2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 復帰です | トップページ | 2017年春のドラマ:視聴予定 »

2017年4月 5日 (水)

2017年3月のまとめ<2017年冬クールのドラマ・まとめ>

いつもより簡略ヴァージョンにて。

止む終えぬ事情にて、最後まで感想を書け続けたドラマはありませんでした。
でも、何本かは最後まで楽しんで見つづけたので、備忘録として、ひとこと、ふたことでも書きとどめておきたいと思います。
.

※「嘘の戦争」と「A LIFE~愛しき人~」はリタイアしたのではなく、最後まで見れていないため(汗)、はずしました

※「カルテット」と「精霊の守り人 2 悲しき破壊神」は途中までレギュラー感想を書いていたので、リンクをつけておきます。

<鑑賞した映画・DVD・演劇>

※★=DVDが欲しいと思った、もしくは買った作品
※☆=突っ込みどころを含めて、好きな作品
※○=記憶に残る作品
※▼=時間を返して、と突っ込んだことを覚えている作品(汗)

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ:映画
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:映画
ミス・シェパードをお手本に:映画
ラ・ラ・ランド:映画

.
「カルテット」
最終回まで書ききれず、残念です。

真紀の、普通の家族を持ちたいという願いの真意を知った時の幹生の嘆きが印象深かった最終回前。
そして最終回、真紀を中心に4人がハグし合うシーンには、本当にほっこりしました。
音楽だけで食べていけるプロになるのは見果てぬ夢かもしれないけれども、彼らの生活から音楽が途切れることはないのです。
有朱ちゃんもひとまず野望達成、おめでとう!

突っ込みどころはあったにせよ、予想を覆す、脚本、演出、ゲストを含むキャスティング、そして音楽のいずれもが素晴らしいドラマでした。
特に松さんに感服。ほんのわずかな仕草に全てが詰まっている。そしてそれを丹念に拾う演出も見応えがありました。
大河での高橋さんを見るにつけ、俳優さんを生かすも殺すも製作者しだいってことも痛感した次第です(大汗

作家性が強いこともあって好みが別れたみたいですが、私は好きでした。
坂元さんの次の作品も好きになるかどうかは、わかりませんが、期待を持って見守りたいと思います。

2017年の冬は、この一作だけで良かったかもしれない(^^;;
.

以下、順不同です。

.
「視覚探偵 日暮旅人」
原作未読、SP未見です。
浜田岳さんの存在感が素晴らしく、各々の話もそこそこ面白かったのですが、ラスト、旅人の心情を含め、あれやこれや、なんかはっきりせぬままに大団円で終わってしまったなぁ、という印象です。原作がまだ続いているためでしょうかね。
多部ちゃんが中抜けし、旅人とがっつり絡まなかったのにはちょっとがっかりしましたが、これも原作の流れなのでしょうか。だとしても、連ドラ向けの流れではない気がします。
あと、灯衣って幼稚園児にしては大きすぎる気がするという感想を初回の時に書いたけれども、その印象はずっとひっかかったままでした。
堤テーストは抑え目でしたが、ギャング同士のいざこさを描いた寸劇風の回や、リッチーのキャラなどに堤さんらしいナンセンスなテーストが感じられ、楽しかったです。

.
「下克上受験」
原作未読です。
信一の中学受験をめざす姿には、時にはキリキリさせられましたが、スポーツの英才教育と同じで、結局子供がその気にならなければ、あるいは子供がやりたいことだからこそ、お受験は成り立つのだな、と思いました。
甘えのない佳織と麻里亜の友情が清々しく、その辺の大人より、うんと大人なのが印象的でした。
コメディとしてはあまり好みのテンポではなかったけれども、フカキョンの存在感は心地よかったです。
応援してくれた同級生たちや長谷川部長など、いじわるな人のほとんどいない、ほわっとしたドラマだったと思います。

.
「東京タラレバ娘」
原作未読です。
テンポ等は良かったのですが、肝心要のストーリーが・・・あまりにトレンディすぎてはまれませんでした。
仕事もないのに東京に住んで、しょっちゅう友だちとカフェして、飲み歩いてる「シナリオライター」って設定がね(汗
おばさんはついつい、貯金を崩しているのか、仕送ってもたっているのかな、なんて考えちゃうのですが、まあ、こういう夢のようなドラマがないと、若い人たちがテレビを見る気にはなれないでしょうね。
三人三様の恋愛は、各々の勝手さなど、恋に陥れば抜け出せないジレンマがそれなりに描けていて、「やめとけ~」て突っ込みながらも、楽しんで見ておりました。
でもどうせ夢物語ならば、恋愛もそれぞれ成就させて欲しかったです。原作に配慮したのでしょうけれども。早坂さんは可哀想でした。

.
「中年スーパーマン左江内氏」
原作未読です。
ドラマとしては大きな綻びはなかったのですが・・・うーん、福田さんの遊び心についていけなかった(大汗
BSに下りてきた「ヨシヒコ」は楽しめたのですけれどもね、こちらは低予算でユルユルなのを承知で見ているから。プライムタイムにはそれなりの格が必要な気がしましたが・・・まあ、こういうドラマがあってもいいかな(^^;;
佐藤さんとの絡みで、素で噴出す俳優さんたちを見るのが楽しみでした。

.
番外「精霊の守り人」
このドラマも最後まで感想を書けなかった・・・
文庫未収録の「春の光」以外全て概読ですが、細かいところは大分忘れています。

スファルを殺しちゃうとは。シハナも改心して父や仲間の菩提を弔うために故郷に引きこもることに。まあ、来シーズンの原作「天と地の守り人」にはこの親子はほとんど登場しませんからねえ(^^;;
バルサとシハナが共闘する殺陣は格好良かったです。
あと、不謹慎だとは思いつつ、平さんが登場するたびに、いつ撮影したのだろう、という目で見てしまいました(_ _)

レギュラー感想でもちらっと書きましたが、建物類は相変わらず安っぽかったですが、演出から力みが抜けたこと及びキャストのみなさんがファンタジー界のキャラを演じるのに慣れたこと、そして今シーズンは具体化したクリーチャーが登場しなかったことで、割と安心して見れました。

最終章はいつもの周期より早めの、今年の11月から。
来年放映にしたら、ヒュウゴと隆盛さんで勝ち合うものね(^^;;
チャグムの父、帝への哀しき想いは通じるのか。
バルサを思うタンダの運命は。
楽しみです。

番外「べっぴんさん」
好き嫌いはともかく、テンポの悪さは最近の朝ドラではダントツでした~(大汗

その理由としては、実年齢よりうんと年上を演じることが多いヒロインたちが、中年以上であることをリアルに演じようとした結果、セリフ回しがどんどんゆっくりになっていき、それにつれてテンポが悪くなったこと。(それにつれて存在感も薄くなっていったこと;;)

前半は良かったのだけれども、正月が明けてからの後半、エピソードが少なすぎ、一話一話を引き伸ばしているように感じてしまったことも理由もひとつです。
突っ込みどころが満載だった娘の反抗期エピがやっと終わったと思ったら、ストーリーがスカスカになっちゃいまいました。ラスト、二日か三日で終わりそうな孫エピを延々引っ張っられたのは、辛かったです(汗

それから・・・いつだったか、章が変わるでもない時に、エンディングにいきなりテーマソングが流れたのにはびっくりしました。その時は思わなかったのですが、鑑みるに、その日のストーリーの尺が足りなかったのでは、と。
あと、テンポの悪さで忘れられないのは、五十八を見送る回で、ヒロインを斜め上から撮った無言のシーンが異常に長かったことです。
総じて演出、編集のバランスの悪さを感じました。

二郎の弟をいきなり都合よく登場させたりとか、朝ドラではメインレギュラー以外は書き割り化されることが多いとは言え(前期「とと姉ちゃん」の清さんなど)、エピの繋ぎの雑さ、不味さが目立ちました。

写真やチラシを含めると、関係者ほぼ全員、あの玉井すら登場した大団円だったのに、すみれたちが留学から帰った後、「ヨーソロー」が、なんの説明もなく以降ばっさり消えたことのにはやっぱり納得いかないですー。二郎は夢を諦めたのか、店はまだあるのか・・・セリフ一言二言でいいから、教えて欲しかったです。

と、突っ込みだすときりがないのですが、明美さんと栄輔が結ばれたことで、まあまあ満足、といったところでしょうか(^^;;

.

○印象に残った女優さん
松たかこさん。

○印象に残った男優さん
高橋一生さん。

.

以上、あくまで、好みです。お許しくださいませ。

.

.

2017年冬のドラマ:視聴予定
2017年冬クールドラマ 初回感想その1「嘘の戦争」「下克上受験」「中年スーパーマン左江内氏」
2017年冬クールドラマ 初回感想その2「就活家族~きっと、うまくいく~」「A LIFE~愛しき人~」
2017年冬クールドラマ 初回感想その3「東京タラレバ娘」「視覚探偵 日暮旅人」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 復帰です | トップページ | 2017年春のドラマ:視聴予定 »

#ドラマ:2017年第1クール」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

コメント

今期はやっぱりカルテットですよね^^
私は別に何の大変なこともなく過ごしていたのに、まだ最終回の感想が終わってない^^;
(他人の感想がツイッターに流れ過ぎて、何だかもう書くのも読むのも疲れちゃった(笑))

>作家性が強いこともあって好みが別れたみたいですが、私は好きでした。

私の周りはほぼほぼ大絶賛でした。
業界の人たちも軒並み注目しているドラマでしたね。

>左江内氏

原作ありきなので何とも言えませんが、奥さんの始め子どもたちの設定が嫌いすぎて見る気がしぼみました。
せっかくの福田監督作品なのに~。つつみんなのにーー。

裏で「精霊」がやっていたのでスンナリと脱しました(笑)
やっぱり福田さんの作品は深夜帯がいいな。

>べっぴんさん

>すみれたちが留学から帰った後、「ヨーソロー」が、なんの説明もなく以降ばっさり消えた

さくらの家出は無くても良かったってことの象徴みたいでしたよね。
年明けてから文字通りドラマが「別品」になってしまってガッカリ感ハンパなかったです。


お休みの事情、本当にお疲れ様でした。
お身体を大事にしながら書けるときは書いて行ってください。
感想を楽しみにしています。
春期もよろしくお願い致します。

くうさん、お久しぶりです。
コメント、ありがとうございました。

>他人の感想がツイッターに流れ過ぎて、何だかもう書くのも読むのも疲れちゃった(笑)
わかります~(^^
疲れるのも疲れるし、出遅れると、今更って感じにもなりますしね~

>私の周りはほぼほぼ大絶賛でした。
業界の色んな都合に囚われず、ひたすらドラマを作っている、という佇まいが素敵でした。

>奥さんの始め子どもたちの設定が嫌いすぎて見る気がしぼみました。
ねえ、原作はともかく、ドラマとして、キョンキョンまでキャスティングして、どうしてああいう設定にしたんでしょうかね。ともかく、笑えませんでした。

>さくらの家出は無くても良かったってことの象徴みたいでしたよね。
もうね、このへんからは突っ込ねば見続けられない感じでしたよ。
さくらにとって五月は高校時代の唯一の女友達でもあったわけだし、とか・・・もう構成と脚本がぐだぐだ。
4人の友情は結構好きだっただけに、本当にがっかりでした。

今までのようにカテを立ててのレギュラー感想を書くことはほとんどなくなると思いますが、ぼちぼち綴っていくつもりです。
これからも何卒よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65111568

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年3月のまとめ<2017年冬クールのドラマ・まとめ>:

» 2017年1月期のドラマを全部ランキングしてみた [ドラマ@見とり八段]
あくまでも個人の好みで書いておりますので、意見の違う方は読み流して下さいませ。 (対象作品は、2017年1月から始まった5話以上で構成される連続ドラ… [続きを読む]

« 復帰です | トップページ | 2017年春のドラマ:視聴予定 »

作品一覧