2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダービルド #01「ベストマッチな奴ら」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第29話「オリオン座、最強の戦士」 »

2017年9月11日 (月)

おんな城主 直虎 36話「井伊家最後の日」

公式サイト

徳川家康(阿部サダヲ)と今川氏真(尾上松也)の間に和睦が成立し、遠江一帯の混乱がいったん落ち着きを見せるなか、直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩んでいた。
家を再興することが家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えたのだ。
そんな折、松下常慶(和田正人)が直虎のもとを訪れ、井伊家嫡男の虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいと願い出る。井伊家の再興をあきらめきれない虎松は、これに猛反発するが・・・。
直虎は南渓(小林薫)の助言を受け、井伊家再興を断念。直之(矢本悠馬)や六左衛門(田中美央)らに身の振り方を考えておくよう言い渡す。
直之と高瀬(髙橋ひかる)は近藤(橋本じゅん)に仕えることとなり、六左衛門は虎松の守役として松下に行くことに。城主としての務めを終えた直虎は還俗し、龍雲丸(柳楽優弥)とともに歩み始める。(公式サイトより)

あれー!キスしちゃったー(^^;;

龍雲丸のプロポーズを受け入れるとは。
ネタばれな情報には一切近づかないようにしているので、びっくりさせられました。
まんま、オスカルとアンドレやん(苦笑

子供の頃の、井伊を守るために遮二無二頑張るおとわちゃんのキャラを引きずっていたため、どこかでジャンヌ・ダルクというか、ヴァージン・クィーンなイメージを抱き続けていたんですわ。
大人になって、お転婆だった片鱗はあれども、まあまあ普通の人にはなっていたのにね。女領主、という環境は普通じゃないけれども。この普通、というのが大事なんでしょうね。

自分の一存で井伊を存続させるかどうかなんて、さすがに荷が重過ぎますます。
許婚と言う地位を捨て、出家してまで守った家督相続のルートは直親の横死で頓挫し、いつも自分と井伊を見守ってくれていた政次は裏切り者として処刑されてしまった。
直虎が疲れてしまっても致し方ないです。

ここで臥薪嘗胆、井伊家の再興の時を待つか。
それとも解散するか。

井伊の再興、と言っても。
徳川の命で井伊谷が近藤の領地になった以上、井伊家再興を標榜することは、彼らに弓引くこと、隠れ里などたちまちのうちに蹴散らされ、虎松とて本気モードで探し出されて・・・何といっても今の井伊には金も土地もないのだから。

虎松がどんなに抵抗しようと、今は断念するしかないでしょう。
しかし虎松、松下の養子になることにあれほど拒んでいたのに、決まってしまえば、養父に向かってのあの笑顔。恐ろしい子!(^^;;
和尚に説得されて、井伊再興は胸の奥深くにしまったんだろうなあ。とりえず、今を生き延びねばね。

井伊断絶・・・文句をいう役回りなのは、いつものとおり中野。今回はいきなりしゃしゃりでた高瀬に言い負かされてました。
予告を見ると、登場時以来ほとんど存在感がなかった高瀬の物語がようやく動きそうです。長い伏線だったなあ。あ、実際の年月的にはそうでもないのかしら。
で、弥吉って誰だっけ?(^^;;

家康の生母、於大の方登場。小巻さん、テレビでお見かけするのはほんと、お久しぶりです。
家康の好みそうな下女を連れて・・・これまた手強そうなキャラだなあ。長生きするしねえ。
瀬名が不憫です(_ _);;

北条氏康に太鼓持ちよろしくうまくとりいったのに、まもなく氏康が亡くなってしまい、北条と武田が手を結ぶことになって追い出され、家康に庇護を求めてきた今川氏真夫妻。
氏真、何かこっちの情けないキャラの方が生き生きして見えます。

家康、信玄の手前、追い払おうしますが、西の雄、信長のお伺いもたてねば、と右往左往。
大国に挟まれると外交に苦労しますな。
家康、井伊には多少の罪悪感はあるけれども、今はかまっている時間はありません。直虎がかつて井伊が生き延びるために、秘かに家康と誼を通じたように・・・
次回、有名な例の敗戦のポーズが見れそうです(笑

戦で滅ぼされるのではなく、会社が倒産するごとく、領主の決断で一族が解散することは、この時代、ままあったことなのでしょう。しかし、ここまで仔細なデティールでもって描いたのは珍しいかもしれません。

そして直虎は農婦に。
資料が残ってないから、自由に脚色いてるなあ(^^;;
ほーんと、結婚するなんて思わなかったです。←しつこい;;
タイミングやらお互いの立場はあっただろうけれども、井伊を、領主としての直虎を死守しようとした政次が不憫・・・

といういことで、次回、まだ1572年。
政次死亡以降、しばらく後始末のエピがあって、虎松が青年になった時に時代、キャステングを含め、空気を一新するのかと推測していたのですが、考えてみれば、主人公の没年が1580年。
もうこのまま、ワープもせず、場も変わらぬまま、最後まで行くのかもしれません。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダービルド #01「ベストマッチな奴ら」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第29話「オリオン座、最強の戦士」 »

■おんな城主 直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65778349

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 36話「井伊家最後の日」:

» おんな城主直虎 第36回 井伊家最後の日 [事務職員へのこの1冊]
第35回「蘇りし者たち」はこちら。 前回の視聴率は11.3%。予想ほどではなかったけれど、わりに踏ん張ったのではないかと思う。なにしろ裏に、テレ東のあの「池の水をぜんぶ抜く」があったからだ。これは冗談でも何でもなくて、あの企画を考えついた人はテレビってものを知ってるなあと思う。ここ山形ではネットしていないので(笑)、まどわされることはなかったけれど、されてたら迷ったろう。 さて今回から栗原小巻さん登場。前にもふれたようにわたしはこの人にオフステージで会ったことがあって、その女優オーラに目がク... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第36回「井伊家最後の日」 感想 [ドラマ@見とり八段]
井伊直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷(現・静岡県浜松市北区辺)の領主であり女地頭であったといわ…】第36回… [続きを読む]

» おんな城主直虎 第36回~「諦めてこそ得られるものがある」 再興をあきらめて、直虎が得たものとは…… [平成エンタメ研究所]
「諦めなければ負けることはない」 「諦めてこそ得られるものがある」  矛盾するようだが、いずれも真実である。  直虎は井伊家再興を諦めた。  結果、得られたものは──── 「教えてもらえますかね、名を」 「おらぁ、あんたのそばにいてぇんですから。  いいって言...... [続きを読む]

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第三十六回 [レベル999のgoo部屋]
「井伊家最後の日」内容徳川軍により気賀は壊滅したものの、直虎(柴咲コウ)の懸命の看護により、龍雲丸(柳楽優弥)は一命を取り留める。その一方で、懇願されたこともあって井伊谷を治める近藤(橋本じゅん)の治療をすることになった直虎。その姿に南溪(小林薫)らは、井伊家再興に関し、直虎の真意を測りかねていた。 同じ頃、氏真(尾上松也)は、相模の北条氏康(鶴田忍)を頼っていた。。 そんななか、直虎に、近藤から井伊の家臣を迎えても良いという話がある。今までの行動から、素直に信じる事がでいない直虎達。そこに、松... [続きを読む]

« 仮面ライダービルド #01「ベストマッチな奴ら」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第29話「オリオン座、最強の戦士」 »

作品一覧