2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第5回「聖なる場所へ」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第2話「いくぜっ!怪盗BN団」 »

2017年2月22日 (水)

カルテット 第6話「何が夫婦を壊したのか?」

公式サイト

ひょんなことから、すずめ(満島ひかり)は幹生(宮藤官九郎)という男性と知り合う。実は幹生は真紀(松たか子)の失踪した夫なのだが、幹生はなぜか諭高(高橋一生)の先輩だと身分を偽る。ある思いから幹生を別荘に招いたすずめは、幹生の靴に防犯用のカラーボールの痕がついていることに気付き…。(公式サイトより)

真紀は鏡子に、幹生はすずめに告白する形で、夫婦の出会いから別れまでを描いていました。
モノローグを多用した場合、一歩間違うと独りよがりな展開になってしまうのだけれども、真紀と幹生のモノローグが対峙し、すれ違いながら実は会話をしているようなセリフと端正な映像。フランス映画のような趣きが感じました。

結婚と同時に妻業に専念するため、バイオリンを辞めてしまった真紀。
幹生が出会った頃に魅かれたミステリアスな雰囲気も消え失せ、今は良妻ではあっても想像力のかけらもない話しか交わせなくなってしまった。
心は離れてしまっても、元カノに逃げることなく、夫の役目を律儀に守った幹生。
仕事の悩みも、ご近所さん及びテレビで流れた話以外の話題をしない妻には打ち明ける気にもならなかった。

結婚前にプレゼントした小説の栞が9ページに挟まれていたことを見て、新婚当時は微笑んでいたのが、その後、何かの折にその本を見かけるたびに険しくなる表情。
ついには鍋敷きにされてしまった時、幹生の鬱憤は破裂してしまったのでした。

一方真紀は、家事に懸命に取り組み、幹生が疲れないように、わざと他愛のない話題しかかった。それが幹生の絶望感を煽っているともわからずに。

幹生さん、しんどかったでしょうね。でも、映画も文学の趣味も全く合わない・・・そういう願望は恋人ならともかく、伴侶には求めない方がいいと思います。←文学は言わずもがな、映画も一人で観るものだと割り切っております。でも幹生は割り切れなかったのね。

真紀さんはすごくミステリアスな人だと思うのだけれども、それは幹生が想像していた雲や霞のような「ミステリアス」ではなかったのでしょう・・・女性からしてみると、家庭の日常を舐めていたようにも感じるのですけれどね。幹生のがっかり感はわかるけれども。

鳥の唐揚げにレモン、は、幹生が思っていたこと。
ちょっとコンビニに、というのは幹生ではなく、真紀が言ったんだ。幹生を逃がすために。
靴下は束縛の象徴なのでしょうか。

二人のモノローグに、ああ、そうだったんだ、とこれまでのストーリーを振り返り、幾度も合点できました。

論高のバイト、アブナイことじゃなかったのね。
論高が包帯で顔のほとんどを隠くされての、幹生との対面には、思わずにやにや。

パートナーに家族を求めていた女と、恋人を求めていた男・・・リアリストとロマンチストのすれ違い。
ラブストーリーの永遠のテーマに、このドラマだからこその味わいを盛り込んだ脚本、演出そして松さんと宮藤さんが素晴らしかったです。

そしてラスト、驚愕の展開へ!
思わず、嘘、とテレビに向かって叫んでしまいました。

鏡子の真紀への誤解が解けたと思ったら、新しい危機が・・・それも今までのような噂の段階ではない!

まさか有朱がキーマンになるとは。ずっと伏線張ってきたんですね~。
宮藤さんが単なるゲストではなかったことにも驚きました。

参りました。まさしくエンターティメントなサスペンス・ドラマです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第5回「聖なる場所へ」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第2話「いくぜっ!怪盗BN団」 »

#ドラマ:2017年第1クール」カテゴリの記事

□カルテット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪ このドラマ、最初はこの脚本家さんの独特の会話で展開していく感じに乗り切れなかったのですが、先週ぐらいからおもしろく思えてきて、今週は私もラストで、えっ?!って声あげてしまいましたよ~(笑
ホント、クドカンゲストじゃなかったんですね。
でもすごくいいキャスティングだと思いました。
>フランス映画のような趣きが感じました。
ですな~!サスペンス感盛り上げてましたね。
幹生が真紀に失望というか一緒にいるのが苦しくなったのがよくわかりました。
しかし付き合っている段階でわからなかったのかねぇ・・・(笑
映画の見方や趣味って結構大事だと思います。
一緒に見ている時真紀みたいにされたら、私ならすぐわかれるかも(オイッ!)
そして真紀の「家族が欲しかっただけ」という言葉には泣きそうになっちゃいました。
そして真紀から逃げてしまったけど彼女のバイオリンを守ろうとした幹生にも。
てか、アリスちゃんはどういうつもりなのでしょう・・
最初、真紀が好きすぎてあげな態度に出るのかと思ったけど・・・
死んじゃったら幹生たちはどうなってしまうのか・・・
目が離せなくなりました。

きこりさん こんにちわ!

きこりさんも見ておられるのですね♪
結局今期の民放ドラマの感想はこれだけになっちゃいました。しかもセリフも拾わず・・・(汗

>この脚本家さんの独特の会話で展開していく感じ
そうそう、癖が強いですもんね(^^;;
私も外れることが多いんですけれども、今のテレビドラマで自分の作家性を押し通せる人ってほんのわずかなので、見守りたいとは思っているんです。
クドカンさんのキャスティング、良いいですね~。
>幹生が真紀に失望というか一緒にいるのが苦しくなったのがよくわかりました。
わかりましたね。でもその一方で、お子ちゃまだなぁ、とも思っちゃいました。
>一緒に見ている時真紀みたいにされたら、私ならすぐわかれるかも(オイッ!)す。
その分野に興味があれば、ジャンルは違っても語り合えるかもしれない、でも一緒に視聴しないほうが無難だな~、真紀は映画や文学そのものに興味がないのかしら、など、思わず知らず色々考えちゃいました(^^;;
真紀と幹生の夫婦が掛け違っていく様は、どの夫婦、カップルにも当てはまり、男、女、どちらの立場に立っても共感できるスケッチの積み重ねで、それを松さん、クドカンさんしか出せない空気で紡いでいて、ああ、ドラマだぁ、と堪能しましたです。
>最初、真紀が好きすぎてあげな態度に出るのかと思ったけど・・・
有朱ちゃんのバックボーンが気になりますね!目が笑わない、という設定はどういう風に回収されるのかしら。
私は死んでいない方に賭けたいなぁ。でも~坂元さんだしなぁ・・・(_ _)::
ほんと、目が離せませんです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/64926288

この記事へのトラックバック一覧です: カルテット 第6話「何が夫婦を壊したのか?」:

» カルテット (第6話・2017/2/21) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBS系・火曜ドラマ『カルテット』(公式) 第6話『第二章開幕!!夫の告白、妻の涙…迎える衝撃の結末』の感想。 真紀(松たか子)に秘密を知られてしまい、思わず別荘から飛び出したすずめ(満島ひかり)は、幹生(宮藤官九郎)と出会う。すずめは、諭高(高橋一生)の知人だと名乗る幹生の正体を察し、彼を連れて別荘へと向かう。真紀は鏡子(もたいまさこ)と会うことに。すず...... [続きを読む]

» 火曜ドラマ『カルテット』第6話 [レベル999のgoo部屋]
「第二章開幕!!夫の告白、妻の涙迎える衝撃の結末」内容ある日、すずめ(満島ひかり)は、家森(高橋一生)の先輩だという槇村幹生(宮藤官九郎)と知り合いになる。何かを感じ取ったすずめは、幹生を別荘に招待する。 一方、真紀(松たか子)は、軽井沢の駅に、鏡子(もたいまさこ)を迎えに行く。教会に着くと、鏡子は。。。幹生を殺したのかと。すると真紀は、気付いたときには彼の私への恋愛感情が無くな...... [続きを読む]

« 精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第5回「聖なる場所へ」 | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー 第2話「いくぜっ!怪盗BN団」 »

作品一覧