2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« おんな城主 直虎 20話「第三の女」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第15話「海の惑星ベラの救世主」 »

2017年5月23日 (火)

帝一の國:映画

2017年 日本 118分 

Photo

公式サイト

原作:古屋兎丸「帝一の國」(集英社ジャンプコミックス)
監督:永井聡/脚本:いずみ吉紘/製作:小川晋一、木下暢起、市川南/プロデューサー:若松央樹、村瀬健、唯野友歩/ラインプロデューサー:原田耕治/撮影:今村圭佑/照明:織田誠/録音:石貝洋/美術:杉本亮/装飾:安藤千穂/編集:二宮卓/音楽:渡邊崇/主題歌:クリープハイプ/VFXスーパーバイザー:須藤公平
出演:菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁、鈴木勝大、萩原利久、岡山天音、井之脇海、木村了、榎木孝明、山路和弘、真飛聖、中村育二、吉田鋼太郎

古屋兎丸の同名コミックを、菅田将暉、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画化した学園コメディ。
全国屈指のエリートたちが集まる超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持つこの学校で生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されるという。主席入学を果たした1年生の赤場帝一は、総理大臣になって自分の国をつくるという夢を叶えるための第一歩として、生徒会長の座を狙っていた。2年後の生徒会長選挙で優位に立つべく誰よりも早く行動を開始した帝一は、想像を絶する命がけの権力闘争の中へ身を投じていく。
「ジャッジ!」「世界から猫が消えたなら」の永井聡監督がメガホンをとり、「ROOKIES」のいずみ吉紘が脚本を担当。(映画.comより)

@TOHOシネマズ

原作未読です。舞台化もされていることは観終わってから知りました。堂山会長が木村了さんなのは、舞台へリスペクトも兼ねているのでしょうね。
ネタばれなしの簡単感想です。

ともかく、特撮出身俳優さんたちを確信的にそろえたっぽいこの映画を見逃すわけにはいきませんでした~(^^;;
ライダーからはWとドライブ、戦隊からはゴセイジャー、トッキュウジャー、ゴーバスターズ・・・レッドバスターの鈴木勝大さんだけメイン外になってしまったけれども、ナンセンスなストーリーの中での数少ないシリアスパートをしっかり演じていて、学生役のサブとしては一番いい役だったと思います。←ニンニンブルーさんも出演されていたことは、後でしりました。
一般的には、菅田さんや千葉さんが特撮出身であることを知っている人の方が少ないかもしれません。

菅田さんは貫禄と言うか、すっかり座長の風格。キレッキレのコメディ演技で、悪賢くって計算高いがエキセントリックなまでに純粋な主人公、赤場がはまっていました。落ち込んで素に戻った時の表情もまた自然でした。
場内一番笑いが起こったのは、赤場親子の「架空試験対決」シーン。吉田さんのウケも冴えていました。

特撮枠外の間宮さんと野村さんが敵役を演じたのは、わざとなのかしら?(汗笑
でも、二人とはまってました。
特にローランド。間宮さんだからギャグにならない、あの姿があんなに自然に見える俳優さんはいないでしょう!(笑
.

えー、内容についてまだ何も書いていないというか、あんまり書くことがないというか・・・男バカマンガ映画ですから(爆
生徒会選挙と国の政治をダブラせてはいるけれども、帝一がなぜ自分の國を作ろうとしたかのルーツを彼自身の中に設定していているので、批判もパロディも、社会的には広がりようがないですからねえ。
お金はかかっていました。日本のナンセンス・コメディってどこか貧乏臭くてゆとりがないのですけれども、本作はそういう意味では製作費と準備期間がそこそこあったのでしょう、がっかりするシーンはエキストラの質も含めて、ほとんどなかったと思います。
一見モブシーンに見えても、キーになるキャラたちの表情はしっかり抑える丁寧さも好印象でした。
今後もこれくらいコメディに予算と時間をかけてくれますように・・・南無南無。

永井監督の作品は前作「世界から猫が消えたなら」を見ています。
この2作だけで判断するのは早計かと思いますが、ウェットでリリカルなものより、ナンセンス・コメディの方が合っている気がしました。テンポの良いコメディを撮れる監督は少ないので、期待を込めて。
ただ、あと10分は切れた思う。そうすれば日本では珍しいカラっとしたナンセンス・コメディの傑作になったかもしれません。
それにあの予告はクライマックスを見せすぎだとだと思いますよ。この映画で一番笑えるところをほとんど見せてる。でもそれでお客さんが観に行ったのなら、予告編として成功なのかあ・・・お楽しみは隠しておいて欲しかった自分としては、ちょっと複雑です。

ま、それはともかく。
志尊君は超・可愛かったし、竹内君も超・爽やかだったし。
竹内君、ほんと、少女マンガから抜け出ていたような佇まいは反則だぜ(^^;;

特撮ファンの期待を裏切らない、肩のこらない、楽しめる作品でした。

.

.

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« おんな城主 直虎 20話「第三の女」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第15話「海の惑星ベラの救世主」 »

#ドラマ:2017年第2クール」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 た行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65295303

この記事へのトラックバック一覧です: 帝一の國:映画:

« おんな城主 直虎 20話「第三の女」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第15話「海の惑星ベラの救世主」 »

作品一覧