2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 美女と男子 #17 | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第24話「夏だ!西洋妖怪ぞくぞく来日!」 »

2015年8月11日 (火)

花燃ゆ #32「大逆転!」

公式サイト

高杉晋作(高良健吾)が下関で挙兵した。美和(井上真央)はその混乱で伊之助(大沢たかお)の処刑が取りやめになったことを知り、安どする。そして晋作の妻・雅(黒島結菜)と息子に危険が及ぶことを心配し、素性を隠して奥御殿に入れることを画策するが…。一方、高杉の反乱軍は民衆を味方につけ、大きな軍勢へと膨れ上がった。奥御殿にも戦火が迫る中、美和は決死の覚悟で藩主の妻・都美姫(松坂慶子)にあることを訴え出る…!(YAH0O!テレビより)

リアルタイムでは見たのですが、感想を書く時間が取れず、今まで置いておいたら・・・暑くてぼぅっとしているせいか、突っ込みも含めてほとんど印象に残っていない(大汗
覚えている突っ込みどころを二つ書きます。

一つ目。
都美姫から政治のことに口を出すな、ときつく言い渡される美和。
絶対何かやるよね、この人、と思ったら案の定。
まず、反逆者高杉の妻、雅親子を奥御殿勤めに引き入れてしまいました。
椋梨に人質に取られるくらいなら、ということですな。
私がいれば奥までは手をつけないだろう、と雅。

思わず「八重の桜」の、追い詰められていく会津の人々を思い出してしまいました(溜息

雅が奥御殿勤めに上がったことが事実がどうだったのかは知らないのですけれども、ドラマとして納得がいくように作っていないのがイタイです。
銀姫の後ろ盾があったにせよ、赤子ともども引き取るってどうなんだろうとか。乳母は他にいるようですし。

そして都美姫に、敬親に兄、梅太郎との会談を迫るとは。

時代劇として見るのならいいのかもしれません。

二つ目。
奇兵隊の決起に絡んで、急に民の不満を描き始めました。そんなに毛利家ってお百姓たちから恨まれていたの?
民がこれほどまでに怒る毛利家の民政とはどんなものだったのかを全く描いていないので、すごく唐突に感じました。
加えて、奇兵隊が強かったのは、西洋式戦術をいち早く取り入れたことが大きかった、という理屈の部分が全く描かれていない・・・期待はしていませんでしたが。
高杉が拳銃を撃つシーン、格好は良いけれども、その行為に意味が全く感じられなかったのが残念です。

この調子で薩長連合、大政奉還、戊辰戦争が描かれるかと思うと、視聴モチベーションが地の底に沈みそうです(大汗
薩長連合には、美和がいっちょ噛んできそうな気が・・・さすがにそれはないかな。伊之助は間違いなく噛んできそうですが。
このファンタジー幕末なら、何がおきてもおかしくなさそう(遠い目

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16、17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 美女と男子 #17 | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第24話「夏だ!西洋妖怪ぞくぞく来日!」 »

△大河:花燃ゆ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/62035320

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ #32「大逆転!」:

» 花燃ゆ 第三十二回 [レベル999のgoo部屋]
『大逆転!』 「大逆転!高杉決起し女も戦う」 内容 椋梨(内藤剛志)による粛清が進む中、美和(井上真央)は 伊之助(大沢たかお)の身を案じていた。 そんな折、高杉晋作(高良健吾)が下関で挙兵したというしらせを受ける。 高杉のもとには、伊藤利助(劇団ひとり...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第32回「大逆転!」〜これより萩にのぼり椋梨を討つ! 志のある者は功山寺に集結せよ! [平成エンタメ研究所]
 高杉晋作(高良健吾)たちに拠るクーデター、革命である。  対象は、幕府に恭順しようとする藩の守旧派(=椋梨一派)。  高杉たちは、外国の言いなりになっている幕府がいずれ国を滅ぼすと考えている。  だから幕府にヘコヘコする椋梨たちが許せない。  歴史は、...... [続きを読む]

» 珍大河『花燃ゆ32』と史実◆高杉晋作伝説の虚実 [郎女迷々日録 幕末東西]
 珍大河『花燃ゆ31』と史実◆高杉は西郷と会ったか?の続きです。  感想を一言だけ。  今回一応、玉木文之進の一人息子、玉木彦助の戦死を描いていましたね。  彦助が品川弥二郎より二つ年上で、同じ御楯隊にいたとは、さっぱりわからない描き方ではあるんですけれど...... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」感想 第三十二回「大逆転!」 [きまぐれひまつぶし雑記帳]
「奥って駆け込み寺だったんだw」 今更感溢れる花燃ゆの感想ツッコミですね…。 すでに金曜日なわけですが…。 今回は…えーっと…高杉パートは割と大河ドラマしてて面白かったような気がします。 そりゃツッコミどころは多いですけど、(あれでも)このドラマ始まって以来のまともなバトルしてましたしね。 それでも高杉が領民のための正義の味方みたいな描き方には笑いが漏れましたが。 ... [続きを読む]

» 【花燃ゆ】第32回 「大逆転!」高杉決起、女も決戦で奇跡が! 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
高杉晋作(高良健吾)が下関で挙兵した。美和(井上真央)はその混乱で伊之助(大沢たかお)の処刑が取りやめになったことを知り、安どする。そして晋作の妻・雅(黒島結菜)と息子に危険が及ぶことを心配し、素性を隠して奥御殿に入れることを画策するが…。一方、高杉の反乱軍は民衆を味方につけ、大きな軍勢へと膨れ上がった。奥御殿にも戦火が迫る中、美和は決死の覚悟で藩主の妻・都美姫(松坂慶子)にあることを訴...... [続きを読む]

« 美女と男子 #17 | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第24話「夏だ!西洋妖怪ぞくぞく来日!」 »

作品一覧