2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2016年10月のまとめ<2016年夏クールのドラマ・まとめ> | トップページ | 真田丸 第41話「入城」 »

2016年10月16日 (日)

2016年秋クールドラマ 初回の感想その1「キャリア」「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」「ラストコップ」

恐らく今期もレギュラー感想は書けそうにないので、備忘録として、初回だけでもメモっておきます。

.

「キャリア」
家族全員で見れるドラマを、というこの枠の意図にぴったりな、まさしく遠山の金さん。
守るべき住人と密にコンタクトを取る署長と、たたき上げのノンキャリアの部下、という多少の反目はあれども、あまりストレスは感じませんでした。はりきりすぎな女性刑事がちょっとうるさくはありましたが(汗)、これもドラマの彩り、ということで。
でも、どうしても見たい、というわけでもない気がする(汗
時間があれば、見ます。

.

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」
1話のみ見ました。原作未読です。
校閲作業というあまり知られていない仕事を描いていて面白かったです。
ファッション雑誌編集者が命な悦子のファッションを全面にプッシュ。原作もポップなテーストらしいです。地味な校閲作業とのギャップがミソ。
・・・でも、悦子のファッション、好みじゃないんです(大汗
ストーリーは面白そうなので、2話も見ます。
.

「ラストコップ」
コミカル度を増しての、連ドラ開始。
予想通り、唐沢さんのアクションはさすが年季が入っているし、窪田さんのアクションもカッコいいです。
ただ、1話、旧友の話には、いきなりそんな凶悪犯にしちゃう?って感じで、ちょっと納得できませんでした。
笑いあり、涙ありっていうテーストなのは分かるのですが、吉田さん演じる友人には、最後までオバカを貫いて描いて欲しかったです。
設定自体がナンセンスなのだから、あまり細かいことを気にするべきではないのかもしれませんが・・・大味に感じました。
コメディだからこそ、また、アクションを引き立たせるためにも、ドラマの部分の繊細さが欲しいところです。
次回、様子見します。

.

.

2016年秋のドラマ:視聴予定

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2016年10月のまとめ<2016年夏クールのドラマ・まとめ> | トップページ | 真田丸 第41話「入城」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2016年第4クール」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~♪
>でも、どうしても見たい、というわけでもない気がする(汗
( ̄∇ ̄;)ハハハ
そうなんですよね~「IQ」は主演の方のキャラとしゃべり方になじめなくて
1話で脱落したんでこっちかな~とは思ったんですが、日曜は夜はTV消していることが多いんで、わざわざ見るほどでもないかな~~と・・・
>・・・でも、悦子のファッション、好みじゃないんです(大汗
( ̄∇ ̄;)ハハハ 私もです・・・
てか、アクセサリーもしっかりつけてて仕事しずらくないか?とか
思っちゃうおばちゃんです(笑
悦子のキャラにはイライラする部分もあるけど
新風を吹き込んでくれるエネルギーは伝わってくるので
視聴続けると思います。
校閲のお仕事が伺えるのは楽しいし、菅田君とムネムネ目当てで(笑

こんにちわ!

「漱石の妻」の最終回の時にコメ欄にお邪魔しようと思ったのですが、書き出すと長くなりそうな気がして控えさせていただきました。描いている出来事の奥底から人間の不可思議さが漂ってくるのが伝わりました。コクのある良い作品でしたわ。

「キャリア」、2話もまるっと遠山の金さんでした。なので、ストレスなくまったりとは見れそうなのですけれども、3話はフィギュアを視聴、見逃しちゃいました(汗

「校閲ガール」、初回には何だかんだと突っ込んでおりましたが、3話あたりで、エピソードと連動してプレーンなファッションもするようになったこと、2話以降、レギュラーたちを動きが良くなったため、石原さんのキャラに頼りきらない、きっちりしたコメディになってきたと思います。特に3話の藤岩さんのファンの純情には、泣けたです~。
コメディ作りに不可欠な伝統が、この枠には確立されつつあるのが、嬉しいです。
ただ、石原さん、厚化粧過ぎる・・・2話の徹夜明け、すっぴんに近かったけれども、こちらの方が絶対に可愛いと思います。メイクも今後変わっていくのかしら。
是永のあっけらかんさなど、これからが楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年10月のまとめ<2016年夏クールのドラマ・まとめ> | トップページ | 真田丸 第41話「入城」 »

作品一覧