2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« イタリアは呼んでいる:映画 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第3回「それぞれの本気」 »

2015年6月19日 (金)

美女と男子 #10

公式サイト

連ドラのオーディションで、右京(中山麻聖)はヒロインの相手役に決定。遼(町田啓太)は三番手の役に決まり、芝居で右京に勝とうと闘志を燃やす。一子(仲間由紀恵)は石野(前川泰之)から、気まぐれなヒロイン・朝倉かれん(吉岡里帆)に振り回されないよう気をつけろ、と指示される。撮影が始まり、「かれんとの芝居がうまくいかない」と悩む右京から相談を受けた一子は、かれんと直接話をするが...。(公式サイトより)

大物女優ならともかく、いかに人気があろうが、若手女優があの態度で、現場の雰囲気を悪くして。よく仕事がくるなあ、と思ってしまいました。
個人的に合う、合わないはあっても、仕事は仕事なのに。ドラマファンとしては、こういう我儘が通る世界であって欲しくない、という願望はありますが・・・実際にあるんでしょうかね。ありそうですね。知らんけど(汗

でも、何やらか裏がありそうです。写真に撮られたのは計算でしょう。番宣?
如何にも昼ドラチックな敵役キャラではありますが、できたら、次回、退場して欲しい(汗

大門にスカウトされた亜依が、イシノプロ預かりとして入ってきました。
遼と右京ですでに手一杯な一子に、亜依のマネージャーを命じる石野。スパルタ教育?
大門がどういう形で亜依を売り出そうとしているのかわからないまま、不承不承引き受ける一子でしたが、心配かけてきた両親に、TVで歌ったり踊ったりする姿を見せたい、という健気な亜依の思いを聞いて、気持ちが定まりました。

しかし、台湾人ばかりで作ったアイドルユニットに、亜依を台湾人として参加させる、という大門の企画を聞いて一子は唖然とします。
すでに息もぴったりなユニットのレッスンに、いきなり参加させられ、ついていけずに泣き出す亜依の姿に満足する大門。
大門の狙いは、落ちこぼれる亜依の姿でした。いわば、オチ担当としてスカウトしたのです。
そんな、と反発する一子でしたが、どんな形でもTVに出る、と立ち上げる亜依。
日舞は踊れるのに。違うコンセプトを考えてあげて欲しいです。

オチ担当はともかく、国籍偽装って、ヤバイんじゃないでしょうかね。
他のメンバーが、レッスンについていけずヘタレ込む亜依を心配するシーンに救われました。

公式サイトに、AD三島のキャラ紹介が載りました。
彼女はちゃくちゃくとキャリアを重ねているようです。

「ロックスナック・ハロー」に麗子が斑目を伴って訪れました。
麗子とたどころは、元ひのでプロの仲間。
ひのでプロを潰したことで、斑目に反感を持っているたどころは、遼が斑目の息子と聞いてびっくりします・・・あれ?6話あたりでひのでプロ全員にバレたんじゃなかったっけ。
バレたのは社長の息子ということだけで、名前は明かされてなかった?
見返せばいいのですが、面倒くさい(_ _);;
それに、たどころがいつ遼の素性を知ったかは、あまり大きな問題じゃなさそうですし。

さすがに(汗)、踊りは上手い遼。
仕事と言って抜け出した一子が、酔っ払って石野に介抱されつつともにタクシーに乗り込むところを見て、ヤキモチをやいておりました。

一子の母から、一子の離婚の原因を聞いた石野。今後積極的にアプローチしそうです。

今回は初めて右京が可哀想になりました。
つらいですよね、まともに演技させてもらえないって。
遼には対抗心むき出しだけれども、基本、芝居には真面目な人だから・・・と、なんだかんだ突っ込みつつも、うまく釣られています(苦笑

.

.

01~03 04 05 06 07 08 09

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« イタリアは呼んでいる:映画 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第3回「それぞれの本気」 »

#ドラマ:2015年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

□美女と男子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と男子 #10:

« イタリアは呼んでいる:映画 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第3回「それぞれの本気」 »

作品一覧