2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« おんな城主 直虎 7話「検地がやってきた」 | トップページ | カルテット 第6話「何が夫婦を壊したのか?」 »

2017年2月21日 (火)

精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第5回「聖なる場所へ」

公式サイト

バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)と同じタル人を伴って都を目指すが、その影響でロタ人への憎しみを口にするアスラに「人を殺したいなんて二度と思わないでくれ」と繰り返し言い聞かせる。吊り橋で武装集団に襲われ、自ら盾となってアスラたちを先に行かせるバルサに、背後からも矢が射られた…!一方、チャグム(板垣瑞生)はタルシュ帝国の属国となったヨゴに連行される。そこはヒュウゴ(鈴木亮平)の故郷でもあった。(公式サイトより)

文庫未収録の「春の光」以外全て概読ですが、細かいところは大分忘れています。

超・簡単感想です。

前回よりさらに大胆にアレンジ、オリジナルな部分が多くなりました。
原作を膨らませている枝葉を思い切って整理し、バルサ・パートでは、バルサのアスラに対する思いと、シスナたちの陰謀によって追い込まれていくアスラに焦点を合わせ、チャグム・パートではサンガルという海洋王国としての有様を少女海賊のセナに集約し、ヒュウゴというキャラクターを際立たせていて、ドラマとしての流れが大分良くなったように思います。
バルサが罠に嵌ったことに気がつく瞬間や、チャグムとセナが泳ぐシーンなど、画として見せようという意気込みが感じられました。

何よりラストに登場したタルシュの王子、ラウルのビジュアルとキャラはインパクトがありましたです。超・二次元~。
ここまで登場したキャラの多くがどこか作りものめいて感じられたのですが、日常を演じても、非日常を演じても抜群の存在感を持っている高良さん、すごいです。
原作よりキャラをカリカチュアして見せた演出も良かったと思います。全体的に作り手側がこのジャンルに慣れてきたように思います。
弱点である想像力を駆使しなければいけないCGのシーンも少なかったし、この流れなら、ファンタジー好き以外の人も楽しめそうな気がしてきました。

.

.

.

1-01 1-02 1-03 1-04 2-01 2-02 2-03 2-04

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« おんな城主 直虎 7話「検地がやってきた」 | トップページ | カルテット 第6話「何が夫婦を壊したのか?」 »

□精霊の守り人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/64926026

この記事へのトラックバック一覧です: 精霊の守り人 シーズン2~悲しき破壊神 第5回「聖なる場所へ」:

« おんな城主 直虎 7話「検地がやってきた」 | トップページ | カルテット 第6話「何が夫婦を壊したのか?」 »

作品一覧