2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 天皇の料理番 第9話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第4回「岐路に立つとき」 »

2015年6月26日 (金)

美女と男子 #11

公式サイト

遼(町田啓太)とかれん(吉岡里帆)がキスをしている写真が週刊誌に載り、オフィスイシノは大騒ぎ。一子(仲間由紀恵)は遼の不用意な行動をなじり、右京(中山麻聖)も遼を非難する。石野(前川泰之)は一子を伴い、かれんの事務所へ謝罪に行く。遼は芸能記者たちに追いかけられる羽目になり、一子は仕方なく遼を自宅に寝泊まりさせることに。そんな折り、かれんが記者会見で思わぬ発言を...。(公式サイトより)

かれんにハメられた遼に、石野はスキャンダルが起きた時の対処法を3つ与えます。

1.真っ向から否定する。ただの友だちである、と。
2.認めてしまう。良いお付き合いをしている。今後も見守って欲しい。
3.煙に巻く。あれはキスシーンのリハーサルとしていただけとかなんとか、のらりくらりとしらを切る。

嘘はつきたくない、全否定する、と遼。ところが遼がアクションを起こす前に、かれんが動きました。
TVの生番組で「遼君、好きです、付き合ってください」と告白したのです。
遼はかれんのイメチェンに利用されたのでした。

石野曰く、清純派のままでは先が見えている。これからは恋愛にポジティブで欲望に忠実な女性を目指す、つまり女性受けする女にキャラ変更するのだ、と。

・・・実力をともなった女優ならば、支持されるでしょうけれども。

かれんは女優なのね。女優に見えなかったです(大汗

一子は、へたに否定すると女性からの反感を買うと、ノーコメントで押し通すことにしましたが、レポーターたちに何も答えない遼はバッシングの嵐を受けてしまいます。

石野に「何とかしてください」と頭を下げる一子。
それで、ようよう動き出す石野・・・ま、いいです。このシーンについては、後ほど突っ込みます(汗

ここで気になって仕方がないことをひとつ。
特撮の主役とドラマを掛け持ちしているのにも関わらず、いつも事務所にいるように見えたり、「スナック・ハロー」で飲んだくれたりと、遼がとても暇そうに見えることです。
特撮の連ドラは朝早くて夜遅い、とってもハードな現場が何ヶ月も続くわけで・・・よほど素面のシーンが少ないのでしょうか。

遼がヒーローを演じている、という設定がストーリー展開上必要なことはわかるのですが、あまりに安易に扱いすぎていて、もやもやします。
そういう人はこのドラマを見なければいいわけですが(大汗

石野が動かしたのは、脚本家でした。
遼のシーンにキスシーンを差込んだのです。
で、なんだかんだとあって(汗)、スキャンダル以前より、遼の人気は盛り上がるのでした。

そうすると今度は右京の様子がおかしくなります。
何と、右京は本当にかれんに恋をしていたのです。
悶々とする右京を見て、再び脚本を差し替えさせる石野・・・このドラマの脚本家さんは、よほどこの手の横槍を受けてきたのでしょうか(苦笑

右京は、差し替えられた台本によって、ドラマの中でかれんに愛を告白するのでした。

渾身の演技を褒める一子に、右京は、あれは自分の気持ちを表現しただけで、演じていたわけではないから、俳優としては落第。
好きでもないかれん相手に、熱烈なラブシーンを演じた遼には負けている、と。

おいおい(汗笑

一方遼も、役に自分を反映させた右京を見直していました。自分は、芝居のための芝居しかしていない、自分には心がないのかもしれない、とも。

二人が対照的な俳優(のたまご)であることを描くためのエピソードでしたー。

さて、セリフとは言え、かれんに愛を告白することができた上に、かれんからの、恐らく計算ずくにの好意を寄せられた右京、今日は石野と一子を食事に連れて行くと、おおはしゃぎ。

で、やっぱり「スナック・ハロー」なのね。ここだけは予想通り過ぎて笑ってしまいました。
当然、遼を含む旧ひのでプロのメンバーは勢ぞろい。

お互いを認め合った遼と右京を見つつ、石野は一子に語ります。
「君たちを守らなければいけない。」

・・・ちょっと待って。

一子に頭を下げられるまでは、まるで他人事として構えていたように見えましたが。
一子が頭を下げるのを待っていた、という流れでもありませんでしたし。
亜依の国籍詐称を見て見ぬふりなことも含めて、キャラの動かし方がチグハグな気がしました。

「守る」という言葉にうっとりしたのか、石野を頼もしそうに見つめる一子。
そんな一子を見て、自棄酒をあおる遼・・・だから現場は大丈夫?(汗

亜依のどじっ子ぶりは、大門の思惑通り人気を得ました。
一方、さすらいの一人旅出ている並木は、遼とかれんの写真とともに、親子でスキャンダル、と銘打って週刊誌に掲載された斑目と麗子のツーショットを見て、嫉妬がメラメラ?

今回、一番びっくりしたのは、遼が斑目の息子だということを、全く緊張感なくさらっと流されちゃったことです。

母の姓を名乗っているのは、斑目の息子であることを世間に知られたくないから=斑目の息子であることを公表しないことなのだ、勝手に思い込んでいたのですわ。
そんなに秘密にすることでもなかったのねー。
なんか脱力。

ひょっとして、かれんは、遼が斑目の息子だと知っていて、ちょっかいを出した・・・なんていう複雑な筋ではなさそうです。

人間関係が複雑になるにつれ、ストーリーが綻んできている気がします。
一子の超・ツンデレっぷりは揺らぎませんけれども。

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09 10

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 天皇の料理番 第9話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第4回「岐路に立つとき」 »

#ドラマ:2015年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

□美女と男子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と男子 #11:

« 天皇の料理番 第9話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第4回「岐路に立つとき」 »

作品一覧