2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第25話「夏だ!ドラキュラにご用心」 | トップページ | 花燃ゆ #34「薩長同盟!」 »

2015年8月21日 (金)

美女と男子 #19

公式サイト

遼(町田啓太)の映画がクランクアップした矢先、斑目コーポレーションで不正が発覚。社員が逮捕され、遼(町田啓太)の父・晴彦(草刈正雄)は厳しい批判にさらされる。晴彦は、映画に傷をつけないため製作委員会から降りるという。たどころ(高橋ジョージ)が歌うドラマの主題歌「ふたり」は大ヒット。一子(仲間由紀恵)は、年末の「紅白うたの祭典」に出場できたら別れた妻と娘に会いたい、というたどころの思いを知り、「紅白」のプロデューサーに売り込みをかけるが...。(公式サイトより)

斑目と遼、タドコロの紅白出場、一子の家庭問題の三つのエピソードを絡ませた回でした。

紅白のP(竹山さん)に全く相手にされない一子をプッシュしてくれたのは、いつも喫煙ルームで出会う蛭子さん演じる初老の冴えない男性(失礼;;)で、Pはタドコロを候補者リストには入れてくれたようです。
窓際っぽく見せながら実は局のエライさんだった、という予想通りのオチでした。もし、本当に窓際族だったら、彼用のエピを作らなきゃいけないから大変ですものね。

しかし、タドコロは落選していしまいます。これが最後のチャンスかもしれなかったのに・・・魂の抜けたようになるタドコロ。
一方、大門の方はと言えば、キャンティーンが当選、Tドールズは落選。
ドラマでは描かれていませんでしたが、Tドールズはドラマの主題歌でもヒットを出していたのだそうです。
大門がTドールズ落選で局にクレームをつけていたのは、ちょっと意外でした。

斑目コーポレーションの不正事件とは、斑目が立ち上げたサイトのプログラムが盗用されたものだった、というもので、作成したプログラマーは元々大門が連れてきた人間でした。
盗用は誰の指示でもなく、プログラマー個人がしたことらしい。←おおよそです。
斑目はトップとしての責任を問われますが、大門はお咎めなし。

一子は遼に、息子として斑目のそばにいてあげては、と薦めますが、遼は頑なに拒みます。
そういう一子も、梨花から、イタリア転勤が決まった敬吾を一臣に会わせてやって欲しい、と頼まれるも、拒んでおります。

不祥事の責任をとって事態が落ち着いたら辞任する、と表明した斑目。一代で築き上げた社屋ビルを一人見上げていると、遼がやってきました。
スナック・ハローにて、はじめて酒を酌み交わす二人。
そこで遼は、畑違いのテンターティメント界に進出したのは、夢を見たかったのかもしれない、という父の本音を聞くのでした。追い続ける夢を何とか形にしつつある息子を見ていて、思うところがあったのでしょう。
また、一から出直しだ、と微笑む父を見守る遼。
後日、大門から父のことを、業界の素人云々と言われて、むっとしていました。

ともかく、やっと確執が融けた斑目親子。
家を出て行った母親は絡ませずに終わりそうです。遼が頑なになった原因なのですが・・・ヘタに絡ませてドロドロとなるよりは良かったです。それに母親のことは、一子と出会ったことで、もう吹っ切れていたようですし。

遼から、父と会ったことを聞かされた一子。なんだかんだ言っても「父と息子」なんだ、という言葉で、敬吾と一臣を合わせる気になったようです。←推測ですが、これ以外の結末はないでしょう。

さて。紅白のサプライズ枠に目をつけた一子。
ドラマの主題歌のヒット曲対決、という企画でタドコロとTドールズを出演させることを思いつき、大門に持ちかけます。
はじめは他局のドラマだから、と渋る大門でしたが、一子に、局の垣根を越えてこそのサプライズとか何とか押し切られてその気になりました。

一子が企画らしい企画を出したのは始めてかも?
最近の紅白は何でもありだから、他局のドラマ主題歌を歌うなんてタブーでもなんでもない・・・なんていっちゃあ見も蓋もないですね。(汗

大門が悪意を持った人物ではないことをはっきりさせたのが良かったです。あんまり信用はできませんけれども。

未だに一子にプロポーズしていない石野。遼を焚きつけているようにも見えるのですが。

さあ、次回、最終回。
レッドカーペットで捻ってくるのか、否か。
わかりやすいわ~と気を抜いて見ていたら、右京の引退、篤史の死など、時たま予想外の展開に驚かされたドラマですので、気が抜けません。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第25話「夏だ!ドラキュラにご用心」 | トップページ | 花燃ゆ #34「薩長同盟!」 »

#ドラマ:2015年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

□美女と男子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と男子 #19:

« 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第25話「夏だ!ドラキュラにご用心」 | トップページ | 花燃ゆ #34「薩長同盟!」 »

作品一覧