2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面エグゼイド #39「涙のperiod」 | トップページ | 「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前後編」 超・簡単感想 »

2017年7月19日 (水)

おんな城主 直虎 28話「死の帳面」

公式サイト

気賀の城主となることを認められた直虎(柴咲コウ)は、方久(ムロツヨシ)に城代を任せることで商人の自治を保障する。
危篤状態からの復活を遂げた寿桂尼(浅丘ルリ子)は甲斐の武田信玄(松平健)のもとを訪れ、武田家に嫁いでいた氏真(尾上松也)の妹・鈴(岸茉莉)を駿府に返すよう要求する。寿桂尼はさらに北条氏康を味方につけ、武田への圧力を強める。
北条の仲立ちによって今川と武田の争いはいったん落ち着くが、寿桂尼と氏真の間には深い亀裂が生まれてしまう。
寿桂尼が再び病床に伏し命が危ぶまれるが、氏真が催したうたげの音に誘われ意識を取り戻す。
一方、井伊では直虎と政次(高橋一生)が寿桂尼の容態を鑑み、今川から徳川に寝返る算段をはじめる。
そんななか、直虎は寿桂尼の呼び出しを受け、久しぶりの対面を果たすことに。
二人は出会いからこれまでを振り返って涙し、変わらぬ主従関係を誓うが、その胸の内はそれぞれの家を守ることを第一としていた。(公式サイトより)

夏バテから立ち直れませんー(汗
ですので、短く感想。

本当に「死の帳面」でした。
寿桂尼が手にした巻物、直虎の名のところに赤くバッテン。ちょっとぞっとしましたわ。
頼りにしている、と言いながらも直虎の、井伊家の動向を探っていたわけですね。

まあ、直虎の方も泥船、すなわち今川家から離れる決意をしながらも、恩人として寿桂尼を持ち上げてましたから、狐と狸の対面ではありましたが、二人が交わした言葉には一辺の誠はあったと思います。
しかし、感傷より何よりお家が大事なのは、双方同じ。そしてそれが戦国の世における正義です。
直虎の井伊を護る決意を見抜いていた寿桂尼、自分が逝った後ことも考えているはずです。さて、井伊家にどんな罠を仕掛けるのでしょう。政次が身を挺して防ぐ流れになりそうな気がするのですが・・・

今川家にはもはや領主のリーダーとしてのカリスマ性がなくなってしまったことを、誰よりも憂う寿桂尼が足掻く姿には緊張感がありました。

もったいないと感じたのは、この政治感覚に優れ清濁併せ持ったしぶとい、新鮮なキャラをゲストのように感じさせてしまったことです。少なくとも私はゲスト風(^^;;)だと思ってました。
でも違いました。サブレギュラーどころか中盤部分のラスボス的スタンスだったんだ・・・

なぜゲストに近いキャラと思ったかというと、時々登場するだけで彼女のエピソードがほとんど紡がれていなかったからです。
例えば直親謀殺。罠を仕掛けた張本人が氏真ではなく、寿桂尼であることがやっとわかりましたが、こういう暗い部分に関わっていたことを曖昧にするのではなく、ドラマとしてちゃんと見せて欲しかったです。
例えば直親襲撃成功の報告を聞く寿桂尼のワンカットとか。
あの事件の後、寿桂尼、氏真の動向はスルーでした。
このあたりを細かく描いていたら、直虎が後見人に立つこと許すエピソードにも、もっと複雑な味が出た気がします。

継続的に物語の重低音として寿桂尼の存在感をキープしていたら、この新しい試みの多い大河のコクとなり、味わいになったと思うのですけれども。

さて、家康が再登場。この大河の時間が動き出したようです。
この間土スタで柳楽さんが、今後龍雲党にも影が差してくるようなこといっていたので、心配です。
まさか政次と同じタイミングで退場、何てことはないでしょうね・・・

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面エグゼイド #39「涙のperiod」 | トップページ | 「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前後編」 超・簡単感想 »

■おんな城主 直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65554585

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 28話「死の帳面」:

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第二十八回 [レベル999のgoo部屋]
「死の帳面」内容ついに、気賀を手に入れた直虎(柴咲コウ)は、方久(ムロツヨシ)に気賀を任せるのだった。 その少し前のこと、駿府は混乱していた。甲斐の武田信玄(松平健)が、嫡男義信を謀反の疑いで廃嫡したのだ。義信の妻が、氏真(尾上松也)の妹・鈴であり、同盟の要だった。病から奇跡的に復活した寿桂尼(浅丘ルリ子)は甲斐に赴き、鈴を返すよう要求。そのうえ、寿桂尼は、北条家にも働きかけ、北条玄庵(品川徹)が甲斐に赴き仲立ちを行い、鈴が返ってくることに。ようやく今川武田の争いは、終息に向かうが、寿桂尼と氏真の... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第28回~われに似たおなごは主家に義理立てなど決してせぬ [平成エンタメ研究所]
 寿桂尼(浅丘ルリ子)は言う。 「太守様につらい思いをさせてしまいました。  母婆を許して下さい。  母婆はただ取り戻したいだけなのです、光に満ちた今川を、そなたと共に」  直虎(柴咲コウ)にもこう語った。 「そなたが、わが娘であればと思うておりました。 ...... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第28回 死の帳面 [事務職員へのこの1冊]
第27回「気賀を我が手に」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と微動だにしない。上昇が見込めないのか、固定客だけを相手にすると決めたのか。 でも、今回はその固定客を裏切る展開が。これを待ってたんだー。 主役は危篤状態から復活した、今川義元の母、寿桂尼(浅丘ルリ子)。孫(今川氏真)はもちろん、いよいよ登場した武田信玄(松平健)についても幼名で呼ぶ大物。 彼女は直虎が恭順の意を示すことに満足し、これまでの諸々に懐旧の思いを伝えもする。前回までなら、直虎はがんばって今川にも可愛がられてるよかっ... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第28回「死の帳面」 感想 [ドラマ@見とり八段]
気賀の城を預かることを認められた直虎(柴咲コウ)は、家臣の方久(ムロツヨシ)に城代を任せる。 危篤状態からの復活を遂げた寿桂尼… [続きを読む]

« 仮面エグゼイド #39「涙のperiod」 | トップページ | 「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前後編」 超・簡単感想 »

作品一覧