2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」 | トップページ | 仮面エグゼイド #45 最終回「終わりなきGAME」 »

2017年8月29日 (火)

おんな城主 直虎 34話「隠し港の龍雲丸」

公式サイト

政次(高橋一生)を失い放心状態の直虎(柴咲コウ)は現実を受け入れることができずにいた。一人で碁を打ち続ける直虎を心配そうに見守る南渓(小林薫)。
一方、徳川家康(阿部サダヲ)の軍勢は井伊谷を通り抜け遠江を攻め進み、今川氏真(尾上松也)のこもる掛川城へと迫りつつあった。これに対し、今川勢も粘りを見せ、徳川軍は苦戦を強いられることとなる。
戦の波は気賀の方久(ムロツヨシ)や龍雲丸(柳楽優弥)たちの目前にも迫っていた。徳川の陣を訪れ助けを求めた方久と与太夫(本田博太郎)に、家康は先に民を逃がした上で堀川城の大沢を攻める約束と引きかえに中村屋の船を徴用する。
一方、政次の死をいまだ受け入れられずにいた直虎の元に辞世の歌が届けられた。
直虎は全てを思い出し、改めて喪失感を向き合うこととなる。
そのころ、龍雲党は気賀の民を逃がすべく堀川城に忍び込んでいたが、大沢勢に気づかれ衝突。時を同じくして徳川勢が攻め込み、堀川城にいる者は皆殺しに。徳川と交わした約束を反故(ほご)にされた方久は、惨状を伝えるべく命からがら直虎のもとを訪れるが…。(公式サイトより)

徳川と今川の一筋縄でいかぬ攻防など、今回も大河らしかったです。

ただ、ちょっと・・・直虎が政次を我が手で貫いたことを覚えていないというのは、先週同様、幾分かストーリーが暴走しているように感じました。

井伊を守るための究極の、非情な決断を、当の政次が望んでいることもあり自ら下したのに、そのことをすっぽり忘れてしまう設定にするとは。
それだけ政次のことを頼りしてた、想っていた、直虎の心情を表したかったのでしょうけれども、直虎を、直虎の領主としての決意を貶める気がしてしまったんです。
井伊の領地を近藤に奪われたばかり。生き馬の目を抜くこの時代です。リーダーがこれでは側近や僧兵たちならまだしも、家臣たちは不安だったのでは、なんて思っちゃいました・・・あ、極秘事項だったのね(汗

でもここは歯を食いしばって、政次の死と向き合って欲しかったです。

まあ、ひたすら女丈夫なだけだったら家臣たちはついてこなかっただろうから、これはこれでありなのかのしれませんが。
直虎が領主として務めてこられたのも、政次の影の支えがあってこそでしたから・・・

思い出してからは、ひたすら泣き伏す直虎。
龍雲丸の夢と言い、多分、次回への伏線を兼ねているんでしょう。

政次を信じる直虎に半信半疑だった中野直之、今回は沈痛な面持ちをしていました。直虎を心配しているのか、政次の死を悼んでいるのか、それとも近藤に領地を騙し取られたことを悔やんでいるのか・・・いずれの気持ちもあい混じっているのでしょう。

結局、直之が政次の本心に気がつく瞬間のシーンは描かれませんでした。いや、気がついたのかどうかも、実は定かではない(汗

なぜこんなに直之の気持ちが気になるかというと、ドラマ内に伏線が張ってあったから、というだけなんです。
頑なに政次を信用しない、という設定を何度も振っていたのは、直虎の親族であり、側近である彼が政次を受け入れるエピをひとつのカタルシスにするつもりなんだ、って勝手に思い込んじゃったわけです。
もちろん直虎と政次の絆がメインなのだけれども、簒奪者とされている政次が実は井伊家を守るために死んでいった。その死が直虎だけでなく、井伊家にとって如何に衝撃だったかを描くにはもってこいな伏線だって。
でも、この大河にそんな複層したストーリー進行を期待してはいけなかったんですね。勝手に妄想してしまったのが失敗でした。
結局、政次一人がストーリーを含め、何もかも背負って逝ってしまいました。政次らしい最期なのかも。

命からがら逃げ落ちた方休。直虎によって武士に取り立てられたけれども、商人には戦は荷が重過ぎました。

そして龍雲丸一党、全滅・・・柳楽さんが土スタで言っていた暗転な展開って、これだったんですね。
まだ若い家康、先週に引き続き、井伊に借りをいっぱい作ってる気がします。

予告を見る限りでは、龍雲丸だけは助かるのかも。ここは例えご都合主義であっても、何とか助かって欲しいです。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」 | トップページ | 仮面エグゼイド #45 最終回「終わりなきGAME」 »

■おんな城主 直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65725698

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 34話「隠し港の龍雲丸」:

» おんな城主直虎 第34回 隠し港の龍雲丸 [事務職員へのこの1冊]
第33回「嫌われ政次の一生」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と予想ほどには伸びなかった。ネットでは神回とか言われていたにもかかわらず。政次ロスは次第にボティブローのように効いてくるんだろうなあ、と思っていたら、誰よりも直虎にダメージを。ここまでイっちゃってる...... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第34回~侍は侍どうし、てめえらで戦えや! バーカ!! [平成エンタメ研究所]
「巻き込まれてどうすんだよ?  俺ら、逃げてなんぼじゃないか」 「侍は侍どうし、てめえらで戦えや!  他人のふんどしで相撲をとってんじゃねえや、バーカ!」  やっぱ僕は龍雲丸(柳楽優弥)が好きだな。  戦争はやりたいやつだけがやればいいわけで人を巻き込むな...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「おんな城主直虎」 #34 隠し港の龍雲丸 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
井伊家は政次ショックでフラフラ。 特に直虎は…。 [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第34回「隠し港の龍雲丸」 感想 [ドラマ@見とり八段]
これに対し今川勢も必死の粘りを見せ、徳川軍は苦戦を強いられることとなる。戦乱の波は気賀の方久(ムロツヨシ)や龍雲丸(柳楽優弥)たちの目前… [続きを読む]

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第三十四回 [レベル999のgoo部屋]
『隠し港の龍雲丸』内容井伊家を守るため政次(高橋一生)を失った直虎(柴咲コウ)は、放心状態。南溪(小林薫)らは、政次を心配するが。。。。 一方、井伊谷は、近藤(橋本じゅん)が治めることに。そして家康(阿部サダヲ)の軍は、遠江を進み、氏真(尾上松也)の掛...... [続きを読む]

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」 | トップページ | 仮面エグゼイド #45 最終回「終わりなきGAME」 »

作品一覧