2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 動物戦隊ジュウオウジャー 第15話「戦慄のスナイパー」 | トップページ | 殿、利息でござる!:映画  »

2016年5月28日 (土)

仮面ライダーゴースト #32「追憶!秘めた心!」

公式サイト

五十嵐(モロ師岡)の記憶の世界に入り、10年前の父・龍(西村和彦)、仙人(竹中直人)らの“実験”を間近に見るタケル(西銘駿)。眼魔(ガンマ)とは?眼魂(アイコン)とは?そして、父がタケルに託した思いとは?
子供化現象が進行、子供たちがさらに小さくなり始めた。このままでは大人が子供のまま命を落としてしまう。タケルはシブヤ(溝口琢矢)と子供になった母・美穂(中原果南)を仲直りさせようと奔走、マコト(山本涼介)、アラン(磯村勇斗)は子供化現象を食い止めようとするが…。(公式サイトより)

10年前、ガンマイザーに対抗するために15人の英雄の眼魂を集めた龍。
英雄の魂は選別したんだそうで、これには色んな意味で突っ込んでしまいました。
魂を選別するって、どうやって?
何だかお手軽すぎるというか・・・まあ、今やアイテムでしかないですものね。当初の設定がどんどんデフレている気がします。
ともかく、龍はその力をタケルに託した、というわけです。
その時、タケル、8才かあ・・・。
理由が、無限の力を信じて、というだけでは、マコトやアランの背負っているものと比べて、インパクトが弱いように感じました。もっと大きな謎があるのかな。
無限の力・・・もう死んでいるし・・・それは龍、もしくはおっちゃんの策なのかな。どんでん返しがあるのでしょうか。

マコトとカノンが西園寺の実験台にされたことと、西園寺の、眼魔世界の独り占めしたい、もしくは手に入れたいという野望と微妙にずれている気がするのは、西園寺がなぜ眼魔を欲しがっていたのか、未だにわからないからです。
この件だけでなく、眼魔ってわからないことが多すぎる。描いているのかもしれないけれども、ぼんやりな自分にはわからないです~。

今回はシブヤ母子に持っていかれちゃったかな。
子供になったお母ちゃんの、未来の旦那に対する執着には、ちょっと引きましたが。
溝口さん、大きくなったなあ。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29、30  #32

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 動物戦隊ジュウオウジャー 第15話「戦慄のスナイパー」 | トップページ | 殿、利息でござる!:映画  »

△特撮:仮面ライダーゴースト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーゴースト #32「追憶!秘めた心!」:

» 今日の仮面ライダーゴースト 第32話 [地下室で手記]
「追憶!秘めた心!」 タケルが生き返るために仮面ライダーになり英雄の眼魂を集めるようになり、残された時間はあと39日。 タケルの目の前に父の龍が姿を現わし驚いていると、仙人が龍、五十嵐、西園寺に10年後眼魔が人間世界への本格的な侵攻計画を決めたと説明を始めます。 タケルは父に気づかれないだけではなく、触ろうとして失敗した事から五十嵐の10年前の記憶だと分かります。 シ...... [続きを読む]

« 動物戦隊ジュウオウジャー 第15話「戦慄のスナイパー」 | トップページ | 殿、利息でござる!:映画  »

作品一覧