2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第39話「ペルセウス座の大冒険」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第40話「開幕!地獄のデースボール」 »

2017年12月 7日 (木)

おんな城主 直虎 48話「信長、浜松に来たいってよ」

公式サイト

武田家の滅亡により念願の駿河を手に入れた家康(阿部サダヲ)。信長(市川海老蔵)は甲斐からの戻りがてら富士山など駿河・遠江の名所を観光したいと家康に申しつける。
その報せを聞いた万千代(菅田将暉)は信長をもてなすため奔走することに。
一方井伊谷では、龍潭寺の井戸端で謎の捨て子が見つかる。直虎(柴咲コウ)はその子を保護し、身元を調べようとする。
物見遊山を楽しんだ信長はもてなしのお礼として、家康を上方へ招待し安土や京、堺へ案内したいというが、家康はその誘いを罠かもしれないと疑う。
一方、直虎は氏真(尾上松也)から捨て子は明智光秀(光石研)の子どもであることを知らされる。さらに氏真は信長の饗応が罠であること、それを逆手にとって信長暗殺を企てていることを明智から聞いたと話す。
直虎は、迷う家康と会って明智の企てを伝え、織田に代わって家康に天下を取って欲しいと言う。(公式サイトより)

今期のタイトル、映画もじりなのだけれども、さすがにこのタイトルは無理矢理な気がする。苦笑いしか浮かんでこないですー(^^;;

さて。 
ふーむ、そう持ってきましたか。
誰にも告げず懊悩した挙句、直前になって「敵は本能寺にあり」と決断する、もしくはサブエピとしてさらっと扱われる、というパターンを微妙に外してきましたな。
光秀の葛藤を長々しく描かなかったのは、今回のスタンスがあくまでも脇だからとして。

「古典教養人、光秀が、信長を伝統の破壊者として秘かに敵視していた」説は珍しくはありませんが、こんな風に今川も巻き込んでの、前々から冷静に企画していたように描いた大河は珍しいです。

今川氏真って当初は敵役としてチラッと出るくらいかな、と思っていたのですが、複雑な面を全編に渡って生かされている、数少ないキャラでした。
はじめは歴史上の人物のとして、後半は歴史の目撃者として。影の主役かも~(^^;;

子供は人質なのね。まさか光秀の子供とは思ってなかったのでびっくりしました。

直虎は悩む家康に、光秀の策に乗り、そして天下を治めるよう、説得します。。
今やただの農婦なんだけど、そこは元井伊家の頭領、かつ主人公として見せ場を持たねばならない直虎、仕切る、仕切る(^^;;

そして万千代、万福に、家康のサポートすることを、先週に引き続き念を押しました。
榊原さんが万千代や井伊を認めつつあるのが、嬉しい。

中野、わざわざ相撲に登場させたのだから、勝負くらいつけさせてあげればよいのに、背景化してるやん、とちらっと感じました。
信長の誘いが本題なのはわかるけれども、動きのある画が欲しかったなあ。

今回一番心射ぬかれたのは、光秀の子供、自然ちゃんの困り顔(^^;;

家康たちを誘った信長は何を企んでいるのだろう。
家康たちがミーティングしていたとおり、北や東からの備えは徳川家が担っているんだし、それらを全部織田家でカバーするのは荷が勝ちすぎる気がする。だから信長は家康の機嫌を取ろうと懸命に努力した・・・ていうのが定説なんですが、微妙に捻ってくるのが今年の大河。

本能寺の変が最後を飾るみたいです。
あと2話だとか。
ちょっとさびしいかもー。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 41 42 43 44 45 46 47  

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第39話「ペルセウス座の大冒険」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第40話「開幕!地獄のデースボール」 »

■おんな城主 直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/66128916

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 48話「信長、浜松に来たいってよ」:

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第四十八回 [レベル999のFC2部屋]
「信長、浜松来たいってよ」内容武田家の滅亡とともに、ついに駿河を手に入れた家康(阿部サダヲ)。そんななか、甲斐を訪れていた信長(市川海老蔵)から駿河などの遊山の案内を申しつけられる。迎える準備を進める万千代(菅田将暉)そのころ、井伊谷では、直虎(柴咲コウ)が、龍潭寺の井戸端で、ひとりの少年を保護していた。その言葉から、何か裏があると感じた直虎は、少年の見張りを見つけ出し、あとをつけたところ。...... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第48回「信長、浜松来たいってよ」 感想 [ドラマ@見とり八段]
井伊直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷(現・静岡県浜松市北区辺)の領主であり女地頭であったといわれています…… [続きを読む]

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第39話「ペルセウス座の大冒険」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第40話「開幕!地獄のデースボール」 »

作品一覧