2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーゴースト #41「激動!長官の決断!」 | トップページ | 2016年夏クールドラマ 感想その3「はじめまして、愛しています」「営業部長 吉良奈津子」 »

2016年7月29日 (金)

2016年夏クールドラマ 感想その2「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」「家を売るオンナ」「仰げば尊し」

もう各話2~3回進んでいますので、今までの印象をまとめての、一言感想です。
.

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」
原作未読です。
共感、という感覚を持っていないという比奈子。元からないのか、もしくは失わざるおえない過去があったのか、このままサイコパスの方向へ進んでいくのか・・・七味というアイテムを残して亡くなった母の存在が気になります。
3話、母を守ると健気に誓う少女を見る比奈子の、邪悪さすら感じさせる眼差しにドキっとさせられました。
心療内科医チームも怪しいですし、ドラマとして面白く見ています。

.

「家を売るオンナ」
大石さんの脚本ということで、もっとドロっとしているかと思ったら、意外や意外。
ヒロインが事故物件に怖がりながら住んでいる、という設定とか、親の脛をかじりながらの引きこもりも、また生き方の一つとするなど、ナンセンスなテースト。こういうストーリー、好きなんです(^^;;
北川さんの、美人過ぎて怖いほどのルックスをうまく生かしており、漫画チックなテンポも良く、楽しく見ています。

.

「仰げば尊し」
えーっと、高校の時、吹奏楽部だったので、突っ込みどころがありすぎて(汗
一つだけ挙げておきます。
音楽好きな不良たちを惹きつけるには、根性だけでなく、指導者としての力量もあるべきなのに、漫然と全体練習をしてるようにしか見えなかったところです。時間がなかったとはいえ、パー練(パート練習=楽器ごとの練習)シーンもなく。このままだと別に吹奏楽部でなくってもいい気がしました。
まだ1話しか見ていませんので、流れが変わっていたら、ごめんなさい。

.

.

2016年夏のドラマ:視聴予定
2016年夏クールドラマ 初回感想その1「神の舌を持つ男」「時をかける少女」「好きな人がいること」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーゴースト #41「激動!長官の決断!」 | トップページ | 2016年夏クールドラマ 感想その3「はじめまして、愛しています」「営業部長 吉良奈津子」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2016年第3クール」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~~。

全く民放のドラマの感想が出来ていませんが、この3本はそれなりに楽しみに見ています^^

特に好きなのは「家売るオンナ」
ストーリーもハッとさせられるし、何よりもロボのようなサンチーが潔くて可愛い。
千葉ちゃんの足立王子も今後が楽しみですね。

日曜は裏の「HOPE」の方がドラマとしては面白いかも。
「仰げば」は今や完全にマッケン目的で見てます。
ケンカばかりでちっとも音楽が始まらないし、セリフまで「ROOKIES」そのものなんですものー!

月9と木曜の2本はもう落ちました(笑)
まぁ、夏ですからこんなもんですよね。
少しゆっくりさせていただきます^^

くうさん、こんにちわ~

私も何にも感想は書けていないのですけれども、この三本は今も見続けてます。
「家売るオンナ」は、情緒を絡ませないナンセンスなテンポが好みです。
>千葉ちゃんの足立王子も今後が楽しみですね。
優しいのか、優しくないのか、わからないのが絶妙ですね!
「仰げば尊し」はちょっと脱落しそうになっていましたが、合宿あたらからようやくブラバンならではのエピがほんのちょっと絡んできてので、何とか踏みとどまっています(^^;;
荒々しいセリフの洪水の中、ジェントルな木藤はオアシスですわ~
「HOPE」は、録画がたまっている状態なんですよ(汗

「そして、誰もいなくなった」、1話は見たのですが、流し見不可、がっつり見るドラマなのがネックとなって、それ以降まだ見れていません。
日曜日はもう手一杯だし。
私も、のんびりいきますです~(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮面ライダーゴースト #41「激動!長官の決断!」 | トップページ | 2016年夏クールドラマ 感想その3「はじめまして、愛しています」「営業部長 吉良奈津子」 »

作品一覧