2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーゴースト #04「驚愕!空の城!」 | トップページ | ギャラクシー街道:映画 超簡単感想 »

2015年10月30日 (金)

破裂 #03 簡単感想

公式サイト

香村(椎名桔平)は、自らの療法を佐久間(滝藤賢一)に悪用されないよう、副作用の存在を世間に公表。その改善に全力を注ぎつつ、怪文書騒動を引き起こした佐久間との内通者をあぶり出そうと動く。一方、香村を取り込むカードを失った佐久間は、新たな弱みを握るため医療ミス訴訟の行方に目を光らせる。その頃、原告側の弁護士・公子(坂井真紀)は、香村が患者の体内に置き忘れたという手術針を入手し、核心に迫ろうとしていた。そんな中、倉木(仲代達矢)は偶然、香村の息子・直輝(里村洋)と出会い、祖父だと名乗らぬまま言葉を交わすが……。(公式サイトより)

原作未読です。

佐久間に内通している人間は誰だ。
香村は、先日母が危篤に陥ったことを理由に手術に遅刻してきた、厨(くりや)にも探りをいれます。
以下、セリフは耳コピにて、概略です。

「ぴんぴんぽっくり?」
「高齢者に望ましい死を保証する、なんてきれいごとを言っていたが、本音は老人の数を減らしたいんだ。」香村
「そんな、人の命を操作するなんて・・・」

言葉を詰まらせる厨。

「どうした?」
「いや・・・」
「実は正直迷っている部分があるんだ。川邊教授が言っていたように、莫大な研究費は魅力的だ。
佐久間と膝をつきあわせて話せば理解しあえるかもしれない。
だからお前の意見も聞いておきたい。」

心にもないことを言って、厨を誘導尋問する香村。

「私はただ、人の命を操作するのは医者も同じかもしれないと思ったのです。」

「話してみてくれ。」

「母は三年前、一度倒れたんです。
その頃はまだ自宅で介護していたんですが、急性心筋梗塞で心配停止状態になりました。
でも、病院で奇跡的に一命をとりとめました。

 

ただ、それからは認知症が一気に進みました。
母に汚物を投げられ、手をあげてしまったこともあります。
そしてある日、母は寒い、そう言って寝室に火をつけました。

 

もう、限界でした。それで療養病床にあずけることに決めたんです。
やがて母は医療の助けがなければろくに息もできず、食べられず、意思の疎通もできなくなりました。
その姿を見るたびに、どうしても頭をよぎるんです。
本当なら、心筋梗塞を起こしたあの時が、母の寿命だったんじゃないかって。

 

今回、心臓発作の知らせを受けた時、私も妻も思いました。
これでようやく・・・」

 

「お母さんはどうなった。」

 

「・・・助かりました。

 

佐久間さんの考えには絶対反対です。
ですが、時々わからなくなります。
昔はみんな、家で自然死していたはずなのに、医療が発達し、人は簡単に死ねなくなった。
医者が命を救うことで、早死により残酷な最期が待っているとしたら・・・
すみません、医者がこんなこと言い出しで・・・」

重い重い告白です。が。

「もういい。」

患者を診察する時のような、穏やかさを装った無表情さで厨を慰める香村。

こいつは違う。

それだけだったのでしょう。厨の深い苦しい思いなどどうでもいい。
患者の心情にいちいち感情移入していては、医者は務まらない。

香村から副作用があることを告げられ、覚悟を決めたように振る舞う倉木でしたが、一人になった時の仲代さんの倉木の嘆き、恐怖が凄かったです。
死を覚悟していたのに救われ、生きることに欲を持ち始めたにも関わらず、再び死が近いことを告げられたら。
一度死の淵を覗いた時の恐怖を知っているからこその、恐怖の増幅。

厨の「残酷」と言う言葉が重く響きました。

幼い時に病で歩けなくなった香村の息子、直輝は、祖父とは知らずに倉木と親しくなります。
しかし、香村は倉木と息子とが親しくするのを、感情を露にして嫌悪しました。
すなわち、それだけ父にこだわっている、ということ。
倉木と直輝の関係が香村になんらかの影響を及ぼすのかどうか。

自ら副作用があることを明かすことで、一旦は佐久間を出し抜くも、医療ミスの件で再び窮地に立たされた香村。
どうやらネオ医療センターに入ることになるようです。

.

.

2015年秋クールドラマ 初回感想その2「無痛~診える眼~」「掟今日子の備忘録」「破裂」 
#02

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーゴースト #04「驚愕!空の城!」 | トップページ | ギャラクシー街道:映画 超簡単感想 »

#ドラマ:2015年第4クール」カテゴリの記事

□破裂 簡単感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 破裂 #03 簡単感想:

« 仮面ライダーゴースト #04「驚愕!空の城!」 | トップページ | ギャラクシー街道:映画 超簡単感想 »

作品一覧