2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーゴースト #46「決闘!剣豪からの言葉!」 | トップページ | 動物戦隊ジュウオウジャー 第28話「帰ってきた宇宙海賊」 »

2016年9月 7日 (水)

真田丸 第35話「犬伏」

公式サイト

上杉攻めのための徳川軍に従っていた真田家に大坂で三成(山本耕史)や刑部(片岡愛之助)が打倒家康(内野聖陽)のために挙兵したという報(しら)せがもたらされる。どちらに味方すべきか、信繁(堺雅人)、信幸(大泉洋)、昌幸(草刈正雄)の三人は下野国・犬伏(いぬぶし)の地で白熱した議論を戦わせる。一方、きり(長澤まさみ)は三成らの人質となっていた玉(橋本マナミ)を救出に向かう。そして、三人が下した結論とは?(YAH0O!テレビより)
.

引用したセリフは全て概略です。
.

上杉につくことに決めた昌幸。徳川を裏切るのではない。

「表返るのだ。」

上杉、徳川との関係は二転三転しすぎてて、もう、よくわかりません(笑

告げられた女性たちもそれぞれ覚悟を決めます。薫さん以外ですが。

信繁から家族を任されて張り切るきりちゃん。細川はばっくれるって(汗
しかし、春さんがバチバチ対抗意識を燃やしはじめました。こっちの話は、関ヶ原がひと段落ついてから。
稲さんは、真田は信用できない父からの、裏切るときは知らせよ、という文を昌幸に見せます。

私は真田の女ですから。

「稲は真田伊豆守の妻でございます。徳川に知らせるような真似は決していたしません。」

「よう言うた、お前はりっぱな真田の嫁じゃ。」

稲の手を取る昌幸。おこうも嬉しそうです。
.

出陣の前に大坂城を訪れる信繁。
三成の桃の世話をする且元、すっかり隠居の顔になっている北政所に出会い、大坂城の天守閣を見上げます。

はじめて目にした時はあれほどきらきらと輝いていたのが、今は色落ちて、煤けてしまったように見える。
なぜなら、もう秀吉がいないから。

信繁の見た記憶、それは彼の青春の欠片(涙
.

徳川十万の軍勢を迎え撃つ上杉は、兵不足に悩んでおりました。武士だけは足らない、領内で人を集めることにするも、

「嫌がるものは逃がしてやれ。」

景勝。頷く兼続。
揺らがない上杉主従を描くだけでなく、「畑仕事だけさせといてくれ!」と愚痴る真田の人たちとの対比にもなっていました。
昌幸は、再び乱世になりそうなことにわくわくしているのですが・・・

もう、皆、かつてのように戦さに逸ったりはしない世に移り変わっているのです。
そういう世を作ったのは、確かに、秀吉だった。

一方、会津・上杉へ出陣する秀忠は、父から本多正信をつけられて、信用されていないんだ、と腐っておりました。やる気が萎えた・・・二代目ですなぁ。
そんなお坊ちゃま、秀忠のお尻を叩くのは、江。うわっ気が強そう、と思ったら・・・なんと、新妻さーん!
三谷関連キャスト・オールスターです。
.

上杉征伐の命を受けて美濃・垂井に陣を張る刑部の下へ、三成が、我が方に加わってくれるよう、説得に訪れました。
佐和山からは近いです。大河ワープなんか必要ない、とっても現実的な距離。

「大坂を押さえ、秀頼公を奉ずる。悪い手ではないな。」

「我らに同行願いたい。」

「勝てると思っているのか。」

「わかりませぬ。しかし、やらねばならぬのです。五奉行は内府の策略で三人となり、利家様亡き後の前田家はすっかり骨抜きにされました。上杉討伐も明らかに徳川の言いがかり。
今倒さねば、豊臣の世は終わります。
お命、私に預けていただけまいか。」

沈黙する刑部。

「今日はもう遅い。泊まって行かれよ。」

一人自室に下がって、刑部。茶碗一つ、持ち上げるのに激痛が走る・・・

「わしはあの男が来るのをまっていたのかもしれんな。」

三成を呼びます。

「勝てるかどうかわからぬと申したな。そのような男に命を預けるわけにはいかん!
ともに死ぬなど、真っ平ごめん。そのような弱気な言葉、二度と口にするな。

 

兵を挙げるからには、必ず勝つ。その気合なくして、どうする!」

うるうるする三成(涙

「まずは秀頼公の御名の下に、徳川内府を老衆から外す。さすれば上杉討伐は徳川が起こした勝手な戦さとなる。
次に、これまで内府が如何に太閤殿下の御意思に背いてきたか、弾劾状に記して全国の大名に送りつける。
ことは急を要す。
冶部殿、泣いている暇はござらん。
わしがおぬしを勝たしてみせる。」

三成好きにとっては、本当にそうだったら良かったのになあ、と思わざるおえません(涙
子供のように泣いている三成・・・本当は泣き虫だったんだね・・

大坂城に入った三成と刑部は、てきぱきと戦支度を指示します。
弾劾状を送りつけ、諸大名の妻子を人質をして大坂城に集まる。伏見城は人質を取り次第攻め落とす。
宇喜多を先鋒に総勢で江戸に推し進める。総大将の毛利は秀頼を守って、この大坂城にとどまる。

「太閤殿下がお築きになられた豊臣の世の行く末は、この戦さにかかっております。」
.

伏見城を攻めることになった小早川秀秋、戦さの差配など勘弁して欲しい、とイライラと弱気になっています。
その様子を見ていた江雪斎。

「金吾様、実は拙僧、徳川内府より間者として送り込まれたものでござる。」

じっと江雪斎を見つめる・・・ああ、そういうことなのね。
今はこれが江雪斎の仕事。でも、合戦が終わった後の小早川家の行く末を見た時。何を思うのだろう・・・
.

刑部の屋敷に落ち着いた真田の女性たち。薫は味方の下に身を寄せられたことでほっとしておりますが、これもまた真田が三成勢を裏切らぬための人質である、と知って悲鳴。

ちなみに阿茶の局は混乱に乗じて抜け出したそうです。

しかし人質を取る計画は、細川玉が、夫、細川忠興の命を忠実に守ったことで、一気に三成サイドを危機に陥れることとなりました。

もし、人質に取られるようなことがあれば、屋敷に火を放ち自害せよ。

駆けつけたきり、懸命に止めようとしますが、失敗。
玉はキリシタンとして自害せず、家臣に刺されて命を落としました。

「もう、キリシタンがわからない」

これできりのキリシタン熱は醒めるのでしょうか・・・なんて言っている場合ではありません(汗
三成は人質を殺すつもりなのか、と他の大名妻子の間に動揺が広がります。
稲もまた、父、平八郎は徳川の家臣、このままでは命が危ない、とおこうと子供たちを連れ、沼田を目指して大坂を出立する用意を始めました。

きりから、玉の自害を知った三成と刑部、愕然とします。
これでは人心が離れる。
きりを細川屋敷から助け出した佐助は、三成より、この事態を知らせる文を真田に届けるよう、命じられました

江戸にて大坂の不穏な動きを知る家康。
正純は、佐和山に引っ込んでいる三成はもはや死に体、刑部は病気、気にすることはないと言うも、そこは用心深い家康。気にならないわけがない。上方の動きを逐一知らせよと命じます。

大坂城にて。
戦場にて働くことは叶わぬ、軍勢の采配はおぬしにまかせる、と三成に、刑部。

「して、ご自身はどうされる。」

「わしはこれで、徳川内府と戦う。」

筆を掲げる刑部。

「去就をはっきりとさせていない諸国の大名たちをこちら側につかせる。そのための書状をこれから書く。」

「刑部殿の体が心配だ。祐筆はおらぬのですか。」

「天下の行く末を決める大事な書状。人には任せられぬ。
魂を込めて、私が書く。」

しかし、激痛が襲って持てない。三成が代わって書きます。
お互い、魂を削って、夜を徹して、一葉一葉・・・

夜が明けて。全て語り終わり倒れこむ刑部。

「冶部、このいくさ、勝った・・・」

多分、これが二人の関ヶ原。
この時点では勝っていた。
.

7月19日、秀忠は会津の上杉に進軍を開始しし、大坂では宇喜多と小早川が挙兵、天下分け目の大いくさの幕が切って落とされた。
7月21日、家康が江戸を発った同日、犬伏に陣を張る真田の下へ、佐助が、文字通り風のように到着しました。早い(笑

三成が挙兵したことを知って驚く信繁、怒る昌幸。

「恐らく今頃伏見城攻めが始まっておる。早すぎるわ!」

どういうことだ、と問う信幸に、昌幸の計画を語る信繁。

「父上は徳川と上杉の戦さが始まったら、即座に横合いから襲って、家康の首を取るおつもりでした。
その後に石田様が挙兵しておれば、難なく江戸まで攻め込めたはず。」

「どうなる。」

「徳川がどうでるかでしょう。このまま上杉と一戦交えるか、江戸にとって返すか、はたまた西へ向かって石田勢とうるかるか。」

「いずれにしても、大いくさになるな。」

「その時、父上がどう出るか・・・」

一人、お堂の中で思案する昌幸。
やがて「他の者は近づけるな。」と、息子二人だけを呼び寄せます。

「一日、二日で終わる戦さではない。この先二年三年、いや、下手したら十年続く。

よく聞け、息子たち。これより我らは上田に戻り、城に篭る。」

驚く息子たち。

「上杉に加勢するという話は。」信繁

「一旦忘れる。」

「では、徳川に残るということですか。」信幸

「徳川とは、これを持って縁を切る。とは言え、豊臣につくわけではないぞ。
真田はどちらにもつかん。上田城に立て篭もり、守りを固める。攻めてきた相手が敵じゃ。」

「その後はどうされるのです。」

「世は再び乱れる。日の本中の至るところで大名たちが徳川方と豊臣方に別れ、ぶつかる。一、二年も続けば兵は疲れ、士気は下がるだろう。
それを見計らって、わしは一気に甲斐と信濃を手に入れる。
どうじゃ。」

兄をちらりと見る信繁。兄は何も言わない・・・意を決します。

「果たして父上のお考え通りになりましょうか。」

「なんだと?」

「今や合戦の成り立ちは大きく変わりました。敵味方が巨大な力にまとまり、それがひとところで、一気にぶつかり合う。
そうなったら、この戦さ、案外早く決着がつくかもしれません。」

「どれぐらいと見る。」

「長くてもひと月。」

「それは困る。」

 

「徳川と豊臣、勝った方が次なる覇者となります。」

どちらにもつかない、ということはどちらも敵にわますということ。

「真田の居場所はなくなります。」

「その時はその時だ。」

「徳川であれ、豊臣であれ、戦さに勝った後は、今より遥かに大きな力を手に入れています。太刀打ちできるわけがありません!」

「その時は上杉と誰と手を組んで」

「夢物語はもう、これで終わりにしてください!父上!」

思わず激する信繁。息子の気迫に背を丸め、目を伏せがちになる昌幸。

「源次郎・・・」

「申し訳ございません。」

「どうすればよい。」

お兄ちゃん、間を見計らうのが上手いです。

「こうなったからには、徳川か、豊臣か、どちらかに賭けて生き残るしかありません。」

ここで、三人の様子が気になる部下の邪魔があって・・・
投げつけたのは信幸でした。

「冶部様が毛利様を立て、秀頼公を奉じたのは大きいと存じます。大坂城もすでに抑えておられます。」

「豊臣に賭けるしかないか。」

「わしが太閤殿下の下で長い間我慢してたのを知っているくせに・・・」

昌幸、背を向けて拗ねてしまいました。

「石田様は父上を勝っておられます。うまく話を持っていけば、信濃、甲斐の大名にもなれます。」

「しかし、豊臣が勝つとは限らんぞ。
徳川内府は長い時をかけて多くの大名を取り込んできた。太閤殿下の恩顧の大名たちですら、徳川につくものは多い。
侮ってはならぬ。」

煮詰まったところで、籤を指し示す昌幸。
二人に背を向けていたと思ったら、これを作っていたのね(^^;;
懐かしい・・・
しかし、かつて父の作った籤に一杯喰わされていることもあって信幸、かっと、感情を爆発させ、籤を握りつぶします。

「こういうことは、もう、よしましょう!」

思いつめた表情の信幸。今度は信繁が見守る方です。

「わたしは決めました・・・私は決めました、父上、私は決めたー!」

決心を口にしてから、見る見る明るい表情になっていく信幸。

「源次郎、お前と父上は豊臣につけ。
俺は徳川に残る。」

「お待ちください」

「それが最善の道だ!
いずれが勝っても、真田は残る。」

「しかし、敵味方に別れるというのは」

「そうではない、源次郎。我らは決して敵味方に別れるのではない。

豊臣が勝った時は、お前はあらゆる手を使って俺を助けよ。
そしてもし、徳川が勝ったならば、俺はどんな手を使ってで、お前と父上を助けてみせる。

これは、我ら三人らが、いつの日か、また膝突き合わせて語り合う日のための策じゃ!

例え徳川と豊臣に別れても、常に真田は一つでございます!!」

「良き策じゃ。」

信幸渾身の策に、穏やかに呟く昌幸。
.

決断を下した後、語り合う兄弟。

「兄上には迷惑をかけっぱなしです。」

「まあな。だがこれで良いのだ。
俺は徳川に最も近い。俺にしかできぬことだ。
まあ、我ら三人で、もう一度徳川の大軍を相手にひと暴れしてみたかったな。」

上田の戦いも、今は遠く・・・(涙

「豊臣が勝てば、石田様が要となって秀頼様を守り立てていかれるでしょう。
徳川が勝てば、強大な力を得て、もはや上杉の敵ではない。
どちらに転んでも、戦さの世は終わります。」

「これが最後の戦いになるのだな。」

「大事なのはその先。その先は我らが真田を背負っていかねばなりません。
内府様が勝てば兄上。冶部様が勝てば私が。」

「ばば様の話を思い出すな。
我らはこの時のために生まれてきたのかもしれん。
いずれ、三人で飲める日がくることを祈ろう。」

「必ず。兄上・・・」

頭を下げながら涙を落とす信繁を優しく見守る信幸。

「お前たちは明日の朝早くここを発ち、上田へ向かえ。
俺はここで徳川内府の到着を待ち、真田安房守が離反したことを伝える。
父上のこと、頼んだぞ。」

.

最後の晩、和やかに酒を酌み交わす三人。

史記に書かれてある韓信の「背水の陣」に感心したことを肴に朗らかに語る信幸。
他人の策には興味のない昌幸(笑

「戦さはな、兵士たちの心を動かすのも大事だが、一番肝心なのは、ここじゃよ。」

自分の頭を指差しました。その仕草を楽しそうに見詰める兄弟。

討ち死に覚悟の戦さと見せかけて、実は勝つための戦さだった、というのは、父上のお考えに通じるものがあります、と持ち上げる信幸。

「父上は日の本の韓信だと俺は思っておる。だからこそ、父上の突拍子もない策を聞いても、いつも安心してそれに従うことができる。」

「しかし、わしに言わせれば、韓信はバカたな。」

「何故そう思われます。」信繁。

「背水の陣の真の狙いを全て見抜かれておるではないか。そんなことまで書物に書かれては、もう、誰も背水の陣なんかできんわ。」

「確かにそうだ。」信幸

「さすが、父上。」信繁

こうして、三人が三人らしく過す、おそらく最後の時が経っていくのでした・・・
.

関ヶ原の合戦のシーンはないように思います。
書状に自分たちの思いのたけを必死で綴る刑部と三成のシーンが全てとなりそうです。
彼らは戦いをしたかったわけでは決してないから。
とても三谷さんらしいと思います。

実は後半、とあるPAで流れていて、目を逸らすのに必死でした(汗
ちゃんと最初から見たかったですし~

この大河最大の見せ場の一つ、犬伏の別れは、ここまでの流れを見れば、もうこれ以外描きようがないと思いました。

喧嘩別れでもなければ、単に真田家を絶やすまいとして二手に分かれたのでもない。

はじめて真正面から父に逆らった信繁、はじめて自分の策を却下された昌幸、はじめて自分の策を通した信幸。
いつも、どうする、どうなる、と尋ねてばかりいた信幸が、この結論に至るまで、どれほどの出来事があったことか。

もう一度三人で徳川を・・・は、二度とこないのです(涙

戦国の世が終わり、真田の代が代わったことを、それぞれの悲しみを、真田家らしく可笑しみも込めて込めて清々しく描いていました。

関ヶ原前夜の三成と刑部の絆、そして犬伏の別れ。落涙でした。

「我らはこの時のために生まれてきたのかもしれん。」信幸

深い。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーゴースト #46「決闘!剣豪からの言葉!」 | トップページ | 動物戦隊ジュウオウジャー 第28話「帰ってきた宇宙海賊」 »

△大河:真田丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/64171001

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第35話「犬伏」:

» 真田丸「犬伏」 [のほほん便り]
家康(内野聖陽)の上杉討伐に乗じて、三成(山本耕史)が挙兵。昌幸(草刈正雄)信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)は、いったんは、上杉につくことを決め、家族に上田へと帰るよう告げます信幸。妻・稲(吉田羊)も、真田の人間として覚悟を決めます。しかし、信幸は、徳川につくことを。信繁(堺雅人)と敵味方になることに。ずっと様子を見ていた昌幸、どちらが勝っても真田の血が残ることを宣言。(しかし、ここで再び、こよりのくじが出てきて可笑しかったですね)兄弟は、犬伏で、信頼しあった上で別れることに。笑顔での別れがヨカッタです... [続きを読む]

» 真田丸 第三十五回「犬伏」 [事務職員へのこの1冊]
第三十四回「挙兵」はこちら。おいおい、と言われることを承知で告白すると、ちょっと泣きました。「犬伏」後半は名作ですね。わたしたちはこの出来事から400年以上も経っているから、当時の大名の動きについて冷静に論評できる。そのなかで、徳川にも豊臣にもつかない...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」 #35 犬伏 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに真田家分裂!! 真田親子の今生の別れ・・・。 [続きを読む]

» 真田丸 第35回 [レベル999のgoo部屋]
『犬伏』「真田家の物語で最も有名な逸話犬伏の別れ」内容家康(内野聖陽)の上杉討伐に乗じて、三成(山本耕史)が挙兵する。昌幸(草刈正雄)信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)は、上杉につくことを決め、家族に上田へと帰るよう告げる。すると、稲(吉田羊)は、父・本多忠勝よりの文をとりだし、真田の嫁としての決意を、一同に伝えるのだった。 そのころ三成は、大谷吉継(片岡愛之助)に挙兵する旨を伝えていた。吉継も思いに共感し、すぐさま動き始める。 三成、家康それぞれの軍が動き始める中、犬伏において、昌幸、信幸、信繁は、... [続きを読む]

» 真田丸 第35回「犬伏」~徳川と豊臣に分かれても、常に真田はひとつでございます!(涙) [平成エンタメ研究所]
 信繁(堺雅人)は叫ぶ。 「夢物語はいい加減にして下さい、父上!  徳川と豊臣、どちらも味方しないのはどちらも敵にまわすこと!  徳川か豊臣、どちらかについて生き残るしかありません!」  信繁が父・昌幸(草刈正雄)を越えた瞬間だ。  時勢を読む力において、...... [続きを読む]

» 真田丸「犬伏」 [blog mr]
 有名な会談らしいのだが、その内容より、ゲンジロウが昌幸に、夢を見るのはもうやめろ、というようなことを言うのが印象的。  あと、細川ガラシャの死が、三成方は人質を殺す、という実例になってしまった、というのも、ほぉぉ、という感じ。  昌幸の、本にあれこれ書かれてしまっては、もう誰も「背水の陣」を使えない、というのも面白かった。武士の酒飲み話としても秀逸だし、昌幸の頭のよさもわかる。  佐助が駆け抜けるコントのようなシーンはいらなかったかなぁ。 ... [続きを読む]

» 【真田丸】第35回感想と視聴率「犬伏」 [ショコラの日記帳・別館]
副題「犬伏」 新聞ラテ「真田家の物語で最も有名な逸話犬伏の別れ」 -<9/11( [続きを読む]

« 仮面ライダーゴースト #46「決闘!剣豪からの言葉!」 | トップページ | 動物戦隊ジュウオウジャー 第28話「帰ってきた宇宙海賊」 »

作品一覧