2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第12話「11人の究極のオールスター」 | トップページ | 無限の住人:映画 »

2017年5月 8日 (月)

おんな城主 直虎 18話「あるいは裏切りという名の鶴」

公式サイト

直虎(柴咲コウ)が秘かに作らせていた「種子島」を奪った政次(高橋一生)は、今川への謀反の疑いを直虎にかけ、虎松(寺田心)の後見を降りるようせまる。観念した直虎は後見を譲ることを約束し、政次とともに駿府へ向かう。しかし方久(ムロツヨシ)は駿府の今川館へ先回りし、今川氏真(尾上松也)に「種子島」を売りつけることに成功。井伊が「種子島」を製造しようとしたのは謀反のためではなく今川に買ってもらうためだった、という理屈で直虎の窮地を救う。上機嫌の氏真の元に、縁戚である武田家の嫡男・義信が謀反の罪で幽閉されたという知らせが届く。
そんななか直虎は、当主としての心得が記された書物を南渓和尚(小林薫)から手渡される。書物に書かれていた「敵を欺くには、まず味方から」という一文を読んだ直虎は、ひとり矢面に立って井伊を守ろうとしてきた政次の真意に気づく。直虎は政次を訪ね、敵も味方も欺くことで守る兵法があることを知ったと話す。そして、政次なら井伊をどう守っていくのか問うのだった。さらに直虎は「井伊を守ることは己で決めたことだと」告げる。政次はすべてを見透かされたことに気づき、自分なら戦わない道を選ぶと直虎に言う。 (公式サイトより)

今回のセンスのあまり良くないタイトルと(大汗)、次回のかの高名な文芸作品と全く同じなタイトルのおかげで、各タイトルのほとんどが映画の題名をもじっていることに、やっと気がつきました。←遅い(^^;;

どちらかと言えば渋いというか、マイナーな作品タイトルが元ネタになっていることが多いのと、ロングラン作品であっても「おとわ危機一髪」「初恋の別れ道」「赤ちゃんはまだか」「桶狭間に死す」「城主はつらいよ」・・・あまりにセンスが・・・もとい(汗)、もじりがベタ過ぎて、パロっていることにすら気がつかなかった(大汗

と、余談はさておき。
直虎がやっと政次の本心に気づくまでを描いていました。

駿府城にて、武田信玄が今川の姫が嫁いだ嫡男、義信を押し込めたことを立ち聞きした政次・・・今川家、情報が駄々漏れです(汗

これで武田と今川の同盟が揺らぎ、パワーバランスが崩れはじめるかもしれない。そうなると武田、今川そして松平に囲まれた井伊家は如何に進むべきか・・・井伊のこと、おとわの将来のことを思い悩む政次を、そっと見守る義妹のなつ。

一方、いつもみんなに助けられてばかり、と反省し、勉学に勤しむ直虎。
母のご機嫌伺いに訪れていたなつに、なぜ嫌われ者の政次の下に戻ったのか、と問うも、優しい人です、と全てを語らぬなつの憂いを帯び風情に、政次との仲を疑う能天気ぶりは相変わらずです(^^;;

政次が井伊を乗っ取ろうとしていることに疑いを持たぬのはまだ理解できても、人格まで嫌な奴だと決め付けちゃうのは如何なものか。幼き日々や、直親を挟んでの思い出をもっと思い出して欲しいなあ。
まあ、政次が徹底した嫌われ者にならなければ彼の計画は進まないし、物語も進まないのだけれども。

「敵を欺くには先ず味方から」・・・今回、勉強した甲斐があって、やっと政次の本意に気がついてくれて良かったです。政次に残された命はもう、あまりないのだから・・・(涙

自分の勘が合っているかどうかを和尚に確かめるも、ここで直虎が政次を公に受け入れては、彼の苦労が水の泡になる、と諭されます。

政次から、信玄が義信を押し込めた、と聞いて、情勢の変化より「父が子を」と反応する直虎。
政治的センスなし・・・でも、だからこそ守ってあげようって思わすんでしょうね。少女マンガの王道ですー(汗

井伊家が生き延びる策を、小野が井伊乗っ取りを成功したら、というテイで、政次に尋ねる直虎。
小国だからこそ、あくまで戦さを避ける、そのためには何でもする、という言葉に深く頷くのでした。
男ならプライドが許さぬところを、女ならば受け流せるかも、というところで「おんな城主」の出番になるんでしょうね。多分・・・

中野直之もすっかり直虎のナイトとなりました。
直虎、直之がいい感じの主従になっていく様子は丁寧に描けていたと思います。丁寧に描かれていたおかげで、段々美味しいキャラになってきた気がする。厚遇キャラ、と言えるかもしれません。

ムロさん、少なくとも「平清盛」よりは楽しそうに見えるのが、何よりです(^^;;

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 16 17 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第12話「11人の究極のオールスター」 | トップページ | 無限の住人:映画 »

■おんな城主 直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65252877

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 18話「あるいは裏切りという名の鶴」:

» おんな城主直虎 第18回 あるいは裏切りという名の鶴 [事務職員へのこの1冊]
第16回「綿毛の案」はこちら。前回の視聴率は急降下して11.0%。危険水域に達したらしい。といっても、わたしはよんどころない事情で見ることはできなかったんですけどね。そうですわたしのよんどころない事情というのは酒を飲んでいたということです。再放送も見ず、まったく先週のことは知らないままに見て、確かにキャストが思いきり安上がりになっているなあと思ったりはするけれど(最初からNHKは出演料が安いので有名)、しかしついに直虎(柴咲コウ)は、いかに政次(高橋一生)が井伊を、そして自分を守るためにどれだけ... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第18回~あやつの夢枕に立って言うてくれぬかの? 危うくなるゆえ、早く下がれと [平成エンタメ研究所]
 直虎(柴咲コウ)の良い所は<諦めの悪さ>と<型に嵌らぬ考え>。  しかし、考えが浅い。  突っ走ったのはいいが、壁にぶつかって上手くいかなかったり、今川につけ込まれる要素をつくってしまう。  だから直虎は悩む。  失策を重ねる自分はまわりに助けられてばか...... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第18回 感想 [ドラマ@見とり八段]
直虎(柴咲コウ)が秘(ひそ)かに作らせていた「種子島」を奪った政次(高橋一生)は、今川への謀反の疑いを直虎にかけ、虎松(寺田心)の後見を降りる… [続きを読む]

» 大河ドラマ「おんな城主直虎」 #18 あるいは裏切という名の鶴 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
種子島を作っていたことが政次にばれ、 駿府に連れていかれる直虎。 [続きを読む]

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第十八回 [レベル999のgoo部屋]
「あるいは裏切りという名の鶴」内容政次(高橋一生)に伝えず、種子島を作らせていた直虎(柴咲コウ)しかし、政次に知られてしまい、取り上げられてしまう。謀反の疑いありと、直虎は虎松(寺田心)の後見を降りるよう迫られるのだった。すぐさま、駿府へと向かってもらうと。直虎は了承するしか無かった。 だが銭のにおいを感じた方久(ムロツヨシ)は、慌てて駆け出して行く。そして、直虎達より先に、駿府の今川館に到着し、氏真(尾上松也)に目通り。...... [続きを読む]

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第12話「11人の究極のオールスター」 | トップページ | 無限の住人:映画 »

作品一覧