2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 花燃ゆ #38「届かぬ言葉」 | トップページ | デート~恋とはどんなものかしら~「2015夏 秘湯」超・簡単感想 »

2015年9月28日 (月)

花燃ゆ #39「新しい日本人」

公式サイト

美和(井上真央)は閉じられることになった奥御殿に別れを告げ、杉家へ帰ってきた。そして政治から距離を置くことを宣言し、農業を始めた楫取(大沢たかお)を訪ねる。長州の兵士の多くの命が失われたことで自分を責めている楫取を心配する美和だったが、そんな折、大雨が楫取の畑を襲う。そこに仲間の死について楫取に恨みを抱く中原復亮(堀井新太)が現れ…。そして杉家には亡き夫・久坂玄瑞の忘れ形見の秀次郎がやってきて?!(YAH0O!テレビより)

廃藩置県(はいはんちけん)とは、明治維新期の明治4年7月14日(1871年8月29日)に、明治政府がそれまでの藩を廃止して地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革である。(wikiより)

この天と地がひっくり返るほどの大改革が、大規模な反乱を起こすことなく実施されたのは奇跡的だったかも。治世者である武士と、領民たちの乖離を物語っているのかもしれません。

ということで、困難な時代を乗り切った敬親公が逝去され、毛利の奥御殿も解散となりました。

「せわぁない」・・・言葉に罪はないのですが・・・もう、聞きたくないかも(汗。

出世を目指していた鞠は、幼馴染と結婚する、と嬉しそう。
園山は引退。潮はどうやら銀姫とともに江戸に行くようです。
美和は萩に戻る、ということで、銀姫からお褒美の言葉をいっぱい頂戴しました。
一番格好いいのは上海に行く日出さんでした。

萩では、自分だけ生き残ったことを後悔する敏三郎。
奇兵隊たちを裏切ることとなったことを後悔する楫取。
その楫取を恨めしげに見詰める、元奇兵隊の中原。
ここでまた唐突なキャラ登場。でも、このパターンに慣れちゃったので、突っ込む気にもなりませんでした。
まあ、せめてなにか起こるかと思いきや、楫取が慣れぬ百姓仕事に懸命に取り組む姿を見るうち、20分ほどで(違)心を開いたのでした。素直な人でよかったですね、楫取さん。

このごろ手が痺れる。寿にフラグが立つ一方で、畑でいちゃつく美和と楫取。
寿の、紀行で語られたエピ、本編では使わないのね。寿、哀れです(涙

さて、探していた久坂の子供、秀次郎が現れました。
寿の次男で久坂家の養子に直った久米次郎が懸念されます。ま、公式サイトに書かれていますが。

渡米している木戸のことはもう、いいでしょう。

美和の持ち上げられっぷりは相変わらずとして。
美和と楫取の不倫物語としてみれば、破綻していなかったと思います(毒;;
でも・・・このドラマのどこが面白いのだろう。
面白くご覧なっている方、ごめんなさい(大々汗

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16、17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 36 37 38

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 花燃ゆ #38「届かぬ言葉」 | トップページ | デート~恋とはどんなものかしら~「2015夏 秘湯」超・簡単感想 »

△大河:花燃ゆ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/62370374

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ #39「新しい日本人」:

» 花燃ゆ 第三十九回 [レベル999のgoo部屋]
『新しい日本人』 「新しい日本人〜奥御殿解散でまさかの選択と急展開」 内容 明治四年。敬親(北大路欣也)が亡くなる。 しばらくして素彦(大沢たかお)が、元徳(三浦貴大)に隠居を申し出る。 その後、廃藩置県が行われ、藩が廃止され、奥御殿も閉じることになるの...... [続きを読む]

» 【花燃ゆ】第39回 「新しい日本人」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
美和(井上真央)は閉じられることになった奥御殿に別れを告げ、杉家へ帰ってきた。そして政治から距離を置くことを宣言し、農業を始めた楫取(大沢たかお)を訪ねる。長州の兵士の多くの命が失われたことで自分を責めている楫取を心配する美和だったが、そんな折、大雨が楫取の畑を襲う。そこに仲間の死について楫取に恨みを抱く中原復亮(堀井新太)が現れ…。そして杉家には亡き夫・久坂玄瑞の忘れ形見の秀次郎がやっ...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第39回「新しい日本人」〜あの者たちと地に足をつけて生きていくことも新たな道の始まりじゃ [平成エンタメ研究所]
 前半は、女性のたくましさが描かれた。  奥を閉じられることが発表されて、奥の女性たちは動揺するが、  自分たちには、  ふるまい、  見だしなみ、  行儀作法、  お花、  料理、  裁縫、  畑での野菜のつくり方などがあり、それらが生きる力になると確信し、...... [続きを読む]

» 珍大河『花燃ゆ39』と史実◆ハーバート・ノーマンと武士道 [郎女迷々日録 幕末東西]
 珍大河『花燃ゆ38』と史実◆高杉晋作と奇兵隊幻想の続きです。 2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」続・完全読本 (NIKKO MOOK)クリエーター情報なし産経新聞出版  朝ドラに五代友厚と大久保利通が出てきました。  まったく、ありえへん感じなんですが、おもしろいので許...... [続きを読む]

« 花燃ゆ #38「届かぬ言葉」 | トップページ | デート~恋とはどんなものかしら~「2015夏 秘湯」超・簡単感想 »

作品一覧