2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ

2017年11月

2017年11月21日 (火)

おんな城主 直虎 46話「悪女について」

公式サイト

家康(阿部サダヲ)は武田との内通を理由に嫡男・信康(平埜生成)の首を差し出すよう信長(市川海老蔵)から要求される。
織田に逆らえない家康は信康の幽閉先を移しながら時間を稼ぎ、裏では北条と結ぶことで武田を追い詰め、その代わりに信康の助命を願い出ようと奔走する。
織田がいらだち始めた頃、瀬名(菜々緒)は武田との密通の証である書状を残して姿を消す。
直虎(柴咲コウ)は瀬名が信康の罪を一身に引き受けようとしていることを知り、井伊谷でかくまおうとする。
しかし、瀬名は信康を確実に救い出すためにぬれぎぬを着る覚悟を決め、数正(中村織央)とともに出立。追手によって命を奪われる。
家康は瀬名の首を携えて信長と対面するが、信康は罪を免れずに自刃。徳川家は正妻と嫡男を失うことになる(公式サイトより)

徳川家の悲劇・・・

浜名湖を見詰める瀬名の、覚悟の中に切なさの浮かぶ眼差しが悲しく美しかったです。

個人的には、織田信長が同盟者の徳川家康をここまで追い詰める意味が、今ひとつわかりませんでした(汗
かつて、今川家も井伊家に無理難題を押し付けてきたものでしたが、あからさまに力の差があった今川と井伊の関係とは違うはず。
この頃は一息ついたとは言え、四面楚歌だった織田にとって大事な同盟国、徳川を、追い詰めるかなあって。
信長は、好きあらば裏切ろうとしていた他の大名とは違う、家康の義理堅さを評価していたようですし。
瀬名が武田と通じていた、と言う説は、ちょっと信じられない。まあ、あくまで個人的な感想ですが(汗。

ほんと、謎な事件です。
信長と家康の関係を題材にしたフィクションを創作する作家さんたちにとっては、この事件は腕も見せ所でしょう。

この大河では予想通り、信長の本音も、瀬名に対する家康の気持ちも、もわっとぼかして描いてました。
信康の罪状もはっきり描いてなかったですし・・・いや、スパイ嫌疑だってことは何となくわかったのだけれども、<瀬名の横死→信康の自刃>までのストーリーをすっ飛ばしていた気がしました。
ま、ドラマ的にはデーモニッシュな信長は面白かったし、哀れを誘う信康の好青年ぶりも良かったし、瀬名さんも冴え冴えと美しかったですし、家康も表情しぐさで瀬名への哀悼を表現していましたし。
見応えはありました。ほんと、この家康がサダヲさんで良かった。
何よりこの大河は井伊の話ですから、徳川側のストーリーはあんまり深追いできないってことでしょうかね(^^;;
後年の、石川数正の謎の出奔の理由も描匂わしていましたし。作者としてはしてやったり?(汗々

さて、井伊家は。
瀬名を助けようと息巻かなかった直虎に、年月を感じました。
井伊もまた多くの血に上に存続している。

そして「徳川」の生贄になった瀬名。
しかも彼女の犠牲は息子を救えなかった。なんて悲しい結末。

家を守ることの厳しさを目の当たりにした万千代は、直虎の言葉を飲み込みます。
やっと仲直り・・・かな?
直虎がすっかり氏長者らしくなり、前みたいにガツガツしなくなって、画も落ち着いてきた気がします。
1年近い歳月が経ったんですね。しみじみ。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 41 42 43 44 45 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月17日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第37話「ラッキー、父との再会」

公式サイト

シシ座系の王子であり、父親のアスラン王がジャークマターの手下となり生きていることを知ったラッキーは、真相を確かめるためシシ座系の本星・惑星カイエンへ。ジャークマターに屈服したアスラン王は、国民たちから裏切り者扱いされていた。そこにシシ座系カローのジューモッツとククルーガが出現。かつて惑星カイエンを征服したのはククルーガだった。キュウレンジャーが応戦するが、ラッキーはククルーガに捕えられてしまう。アスラン王はジャークマターに逆らったラッキーに公開処刑を言い渡す。

ラッキーは、父親の完全に人が変わってしまった姿を前にしながらも、「どんなつらい時でも未来は切り開ける」と教えてくれた父親を信じ続ける。一方、ツルギたちは今のアスラン王はジャークマターの作り出した偽物だと気付く。ラッキーもアスラン王は偽物だと見抜いていた。本物のアスラン王はククルーガに命を奪われていたのだ。父親の教えを胸に苦しい時こそ己の運を信じるラッキーが雷を呼びよせ、ククルーガを直撃。偽アスラン王には弱点である水を浴びせ消滅させる。キュウレンジャーはジューモッツとククルーガを撃破。シシ座系の王となったラッキーは、亡き父親に自分の運を信じ必ず未来を切り開くことを誓うのだった。(公式サイトより)

いよいよラッキー編に突入、と前回の感想に書いたのですが・・・もう、終わっちゃった(汗

もう殺されていたのだろう、の一言で終わりって、主人公のエピなのに、いくらなんでもあっさりしすぎてないかい?(汗笑
さそり兄弟の話の方がうんと濃かったです。ナーガの感情解放エピだって3話以上はナーガメインだったと思います。

父が裏切ったことが信じられないラッキーの心中を察するスティンガー、という冒頭の流れは良かったのだけれども・・・ラッキーがすんなり王位を継いで終わりかい!て、思わず突っ込んでしまいました(^^;;

お子様番組とはいえ「ドラマ」が余りにも希薄な気がします。
それでも7:30始まりなら、「ああ、戦隊っぽい」っと、ラストの巨大ロボ戦までの流れがほんわかと見ていられるのですが、新時間帯でのこの緩さはキツいかもしれません。
緩さとか、ナンセンスさとか、戦隊シリーズの魅力だった部分が、放映時間が遅くなったことで、今のところですが全部裏目になっている気がします。みんな、もう夢から醒めているんです(汗
これからどう展開するのかなあ。
いっそのこと深夜に持っていくとか・・・あ、それじゃあ子供たちがリアルタイムで見れないですね(大汗

実はパパ王は生きていた・・・なんてことはないかしら~(汗

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35 #36

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月14日 (火)

おんな城主 直虎 45話「魔王のいけにえ」

公式サイト

家康(阿部サダヲ)の命を狙った間者が嫡男・徳川信康(平埜生成)の家臣だったことが判明し、信康の家臣である岡崎衆らは一斉に罰せられる。
さらに家康の側室に新たな男子が誕生し、信康とその母・瀬名(菜々緒)の立場はいっそう弱くなる。
焦る瀬名は直虎(柴咲コウ)に書状を出し、信康の嫡男を得るため側室の候補を探して欲しいと依頼する。
しかしその動きは、信康の正室・徳姫の父にあたる織田信長(市川海老蔵)の知るところとなってしまう。
そんななか、信長の使者として明智光秀(光石研)が岡崎城を訪れ、信康に官位を授かってはどうかと持ちかけるが、徳川家の実権を握るための作意を感じた信康は丁重に断る。
安土城が完成し、祝いに訪れた酒井忠次(みのすけ)は信長から信康と武田の内通疑惑を突きつけられる。
織田の言いがかりに逆らえない家康は、岡崎を訪れ、信康を捕らえる。(公式サイトより)

今回ばかりは、徳川家に降りかかった悲劇を見ているしかない万千代。
気がつけばすっかり万千代に馴染んでいるので、彼の目を通して、この有名な事件を目撃することとなりました。
出演者と同じ目線で時代を体験するって、大河ならではの醍醐味です。

追い詰められていく信康と瀬名。

もし、信康が官位を受けたとしたら、浜松サイドが、信康にはやはり謀反気あり、と見て黙っていなかったでしょう。
当然上役でもある父への遠慮もあっただろうけれども、何より岡崎の人々を守るために官位を断った信康。
信長は、信康が断ることを予想してたのね。

史実は謎のままのこの事件。
この大河は信長をとんでもない苛めっ子として描いています。
何故、信長が同盟国である徳川家を、跡取りであり義理の息子である信康をこんなにいぢめるのでしょうか。
家康は瀬名のことをどう思っているのでしょうか。
於大の方など、周囲の人々の気持ちは描いているけれども、このエピの主役2人の本心は、はっきりとは描いてこなかったし、今後も描かれないような気がします。
そうであっても、ちょっとした俳優さんたちの仕草やカットなどから、見た人が各々思ったとおり感じ取ればいいんだろうなあ、と思えるくらい、優しく見守れるようになりました(^^;;
海老蔵さんの魔王な信長もガラに合っているし。

栗原さんの於大の方は、時代に翻弄されつつもしたたかに往き抜いた生き様、佇まいが、さすがの迫力でした。
寿桂庵と同じく、家を守ることの厳しさを、女の立場から描いていました。
家を守るのは決して武器だけではないのですな。

信長の策に乗せられちゃった酒井忠次については、その後の処遇も含めて、史実は何だか複雑そうなので置いておきます。
ドラマを見ている分では「・・・」でしたが、今までも良い感じでは描かれてなかったですし。
とすると、四天王といっても決して持ち上げるわけではないわけで、目つき鋭い榊原さんとあまり活躍していない忠勝さんは、どう万千代に関わってくるのでしょうか。

そして一部始終を見ることになる万千代。
何を感じるのでしょう。

井伊家のようなちっぽけな領主ではなく、遥に大きくて磐石に見えた徳川家でも、お家の存続のために織田の顔色を伺い、薄氷を踏む思いを重ねている。
於大の方、家康、瀬名、信康それぞれの覚悟が全て、井伊のあり方にフィードバックする・・・直虎の立場、気持ち、そして覚悟が少しは理解できたのか、それともなおいっそう反発するのでしょうか。
あと一ヶ月ほどで最終回だから、これ以上拗れはしない気はしますけれども・・・どうなんだろう。

そうか、あと一ヶ月ほどなんですね。
この事件が最終回に向けての、最大の山場になりそうなことに今頃(汗)、気がつきました。
なるほど~、この大河に合った事件です。

恐い信長を宥めようと決意した氏真。
何をしても駄目なことはわかっているのだけれども、氏真が瀬名を同族と見なしていて、助けようとするのは、彼の優しさを表していて良かったです。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 41 42 43 44 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月 7日 (火)

おんな城主 直虎 44話「井伊谷のばら」

公式サイト

浜松城では家康(阿部サダヲ)の臨席の元、万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)の「甲冑(かっちゅう)着初め式」が執り行われていた。
一方井伊谷では祐椿尼(財前直見)に病の影が忍び寄る。母の身を案じる直虎(柴咲コウ)は周りに声をかけ、病床の祐椿尼が寂しくないよう会いに来て欲しいと願い出る。
家康の小姓として田中城攻めに同行することになった万千代は、家康の命を狙う間者を見事討ち取り、一万石の知行を与えられることになる。
祐椿尼が倒れたとの知らせが届き、万千代と万福は祐椿尼を見舞うため龍潭寺を訪れる。直虎は万千代に井伊の安堵を考えていないかと確かめるが、万千代の返事は「井伊のものであったものを井伊が取り戻して何が悪い」というものだった。
直虎はそんな万千代に「家督は決して譲らぬ」と言い、万千代もまた直虎への反発を露わにする。
そんななか、祐椿尼が息を引き取る。(公式サイトより)

今回も万千代が大活躍する物語でした。
タイトルを見なければ、祐椿尼さんのことが霞んでしまうぐらい(汗

でも、この奥床しさが彼女らしかったです。
波乱万丈だった前半生を経ての穏やかな隠居生活。しかしずっと家の存続のために娘の人生を奪ってしまったと、罪悪感に苛まれていた人。ええ、思い出しました、この設定(汗
そうまでして守ろうとした井伊家は国衆の座を失ってしまった・・・

帰農したことも含め、すべて自らが望んだことだと慰める直虎。

直盛が元気だった頃はそれなりにはっちゃけていたけれども、ごく普通の女人として人生を全うしました。
血生臭いこの時代に、普通であり続けたことは稀少だったと思います。

こうして一つの時代が終わりました。
直虎、年相応に老けたお?肌の色がくすんできた気がする。
近藤も、若い時のギラギラ感が薄れてきて、老いたというか、枯れてきました。

直虎にうまく動かされているとも言える近藤。
全くのサブキャラなのですけれども、なんだか憎めないんです。なので万千代の井伊谷を巡る要求にハラハラしてしまいます。
そういや高瀬はどうしているんだろう?

望み通り、武功によって一万石を褒美として与えられ大喜びするも、自ら招いた状況とは言え、「色小姓」であるという噂にかき消され勝ちなのが、腹立たしい万千代。
井伊谷を巡って、直虎とぶつかってしまいました。

直虎の気苦労を察せない万千代です。
でも直虎も後見ならば、元服のことに気が及んでもいいと思うのですが。
似た者親子っていうか・・・特に、直虎の大雑把さは変わりません(^^;;

次回。
間者が武田の者であったとしても、なぜ瀬名と信康母子が窮地に落ちるのでしょう。
諸説あるのですが、本当のことは謎のままのこの悲劇を、この大河ではどう描くのでしょうか。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 41 42 43 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月 2日 (木)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第36話「ラッキーの故郷に眠る伝説」

公式サイト

ジャークマターの本拠地に向かうキュウレンジャーは救難信号をキャッチ。ラッキーのいたコジシ座系・惑星ルースからだった。ラッキーたちが惑星ルースに向かうと、コジシ座系カローのウンジェットが人々を襲っていた。そこにはラッキーの幼い頃からの友達、機械生命体のシーザーや、育ての親の爺やの姿も。キュウレンジャーが応戦するが、シーザーがこの惑星の伝説のマシンの子供だと気付いたウンジェットにシーザーを連れ去られてしまう。また、爺やの話から、ラッキーは家出をしていたこと、旅の本当の理由は宇宙の果てを見てみたいからではなく父親を探すためだったことが分かる。

ラッキーは父親からもらった大事な友達シーザーを助けるためウンジェットの元へ。頼れる仲間たちとともにウンジェットに立ち向かう。ラッキーが命がけで戦う姿を見た爺やは、ラッキーを危険な目にあわせるわけにはいかないと真実を打ち明ける。ラッキーはシシ座系・惑星カイエンのアスラン王の息子、つまり王子だった。思わぬ真実に驚きながらも、ラッキーはウンジェットを撃破し、シーザーを奪還。するとシーザーはコジシキュータマによりコジシボイジャーへ。巨大化したウンジェットには、シーザーも加わったスーパーキュウレンオーで応戦し撃破する。しかし、ラッキーの父親アスラン王はジャークマターの手下となり民を苦しめていることを知らされ…。(公式サイトより)

いよいよラッキー編に突入しました。

ラッキーが「ええとこの子」、つまりそれなりの生まれだってことは匂わしてましたから、逆に本人が王家の血をひいていることを知らなかったことが驚きです。さすが、ラッキー(苦笑
実は明るいのか、暗いのか・・・未だによくわからないんですね、ラッキーのキャラが。基本的に揺らいでいる気がする。
現代劇だったら明るくも暗いと言う、入り組んだキャラ設定もOKなんだけど、戦隊モノでは、いや、「この」戦隊シリーズではなんだか浮いている気がするんです。描きこめていないというかね。(汗

ラッキーパパもジャークマターの手下になっていた。パパはなんと山崎さん!

信じられないラッキーはパパの下に。
再来週に続く!

ジャークマターの手下・・・サソリさん兄弟、ナーガ、チャンプ、ホシ★ミナトなど、皆このパターンなのね。
敵はジャークマターなんだから、身内、仲間らが背くということ=ジャーク・サイドに立つってことだもの、そうなるわね。

ラッキーに熱い信頼を寄せる仲間の姿には、ジーンときました。
チャンプ、スパーダ、ハミィ、ナーガ、ガル・・・初期の顔ぶれです。あ、サソリさんも居た(汗笑
これくらいの人数でとどめておけば・・・いや、まだこれからですね。
友情、に近い言葉にバグを抱えたチャンプが反応していた気がする。

ラストスパートに期待しています。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32~#34 #35

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2017年11月 1日 (水)

おんな城主 直虎 43話「恩賞の彼方に」

公式サイト

万千代(菅田将暉)は戦場に送る武具の手入れを完璧にこなしたことを家康(阿部サダヲ)に認められ、ついに小姓にあがることになる。
長篠の合戦の論功行賞に手を焼いていた家康に、万千代は武功を表にして整理することを提案する。
一方、井伊谷では材木の乱伐により山崩れが起こっていた。
甚兵衛(山本學)から山の異変について報告を受けた直虎(柴咲コウ)は、荒れた地に植林をすることを近藤(橋本じゅん)に進言する。
一方、万千代は松下を通して井伊から取り寄せた養生薬を家康に献上。家康は武功の乏しい岡崎の処遇を万千代に相談し、その手応えを探ってくるよう言いつける。
万千代は岡崎で瀬名(菜々緒)、信康(平埜生成)に対面。論功行賞について話をまとめ、浜松に戻る。(公式サイトより)


短く感想。

山崩れがおきかけてあわてて植林・・・井伊家も甚兵衛たち村人も代々井伊谷に住む民であるならば、伐採する塩梅を知っていたのでは、と、ちらっと思ってしまったのでした。
あ、そうか、井伊谷では林業は新しい産業だったんですな。

この時代の土地経営を描いているのが珍しいのとともに、自然をないがしろにする現代への忠告を含んだエピソードでした。ちょっと中途半端なところがこの大河らしいかも(^^;;

戦功のデータ化と実家のバックアップね。万千代は着々と出世街道を歩んでおります。
色小姓であることはそんなに威力があるんだ(笑
ま、それはともかく、阿部家康と菅田万千代、良い主従ですな。ドラマ的にも。

瀬名様、お久しぶり。
この親子の悲劇が近づいてきました・・・

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39、40 41 42 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2017年10月 | トップページ

作品一覧