2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« これが私の人生設計:映画  | トップページ | 動物戦隊ジュウオウジャー 第8話「サバンナのメロディー」 »

2016年4月 5日 (火)

真田丸 第13話「決戦」

公式サイト

ついに徳川家康(内野聖陽)の大軍が上田に押し寄せる。越後から戻った信繁(堺雅人)を加え、真田家は一丸となって昌幸(草刈正雄)の計略を実行、徳川軍を迎え撃つ。お梅(黒木華)の機転をきっかけに、信繁は真田家の家紋「六文銭」の描かれた旗を戦場に高々と掲げる。数倍の数の敵を相手に、昌幸の策は次々と成功。真田家は痛快な番狂わせを演じるが、最後にたった一つの誤算が生じる。信繁が駆けつけた先で見たものとは…。(YAH0O!テレビより)
.

今日はちょっと時間がないので、サクサク書きます。
引用したセリフは全て概略です。
.

上杉が貸してくれた百人の兵は、病人、老人、子供たちと、ほとんど兵士としては役に立ちそうにならない人たちばかり。
それでも恩着せがましい兼続(苦笑

「ご武運をお祈りいたす。」
「直江様のお口からそのようなお言葉が聞けるとは。思い及びませんでした。」
「真田が徳川に負ければ、次に狙われるのは上杉だ。(ふんっ)」
嫌がらせでもなんでもなく、今の上杉にはこれが精一杯なのでしょう。ええ格好しいの景勝さんの無茶な願いを何とか叶えた兼続でしたが・・・
ありがた迷惑もいいとこですな、と三十郎。
「あのものたちを死なせるわけにはいかない。」
かえって守らねばならないものが増えてしまった信繁なのでした。
.

徳川家では、真田攻めに加わらせてもらえない平八郎が「なぜじゃあ!」とごねております。
「ここにいて、わしを守れ。おぬしが出て行くほどの戦さではないわ」
と宥める家康。信尹を拘束し、ここまま囚われ人になるか、真田を捨ててわしの家来となるか、好きなほうを選べ、と告げます。
どちらにしても、このまま真田に帰らせるわけにはいかない。人質なのだから当然なのですが、加えて家康は信尹を買っている。有能な人材は、味方にできなければ消してしまうのは、鉄則です。信尹はどのようにしてこのピンチを潜り抜けるのでしょうか。
.

さて、徳川軍は神川を挟み、上田城の向かいに陣を張り、沼田城を渡すよう最後通告をしてきます。
沼田を渡せば、兵を退く、と。
もちろん、受け入れる気など全くない昌幸。返事を待っている間に時間を稼ぐ、と。
作兵衛の指揮の下、着々と仕掛けが作られていく上田城下。

戦さを前にして落ち着かない嫁たちを
「負け戦さの時は戦う前から負け戦さの匂いがするもの。今はあなたの香の匂いしかしません。」
と落ち着かすばば様。あなたというのは、薫さんのことです。
ばば様にそう言ってもらえると何だか安心する、と信繁と梅の娘、すえのお守をするきりちゃん。
しかし、信幸の病弱な嫁、こうが、このような戦さを幾度経験したのか、と問われて、ばば様。
「これが初めてです。ばばの話を真に受けないように。」
さすが昌幸の母。

で、梅ちゃんはというと、兄、作兵衛たちの隠れ家である寺にいる兵士たちの世話をしながら、娘にお乳をやるために城へ戻ってくる、つまり寺と城を行ったり来たりしておりました。
彼女の動きが今回のテーマでもあるのですが、全部拾っていたらきりがないので、定点観測程度にとどめておきます。

慌しく城へ戻ってきて、立ったまま授乳しようとする梅ちゃんを、薫さんが注意します。

「慌てずに座って落ち着いてしなさい。母親の体がふらふらしているとね、赤子も飲みにくいのもなのですから。」
薫も自分の乳で育てたのか、とちょっと意外そうな梅。
「乳母の乳で育てると、自分に懐いてくれないのではと。」
「やはり自分の乳をやりたいですものね。」
「おや、眠ってしまった。母に抱かれて安心したのですね。」
「私もこの子を抱くと安心します。」
「私もそうでした。・・・良い子を産んでくれました。」

やっと素直になれた薫。
しかし嫁姑の間柄が好転したのも、もう、梅ちゃんのフラグとしてしか見えません(_ _);;
.

主だったものを集めた昌幸。策を伝える、と餅を持ってこさせ、捻っては伸ばしつつ、語ります。

「七千の軍勢を真正面から挑んでも、勝ち目はない。だか、この七千も、こうやって、こうやって、こうやって、細く長く伸ばしていけば、わずかな兵でもたやすく切り崩すことができる。これをやる。」

いや、それはわかっているのだけれども。何か言いよどんでいます、昌幸。
布陣は?と問われて、ちょっと手を洗ってくる、と席を外してしまいました。
説明するのに碁ではなく、不定形な餅を使ったのは、昌幸の逡巡する気持ちを表していたのでしょうか。

「何を悩んでいる。」
一人、手を洗っている昌幸に尋ねる出浦昌相。
「よう、わかるの。
わしは負ける戦さはしたことがない。今回も水も漏らさぬ策を立てた。」

「では。」
「だが、駒が一つだけ足らんのじゃ。これでは勝てん。」
「いざとなれば、わしが本陣に乗り込み・・・」

「父上!!帰ってまいりました!」

駆けつけてくる信繁と三十郎。

「勝った。」

顔をほころばす昌幸。
.

ここらから昌幸の立てた策です。今度はちゃんと碁を使って説明。

信幸を上田城より北東にある戸石城に待機させる。
信繁は敵を、すんなり通さず、ほどほどに手向かいつつ少しずつ、城下に誘い込む。
作兵衛と彼の配下の兵は城下に潜み、敵が現れたら横合いからつきかかり、信繁を助ける。
信繁は大手門まで敵を引き寄せ、良きところで大手門を開き、二の丸へ逃げ込む。これを追って敵はなだれ込む。

「だが、この二の丸は、知らぬものには迷い道だ。先へ進めぬ。
敵の勢いが弱ったところで、わしの出番じゃ。本丸から本軍を持って正面をつく。
せまいところで追い立てられた敵は、城から我さきにと逃げ出す。
そこで源三郎、おぬしは戦さの始まりを確かめたら、戸石城を出て城下に向かえ。そして城から逃げてきた徳川勢に一気に横から突っ込むんだ。これで総崩れじゃ。」

仕上げは出浦。

「昌相は神川の堰を切り、退路を断て。」

策を述べ終わった後。

「負ける気がせん。」

そして叔父、矢沢頼綱に沼田に戻るよう、指示します。

「徳川が動けば、必ず北条も動く。沼田を守り抜いていただきたい。
では、おのおの、抜かりなく。」

.

城に戻った信繁、やっとわが娘と初対面できすが、抱くのはこわごわ。誰かに渡そうとしますが、こうが「抱いてましょうか」と手を差し出すと「大丈夫です。」ときっぱり断りました(笑
薫が抱き上げ、愛しそうにあやすのを見て、びっくりする信繁。あれほど結婚に反対していたのに。
「赤子ににはそういう力があるのです。」と、ばば様。
つかの間、和やかな真田家なのでした。
しかし、梅ちゃんがいない。寺に戻っているのです(汗。

戦さ支度が進む城下を見て廻る信幸と信繁。

「父上の頭の中を一度覗いてみたいものだ。」信幸。
信繁とすれ違う、城へ戻る途中の梅。避難が遅れた子供のために、お守りを捜しておりました。
探し出したお守りは六文銭。梅は子供に銀の粒をやって買い取ります。
このお守りはきりの手から、信繁に渡りました。

六文銭とは、真田のもう一つの家紋。
信繁はかつて梅に、六文というのは、三途の川の渡し賃だと語って聞かしたことがありました。
縁起でもない、というきりに、
「悔いのないように、心置きなく戦え、ということだ。」と信繁。
.

「この戦さ、誰が考えても我らの分が悪い。そのことが逆に勝機になると、父上はお考えになったのでは。
敵は一気に押しつぶしてくるはずです。そこに隙が生じる。大軍ならでは隙が。」
信繁。

夜が明けて、戦さがはじまります。
碁を打ちはじめる、昌幸と内記。

神川対岸に陣取る徳川軍を、六文銭の旗印を掲げ、謡曲「高砂」を鐘や太鼓とともに謡ってからかう信繁たち。
挑発に乗ってしまった徳川は、後退する信繁たちを追いかけるのでした。

こんな緊迫した状況でも、寺の兵士たちの世話をしながら、城へ赤子の乳をやりに戻る梅ちゃん。
「わたしはこの子のために戦いに行くの。」
女丈夫というより、戦さに舞い上がっているようにも見える梅に、きりちゃん。
「あなた、戦さは嫌いなんじゃないの?!」
「親となったら、話は別よ。」

戦いは昌幸の策通りとなりました。
見事、昌幸の期待通り働く信繁。

梅は大手門に押しかけてきた敵と遭遇して、危機一髪となりましたが、佐助が登場。
梅を助けたり、出浦の助手を務めたり、あちらこちらへと連絡係りを務めたり。佐助が神出鬼没すぎる(汗笑

本丸の門が開いた時、本軍を率いる昌幸の登場、格好良かったです。
一斉に徳川たちに襲い掛かりました。
.

さて、戦さは大詰めを迎えました。
出浦が切った堰のため、上田城の戦線と分断されてしまった徳川本陣。

本丸から逃げてきた兵と、川岸から戻ってきた兵がぶつかって城下を右往左往する様子を、櫓から見るきりと梅。
そこへ真田軍が銃を撃ち、矢を撃ちかけます。

「もう、戦さなんてものじゃないわね。」きり。

そう、戦いではなく、虐殺。
彼らの姿は、一歩間違えば、自分たちの姿でもある。

真田の大勝利。見る影もない徳川の大軍。

「これで家康は引き下がるかのう。」出浦。
「・・・いや、長い戦いになるかもしれんな。」

勝利を喜ぶのではなく、憂い顔の昌幸。
.

戦いの終わった城下を兄とともに見てまわっていた信繁。
梅や作兵衛たちの隠れ家である寺の柵が壊され、中も荒らされてようなを見て、驚きます。

「逃げ場を失った敵が柵を壊して、山に逃げ込んだのかもしれぬな。」信幸。

慌てて境内に入っていった信繁が見たのは、累々と横たわる死体。
作兵衛の名を幾度も呼ばわると、微かな返事が帰ってきました。
深手を負うも生きていた作兵衛。

「助けてやれなくて、すまなかった。」
「まさか、こっちへなだれ込んでくるとは・・・お梅は無事に戻りましたか。」
「佐助が本丸に入れてくれた。」
「お梅がここにいなかったのが、不幸中の幸い。乳をやりにいかせて良かった。」

その時、赤ん坊の声がし、「お梅」と振り向く信繁。
しかし、赤ん坊を抱いて立っていたのは、きりでした。

「櫓の上にいたんだけど、柵が壊されるのを見て、お梅ちゃん、皆が心配だって・・・私、止めたんだけど・・・」
「こっちへ戻ったのか。」

梅の亡骸をみつけて号泣する信繁。
.

戦いの最終場面で櫓に登っていたので、フラグは囮だったのか、と一瞬思わせておいて、やっぱり亡くなってしまった梅。

城に戻ってからは、ついに一度も会えなかった二人。
梅ちゃんには気の毒ですが、きりちゃんが言ったように「本当になにやってんのよ、あんたたち(主に梅ちゃん)は!」でした(大汗
子供を守るのならば、側にいてやることが、一番大事なような気がしたのですが・・・
戦場を走り回る梅が映るたびに、ちょっと落ち着こうよ、と突っ込みを入れてしまいました。

それで、作兵衛と一緒に戦っていた兵士たちは、梅ちゃんとは同じ里というか共同体の人々だったのだろう、と脳内補填してみました。ひょっとしたら皆血縁だったのかもしれない、とか。でも、そうだとしてもねえ・・・

それより何より、梅の死は、大勝利を収めた真田へのペナルティーのように感じました。

徳川勢の戦死者は1300あまり、真田は50人にみたなかったという。

正攻法では勝てないため、ゲリラ戦にならざるおえなかった戦い。
普通なら、小よく大を倒す戦いで、もっと明るく爽快な話で終わるところを、虐殺シーンや梅の死によって暗い影を落としたのです。
大勝利の影に、敵味方を合わせて千人を越す犠牲者が出たこと、戦いそのものが持つ負のエネルギー、そして真田の運命を暗示する、影。

家康はこの敗戦を聞いてどう悔しがったのでしょうか。
次回、いよいよ秀吉の登場です。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« これが私の人生設計:映画  | トップページ | 動物戦隊ジュウオウジャー 第8話「サバンナのメロディー」 »

△大河:真田丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/63443771

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第13話「決戦」:

» 真田丸 第13回「決戦」〜いくさを単にカッコ良く描かない三谷ワールド [平成エンタメ研究所]
「大勝利です!」 「さすが父上じゃ。佐助、勝ちどきの合図を!」  その大勝利を得た戦術は……。  7000の軍勢を長く伸ばして直線にしてしまえば、7000の力を発揮できない。  迷路のような城下町に引き込み、各個撃破!  二の丸で袋のネズミにして集中攻撃!  潰走し...... [続きを読む]

» 真田丸「決戦」 [のほほん便り]
信繁(堺雅人)が越後に人質にいったことで、徳川家康(内野聖陽)との対決は免れないものとなり、ついに戦が。 真田側は、昌幸(草刈正雄)の計略を次々実行し、水攻めに挟み撃ち、追い込んで鉄砲での攻撃と、落とし穴 その丹念描写が「ほぉ… これが実際の戦であり、作戦なのですね」と感心させられたのでした。 六文銭を描いた大旗を振りつつ、敵を誘導する信繁が印象的です なにせ、真田軍2000に対して徳川軍7000。真田の援軍は、年寄り、子供、農家の素人集団の寄せ集めで真っ向勝負ではひとたまわ... [続きを読む]

» 真田丸 第13回「決戦」 [あしたまにあーな]
今回が信繁の青年時代最後の回という触れ込みで始まった今回ですが、そこはまさに徳川との合戦のど真ん中。昌幸が一コマ足りないと嘆いている中で信繁が駆けつけることによって、上田合戦は昌幸にとって勝ったも同然と言うほどの心の余裕を持つことになります。前回から随分梅に対してクローズアップされていて、今回もことある毎に梅は登場します。物語のなかで少し不自然なほどの登場はその人の最期を意味する事が多いのですが、結果としてその通りになってしまいます。 しかもその最期はあまりにも唐突で、ほんの少し前のシーンでは子供を... [続きを読む]

» 真田丸 第13回 [レベル999のgoo部屋]
「決戦」 内容信繁(堺雅人)が人質となり、上杉と手を組んだことで、真田と徳川の対立は、決定的になる。ついに、家康(内野聖陽)は、真田の本拠・上田へと軍を向かわせる。 信繁の懇願が通り、上杉も加勢。信繁も戦いに参加出来ることに。しかし、兼続(村上新悟)が...... [続きを読む]

» 【真田丸】第13回 「決戦」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ついに徳川家康(内野聖陽)の大軍が上田に押し寄せる。越後から戻った信繁(堺雅人)を加え、真田家は一丸となって昌幸(草刈正雄)の計略を実行、徳川軍を迎え撃つ。 お梅(黒木華)の機転をきっかけに、信繁は真田家の家紋「六文銭」の描かれた旗を戦場に高々と掲げる。 数倍の数の敵を相手に、昌幸の策は次々と成功。 真田家は痛快な番狂わせを演じるが、最後にたった一つの誤算が生じる。 信繁が駆けつけた...... [続きを読む]

» 真田丸 第十三回「決戦」 [事務職員へのこの1冊]
第十二回「人質」はこちら。前回の視聴率は予想を大幅に上回って17.9%。裏がイッテQ!のスペシャルで20%を超えているなかでの数字。ほんとに視聴率というのはよくわからないものなのでした。さて「決戦」。こちらもわたしの予想を超えていきなり戦闘シーンの連続。し...... [続きを読む]

» 真田丸「決戦」 [blog mr]
 前半で昌幸が、後半でも他の人が戦術を解説してくれるのでわかりやすい。  あの杭は、魚を追い込むときと同じ形だね。前進はしやすいが後退しづらい。 「駒が足りん」と言ったところに源次郎が帰ってきて「勝った」w  テンポがいいだけに可笑しい。  にしても梅が。  悪いが「何しとんねん」って感じに映る。戦の最中に城を出たり入ったりとかありえねぇ。頭がいい人っていう描かれ方をしてただけにねぇ。  史実だと言われればぐうの音も出ないけども。  大堀こういちの登場に驚く。 ... [続きを読む]

« これが私の人生設計:映画  | トップページ | 動物戦隊ジュウオウジャー 第8話「サバンナのメロディー」 »

作品一覧