2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第10話「小さな巨人、ビッグスター」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第11話「宇宙を救う3つのキュータマ」 »

2017年4月24日 (月)

おんな城主 直虎 16話「綿毛の案」

公式サイト

駿府から無事帰還した直虎(柴咲コウ)。瀬戸方久(ムロツヨシ)は井伊家の財政を立て直すための新たな産業として「木綿」作りを持ちかけ、綿の実の栽培を勧める。乗り気になった直虎は瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)に相談するが、井伊領内は深刻な人手不足であり、木綿作りを担う人材がいないことがわかる。
人手を探して村々をまわる直虎だったが、ある日水浴びをする若い男(柳楽優弥)と運命的な出会いを果たす。男から「人は銭で調達できる」ことを聞いた直虎は、調達できる場所の情報を得ようと方久らと茶屋に出かけるが、そこにふいに政次(高橋一生)が現れ「噂を流せばよい」と言い残し去っていく。直之(矢本悠馬)の機転により「井伊ではタダで土地がもらえるらしい」「それはまことの話か?」と芝居を打つ直虎一行。
噂は功を奏し、見事銭を使うこともなく人が井伊谷に集まる。(公式サイトより)

今回、突っ込みが多いので、ご注意くださいませ(汗

・柳楽君とは運命的出会いなのね・・・オリジナル・キャラであることもあり、少女マンガ度がますます増しそうな嫌な予感。こういうのが好きな人には良いのだろうけれども。
まあ、オリジナル・キャラ、という点では、実在したかどうかを含めて、主人公も負けていない気がする(汗

・「人買い」を知らないとは。修行の一環として村人たちに混じって作業してたりと、決して深窓の令嬢として育てられたようには描かれてなかったんだけどね。

加えて、人が人を売る、買う、というシステムに潜む犯罪性や売られる者の苦しみに想い至らず、動物を仕入れるがごとくに目を輝かす直虎に、キャラ的な違和感も持ちました。
この違和感ゆえに、今回、突っ込みまくっているのかもしれません(汗
開発話になってから、何かだんだんおバカになっていっているように見えます。

・この違和感は解消されることなく、求人募集の思いつきにスライド。
それも政次のアイデアだし~。
本当ならば金好きな方久が閃きそうなことなんだけれども。

政次の切れ者っぷりを際ださせる一方、方久の、才覚一つで金持ちにのし上がった、という設定が今ひとつ生きていない流れになっていたように感じました。あちらが立てば、こちらが立たず、って所でしょうか。方久さん、単なるコメディリリーフで終始するのかしら・・・

・人の好き嫌いで人事を決めるのは、典型的なダメダメ経営者です。
政次は嫌いだけれども、我が子のため、彼のアドバイスを聞いてクレームを飲み込んだしのさんの方が大人に見える(^^;;

出来の悪い殿様を頂くことは、即、家の破滅につながる時代。
世間知らずにもほどがある姫様・・・そりゃ直之たちも心配ですわ。普通なら暗殺か蟄居なのに、優しいなあ。

・人手が集まったのはいいけれども、彼らの食糧とかはどうしたのだろう。綿がラインにのるまでは何ヶ月、いや1年以上かかりそうなんだけれども。
お百姓さんたちに余裕はないはずだし、井伊家も逼迫しているのだし。
食糧をどうするかは一番大事なところだと思うんだけれどもなあ。まぁ、ファンタジーだから、いいのか(滝汗

・政次、こんなに尽くしているのに・・・哀しいです。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 14 15 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第10話「小さな巨人、ビッグスター」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第11話「宇宙を救う3つのキュータマ」 »

■おんな城主 直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/65191863

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 16話「綿毛の案」:

» おんな城主直虎 第16回 綿毛の案 [事務職員へのこの1冊]
第15回「おんな城主対おんな大名」はこちら。前回の視聴率は14.4%と予想以上に上昇。そして今回はタイトルが示すようにコント芝居の連続となっている。井伊谷グリーンゲイブルズ化計画。まだめずらしい作物の種を蒔き、現金収入となるよう農家をリードするのは為政者と農協がいまもやっていること。しかしその作物、綿を植えても荒れた土地を耕す人手がない。そのために直虎は歩き回るが、政次の策の方が一枚も二枚も上手だったというお話。静岡県で銭の匂いがするとくれば、これはもう山水館でしょ。「銭の花の色は清らかに白い。... [続きを読む]

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第十六回 [レベル999のgoo部屋]
「綿毛の案」内容寿桂尼(浅丘ルリ子)より、虎松の後見として認められた直虎(柴咲コウ)は、無事に、駿府より帰還する。到着して早々、方久(ムロツヨシ)より木綿の栽培を持ちかけられる。銭のかおりがするという。早速、瀬戸村の甚兵衛(山本學)に相談するのだが、人手が足りないという。直之(矢本悠馬)が、戦なら人を借りることが出来...... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第16回 感想 [ドラマ@見とり八段]
駿府から無事帰還した直虎(柴咲コウ)。 瀬戸方久(ムロツヨシ)は井伊家の財政を立て直すための新たな産業として「木綿」の栽培を持ちかける。 乗… [続きを読む]

» おんな城主直虎 第16回~やってみなければわからぬ! 奮闘する直虎をさりげなく支える政次 [平成エンタメ研究所]
 今回は〝起業家〟の直虎(柴崎コウ)だった。  土地の開墾や綿の栽培で人手が足りず、他家から農民を借りようとする時、直虎はこう言う。 「やってみなければわからぬ!」  困難なことでもまずやってみようとするのが起業家なんですよね。  失敗すれば、別の方法を...... [続きを読む]

« 宇宙戦隊キュウレンジャー 第10話「小さな巨人、ビッグスター」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第11話「宇宙を救う3つのキュータマ」 »

作品一覧