2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2016年冬のドラマ:視聴予定 | トップページ | 仮面ライダーゴースト #13「豪快!自由な男!」 »

2016年1月10日 (日)

真田丸 第1話「船出」

公式サイト

脚本:三谷幸喜/演出:木村隆文、田中正、小林大児、土井祥平/音楽:服部隆之/プロデューサー:清水拓哉、吉岡和彦/制作統括:屋敷陽太郎、吉川邦夫/ソロヴァイオリン:三浦文彰/「紀行」ピアノ:辻井伸行
出演:堺雅人、大泉洋、長澤まさみ、木村佳乃、平岳大、中原丈雄、藤井隆、迫田孝也、藤本隆宏、榎木孝明、温水洋一、高木渉、遠藤憲一、高嶋政伸、高畑淳子、草笛光子、内野聖陽、草刈正雄 他
ナレーター:有働由美子

※出演者は初回中心に掲載しました。
1582年2月。真田家の主君である武田家は、織田信長の大軍の猛攻を受け窮地に陥っていた。真田昌幸(草刈正雄)は岩櫃城で織田軍を迎え撃つよう武田勝頼(平岳大)に進言。しかし、武田家内部には新参者の真田家を蔑む者たちも多かった。そんなある夜、昌幸の息子・信繁(堺雅人)と兄・信幸(大泉洋)のもとに、勝頼が突然訪れ驚くべきことを伝える。そして、信繁らは決死の逃避行に旅立つことになる! (YAH0O!テレビより)

.

製作スタッフ及び出演者一覧は後日書き足します。
とりあえず簡単感想を。

面白かったので、ほっとしました。

まず、四方を敵に囲まれた武田家の状況を、ナレーションだけでなく、立体マップで説明してくれたことに、思わず感動。
近年の大河では地理はないがしろにされてきましたからね・・・

次に「裏切り」を畳みかさねてくるテンポ、人間模様に、三谷さん健在を感じさせてくれたこと。

勝頼に忠誠を誓い、新府城の堅固さを誇っていたかと思ったら、息子たちに裏切りを打ち明ける昌幸。
その一方で何食わぬ顔で忠臣、穴山梅雪とともに勝頼を励ます食えない親父だな、と思ていたら、なんと真っ先に裏切ったのが穴山梅雪、というどんでん返しの後、更なる小田切の裏切り。
口では忠誠を近いつつ、武田家より自分たちの一族を守るため、沈む船から逃れようとする人々の姿に、戦国らしさを感じました。
政略結婚だったろう松、小山田茂誠夫妻の微笑ましさも、とっても三谷さんらしかったです。

そして、滅び行く武田家への哀惜を、この1時間で感じさせてくれたこと。
リア王のような味わいを感じました。

メイン三人の勝頼に対する言葉。

「捨て鉢にならず、最後まで望みを捨てなかった者にのみ、道は開けまする。」昌幸
「やさしくて、そして正しいお方だと。」信繁
「お屋形様は信玄公の御威光を、武田家の名誉を守ることを選んだのだ。それもまた一つの生き方。」信幸
こののちのことを思うと、切なさを感じさせるセリフでした。
さすが、うまいです。歴史への愛情も感じました。

大泉さんの堅物キャラが新鮮。
面白さを内蔵しつつ真面目さを演じる大泉さんの佇まいから、信幸の深さが感じられました。

食えない親父、昌幸がこれから何を企むのか。楽しみです。
堺さんの信繁はおおよそ15歳。これから様々な人と出会って、色んなことを経験していくのでしょう。期待感が膨らみました。

総花的なオープニングではなく、真田家をしっかり描いてきたのも好印象でした。
記号でしかない人物は1人も登場しない、という三谷さんの言葉に、期待できる内容だったと思います。

やっと史実と伝承、通説の狭間をドラマにしてくれる大河が戻ってきたように感じました。
かつ、歴史をあまり知らない人も面白く見れような気がしましたが、ちょっと贔屓目過ぎ?どうなんでしょう(^^;;

1年間、大変でしょうが、頑張って欲しいです。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2016年冬のドラマ:視聴予定 | トップページ | 仮面ライダーゴースト #13「豪快!自由な男!」 »

△大河:真田丸」カテゴリの記事

コメント

>面白かったので、ほっとしました。

解りますーーー!これ!!
なんだかもう、面白いだけでホッとしてる。なんだろう、この親心(爆)

>まず、四方を敵に囲まれた武田家の状況を、ナレーションだけでなく、立体マップで説明してくれたことに、思わず感動。

マップはコーエーがやっているらしいですね。
リアル「信長の野望」ですね^^;
スタッフの揃え方がハンパ無いですね。

元々ゲーマー層にもアニメ層にもファンが多い真田幸村を「新選組!」の再来を望む大河ファンの呼び声高い三谷幸喜が書くのですから、もう失敗できない空気が画面からバンバン漂ってきました。

NHK大河スタッフにも奇跡の戦いを見せていただけそうな初回です。


>ちょっと贔屓目過ぎ?どうなんでしょう(^^;;

私も、贔屓目線でしか見れないので本当の声がよく解りませんっ(笑)
とにかく、いい一年になってほしいと心から願っています~。
またよろしくお願い致します。

くうさん こんにちわ。

>なんだかもう、面白いだけでホッとしてる。なんだろう、この親心(爆)
ですよね♪
>スタッフの揃え方がハンパ無いですね。
なるほど!
オープニングのCGも良かったし、製作陣から歴史愛が伝わってくるのが、本当に嬉しいですわ~
>もう失敗できない空気が画面からバンバン漂ってきました。
今年失敗したら、大河不要論がいよいよ本格化しそうな雰囲気でしたものね・・・
昌幸の食えなさっぷりが戦国らしくって良かったです。
官兵衛の時のように「軍師」という設定が生きなかったことはなさそうですわ~。
>私も、贔屓目線でしか見れないので本当の声がよく解りませんっ(笑)
始まってもいないのにネガティブな批評(?)が見受けられます。その時に必ず付け足されるのが「組!は失敗したから」っていう(怒
贔屓目線上等です!(^^;;
>とにかく、いい一年になってほしいと心から願っています~。
長丁場にて、中だるみもあるかもしれないけれども、見守ります!
こちらこそ、感想は短くしか書けないかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/63042494

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第1話「船出」:

» 【真田丸】第1回 「船出」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1582年2月。真田家の主君である武田家は、織田信長の大軍の猛攻を受け窮地に陥っていた。真田昌幸(草刈正雄)は岩櫃城で織田軍を迎え撃つよう武田勝頼(平岳大)に進言。しかし、武田家内部には新参者の真田家を蔑む者たちも多かった。そんなある夜、昌幸の息子・信繁(堺雅人)と兄・信幸(大泉洋)のもとに、勝頼が突然訪れ驚くべきことを伝える。そして、信繁らは決死の逃避行に旅立つことになる!(あらすじ「Ya...... [続きを読む]

» 真田丸「船出」 [のほほん便り]
三谷幸喜氏が「新選組!」より久々に、NHK大河で、堺雅人を中心に、物語を展開。 原作というか史実では「真田丸」とは、「大坂の陣」で劣勢の豊臣方についた真田幸村が、大坂城の一角に構築した砦の名称のことなのだそう 印象として、テンポが早くて、ちょっと斬新な気がしました。どう展開するか、楽しみ楽しみ。      (ストーリー) 天正10年(1582年)2月。名将・武田信玄(林邦史朗)の急死から9年、武田家は当主・勝頼(平岳大)の下、絶体絶命の危機を迎えていた。重臣の裏切りをきっかけ... [続きを読む]

» 真田丸 第1回「船出」〜亡くなった信玄公に義理立てして何になるのですか! [平成エンタメ研究所]
「捨て鉢にならず、最後まで望みを捨てなかった者にのみ、道は開けまする」 「亡くなった信玄公に義理立てして何になるのですか!」  これなんですよね、三谷幸喜さんが言い続けてきたことって。  古畑任三郎 三谷幸喜さんが言いたかったこと(本ブログ)  名誉や...... [続きを読む]

» 真田丸 第1回 [レベル999のgoo部屋]
「船出」 内容天正十年二月。信玄の死から九年。重臣の裏切り。そして織田家による侵攻。武田家は窮地を迎えていた。そして真田源次郎信繁(堺雅人)は、徳川の兵に追われ逃げていた。。。 武田家当主・勝頼(平岳大)は、重臣・跡部勝資(稲荷卓央)小山田信茂(温水洋...... [続きを読む]

» 【真田丸】初回(第1回)感想と視聴率「船出」 [ショコラの日記帳・別館]
【初回(第1話)の視聴率は1/12(火)追記予定】 有働さん、紅白の総合司会の次 [続きを読む]

» 真田丸、偉大な父を持った息子達!! [函館 Glass Life]
大河ドラマでは久し振りの戦国物、いよいよ真田丸が始まりました 大坂の陣で敵対した徳川家康にでさえ、「あの世に行ったら真っ先 に酒を酌み交わしたい人物である」とまで評された真田信繁 真田家を戦国大名として存続させた昌幸、松城藩真田家として幕末 まで続く礎...... [続きを読む]

» 真田丸 第一回 「船出」 [事務職員へのこの1冊]
さあ大河。去年は現総理へのヨイショ企画だったので完全に無視したけれど、今年は「龍馬伝」「軍師官兵衛」につづいて全話征服する覚悟でございます。なにしろ大好きだった「新選組!」以来の三谷幸喜大河。その山南敬助役でブレイクした堺雅人主演。彼と「アフタースク...... [続きを読む]

» 真田丸「船出」 [blog mr]
 なんかCG然としたオープニング。  草刈正雄かっけー。  平岳大も。  高木渉にアドリブがない。当たり前か。  気づいたら 40 分過ぎてた。なかなかいいテンポだったようだ。 「まんがホーム」に「のちの真田幸村である (真田寿庵)」って連載がある。子供の頃の幸村を主人公にしたコメディなんだが、堺雅人の笑顔を見ててそれを思い出した。  つか、MS-IME って「真田幸村」を変換できないのね。すげぇなぁ。 ... [続きを読む]

« 2016年冬のドラマ:視聴予定 | トップページ | 仮面ライダーゴースト #13「豪快!自由な男!」 »

作品一覧