2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダードライブ #41「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」 | トップページ | 仮面ライダードライブ #43「第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」 »

2015年8月28日 (金)

仮面ライダードライブ #42「女神の真実はどこにあるのか」

公式サイト

メディック(馬場ふみか)の狙いは、コピーした女性・美鈴(馬場ふみか=二役)の純真な愛の力を呼び覚まし、超進化することだった。進ノ介(竹内涼真)は、そんなメディックに協力を申し出るが、ゴルドドライブに変身した蛮野(声・森田成一)に阻止される。
美鈴が求めていたショウが、彼女の愛犬であることがわかった。美鈴に飛びつくショウを見たメディックロイミュードは超進化に成功。しかし、蛮野は超進化と同時にメディックが自らの操り人形と化すよう細工をしていた。
ゴルドドライブの命令を受け、進ノ介らを攻撃するメディック。しかし、ハート(蕨野友也)が体を張って進ノ介らを守った。これは俺の望む戦い方ではない…。必死に訴えるハートだったが、ゴルドはメディック、ハートとともに姿を消す。
事件は解決したが、蛮野はハートらとグローバルフリーズの再現を企む。が、そのカギを握るブレン(松島庄汰)は、ハートの命令で姿を隠し、密かに蛮野の野望を阻止しようとしていた…。(公式サイトより)

進ノ介の言うアクシデントって、美鈴と、美鈴を目覚めさせようとするメディックの意識が干渉し合ったこと、でいいのでしょうか。
メディックは、多くの人を傷つける気はなかったのではないか(今回の事件では、ですが)と、進ノ介に指摘されて、自分のこと語りだすメディック。

グローバルフリーズ時には、まだ人間体を持っていなかった。
直後、美鈴が交通事故に合う現場を目撃。瀕死の美鈴の意識と共鳴し、コピーした瞬間、自分の命を犠牲にしても、愛するものを助けたい、という感情が入ってきた。
この感情をもっと知りたいと思い、美鈴を治療した。

その後、多くのロイミュードを治療するメディック。
しかし治療するたびに、ロイミュードたちのどす黒い感情が取り込まれていき、ついには仲間の命すら斬り捨てるようになってしまった。
今や美鈴をコピーした時に与えられた力、「純粋な愛」という感情はどこにもない、と言うメディックに、完全になくなってはいない、と進ノ介。そのことを自覚しているから、美鈴を目覚めさそうとしたのだろう、と。
そして、美鈴を目覚めさせる「ショウ」を共に探そう、と呼びかけます。
それではメディックが超進化してしまう、と言うベルトさんに、メディックが超進化することで美鈴や倒れている女性たちが助かるのだ、と進ノ介。

そこへ蛮野ライダーが登場。どうやらライダーたちの能力を奪ってコピーする能力があるようで、ドライブ、チェイスとも歯が立ちません。
二人を倒した後、メディックに、感情・・・積み重なったロイミュードたちの感情を初期化して美鈴をコピーした時の状態に戻してやろう、そうすれば超進化できる、と甘言を語ります。
蛮野は信用できないというメディックを説得したのは、ブレンでした。これが「頼まれごと」だったのね。
蛮野はメディック、ブレンを連れて消えます。

美鈴の身辺を洗う進ノ介たちは、五十嵐が実は美鈴の恋人でも何でもなく、それどころか多額の借金返済のためバレエカンパニーのお金を横領しており、そのことを告発しようした美鈴を轢いた張本人であることを突き止め、再び美鈴を殺そうとしたところを逮捕します。悪い奴でした。ただ悪いだけでなく、救いようがない人間が多いのが本シリーズの特徴です。

一方メディックは蛮野の手によって初期化され、ハートも見守る中、白いドレスをまとって進ノ介たちと戦います。
しかし心の穢れをとってもらってハートのために戦っているのに、一向に超進化しない・・・戸惑い苛立つメディック。
その時、犬が美鈴のところにやってきました。
意識を取り戻す美鈴。
あの犬が美鈴が心から愛していたショウだ、と進ノ介。

美鈴をコピーした直後のメディックは、美鈴のショウを想う気持ちに突き動かされて、瀕死のショウもまた治療していたのでした。
その時に感じた喜び。ずっと忘れていた大切な時間。
ひたすらに主人の愛を信じて尽くす心。それが、メディックのハートに対する気持ちだったのです。
そのことを思い出したメディック、ついに超進化します。

・・・あ、そうか、メディックは患者の感情を取り込んでしまうわけで、ショウの感情も彼女の中にあった、というわけですな。

が、超進化したメディックの様子がおかしい。
苦しんだ挙句、元の黒いドレスに戻ってしまっただけでなく、表情が空ろに。

そこへ蛮野登場。
メディックに、超進化した時に心がなくなって自分の操り人形になるよう、細工をしていたのでした。
怒るハート。しかし、メディックは蛮野に命じられるままにハートを攻撃します。
「すべてはハート様のため」と言いながら。

さらに変身していない進ノ介たちに襲い掛かるメディック。
しかし、ハートが止めます。これは自分の望んでいる戦いではない、と。
そんなハートを容赦なく攻撃するメディック。

カオスな状況になってきたところで、蛮野はハートとメディックを連れて消えました。

美鈴の意識が戻ったことで、被害者たちの意識も戻ったようです。
被害者たちの共通項は犬好き、ということでした。
りんなも犬好きだったのね。りんなが元に戻って現さん、嬉しそうです。
その様子を見ていたチェイス。胸を押さえて「やはりそういうことか」と視線を霧子に・・・

チェイス、いちいち面白い(^^
でもこの先悲しいことになりそうな気がするのが・・・

さて、蛮野。
ハート、そして彼の、自分がつけた傷を治すメディックを前に、約束の数がそろった今、自分がリーダーになって再びグローバルフリーズを起こすと宣言します。
しかし、数は揃っていない、とハート。

もう一人・・・それはハートから、蛮野を倒す切り札になるべく身を隠すよう命じられているブレンでした。
メディックの超進化の一部始終を見ていたブレン。
「嫉妬心」が超進化の糧であり、メディックとは犬猿の仲だったのに、操り人形にされてしまったメディックに憐れみの涙を流すのでした。

.

事件の方はさておき、メディックの物語は、なるほど~と思わしてくれました。←ライダーシリーズではあまりないこと(大汗
ハート、ブレンのポジションもよく組まれていて、面白かったです。

ハートを治療したメディック。多少はハートの意識が入ったのでは?
蛮野を倒す決意を改めて固める剛。
霧子は、剛が心配していたように取り乱すことなく、結構クールに父のことを受け止めているように見えますが・・・どうなんでしょう。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 春休み合体SP #24 #25 #26、#27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダードライブ #41「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」 | トップページ | 仮面ライダードライブ #43「第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」 »

△特撮:仮面ライダードライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダードライブ #42「女神の真実はどこにあるのか」:

» 今日の仮面ライダードライブ 第42話 [地下室で手記]
「女神の真実はどこにあるのか」 進ノ介はメディックに今回の事件に隠された真実を教えて欲しいと頼みます。 進ノ介はメディックのコピー元の羽鳥美鈴が病院におかれていた事から始まった一連の事件。 女性達が次々に意識不明に陥ったのは、人間を使った実験か何かだと考えていたが、実際は思いもよらなかったアクシデントなんじゃないかと進ノ介は突きつけます。 チェイスはその理由を問うと、...... [続きを読む]

» 仮面ライダードライブ 第42話「女神の真実はどこにあるのか」 [MAGI☆の日記]
仮面ライダードライブの第42話を見ました。 第42話 女神の真実はどこにあるのか 純真だったメディックがロイミュードを治療するたびに恨み妬みなどの感情が刻み込まれていったようで、ロイミュードすら切り捨てる冷酷な存在となった理由が明らかとなる中、進ノ介達の前に黒いベルトをつけた蛮野が現れ、力を誇示するかのように金色のドライブに変身、進ノ介達に襲いかかってくる。 「さぁ、一...... [続きを読む]

« 仮面ライダードライブ #41「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」 | トップページ | 仮面ライダードライブ #43「第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」 »

作品一覧