2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダードライブ #38「悪魔はなぜ進化を求め続けるのか」 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第7回「本当にやりたいことは」 »

2015年7月24日 (金)

美女と男子 #15

公式サイト

石野(前川泰之)の社長解任を機にオフィスイシノを辞めた一子(仲間由紀恵)は、ひのでプロを復活させようと動き出す。遼(町田啓太)は主演映画の撮影に臨みながら、一子がいないさみしさをかみしめていた。一子もまた周囲から遼の近況を聞き、そばにいてやれないことを無念に思うのだった。たどころ(高橋ジョージ)に現役復帰を持ちかけて断られた一子は、東北からやって来た女優志望の娘・幸子(蔵下穂波)と出会う...。(公式サイトより)

ひのでプロのあった部屋をわざわざ借りて、新生ひのでプロを立ち上げることにした一子。
マンションの自分の家を引き払って両親と同居することにしたのは、資金作りのためなのでしょう。恐らく分譲だろうから。

早速唯一プロダクションに属していないたどころ・・・文字にするとわかりにくいので、今後カタカナ表記にします・・・をスカウトしますが、現役に戻るつもりはない、断られてしまいます。
そこへ、沖縄で並木にスカウトされた、秋田育ちの女優志望の娘、田中幸子が、一子を頼ってきます。←ややこしい(苦笑

そんな時、一子の父、篤史が倒れ、入院。
かなり重篤な状態で、一子とは絶縁状態の妹、梨花も駆けつけます。
妻、俊子と娘たちが見守る中、意識を取り戻す篤史。
俊子には「ごめんな」、一子と梨花には「姉妹仲良くな」と声をかけ、ガクっと意識を失います。
すわ、と慌てる一子たちでしたが「よく寝られてますね」と看護師に言われ、やれやれと病室を出た途端に、看護師が慌てて呼びにきました。

なんと。篤史を消してしまうとは。←不謹慎な言い方でごめんなさい、でも、まさしくそんな感じです。

認知症が回復していく姿を見たかったのになあ。
所詮はコマだったのね・・・

盛大に執り行われるお葬式。
一杯花輪が飾ってありましたが、篤史本人の関係は新聞社ぐらいで、あとは一子の関係者ばかりでした。
故人がリタイアした後、世間との関係を絶ってしまって久しくなると、働き盛りの子供たちの社会的地位が反映される。こういうところ、結構リアルでした。
弔問客も、石野や亜衣以外の元ひのでプロの面々と、一子の関係者が続々と訪れます。
そこへ大門が現れ、一子がオフィスイシノを辞めた原因を知っているがタドコロが気色ばみんで絡み始めます。

知人の父親が亡くなって、弔問に訪れるのは普通だろう、と大門。ええ、その通りです。
タドコロの方が大人気ない、と思っていたら、大門は、お前たちは転がっていない。そのまま朽ち果てていくだけ、タドコロの唯一のヒット曲は「ロックじゃない、歌謡曲だ」と挑発してきました。確かにその通りですが、この場で言うことじゃないです。やれやれ。どっちもどっちです。
まあ、この挑発が伏線になるのだろうな、と思っていたら、その通り。わかりやすい展開です(^^;;

そうそう、元夫、敬吾もお参りに訪れました。
俊子、一子、そして息子、一臣とは挨拶を交わしていましたけれども、梨花はほとんど画面に映らず。
このシーンだけでなく、葬儀の間中、梨花はほとんど映りませんでした。

騒ぎが収まった後、遼が弔問に訪れます。
二人が会うのは一子が会社を辞めて以来。遼は篤史に可愛がられていましたからねえ。
しかし、遼がスケジュールを変更して来たことを知った一子は「親の死に目にも会えないのが役者」とものすごい勢いで罵倒して追い返します。
そんな一子を「大丈夫か」と心配する遼。
以前なら反抗するところですが、大人になりました。一子がテンパっているのもお見通しです。

・・・このドラマで一番得をしているのは、遼というか、町田さんだよな~と改めて感じました。
主役を引き立たせることには成功している作品です。

葬儀が終わって。
お仏壇の前で二人きりで話す、一子と梨花。
敬吾と結婚するするつもりだと言う梨花に。
「すればいいんじゃない。結婚して子供を産みなさい。そのあと裏切られたら、私の気持ち、わかるわ。」
梨花が飛び出していった後、一子は、ついついキツイことを言ってしまうことに落ち込むのでした。

一子のセリフ。第一部を見る限りでは、確かに子供は産んだけれども、その後、ほとんど子育ても家事もしてなかったように見えますから、今ひとつ説得力がありません。
葬儀の直後に姉の元夫と結婚したい、って言う梨花も梨花だと思いますが。

一子と幸子が事務所を開く準備をしているところへ、亜衣を除く元ひのでプロの面々が新生ひのでプロに入れて欲しい、とやってきました。
手タレのもなみ、声優の樫村はそれぞれのプロダクションを辞めて。タドコロは大門の言葉が起爆剤となって、俺たちは踏み潰された蟻じゃない、もう一度ロックを目指す、と。
由美は何と無給で働くって、大丈夫?・・・と思ったら「スナック・ハロー」は続けるのね。良かったです。
そこへ並木が戻ってきて、顧問として参加表明。

その上なんと石野までが加わることになりました。
まあ、マネージャーとしては一子よりはるかに敏腕ですから、タレントさんたちにとっては朗報ですな。

ここまで、一子がバリバリ仕事をこなしているシーンは印象に残っていません。
電話掛けとか、チラシ配りとか、喫煙室で情報を集めたりなどの細々としたシーンはあったけれども、スケールの大きなエピはなかったように思うのです。そういう日常の積み重ねが仕事を呼んでいる、ということでしょう。

周囲が持ち上げるものだから、何となくデキる人、みたいに思えてきました(大汗
そう思った方がドラマを楽しめますしねー。

亜衣は頑張っているのかな。
幸子はちゃんと女優になれるのでしょうか・・・彼女が成長するエピはほとんど描かれないんだろうなー

一人になった遼が黙々と役に取り組んでいる姿は、シーンとしては地味でしたが、良かったです。
斑目は息子が可愛くて仕方がないんでしょうね。
別れた妻、すなわち遼の母親は登場するのかな?

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダードライブ #38「悪魔はなぜ進化を求め続けるのか」 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第7回「本当にやりたいことは」 »

#ドラマ:2015年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

□美女と男子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と男子 #15:

« 仮面ライダードライブ #38「悪魔はなぜ進化を求め続けるのか」 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第7回「本当にやりたいことは」 »

作品一覧