2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第31話「ヨッシャ!奇跡のキュータマ」 | トップページ | おんな城主 直虎 41話「この玄関の片隅で」 »

2017年10月13日 (金)

おんな城主 直虎 39話「虎松の野望」、第40話「天正の草履番」

公式サイト

39話の感想をお休みすることは告知してたけれども、その後も何かとバタバタ忙しく、このままだとフェイドアウトしそうなので(汗)、短くとも、感想をメモっておきます。

虎松が本格的に復帰したこの2話、面白かったです。
松下家を継いでいれば小姓になれたのにねって言うこの大河のオリジナルな設定が、ここへきてようやく歴史物語として機能しはじめましたように感じました。

それもこれも虎松改め万千代のキャスティングが大成功したからのように思います。
やっぱり菅田君、只者じゃありません。
彼ならどんなキャラでもシナリオに書かれている通り演じれるだろうけれども、この王子様性を帯つつの勝気なキャラは彼ならではでしょう。万福ともども、ここまでのドラマ世界とうまく繋がっていました。

家康も情けないだけではない、老獪さをちらちら見せ始めました。サダヲさんらしい狸っぷりです(笑

しかしこの2話を通じてのキャスティングを含めたファインプレーは松下の養父を演じた古舘さんかな。
もう古舘さんってだけで、源太郎の人柄が漂ってきて、直虎たちがいかにじたばたしようとも、ああいう風に着地するだろうと期待してしまいました。気は弱そうだけれども、いいお父ちゃんだ・・・
万千代が井伊の後を継いだという史実と、大河オリジナルの世界がうまく噛み合っていたと思います。

直虎が井伊の再興よりも井伊谷を再興すること第一事と考え、保守的で小うるさい近藤を(←褒めてます;;)井伊の再興はない、と宥めている設定も良かったです。
そら、今となっては直虎にとって、井伊を再興しようとうする万千代の行動は面倒の種でしかないですな。しのもきゃんきゃん言って来ますしね(^^;;
松下家に嫁いだしのにとっては松下家を守ることが第一。あの源次郎が夫ならば、きっと良くしてもらっているんだろうな~。

何はともあれ、ここへきて菅田君をメインに持ってきたのは大成功。
これだけ効果的かつ有機的な後半のテコ入れも珍しいかも。
逆にここまでのストーリーって・・・(ごほっ;;

いい感じで風穴があきました。
次回が楽しみです。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第31話「ヨッシャ!奇跡のキュータマ」 | トップページ | おんな城主 直虎 41話「この玄関の片隅で」 »

■おんな城主 直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65912210

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 39話「虎松の野望」、第40話「天正の草履番」:

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第四十回 [レベル999のgoo部屋]
「天正の草履番」内容家康(阿部サダヲ)から、松下か、井伊かを、迫られる虎松(菅田将暉)虎松は、家康からいただいた万千代とともに。。。井伊万千代を選択する。しかし井伊を名乗ったのは良いが、命じられた仕事は小姓ではなく、草履番。憤りを感じつつも、虎松は草履番の仕事に奮闘する。 一方、松下を捨て、井伊を名乗ったと聞いたしの(貫地谷しほり)は、そそのかしたと思われる南溪(小林薫)を責めるのだった。話を聞いた、直虎(柴咲コウ)は、井伊家再興を考えていないと、しのに告げる。しかし、祐椿尼(財前直見)らは、それ... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第40回~虎松、草履投げで〝日本一の草履番〟になる!www ツイッターでも反響! [平成エンタメ研究所]
「これからは一蓮托生になる。よろしく頼むぞ、井伊万千代殿」  今回は父親・松下源太郎(古舘寛治)のこのせりふに尽きる。  育てた子の不義理も責めず、虎松(菅田将暉)の意思を尊重する。  そして、この虎松との距離感。  源太郎は、虎松が井伊万千代になること...... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第40回「天正の草履番」 感想 [ドラマ@見とり八段]
虎松(菅田将暉)は家康(阿部サダヲ)から万千代という名を与えられるが、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられる。虎松が松下の名を捨てたことに驚いたしの(貫地谷しほり)は、裏で根回しをした南渓(小林薫)のもとを訪れ怒りをぶつける。直虎(柴咲コウ)も井伊家の再興は望んでおらず、虎松を説得するため浜松へ向かう。一方、虎松は慣れない草履番の仕事に悪戦苦闘していたが… (あらすじは Yahoo!テレビより引用)     おんな城主 直虎 第40回「天正の草履番」 さて……草履番の続編である。... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第40回 天正の草履番 [事務職員へのこの1冊]
第39回「虎松の野望」はこちら。 うわあ。今回のタイトルは『あれ』からいただいたんですよね。いいのかなあ、大河ドラマ(このときは「獅子の時代」~「おんな太閤記」)の真裏の番組だったのに。 あ、そうか。リメイクもあってそちらは森下佳子さんが脚本だったんだ。セルフパロディはまことにけっこうだと思います。そのうちに一文字で「陣」とかいう回もあるかも。カズオ・イシグロがノーベル賞を受賞したいきおいで、最終回のタイトルが急遽「おとわを離さないで」になるのもありかと。 前回の視聴率は11.7%と久しぶ... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第40回「天正の草履番」 感想 [ドラマ@見とり八段]
虎松が松下の名を捨てたことに驚いたしの(貫地谷しほり)は、裏で根回しをした南渓(小林薫)のもとを訪れ怒りをぶつける。直虎(柴咲コウ)も井伊家の… [続きを読む]

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第31話「ヨッシャ!奇跡のキュータマ」 | トップページ | おんな城主 直虎 41話「この玄関の片隅で」 »

作品一覧