2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 動物戦隊ジュウオウジャー 第26話「大切な日を守りたい」 | トップページ | 仮面ライダーゴースト #44「起動!デミアの恐怖!」、#45「戦慄!消えゆく世界!」 »

2016年8月25日 (木)

青空エール:映画 

2016年 日本 126分 

公式サイト

原作:河原和音「青空エール」:集英社
監督:三木孝浩/脚本:持地佑季子/製作:市川南/撮影:清久素延/照明:小笠原篤志/録音:豊田真一/美術:花谷秀文/編集:坂東直哉/音楽:林ゆうき
出演:土屋太鳳、竹内涼真、葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、平祐奈、山田裕貴、志田未来、上野樹里

Photo


「高校デビュー」「俺物語!!」などでも知られる河原和音の人気コミックを、「orange オレンジ」の土屋太鳳と「仮面ライダードライブ」「下町ロケット」の竹内涼真の共演で実写映画化。
監督は、「アオハライド」「ホットロード」「僕等がいた」など数々の漫画原作映画を手がける三木孝浩。

北海道・札幌。野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦う大介をスタンドで応援する」と約束を交わし、その約束を実現させるため、2人は互いに惹かれあいながらも、それぞれの部活動に邁進していく。
吹奏楽部の仲間としてつばさを支える水島亜希役で、NHK連続ドラマ小説「まれ」でも土屋と共演した葉山奨之が出演。(映画.comより)

@TOHOシネマズ

ネタばれなしの感想です。

原作未読です。

このジャンルの映画は滅多に観ないのですけれども、竹内さんがライダーを卒業してからの初主演映画、ということで、ご祝儀代わりに鑑賞しました。

アイドル青春映画ど真ん中の作品。
内容は予想以上でも以下でもありませんでしたが、エピソードの抜粋や主なキャストの見せ場の作り方など、デレクションが手馴れていたので、2時間強、飽きずに観れました。
家族のエピソードをばっさり端折って、生徒たちに照準を合わせたのは良い判断だったと思います。
TVドラマ「仰げば尊し」では全く描かれていないパー練(パート練習)をちゃんと描いていたのにも、好感が持てました。パー練で合わせてからの、仕上げとしての全体合奏ですから。

登場人物が皆、最終的にはいい子であることや、メインの二人がキャラも含めて体育系なこともあって、陰影は少なかったかもしれません。
少女マンガが原作だそうですが、テーマが野球と吹奏楽部、ということで汗臭くもあり、往年の日活青春映画のテーストを感じました。
家族を描いていないので松竹でもなく、大映ドラマのような奇想天外さもなく、東宝のようなお洒落感もなく。配給は東宝ですが。

この手の映画は、印象的な若手の俳優さんを見つけるのも楽しみの一つ。
朝ドラや「下町ロケット」などのキャスティングがダブっているのは、それだけ彼らが注目されている、ということ。

志田未来さんはもう別格として、一番印象的だったのは、ヒロインが1年の時のパートリーダー、春日を演じた小島藤子さん。すでにキャリアも長く、今後が楽しみです。
エリート水野を演じた葉山奨之さんの、影ある表情も印象に残りました。
ヒロインの親友を演じた松井愛莉さんの、ヒロインとは対照的な軽さが意外と(汗)、はまっていました。
野球部マネージャーの平祐奈さんは「立花登青春手控え」の生意気お嬢様、「すえ」。気の強そうなキャラが作品に鋭角さをもたらしていたと思います。同じく、名前はわからないのですが、ヒロインの後輩でクラリネットパートの女の子も、不満げな表情が印象に残りました。
ぶきっちょキャラを演じられた土屋さん、ヒロインならではのプラスアルファーが欲しかったのですが、ヒロインがステロタイプに徹することで風通しが良くなる作品だから、これはこれで。
堀井新太さんと山田裕貴さん、もう少し出番があったらなあ。でも少ないシーンでもちゃんと持っていってたのはさすがでした。

上野さんの指揮演技、リズム感が良くって・・・千秋先輩よりうまいんじゃないかな(^^;;
「スウィングガールズ」からもう13年。あの時の元気一杯のおちこぼれ部員が今や顧問とは(違)。
あの映画のファンとしては嬉しいキャスティングでした。

で、竹内さんですが。
「時をかける少女」もそうだったけれども、泣くシーンがいいんですね、この人。
その代わり、ラブシーンはこれからかも。ヒロインに向ける何気ない笑顔が、緊張しているように見えるのです(^^;;
でもチャラくない、ちょっと不器用なところが魅力とも言えます。
体格も良いし、これくらい真っ直ぐな体育系キャラで主役を張れる人は他にいないと思う←欲目入ってます(汗

他にいないだけに、役が難しいだろうけれども・・・いい役に恵まれますように。

期待してます。

.

.

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 動物戦隊ジュウオウジャー 第26話「大切な日を守りたい」 | トップページ | 仮面ライダーゴースト #44「起動!デミアの恐怖!」、#45「戦慄!消えゆく世界!」 »

*DVD・映画・観劇 あ行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2016年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空エール:映画 :

» 「青空エール」 [ここなつ映画レビュー]
こっぱずかしいくらいに胸きゅんになりたい、と、突然私の中の何かが呟いたので、行って来ました「青空エール」。…こっぱずかしくなんか全然なかった…。胸きゅんというよりむしろ熱い感動。すごくすごく、本当にすごーく良い作品!超オススメ!鑑賞中は近年稀に見る号泣で、その点だけは自分で自分がこっぱずかしかった。それは認めよう。けれど、劇場内からはあちこちから涙を拭く音、鼻をすする音がし、上映終了後は、「泣き過ぎてうるさくてゴメン」とか「やばい、こんなに泣くとは」とか連れに話していた観客も結構いたので、私だけが異... [続きを読む]

» 青空エール [あーうぃ だにぇっと]
青空エール@ニッショーホール [続きを読む]

» 青空エール [象のロケット]
ブラスバンドの応援に憧れ、小野つばさは吹奏楽部の名門・白翔高校に入学した。 だがトランペット初心者のつばさはレベルの高い練習についていけず、何度も挫折しそうになってしまう。 そんな彼女を勇気づけてくれたのが、クラスメイトで野球部員の山田大介。 二人はある約束を交わす。 それは、いつか甲子園に大介が出場し、アルプススタンドで、つばさがトランペットで応援することだった…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

» 青空エール [銀幕大帝α]
2016年 日本 126分 青春 劇場公開(2016/08/20) 監督: 三木孝浩 『アオハライド』 主題歌: whiteeeen『キセキ~未来へ~』 出演: 土屋太鳳:小野つばさ 竹内涼真:山田大介 葉山奨之:水島亜希 堀井新太:城戸保志 小島藤子:春日瞳 松井愛莉:脇田陽万里 ...... [続きを読む]

« 動物戦隊ジュウオウジャー 第26話「大切な日を守りたい」 | トップページ | 仮面ライダーゴースト #44「起動!デミアの恐怖!」、#45「戦慄!消えゆく世界!」 »

作品一覧