専かあ・・・すごい。

さて、例の謎の男に拉致されてしまった、ナンパに余念のない論高。どうやらお仕事をするためらしいのですが・・・どんな仕事なのだろう。思わず邪推してしまう(^^;;

先週、一番謎だと書いたすずめ、真紀もやはり同じように感じていたのですね。
引っ込み思案なように見えてマイペースで大胆、かつ鋭い真紀に比べて、すずめがとても弱々しく見えます。

今回も、心の深遠をユーモアを交えて描く塩梅がよく、ドラマ世界にとっぷりと浸れました。
女子二人だけだったらもっとヒリヒリするだろうけれども、男子二人の存在が効いています。でもそのうち、彼らの性格や環境がいつか破綻というか沸点を超える、という設定がくるのでしょう。なんてったって坂元さんだもの(^^;;

次回も楽しみです。

#01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年1月24日 (火)

精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第1回「災いの子」

公式サイト

原作:「神の守り人」「蒼路の旅人」「天と地の守り人第一部 ロタ王国編」 著:上橋菜穂子(新潮文庫、偕成社)
脚本:大森寿美男/演出:加藤拓、中島由貴、西村武五郎/制作統括:海辺潔、加藤拓、中村高志/音楽:佐藤直紀/プロデューサー:大越大士、結城崇史
出演:綾瀬はるか、東出昌大、板垣瑞生、真木よう子、柄本明、鈴木梨央、ディーン・フジオカ、壇蜜、福山康平、橋本さとし、品川徹、伊武雅刀、渡辺えり、岩崎う大、鈴木亮平、織田梨沙、小市慢太郎、高良健吾、

バルサ(綾瀬はるか)が逃亡生活を送るロタ王国に薬草を求めてタンダ(東出昌大)がやって来た。旧交を温める二人が泊まった宿にはアスラ(鈴木梨央)という少女が囚われていた。人買いがアスラを怒らせるや、まばゆい光が現れ周りの人々を殺していく。アスラを救い出したバルサにタンダは不吉だから関わるべきではないと忠告する。と、呪術師シハナ(真木よう子)がアスラをさらおうと現れる。バルサとシハナの死闘が始まった…!(公式サイトより)

文庫未収録の「春の光」以外全て概読ですが、細かいところは大分忘れています。

簡単感想です。

まだ怪物の本体が登場しないため、あからさまなVFXシーンがなかったので、シーズン1より落ち着いて見る事ができました。
オープンセットやロケが多く、新ヨゴ国の宮殿のシーンが少なかったのも幸いでした。宮殿のセットはやっぱりちゃちい(大汗

冒頭はバルサがハードボイルドな用心棒であることを思い出させるためのオリジナルエピ。あとは原作よりかなり端折っており、それが成功していたと思います。
原作の導入部には小説らしい良さがあるのですが、そのまま映像化したらかなり冗漫になってしまったでしょう。
原作第三作の「夢の守り人」を飛ばした帳尻合わせもしていました。まあ、「夢の守り人」はスピンオフ的ストーリーだし、映像化は困難だろうから、飛ばして正解だと思います。

シーズン1の感想を久しぶりに読み返したら、ほとんど美術とCGへの突っ込みばかり書いていました(大汗
美術やCGなどはおそらくシーズン1とさほど変わらぬレベルだろうから、今シーズンはドラマそのものの感想を書きたいとは思うものの、原作を知っている、すなわちストーリーを知っていると、とっても書きにくい;;

なので、原作との違いを書きとどめる備忘録程度に、こっそりアップすることにします。

.

.

.

1-01 1-02 1-03 1-04

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

.

<続きは本家記事でご覧ください。> ※本家の記事のURL http://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/24-855b.html

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■カルテット | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | ■精霊の守り人 | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧