2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 日本のいちばん長い日(2015):映画 簡単感想 | トップページ | 花燃ゆ #36「高杉晋作の遺言」 »

2015年9月 4日 (金)

2015年夏クールドラマ 中間感想

1クールドラマの感想を1本も書いていないというのは初めてです。
このままだとずるずるとサボってしまいそう(大汗
もう、それぞれ最終回間近ではありますが、リハビリがてら一言メモを書いて、次クールに備えることにします。でも、次クールもなぁ・・・(_ _);;

今一番楽しみなのは「デート~恋とはどんなものかしら」のSPです。
ON AIRは9月28日(月)21:00~23:18。
絶対忘れないようにしなくっちゃ!

.

「ナポレオンの村」
2週間空いたら、内容を忘れてしまった(大汗
公式覗いて復習しなくっちゃ。
そうそう、神主さん、曲者っぽかったのにあっさり浅井サイドについたのは、意外でした。

「恋仲」
世界陸上などでレギュラードラマの本数が減ったため、何となく見続けています。
せめて若手の演技を受け止めてくれる大人がいてくれたらなぁ。それだと伝統的な月9のテイストじゃなくなるけれども。

「花咲舞が黙ってない2」
原作未読です。
9話の小切手騒動、出来心で済まされないでしょっと思い切り突っ込んでしまいました。一千万の小切手を処理しないままファミレスで別れ話っていうのもねえ。振り込んだ会社は本当に大迷惑じゃないですか。
このドラマを見ていると銀行への信頼度が減っていきます。
まあ、こうやって事件を隠蔽し、丸くおさめるところが、人気なのでしょうね~(--);;

真藤自身のキャラは1より複雑になってきました。残り話数を思うに、石堂との直接対決は次シーズンに持ち越すかも?
松木との恋バナは松木の地方転勤で終了のようです。
それにしても、不倫とか横領とか・・・こんなに問題続出で、大丈夫なのでしょうか、東京第一銀行。

「リスクの神様」
5話の海外駐在所の話には突っ込みっぱなしでした。
あまり治安の良いところではなさそうな国で、あんな短時間で犯人検挙に至るなんて・・・犯人を特定する情報があれだけでは、日本でも難しいでしょう。
はっきり言って、この回から視聴モチベーションが下がってしまいました。キャストもキャラも好きなのですが・・・ラストに向かって頑張って欲しいです。

「探偵の探偵」
原作未読、先週まで見ています。
死神は誰なんだろう。阿比留がレクター博士みたいになってきたのが楽しみです。

「まんまこと」
原作未読です。
江戸情緒をまったりと楽しんでいたのですが、うっかり原作シリーズを立ち読みしてしまって・・・原作通りにするのでしょうか(_ _);;

「表参道高校合唱部!」
こちらも2週空いてしまいました。
窃盗事件の犯人に疑われた宮崎祐のクラス復帰や、全くエピを描かれずに合唱部に入部したピアノの子(名前すら覚えていない;;)などな、構成が雑な感じがします。
6話の合宿の話もゆるかったのですが、大曽根校長が再び歌い出すシーンには、じんわりきました。
そう、もっと歌を中心に組み立てて欲しかったです。
このドラマを見てて得したのは、城田さんと神田さんのデュエット、サクラになった神田さんが聞けたことです。もっと聞きたい!

「一路」
原作未読、5話まで見ています。
BSだし地味ですが、今期楽しみなドラマのひとつ。
一路が、人命と目的達成のために「古式ゆかしき参勤交代」という形へのこだわりを捨てる5話の峠越えは面白かったです。
捨てられた武具の数々には、思わずもったいない、と呟いてしまいました(汗
うつけ殿様もそろそろ本当の姿を見せはじめました。渡辺大さん、声がお父さんにそっくり。
スパイは一体誰なんだろう。キャスティング的に見ると髪結い新三な気がするのですが(汗

「民王」
原作未読。(大分アレンジしているそうです。)
時間が時間のため、少しぼぅっとしながら観ているので小ネタは大分と取りこぼしていますが、それでも面白いです。
今期一番楽しみにしているドラマ。キャスティング、テンポの良さは言うに及ばず、昔のSFみたいな設定を入れたことでドタバタ度が増しました。
8話で終わっちゃうのが寂しいです。

「ど根性ガエル」
セットやロケだけでなく、キャストの皆さんの映画風のユニット感で、ファンタジックな下町っぽさを構築しており、世界観というかテイストが統一されいているのは、さすがです。
こういうドラマらしいドラマ、紡がれていくお話を観るのは楽しいです。
ピョン吉・・・岡田さんはどのような結末を用意しているのでしょう。

番外編「まれ」
2015年にワープした今週木曜日まで見ています。どうして見続けたんだろう(汗
ここまで突っ込みが多すぎて、何に突っ込んだのかを忘れてしまいました。
なので、最新の突込み・・・でも多すぎるので一つだけ。
子供が成長して、こんなに違和感を持ったことは珍しいです。
能登や東日本の震災をまるまる飛ばしたのは、既定路線でしょうけれども、正解でした。この朝ドラのテイストで扱われたら大変なことになっていただろうから。

.

.

2015年夏のドラマ:視聴予定 
2015年夏クールドラマ 簡単感想その1「花咲舞が黙ってない2」「リスクの神様」「探偵の探偵」
2015年夏クールドラマ 簡単感想その2「ど根性ガエル」「表参道高校合唱部!」「恋仲」
2015年夏クールドラマ 簡単感想その3「ナポレオンの村」「民王」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 日本のいちばん長い日(2015):映画 簡単感想 | トップページ | 花燃ゆ #36「高杉晋作の遺言」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年夏クールドラマ 中間感想:

« 日本のいちばん長い日(2015):映画 簡単感想 | トップページ | 花燃ゆ #36「高杉晋作の遺言」 »

作品一覧