2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 天皇の料理番 第10話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第5回「生きることの意味」 »

2015年7月 3日 (金)

美女と男子 #12

公式サイト

遼(町田啓太)と右京(中山麻聖)が出演する連ドラ「恋メロ!」の初回は高視聴率を記録。遼の演技の評判も上々で、一子(仲間由紀恵)と石野(前川泰之)はホッとする。だが一方で、右京の演技は新聞やネットで批判される。次第に自信を失って行く右京を、案じる一子。そんな折り、大女優・中里麗子(真野響子)が「恋メロ!」にゲスト出演することになるが、収録当日、スタジオである事件が起こる...。(公式サイトより)

スキャンダルが功を奏してか、遼たちの連ドラは好調な滑り出しです。

新聞にて、遼の芝居が好評なのに比べて、「演技が上滑り」と批評され、落ち込む右京に、気にするな、と石野。
「ネットだけは見るな。誹謗中傷が当たり前だから。」と忠告されますが、スマホでこっそりチェックしていました。
・・・2ch(もどき)って、ちょっとツールが古い気がするのですが、ま、いいです。

心配する一子に、デビュー以降順調に行き過ぎた右京は打たれ弱い、と石野。
壁をどう乗り越えるか、見守るようです。

一方、一子は休んだマネージャーの仕事をあれこれ引き受けるも、うまくいきません。
同じマネージャーが担当している麗子が、遼たちが出演している連ドラにゲスト出演することも把握していなくて、あたふた。
このドラマ、オフィスイシノ所属の俳優ばかりだなー。

本番一発で決める麗子に、自分の芝居に納得できない右京は、もう一度やらせてください、と頼み込みます。
元々やりたい役でないこともあり、やりたいなら一人でどうぞ、とすげなく断る麗子を説得したのは、臨時とは言え、マネージャーの一子・・・ではなく、遼でした。

かつて麗子は自分に言ってくれた。
「芝居は演じる相手があって初めて成立する」と。今、右京を一人にしていいのですか。

引き返した麗子。今度も一回で決めます。
右京も納得できる芝居ができて、嬉しそう。
しかし「1回目の方が良かった」という麗子の鶴の一声で、2回目は没になります。
見る見る曇る右京の表情を見た一子は、麗子を追いかけ、「今のお芝居、良かったと思います。」と2回目の芝居を採用してもらうよう、説得を試みますが。
「芝居って一度きりのものなの。それなりの覚悟を持ってやるもの。」
それでも役者のマネージャーなのか、と厳しく指摘されてしまうのでした。

どのシーンをチョイスするかは監督の仕事じゃないの?
演出に口を出す大物がいる、という噂は聞いたことはありますけれども・・・ゲスト出演でも口を出すのねー。使いにくいこと、この上ないですー。

台湾人アイドルとしてデビューさせられ、最初こそ皆についていけず泣いていたけれども、その後は順調な亜衣。
踊りも中国語も一生懸命練習したのね。
ところが、2chに、偽台湾人だという書き込みが。
そしてあろうことか、亜衣に成りすました何者かが、その噂にブチギレしたコメントを書き込み、大騒動に。
大門に
「向島の料亭の娘らしいね。じゃあ、辞めて芸者にでもなったら。」
と追い詰められた亜衣は、号泣しながらの謝罪会見を開きました。

・・・ちょっと聞き捨てならないです。大門の意図がどこにあるかはさておき、「芸者にでもなったら」って。概念が古くさすぎませんか。
芸妓さんたちがどれだけ修行を積んでいるか。大門というより、製作者サイドの見識を疑いました。
このセリフを覆すような逆転エピはあるのでしょうか。あって欲しいです。

さて、号泣記者会見直後から2chに次々と好意的な書き込みがされます。
視聴者たちも好印象を持ったようで、亜衣は晴れて日本人してTドールズに残ることとなりました。
亜衣が日本人であることを書き込んだのも、亜衣になりすました書き込みをしたのも、すべて、大門の仕掛けと知って、怒る一子。
しかし石野も大門も、これくらい当たり前だと思っている。

でも、亜衣は嘘をつかされて弱っているのではないか、と心配する一子。
こんな嘘をついて有名になって嬉しいの?と本人に詰問口調で尋ねます。
ところが亜衣は、TVに出て注目される夢が叶って、めっちゃうれしい、と答えるのです。
逆に、自分の夢を知っているのに、なんで喜んでくれないの、私の気持ち、全然わかってない、とキレられちゃいました。

その頃、遼は、一子の妹、梨花に呼び出されていました。
一子の様子を聞かれて、平気そうにはしているけれども。
「脆いところがある人。必死に隠している感じがする。」と答える遼。
一臣の誕生日プレゼントを手渡されますが、一子が一番嫌いなことは影でこそこそやられることだ、と受け取りません。
「ほんとに良くわかっているのね、お姉ちゃんのこと。」と梨花。その笑顔は本物?

疲れ果てて帰宅した一子の家に、少しボケ気味の父、篤史がのそっと訪れます。
篤史が訪れるのは珍しいことのようで(推測です)、何があったのか心配する一子・・・身内を心配する姿を初めてしました。

何か用があって訪れたわけでもなさそうなので、安心した一子。
ただ黙って座っている篤史に愚痴をこぼします。

「何でもかんでも引き受けて。でも、どれもあまりうまくいかなくて。
私ね、自信がないんだと思う。だからあれもこれもやろうとしている。私は何でもてきるって。
梨花たちのこともね、ほんとはショックだったの。
女として傷ついたの。捨てられたんだものね、妻として。
私に落ち度があったんだと思う。
それが、どのくらいの落ち度なのか、よくわからない・・・」

「お前はお前のままでいいんだ。」

突然話し出す篤史。

「リレーで一番にならなくってもいい。お前にはパン食い競争がある。」

篤史の膝で泣き伏す一子なのでした。
.

かれん騒動は完全に終息。今回は並木の放浪オチもなく。
掲示板に振り回されて落ち込む右京がメインでした。次回も右京エピになるみたい?

遼は、一子が自分だけを見てくれていないことに苛立ちつつも、右京を心配するいい奴に。劇中の連ドラそのまま、サブキャラになっていました。
・・・特撮の撮影はいつやっているんだろう。←しつこい(苦笑

やっと一子が自分自身を振り返るシーンがありました。そろそろ第二のターニングポイントがくるのかな。
そうそう、挨拶は出来るようになったようです。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10 11

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 天皇の料理番 第10話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第5回「生きることの意味」 »

#ドラマ:2015年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と男子 #12:

« 天皇の料理番 第10話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第5回「生きることの意味」 »

作品一覧