2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« おんな城主 直虎 33話「嫌われ政次の一生」 | トップページ | おんな城主 直虎 34話「隠し港の龍雲丸」 »

2017年8月25日 (金)

宇宙戦隊キュウレンジャー 第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」

公式サイト

トケイキュータマを入手したキュウレンジャーは、まずは過去に行ってツルギがドン・アルマゲを倒したことを確かめることに。準備が完了するまでの間、キュウレンジャーはしばしの休息を楽しむことに。

しかし、ナーガは惑星トキでそれぞれの思い入れの強い人物が現れた時、自分だけ誰も出てこなかったことに思い悩んでいた。より強く感情が欲しいと願うようになったナーガの前に、フクショーグンのアキャンバーが現れる。人々の感情を解放させる力を持つアキャンバーは、ナーガの中に眠る感情を解放してあげると誘いをかける。ヘビツカイ座系の一族はもともと激しい感情を持っていたが、感情も個性も捨てることで平和を保ってきた。アキャンバーはその感情を利用しようとしていたのだ。それでも感情が欲しいナーガは、アキャンバーに感情を解放してもらう。ナーガは感情を暴走させ邪悪な姿となり、ダーク・チェンジによりヘビツカイメタルに変身。ラッキーたちを攻撃し、アキャンバーとともに立ち去ってしまう。過去のことはツルギたちに任せ、バランスやラッキーたちは現代に残りナーガを取り戻すことにしたのだった。(公式サイトより)

予想どおりナーガが闇落ちしてヘビツカイメタルになってしまいました(涙

サソリさん兄弟の因縁話が終わったので、次はナーガの番なのね。
いつ戻ってくるんだろう。なるだけ早いうちに帰ってきて欲しいものです。

自分の感情を解き放とうとするナーガを闇雲に止めようとするメンバーたち。
それほどまでにナーガが感情を解放する事は危険なことのようです。

扇動しているのがアキャンバーだし、それにヘビツカイ座の一族はもともと激しい感情を持っていた、つまり喧嘩っ早いってことで、そんな自分を抑える術を知らないからなんだろうなあ・・・て、理由を視聴者の推測に委ねることが多い気がする、このシリーズ。
委ねられるのは全然構わないのだけれども、一歩間違うと雑に見えてしまうのね(大汗

さて、ナーガの闇落ちを知ったバランスはどう動くんだろう、と思っていたら来週は過去を旅する別働隊の話~。

人数が多いからこそできる構成なんだけど、統一感というか、一体感を感じれないのが物足りないかも。
ともかく、ラッキーにレッドとしての存在感を取り戻して欲しいです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« おんな城主 直虎 33話「嫌われ政次の一生」 | トップページ | おんな城主 直虎 34話「隠し港の龍雲丸」 »

■宇宙戦隊キュウレンジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65707743

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦隊キュウレンジャー 第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」:

» 今日のキュウレンジャー Space.26 [地下室で手記]
「闇の戦士、ヘビツカイメタル」 ナーガはトケイキュータマを集めるために惑星トキへ向かった時に、自分だけ誰も現れず改めて感情がないという事を突きつけられ、キュータマジンでの戦闘中に集中力を欠くほど悩んでいた。 ツルギはナーガがおかしいと分かるとキュータマジンを分離させてナーガを休ませ、ギガントホウオー、リュウテイオー、キュウレンオー、ワシボイジャー、テンビンボイジャーに分かれてから...... [続きを読む]

« おんな城主 直虎 33話「嫌われ政次の一生」 | トップページ | おんな城主 直虎 34話「隠し港の龍雲丸」 »

作品一覧